やなぎ さん プロフィール

  •  
やなぎさん: ダイビングと生き物の写真ブログ3
ハンドル名やなぎ さん
ブログタイトルダイビングと生き物の写真ブログ3
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/assistyanagi2015
サイト紹介文野鳥や昆虫、ダイビングの海の写真を撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/03/20 03:16

やなぎ さんのブログ記事

  • 宝塚のハッチョウトンボ
  • 夏の終わりに宝塚自然の家の敷地内にある松尾湿原にハッチョウトンボを撮りに行きました。ハッチョウトンボ柵で囲まれた湿原の一番下側にハッチョウトンボはたくさんいました。ざっと数えてみても10頭以上はいたと思います。ただ、雄ばかりで雌は遠くに2頭見えただけで撮れる距離ではありませんでした。サギソウも奥のほうで咲いていたのですがハッチョウトンボとの絡みは無理でした。ここの湿原は施設で管理されていて中までは [続きを読む]
  • カエルを咥えるヤイロチョウ
  • 今年の夏に撮ったヤイロチョウの写真ラストです。ヤイロチョウ雌7月9日の午後、ムカデを咥えてヤイロチョウが飛び去ったのでまた来ると思いその場で待機しました。遠くに知り合いが2人見えたので手で合図をして呼び状況を説明し多分もう一度来るからと言いました。1人が遠慮してその場を離れたすぐあとにヤイロチョウが降りた気配がしました。静かに動かず固まったまま5分ほど待ちましたが見えません。1歩動いて暗い林の中を [続きを読む]
  • オオサンショウウオはイモリが嫌い
  • 9月上旬に2回目のオオサンショウウオ撮影に行きました。この時期はちょうどオオサンショウウオの繁殖時期なので産卵巣とかあればラッキーかなと思っていましたが探しきれませんでした。オオサンショウウオ/Japanese giant salamander前回見つけた大きな岩の下を棲み家にしているオオサンショウウオは居てくれました。水面に上がって呼吸をするシーンと水中の様子を撮影しました。ウェットスーツがあると寒さが和らぐので水中撮影 [続きを読む]
  • ムカデを咥えるヤイロチョウ
  • 7月9日の午後に撮ったヤイロチョウです。ヤイロチョウ雌 OLYMPUS E-M1/M.ZD300mmF4+1.4倍テレコン 換算840mm7月9日は昼から1人でめぼしい場所で待機していました。余りにも暇なので少しウロウロしては元の場所に戻るを繰り返していました。ふと気配がしたので来た道を振り返ってみるとなんと10m先の地面にヤイロチョウがいました。つい今しがた歩いた時には気づかなかったのに何故そこに?と思いましたが、多分、人の気配 [続きを読む]
  • オオサンショウウオの棲む清流
  • 夏の終わりに撮ったオオサンショウウオです。地元箕面にもオオサンショウウオはいるのですが水が濁っていて撮影にはあまり向きません。なので、兵庫県のとある温泉近くの清流まで行って撮影してきました。オオサンショウウオ夜間散策ではオオサンショウオは6個体ほど確認できました。オオサンショウウオは夜行性で夜8時ぐらいから動き始めます。少し流れのある浅瀬でじっとしていて鼻先に来る魚などを捕食します。流れのない所や [続きを読む]
  • ツミっ子
  • 8月に撮ったツミの写真の残りです。ツミこの日は朝7時から待機しましたがツミの幼鳥は枝でじっとしていて殆ど動きません。親がなかなか来ないのでツミっ子たちも暇そうでした。9時を過ぎてからようやく親が何度か来ましたが餌を与えず飛行訓練ばかりです。餌を貰えない幼鳥たちは訓練の合間に自分でセミや蝶を捕まえて食べていました。夕方には風がきつくなりツミも動かなくなり撤収しました。フォトチャンネルです。ツミ・ウソ [続きを読む]
  • 鉱泉水を飲みに来るアオバト
  • 8月に撮った温泉の源泉(冷泉)を飲みに来るアオバトです。アオバト去年と同じ場所からブラインドを張って撮りました。ブラインドは最初は前だけだったのですが警戒されたので上も張るとすぐに降りて来ました。手前にはなかなか降りず奥の方ばかりなのでちょっと物足りない写真ばかりです。ここのアオバトは30−50羽ぐらいいるみたいです。撮影は午前中から昼1時ぐらいまでがよく降りてきてくれます。釣り人が川に入ると1時間 [続きを読む]
  • ヤイロチョウ いい雰囲気の枝止まり
