ちいちゃんのひとりごと さん プロフィール

  •  
ちいちゃんのひとりごとさん: ちいちゃんのひとりごと
ハンドル名ちいちゃんのひとりごと さん
ブログタイトルちいちゃんのひとりごと
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/chiekokumiko
サイト紹介文ちいちゃんのひとりごとを勝手きままに書いて見ました。時々おばちゃんの愚痴もあります。もちろんクミコさ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1092回 / 365日(平均20.9回/週) - 参加 2015/03/23 10:02

ちいちゃんのひとりごと さんのブログ記事

  • 死にかけた命
  • あの時私は死にかけていた。いや、はっきり言って死のうとしていた。しかし、私は死ねなかったのだ。死ぬことも出来ずに生きているのだ。60年も生きているのだ。生きてしまったのだ。本気で死ぬ気だった。しかし、死ぬことは阻止されたのだ。その後も何度か死ぬことを考えていた。しかし、死ねずにこの歳を迎えてしまったのだ。世の中の生きづらさを感じながら。一人ぼっちだったのだ。一人ぼっちは一人ぼっちと結ばれたのだ。そし [続きを読む]
  • 平日の夜の女性の外出!
  • ここ何ヵ月も平日の夜の外出が思うように出来ないでいる。問題は同居の母にあるのだ!元々昔から女性の夜の外出はダメだと言う母だ!何か有ったら困るらしい?そもそも私が独身のころから夜の外出に関してはうるさかった。一旦仕事から帰ってきたらなかなか外出は出来なかった。ましてや一人での外出はなおのことうるさいのだ。従って18年前に母と同居をしたら再びうるさくなったのだ。ましてや、2年前に主人が病気になってからは [続きを読む]
  • 本当は寂しいんですよ。だから何かを求めるんです。
  • 2018.8.21本当は寂しいんですよ。だから芸能人に憧れるんです。だから芸能人を好きになるんです。自己満足です。勝手に好きになって、好きだ!好きだ!言っています。直接本人に言えないので最近はSNSで言っています。面と向かうと言えないんですよ。恋するのはいつも芸能人ばかりなんです。まあ、片思いですがね。最近は某浪曲師に心を寄せています。声が良いんですよ。七色の声なんです。動きにスケールを感じるんです [続きを読む]
  • 疲労感満載!
  • とにかく疲労感満載です。午前中に洗濯をし、干してバザー品の片付けに行きました。帰って来てお昼を食べて突然の疲労感に、エアコンを付けた部屋で横になったら1時間少々寝てしまいました。このところ疲労感は半端ないですね。全くやる気も失せています。気温は相変わらず30度を越え、汗は止めどなく流れてきます。全くの意欲低下に横になるも疲れは取れず、何とかせねばと起きてはみたのですが、動くこともまるでナマケモノのよ [続きを読む]
  • 自分さえ良ければを捨てる。
  • 2018.8.20自分さえ良ければと言う考えを捨てる。相手の立場に立って物事は考える。これはなかなか出来ないことです。今の若者はこういう風潮が多少はあるかも知れませんね。「自分さえ良ければいい」「相手の立場はどうでもいい」みんながみんな自分のことだけ考える。と言うことでこのところ私が考えるのは師匠のことばかりです。師匠及び師匠のお仲間のことばかりです。いろいろ木馬手亭でお仲間の浪曲は聴いています。 [続きを読む]
  • いろいろありの人生さ!
  • いろいろありの人生を送ってきた。まさにいろいろありの人生だった。私の人生浪花節みたいな人生だった。他人に話しても理解はむりだろうし、時代錯誤と言われかねない。まさに師匠の浪曲よろしく艱難辛苦を味わってきたのだ。しかし、世の中底辺を見たら私より辛く苦しい人はごまんといるのだ。私は大なり小なり人の心の痛みはわかる人間だと思う。自分さえ良ければと言う心をどこかに捨ててきた。ある意味私も主人も不幸を背負っ [続きを読む]
  • 真夜中にひとり号泣!
  • 何も言いません。真夜中にただひとり号泣しています。ひたすら号泣しています。いろいろありで号泣しています。良かった!泣き方忘れていませんでした!??ひとり泣き!確か一青窈さんの歌に「もらい泣き」と、言うのがありましたね。私の場合は「ひとり泣き」ですね。嬉しくても悲しくても泣きます。 [続きを読む]
  • 昔は嗚咽して泣けた!
  • 昔は嗚咽して泣けたのに、すっかり声を殺して泣くようになってしまった。世の中は理不尽なことばかりです。世の中は間違いだらけです。そもそも今の社会の風潮がおかしいのです。親は子供を放任主義で育てます。それは育てたことになるのでしょうか?子供を産み育てたことが無いので何とも言えませんが、おかしな風潮であることに間違いはありません。誰もが携帯を持つ時代です。小学生もスマホの時代です。電子マネーで買い物が出 [続きを読む]
  • 世の中を甘く見ていました!
