ヒナルカ さん プロフィール

  •  
ヒナルカさん: 言の葉織り〜ヒナルカ詩集〜
ハンドル名ヒナルカ さん
ブログタイトル言の葉織り〜ヒナルカ詩集〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/kotatumuri-blog/
サイト紹介文毎日、詩を綴っています。良かった事、悪かった事など色々。どれか一篇あなたに寄り添えます様に。
自由文平凡な毎日が続く事が大事で
変わりない1日が続くことが重要で、
3.11からずっとそう思う。
「今日も1日無事に終わってくれてありがとう」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供630回 / 365日(平均12.1回/週) - 参加 2015/03/20 00:50

ヒナルカ さんのブログ記事

  • [閑話休題]advance
  • advance 過去にサヨナラ ナミダはそこに置いて行こう前進あるのみ命が尽きるまでは 未来の計算など損得勘定抜きで本当にやりたいものなら取りあえずの小銭握りしめて進むんだ どこまで行けるだろう 夕日を追いかけたら いつか朝日に追いつく可能性を信じるんだ大声で呼んでみようほら、イメージの未来が手招きしている [解説] 可能性を信じる というような前向きな内容の詩です↓ワン お願いします にほんブロ [続きを読む]
  • [詩365]爪黒板
  • 爪黒板 詩と文学 365 背骨が悲鳴を上げるような、あいつ、苦し紛れに放った黒板を爪でギギギギギわかる、わかるよそれをやれば どうでもよくなってくるとにかく それをやめてほしくなるケンカしててもさ ケンカがどうでも良くなってくる 魔女の断末魔のような、あいつ、最後に道連れ黒板を爪でギギギギギわかる、わかるよそのスペル MP使わなくても放てる相手も自分も大ダメージ反抗期でも 倦怠期でも どうでもよくなる [続きを読む]
  • [閑話休題]slow starter
  • slow starter スタートダッシュは一緒だったのにこの遅れ 1馬身 ベイベー!置いてかれるのに慣れているのかい?いいや、いいわけすんなよ老いて枯れる お見事! 座布団一枚!! 「位置に着く」前に準備万端だったんだアイツは誰彼、何も持たず飛び入りしないんだよ 勝つべくして勝つ! スロースターター、転んじゃった、でも、転がった方が早いんじゃない!? スタートダッシュで 4馬身直線だったらおしまいしかし、 [続きを読む]
  • [詩364]双六〜其の弐〜
  • 双六〜其の弐〜 詩と文学 364 それはまるで人生の縮図の様です それを神様の視線から眺めている出る賽子の目は決まってる そこに何が待っているのかも 運命は委ねられている その手に持つ賽子に全てを託す運命の女神が微笑む それが幸運か不運か別として 答えが知れたら 面白くないと思ってはいるけど、答えが見えない未知の先が 崖っぷちの可能性も「無きにしも非ず!」です。 振り出しに戻れたら それはそれでHAPPY [続きを読む]
  • [閑話休題]はんぶんこ〜二人の秋景色〜
  • はんぶんこ〜二人の秋景色〜 木枯らしが吹いて 「寒いね」冬が「おいで おいで」手招きしている赤いマフラー、二人ではんぶんこ あたたまるね すぐそこのコンビニで ほかほか焼き芋買ってほくほく はんぶんここころの中まで あたたまるよ ホットレモン かわりばんこに飲んで「あっ 間接キス!」 なんて言っちゃって   ひとつのモノを 分け合えること。  こんなに幸せなんだ。  きみがクスクス笑い始めたから [続きを読む]
  • [詩363]フラジャイル
  • フラジャイル 詩と文学 363 遠回りすぎて 見当たらない優しく包みすぎて わからない笑うとこかどうかさえ わからなくて僕は とりあえず「じゃあ、またね」って。 おままごとの夫婦のように見た感じのまま 幸せなのがベストだけど、裏を返せば リバーシブル仕立て本音と建前、気付いても干渉しないんだ ほんのちょっとのデッパリだったり ツッパリだったり見て見ないふりして 通り過ぎてほんとちょっとの綻びだったり [続きを読む]
  • [閑話休題]小石と枯葉
  • 小石と枯葉 もし、あらゆるものに命があるならば冬の小石は寒かろな 枯葉がひらり、ひとり朽ちて行くなら死にゆくきわは寂しかろな もし、あらゆるものに命があってブルブル震える小石を、枯葉がふわり覆い被さったならば小石はきっと、暖かろな枯葉はきっと、嬉しかろな [解説] 歩道の脇の小石があまりに寒そうだったので枯葉を乗せて上げました。↓ワン お願いします にほんブログ村 [続きを読む]
  • [詩362]旅人