  • 7月に撮ったヤイロチョウの写真です。ヤイロチョウ7月9日、この日は巣から離れた人のいない所で待機していました。8時前に雄がひと声啼いてすぐ雌雄で飛んできて同じ枝に止まりました。暫く枝をウロウロしたあと地面に降りましたがじきに飛んでこの時間は終了でした。2羽並びもありましたが残念ながら枝被りのボツ写真になりました。この写真は全てオリンパスのサンヨンに1.4倍テレコンを付けてノートリです。ヤイロチョウは [続きを読む]
  • 乗鞍高原のルリボシヤンマとネキトンボ
  • 乗鞍高原牛留池のトンボの続きです。ルリボシヤンマこの池にはルリボシヤンマが多数いて産卵の盛りでした。雄は綺麗な瑠璃色なんですが雌は黄緑色でわりと地味です。それでも大きなヤンマなので翅音も大きく迫力がありました。ネキトンボネキトンボは高地のトンボですが箕面にもたくさんいます。綺麗なトンボなのでいたら撮りますがこの日は日差しがきつくて難しかったです。乗鞍高原の駐車場から見た虹早朝、2重の虹が綺麗に見え [続きを読む]
  • 乗鞍高原のカオジロトンボとムツアカネ
  • 乗鞍高原の牛留池は高山性のトンボの宝庫です。この日は快晴にもかかわらず前日までの雨により雨量の総量規制がかかって山に上がれませんでした。なので、ゆっくり1日トンボを撮りました。カオジロトンボ名前の通り顔の白いトンボです。北方系のトンボで中部山岳地帯は分布の南限に当たります。北海道では低層湿原に普通にいるのですが本州では山に行かないと出会えないトンボです。数はたくさんいるのですがだいたい池の方を向い [続きを読む]
  • チゴハヤブサとウソ
  • 夏休みに撮ったチゴハヤブサとウソの写真です。チゴハヤブサこの日はドン曇りでしたが一瞬の青空でシャッターを切りました。昼過ぎまでいましたがチゴハヤブサはこの木と鉄塔を行き来するだけで、面白いシーンは何もありませんでした。サンヨンだとあまり解像しませんね。BORGで撮ろうとしたら曇り出したので諦めました。。。ウソ毎年撮っているウソのペアです。もう4年連続で撮っていますが毎回同じ場所に来てくれます。鳥の寿命 [続きを読む]
  • 仲よく並ぶツミの兄弟
  • ツミの幼鳥の続きです。ツミ幼鳥ツミの幼鳥兄弟ははとっても仲が良くて争いや喧嘩は全くせず、おとなしく順番に餌を貰って食べていました。もちろん、兄弟間で餌の横取りなどは見られず平和な感じで何度も並んでくれました。フォトチャンネルです。ツミ・ウソ・アオバトなど〜2017夏アカショウビン・コノハズク・ブッポウソウなど〜2017夏ヤイロチョウ営巣〜2017夏ヤマドリ・アオゲラ・フクロウなど〜春の野鳥2017キジ・コマドリ・ [続きを読む]
  • アマゴイルリトンボの産卵風景
  • 夏休みに希少種アマゴイルリトンボを撮りました。アマゴイルリトンボは長野・新潟・福島・山形に分布し、最近になって青森でも発見された綺麗なトンボです。アマゴイルリトンボ池の水草の茎に集団で産卵する姿を撮りたかったのですが、数が少なく逆光の上に少し遠かったので苦労しました。産卵はほぼ午前中で終わりで昼からはクロイトトンボばかりになりました。上の3枚がサンヨンで残りは60mmマクロで撮っています。単体の雄はた [続きを読む]
  • 枝止まりのヤイロチョウ雄
  • 7月6日に撮ったヤイロチョウです。ヤイロチョウ7月6日は平日でしたが愛知の友人が来るので案内を兼ねて午前中だけヤイロチョウへ。林道に並ぶ人々の中での窮屈な撮影でしたがヤイロチョウ雌が目の前の地面まで来ました。なぜこんな目の前に現れたのかは謎ですがとにかく10mぐらいの目の前をウロウロしてくれました。右にも左にも動けないのでほとんど見ているだけでしたが何枚か撮ることができました。そして窮屈な撮影タイ [続きを読む]
  • ヤイロチョウの餌場~光の差す中での撮影
  • 6月19日は昼から仕事だったので午前中だけヤイロチョウの餌場で待機。7時前に現れて8時20分までの短い間でしたが明るい中で撮影できました。ヤイロチョウ 6月19日撮影光が差し込む難しい天気で相変わらず斜面背景でしたが、前日とは違う写真が撮れたので満足しています。地面のヤイロチョウは変化が少なくやや面白みに欠けますが、この鳥の活動場所はは基本地面なので仕方がないですよね^^;ヤイロチョウ撮影で一番注意 [続きを読む]
  • ツミの巣立ち雛が3羽
  • 夏休みに出わからず先で出会ったツミの幼鳥です。ツミ巣立ってから7-10日ほどでしたが移動せずに巣の周りにいてくれました^^親を追いかけて元気に飛び回っては餌を貰っていましたが、末っ子だけは上手く枝に止まれずぶら下がったり不時着したりしていました。2日間観察しましたが2日目は親が餌をなかなかくれず、咥えたまま飛び回って飛行訓練をしているようでした。その後、台風が来てツミ親子は何処かへ移動したようです。 [続きを読む]