  • 世の中を甘く見ていました!所詮人は一人なんだと痛感しています。私も主人も一人なんだと!友達を求めていたことは間違いでした。元々一人でした。結婚をして、地元で友達を作ろうとしました。回覧板でくる市の公報見て、あらゆる講習会に申し込みました。その後サークルにも入りました。ただただ友達が欲しかったのです。でも、その時だけのうわべだけの友達が多かったですね。心から友達と言える人は数人しかいませんね。それが [続きを読む]
  • 人生の指針を模索中!
  • さて、残された人生をどのように生きればいいのか?何を支えに生きればいいのか?只今模索中です!適当にいい加減に生きるのはよくないような?何か目標を持って生きるべきだと!今回も落選した作詞家への道は厳しいようで、それに変わるものも見つからない様子!kindleの電子書籍の話も途中で途絶えています。きちんと電子書籍になっても果たして何人の人が興味を示してくれるのか?それにもまして私の寿命がわからない!せめて70 [続きを読む]
  • 無花果中毒?
  • 午前中、主人と二人で市内の大型ショッピングモールに行き農産物の直売所でお得な無花果を二袋買い、カルディでコーヒー豆も買い、丸亀製麺のうどんを食べて帰ってきました。帰って来て買ってきた無花果はコンポートに!大きな鍋いっぱいの無花果は小さくなり、もう二袋買ってくれば良かったと!twitterでいろいろ呟くも反応が薄く、寂しくしています。無花果のコンポートは少し美子さんに差し上げようかと思います。体調が良けれ [続きを読む]
  • 口に出して言えないことも面と向かって言えないこともブログなら大丈夫!
  • 2018.8.18口に出して言えないことも面と向かって言えないことも、ブログなら言える。だから勝手に言います。書きます。あれに関しては最悪法的手段に!きちんと公証人役場に法的遺言証書を!ご理解ください。あまりに師匠が好きすぎで心療内科でも先生が聞いてもいないのに浪曲の話を一言して、その後大宮の高島屋に!催事場で1日の木馬亭に着てゆくチェニックを1080円で買い、3時ごろルミネで遅めのランチを食べて帰って [続きを読む]
  • 月1で師匠に会えて浪曲聴ける喜びを!
  • 月1で浅草の木馬亭に行き師匠に会えて浪曲が聴ける喜びを味わっている。師匠に会えて生の浪曲が聴けることを心待にしている。このところどこにいても何をしていても頭の中は師匠一色に!もう、10回以上見たネットでの師匠の浪曲の場面が浮かんできます。「徳川家康人質から解放まで」あの馬に騎乗する動作は素晴らしいですね。そう言えば今まで師匠の浪曲、木馬亭でどんな演題だったのか覚えていません。覚えているのは女性浪曲師 [続きを読む]
  • 昨日の件
  • 昨日の件だが、おかしいいと思う。彼が私の息子や孫で無くて良かったと思う。彼は世間を甘く見ているのだ!苦労をしたことが無いのだ!世の中も世間もそんなに甘くは無いのだ!おそらく社会人になったら上手に世渡りをするだろう。苦労もせずに生活するのだろう。人生の辛苦味わったことが無いのだ!両親が揃って兄弟がいる暖かな家庭で育てられたのだ!ましてやお金さえあれば何でも買える時代の子なのだ。そもそも彼の小遣いが変 [続きを読む]
  • 君には君の人生だ!好きに生きたまえ!
  • 君には君の人生だ!好きに生きたまえ!そもそも変だ!未成年だそ!高校生だそ!はっきり言えば親も親!門限は無いのか?小遣いは決まっていないのか?高校生なら高校生らしくやることがあるだろう!ブログに書いて悪いが、人は人!君は君!私には夜中の時間です。本当に自分の息子や孫で無くて良かったよ!考えは変わりました。君にあげるものはありません。ご理解ください。以上! [続きを読む]
  • 一番嬉しかったこと!
  • 一番嬉しかったことがあった!とうとう正式に師匠の後援会に入った!後援会から封書が届いた。師匠の名前を汚さないようなファンでいたいと思います。邪魔にならないようなファンでいようと思います。五代目天中軒雲月師匠の名に恥じないようなファンでいたいと思います。私の出来る範囲で応援させていただきます。ただし、何かにつけて反対する母と同居しています。思い通りにならないこともあると思います。88歳の母もそのうちあ [続きを読む]
  • 置かれた場所で咲きなさい。
  • 置かれた場所で咲きなさい。確か渡辺和子さんの本のタイトルだったと思います。私が今日振り替えればこんな人生を送って来たこともある意味運命だったのかも知れませんね。仕方がないですね。なかなか置かれた場所で咲くのは難しいですね。このところ私と主人の会話に師匠の話や浪曲の話が登場します!もはや私の頭の中は師匠と浪曲一色です。 [続きを読む]
  • ふと、真夜中に目が覚めた!