  • 旅人 詩と文学 362 旅人に旅をするわけを問うてもきっと答えはないんだろうその答えを知る為の旅なのかもしれない旅人が度々道に迷うこともよく聞く話だけど始めからルートMAPがあれば 誰も迷わない何分の一かは 道を外れてみたくなる 良し悪しを含めての この舗装された道だと思えれば少し身軽になれる 心も体も善し悪しを含めての この凸凹畦道だと思えれば多少気楽になれる 心も体も 旅人が旅をするきっかけを問う [続きを読む]
  • [閑話休題]見えないものの質量
  • 見えないものの質量 道路にゴミを捨てたことないし、唾を吐いたこともない煙草も吸わないし、お酒での失敗もない だから 神サマ イイ事あればいいなぁ 時々思うんだ真面目にやればやるほど離れて行ってるような気がする何から離れて行ってるか うまく表せないけど心の中がざわつくんだ どうしようもない気持ちが 暗闇を連れて覆いかぶさってくる   心は見えない  見えないけどどこかにある  どこかにあるけど そ [続きを読む]
  • [詩361]真夜中を駆け抜けろ
  • 真夜中を駆け抜けろ 詩と文学 361 ここは世界の真ん中ではありません でも、自分の心の中心です 真夜中を駆け抜けろ東に向かえ 早い日の出 自分が主人公の人生であります しかし、「はっぴぃえんど」 とは限りません 真夜中を駆け抜けろ東に向かえ 結果が知れる 真夜中を駆け抜けろ 寝静まった街を駆け抜けろ気づかれることなく縮めんだ 彼我の距離 [解説] 寝静まった刻限に 人知れず努力するそれが彼我の距離 [続きを読む]
  • [閑話休題]大風呂敷
  • 大風呂敷 さぁ 大風呂敷を広げるよどんなことだって包みこんであげるアタマ、いいこいいこしてあげるよ 僕にしかない大風呂敷もちろん、中身なんてないだからこそ 全て包みこめないかな髪、クシャクシャしてあげるよ 時には 大きい話をしよう 現実離れした君がお姫様で 僕はエイリアンそのお題目で どんなストーリーができあがるかな? どんな時でも 名前を呼んですぐに駆けつけるよ 大きな大風呂敷背負ってさ [ [続きを読む]
  • [詩360]ヒ・ト・リ・ジ・メ
  • ヒ・ト・リ・ジ・メ 詩と文学 360 ずっと妄想だったあの娘とのペケペケ coming soon 鼻血溢れる「ヒ・ト・リ・ジ・メ」誰も見たことのない 彼女の深奥薄っぺらな衣を一枚めくっただけで、天に昇るようなキモチ 「昨日と今日では まったく違うのさ」「昨日と今日とは 世界が違って見える」生まれ変わった僕は しばらく聖人ただそれでけでglowupした成人一線を越えて天に昇るキモチ 「ヒ・ト・リ・ジ・メ」あの娘のブ [続きを読む]
  • [閑話休題]ホットミルク
  • ホットミルク あたたかいミルクが からだを巡って行くあたたかい安心感 ふわふわ洗いたてタオルに包まれたような温もりからだの芯から疲れを癒してくれる甘いミルク ホッとするね今日も一日、お疲れさまもう一杯いかが [解説] ホットミルクって心も温まる寒くなってきた今日この頃。 ↓ワン お願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • [詩359]-あめ-
  • -あめ- 詩と文学 359 ぽつ   ぽつ    ぽつ  ぽつ   ぽつ ぽつ  ぽつ   ぽつ ぽつ   ぽつぽつ  ぽつ   ぽつ  ぽつ ぽっ         ぽっ ぽっ ぽっ ぽっ ぽっ ぽっ… ぽっ ぽっ ぽっ ぽっ ぽっ… ざーーざーざ ーーざーざーザーザー ーーザー ザーザー ザーザー ーザーザーーーーーーーーーーーーー―――――――――――――― おそら、まっくらおへや、まっく [続きを読む]
  • [閑話休題]MIRAIの足跡
  • MIRAIの足跡 MIRAIの足跡それは今を生きているってコトMRAIはしっかり道しるべを作ってくれている足跡を残してくれているよ ありがとね もしかしたら悪い道もあるかもしれない分かれ道もあるかもしれない でも、どんな道でも選んで進んで行くのは自分が決める事、自分が決めれる自由を持ってるよ MIRAIの足跡スニーカーかも知れない、サンダルかも知れない子供が履くようなシューズだってどんなカタチでも 必ず道しるべを残 [続きを読む]
  • [詩358]まろんの夜
  • まろんの夜 詩と文学 358 秋に退屈を感じるあなた、あなたのこころ、寂しそうね缶コーヒーよりHOTな温度、感じて見て下さい 私がいるから 安心してね 身に着けているもの全部脱いでください私がいるから 安心してね構えているもの解いて力を抜いてください 秋に退屈感じるあなた、そうね、夏はあんなに盛り上がったものね急に寂しくなっちゃったかなやさしく、甘く、包み込みましょう まろんの夜 [解説] 秋に退屈を [続きを読む]
  • [閑話休題]あいのて