  • またまたコノハズク巣立ち雛
  • 八東では2週連続でコノハズクの巣立ち雛が撮れました^^コノハズクの雛は運よく毎年撮れているのですが、今年は近くで綺麗に撮れて大満足でした^^コノハズク雛ここのは赤色型×薄い赤色型のペアの仔です。2羽いましたが1日中ほとんど動かず夕方まで同じ場所でじっとしていました。緑の葉の中にいたのですっきりとは撮れませんでしたが、針の穴を通すように抜けたところを探して数カット撮ることができました。コノハズク親赤色型 [続きを読む]
  • アカショウビンの巣立ちと親子の餌渡し
  • 7月22日に八東でアカショウビンの巣立ちを撮りました。アカショウビン 7月22日撮影前日に1番仔と2番仔が巣立ってしまっていたので、この日は残りが全部巣立つと思っていましたがその通りでした。3番仔の巣立ちのときはコノハズク雛を撮っていて見れませんでしたが、4番仔と5番仔の巣立ちは見ることができました。飛び出しはブレてボツでしたが餌渡しをなんとか撮ることができ満足しています^^アカショウビンの巣立ちは [続きを読む]
  • モリアオガエルの産卵とそれを狙う樹上のニホンマムシ
  • 6月下旬、モリアオガエルの卵塊があった小さな池をチェックしてみると、なんと雌1雄4が密集して産卵中でした^^モリアオガエル産卵 6月29日撮影写真には4匹写っていますがもう1匹右の裏側にいます。角度を変えて何枚か撮っているので5匹目がどこにいるか探してください^^7月上旬、モリアオガエルの様子を見に行ってみると、カエルのいる筈の枝にニホンマムシが鎮座していました。しかも2匹もいて完全にモリアオガエルを [続きを読む]
  • 餌を探すヤイロチョウ
  • 6月18日に撮ったヤイロチョウです。ヤイロチョウ6月18日、前日遅くにヤイロチョウが現れた場所で早朝から待機してみました。すると5時半にヤイロチョウが現れて8時半まで暗いながら撮り放題でした。その後、ヤイロチョウは10時半から1時半まで再度現れて3・4mまで来てくれました。木陰に隠れて動かない時間もありましたが長い時間目の前で観察できた貴重な時間でした。夕方3時にも現れましたが谷側の下の方で餌を食 [続きを読む]
  • ブッポウソウの巣立ち
  • 吉備中央町・横山様のブッポウソウは今年も無事に5羽の雛が巣立ちを終えました^^ブッポウソウ 7月16日撮影この日は既に3羽のブッポウソウが巣立っていて残すところあと2羽でした。昼前に4番仔が巣立ちましたが飛び出しは画面の隅にしか写っていませんでした。親子の餌渡しや巣箱に向かう飛びものは十分撮れてよい1日になりました。ただ、巣立った雛がバラけてしまって桐の枝に集合しなかったのが心残りです。最後の1羽は [続きを読む]
  • コノハズクの巣立ち雛
  • 今季は八東のコノハズクの巣立ち雛を2週連続で撮ることができました^^とりあえずは、7月17日分のコノハズク雛を載せます。コノハズク雛 今年は4ペアのコノハズクが営巣していて、前日夜に巣立った3羽の雛を近くで撮ることができました^^巣立ち直後は白くてとても可愛らしいですね。1羽は羽根を痛めていて翌日保護されています。コノハズク親ここのは赤色型×普通型のペアでした。2羽の色合いがずいぶん違うのがわかると思 [続きを読む]
  • 餌を運ぶアカショウビン
  • 今年の八東のアカショウビンは3年前と同じ樹洞に営巣してくれて、多くのバーダーを楽しませてくれました^^アカショウビン 7月17日撮影カエルをはじめクワガタやイモムシなどいろいろ運んでくれてじっくり撮ることができました^^ここのアカショウビンはブナ林なのでロケーションが抜群で遠くても絵になるのがいいですね^^ただし、止まる枝が決まっていて同じ絵ばかりになりますけどね^^;翌週、アカショウビンの巣立ちを撮った [続きを読む]
  • 巣材を運ぶヤイロチョウ
  • 6月17日早朝6時半にばったり出くわしたときのヤイロチョウです。ヤイロチョウ誰もいない林道の見晴らしのいいところで座っていると、谷間からヤイロチョウが雌が一声「ホヘー」と啼きました。すると、巣の方から雄が二声「ホヘーホヘー」と返事をしました。そしていきなり目の前3mの倒木にヤイロチョウ雌が登場^^座っていて三脚もたたんでいたので最初は前被りのダメダメ写真。しかも近すぎて足がはみ出します。ゆっくりとゆ [続きを読む]