  • ふと、真夜中に目が覚めた!過去の自分が思い出された。嫌な思いは数多くしてきた。辛く苦しい思いもしてきた。何もかも否定されて生きてきた人生が嫌だった。思い通りに生きられなかった60年の人生がそこにあるのだ。今さら何を言っても無理なのだ。行かれなかった和裁の専門学校も!行かれなかったプロの作詞家を目指す教室も!母の目を盗んで島倉千代子の追っかけをした。したがいいが、すべてバレていた。あっちこっちに行きた [続きを読む]
  • 夏が終わりを告げている。
  • 夏が終わりを告げている。それでもまだまだ残暑は続く。夏が苦手だった。毎年夏が嫌いだった。思い起こせば子供の頃の夏はこんなに暑くはなかった。我が家には扇風機さえなかった。私と弟が寝るまで母は枕元で団扇で扇いでくれていた。いつ頃からだろう?我が家で扇風機を買ったのは?小学校の4年生の夏休みに家族で引っ越しをした。引っ越しをした先は渋谷駅から徒歩7分の雑居ビルの3階マンションだった。それまで無かった扇風機 [続きを読む]
  • 師匠の浪曲。
  • 2018.8.16このお盆休み中、パソコンは主人に占領されることが多いので、そのすきを狙って狙って師匠の浪曲を聴く。すっかりおなじみになった師匠の顔がいい感じである。表情も豊かである。動作もいい。馬に騎乗する動作は絶品だった。人質交換の動作は手話でも通じるところがある。交換という手話は師匠の動作とほぼ同じです。しかし師匠の後援会に入ったと言ってもまだ入ったばかりなので!まあ、師匠のこれまでの功績に [続きを読む]
  • 戦争を経験しない世代です。
  • 昭和33年生まれの私は戦争を経験していません。したがって戦争についての多くを語ることは出来ません。よほどの貧乏でない限り物のある裕福な時代に育ちました。ある程度お金さえ出せば何でも買える時代に育ちました。食糧難を経験したことがありません。武器を持って戦っている子供はテレビや雑誌でしか見たことがありません。しかし、今もどこかで戦争は行われていて、幼い子供も武器を持って戦っているのです。なぜ人々は戦争を [続きを読む]
  • 好きになると回りが見えないのだ!
  • どうも人を好きになると回りが見えないのだ!とにかく物心ついた頃から白黒テレビで見た島倉千代子さんが好きだった。さすがに小学生になると島倉千代子さんが好きだとは言えないので、学校ではみんなにあわせていた。ご多分に漏れずグループサウンズが流行ると私もグループサウンズが好きだと言った。新御三家が現れるとそちらにも目を向けたが、単に学校でバカにされないためだった。ずーっと島倉千代子が好きだった。それは私が [続きを読む]
  • 徳川家康の人質から成長まで!
  • 師匠の「徳川家康の人質から成長まで」をもう10回ぐらい聴いているが全く覚えませんね!見ているだけで幸せです!聴いているだけで幸せです!七色の声!いいですね!動きもいいですね!小さくまとまっていない。伸びのある低い声!豊かな表情!あの体型から出される声は本物です!どうもパソコン調子が悪いのか?途中でフリーズしましたが、無事復活!豊子師匠の三味線がいい感じです!毎月1回お会い出来てお声が聴けるのは幸せで [続きを読む]
  • 子供に子供の話をしても無理だ!
  • 子供に子供の話をしても無理だね。今さら言わない!子供欲しかったんだよ!出来なかったんだよ!いろいろあったんだよ!それが大人の問題なんだよ!ここでは言えない!話せば辛いんだよ!さあ、この話はもうお仕舞いだ!一度も子供は出来なかったんだよ!一人も産まずに還暦だよ!この間の国会議員の杉田水脈!大嫌いだよ! [続きを読む]
  • 汗水垂らして働く!
  • 汗水垂らして働くということを全くしなくなって何年もたった。そもそも母との同居も手伝っての更年期からのうつ病に!近所の友達が始めた小規模作業所の賄いのおばちゃんの仕事は必然的に辞めた。それから外では働かなくなり、全くの専業主婦をしている。「働けよ!」と誰かに言われそうだが、自律神経失調症の一種か忘れた頃に過敏性腸症候群になるのである。下手をすると下痢が8日ほと続く。そんなわけで働いた先で文句を言われ [続きを読む]