  • あいのて あいのては やさしさあいてのことを きづかう やさしさあいてにあわせる やさしさ あいのてをうってもあいのてをいれてもあいてはうれしい じぶんもうれしい あいのては 愛の手あいているてを てもちぶさたさせぬよに [解説] 「合いの手」は「愛の手」伸ばしてあげましょう  ↓ワン お願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • [詩357]あくびの伝播
  • あくびの伝播 詩と文学 357 大きな口を開けて 気持ちよさそう大きなあくび僕もつられて 「ふぁ〜あ」 美人さんも 喉ちんこ丸見えそのギャップ、いいね僕もなんだか 「ふぁ〜あ」 あくびの間延び 電波のように伝播してそれが幸せなら嬉しい! いただきました ありがとう 猫の背伸び 背筋と両手を伸ばして僕もおもいきり 「ふぁ〜あ」シアワセ! いただきます ありがとう [解説] あくびって幸せな情景のベスト10 [続きを読む]
  • [閑話休題]太公望
  • 太公望 ただゆっくり ゆっくり 時間が進むが如く川の流れを見ていた 川の流れを見つめながら 色んな事考え考えては消えて行くそのやりとりが好きだった 何時間待てば あとどの位待てばここから離れられる?魚は釣れず どこへも行けない いつの間にか星や月が空を支配してでも魚は釣れない わかってる エサがついてないのは。それでいい 始めたのは自分待つことを決めたのも自分だから 何時間待てば あとどの位 立 [続きを読む]
  • [詩356]ねこじゃらしのやうな
  • ねこじゃらしのやうな 詩と文学 356 ねこじゃらし みたいにくすぐったい言葉友達以上、恋人未満一番 幸せな時間かも知れない寝ても覚めても 君の事 ねこじゃらし みたいにくすぐったい距離友達以上、恋人未満天秤傾けたい今日この頃夢の中まで 君の事夢から醒めても 君の事 [解説] たしかに友達以上、恋人未満ってなんか一番盛り上がる感じがするよねぇ ↓ワン お願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • [閑話休題]警告〜In the future, do not show this warning
  • 警告〜In the future, do not show this warning〜 警告のサイレンが鳴るその橋、渡るべからず 本人確認いたしますあなたがあなたである証拠をお見せください うわべだけの言葉じゃ真偽の程がわかりませぬ 審議にかけまする愛するご家族様に最後のご連絡をそして 今後, この警告を表示致しません 誰かが言っていた「心の豊かさは 何かと引き換えに どこかに置き忘れたまま」 警告の鐘が鳴る金を差し出せば音が止む。電 [続きを読む]
  • [詩355]ランナーズハイ
  • ランナーズハイ 詩と文学 355 どこまでも走れる気分でもきっと、とうに限界は超えている だけど、限界を超えてなお 出せる力もある 悔やんでも悩んでも時は止まらず止まらないまま引き摺られる  止まらないまま景色は流れ流れた景色に後ろ髪を惹かれる ランナーズハイきっと、限界は超えているでも、どこまでも どこまでも走れる気分 もう、走れない人たちの事を想えば。 [解説] 限界を超えてなお 出せる力。それ [続きを読む]
  • [閑話休題]洋なし酒
  • 洋なし酒 好きな人の好きな人を知りたくていろいろなイジワルの中でその人の好きな人を知ろうとするけど 大人びたキタナイ手段の様で もうやめよう洋なし酒を飲んで頭を抱えながら眠ろう 好きな人の好きなタイプをきき出してそのとおりにしたいけど僕は僕だからヘンテコな僕から いきなり脱皮とはいかない 洋なし酒を飲んで布団を抱きながら眠ろう あー好きな人の好きな人になりたくていろいろな会話の中にイジワルな質問 [続きを読む]
  • [詩354]ポルターガイスト
  • ポルターガイスト 詩と文学 354 もしかしたら、胸の中の軋みが世界に響いてる動く椅子、割れる窓、勝手に。ポルターガイスト悪さしてるのは 誰だ!? 拡がる受容体、敏感に感じ取って放出する。グルグル回る時計の針、ラップ音ポルターガイスト隠れてないで 出てきなさい 気付いてほしいのかい?押し込めた真実や本音を、欠片だけでも知って欲しいのかい?摩訶不思議な現象を起こして ポルターガイスト犯人は現場にいる [続きを読む]
  • [閑話休題]雲
  • 雲 雲の様に ふわふわっとこころは自由であるべき 雲の様に ふわふわっと何もない 身軽でいいや このまま 行きたいところ全部 まわってみよう!! よくばりなんだ 本当は 欲しいものがたくさーん!だから 何もない 雲の様に こころは自由に どこまでも [解説] 雲のように自由に、心は身軽でありたい↓ワン お願いしますにほんブログ村 [続きを読む]