Business jump さん プロフィール

  •  
Business jumpさん: THE相場観
ハンドル名Business jump さん
ブログタイトルTHE相場観
ブログURLhttp://businessjump.jp/
サイト紹介文日経先物の相場観を実践的なつぶやきをしながら投資の考え方を公開してくブログ
自由文日経先物取引を通じて相場観をつぶやいてます。近況はオプション取引がほとんどですが、これに重要なのが相場観です。SQまでの相場を予測してどう取引していくか。本ブログでは、どのタイミングでエントリーするかをテーマにその時々の分析や心境を公開しようと思います。より実践的に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供279回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2015/03/23 10:29

Business jump さんのブログ記事

  • 12月13日:リバウンド基調継続でさらに上昇
  • 昨日の日経平均は急反発しました。テクニカル的は、自立反発のタイミングでしたので、そのように至ったものと思います。目立った材料はありませんが米中貿易懸念の後退などもあるようですが、コメントによる反応の範囲ですから、やはりテクニカル的な自立反発の要素は大きいですね。あとSQのポジション調整が後押ししている感があります。問題はSQ通過後。前の記事の通りです。このままぐいぐい上昇すればよいですが、週足が気にな [続きを読む]
  • 12月12日:SQ週でリバウンド
  • 昨日に日経平均は、ザラバでは浮上する事ができませんでしたが、ナイトセッションから切り返し始めました。SQ週である事も要因でしょうが、テクニカル的には自立反発しても良い状況。長らく売りが続いていましたので、有りといえばありですね。ただし、問題は、SQ通過後。個人的は、吹き上がりからの戻り売りに警戒しています。SQ通過後の動きの例の週足。これに注目していきたいと思います。?いつも応援 ありがとうござい [続きを読む]
  • 12/10のツイートまとめ
  • THESOUBAKAN #日経平均 #株式投資 日経平均が引けました。結局21200円を割り込んで引けてしまいました。後場から戻れるかどうかを見ていたのですが、ほぼ横ばい。買い戻される気配はとりあえずありませんでした。あと、明日のブログでは、更に注意したいポイントを記事にしたいと思います。 12-10 15:53 #日経平均 #株式投資 日経平均先物が既に寄り付いていますが、21200円を割り込んでいます。21000円は支えられると思ってい [続きを読む]
  • 12月11日:ちょっと警戒。注目のテクニカルはこれ!
  • 昨日の日経は、大幅下落となり、戻る事ができませんでした。ファーウェイの材料が追い打ち的でしたが、それにしてもなかなか戻れません。景気後退懸念を織り込んできているのでしょうが、ちょっと気になるというか、危ないのは、これ。週足です。日経平均先物を例にすると、13週・26週・52週が上蓋のように日経の上昇を妨げていますが、これら移動平均が、ぼちぼち下向きになっているのが気づくはず。良く見ると、13週線と26週がデ [続きを読む]
  • 12月10日:ダブルボトムが一転しダブルトップへ
  • 先週の日経平均は、ダブルボトム形成に失敗し、一転してダブルトップを形成する展開となりました。この時点で、ある点に気づく事ができます。週足を見れば確認できますが、21000円〜22500円のレンジ形成。ここでの往来相場が続いています。週足の複数の移動平均線が上値抵抗ラインとして機能している様子です。12月相場のポイントは、このレンジブレイクになります。上か下かは予想する必要はあまりなく、ブレイクした方向について [続きを読む]
  • 12月7日:ファーウェイショック?
  • ファーウェイやらかしましたね。突如発生する悪材料はどうしようもありません。この事件により米中貿易戦争の悪化懸念と長期化が決定的になった可能性が高まったかもしれません。そうなると相場は景気後退リセッションを織り込む展開に拍車がかかるのかも知れませんね。年末の株高シナリオが徐々に薄れてきた格好です。問題は、ここから暴落に突入するのかです。事実オプショントレードの世界では、下落の兆候は出ています。(オプ [続きを読む]
  • 12月6日:買い材料乏しい
  • ダブルボトム失敗に終わり日経平均は失速。持ちこたえている様子はあるので、ひどい下落はわかりませんが、ダブルボトムネックライン超えからの下落は、相場の弱さを表しているともいえます。暴落につながらないだけある意味不思議。徐々に景気後退の話題が浮上してきている中ですから。やはり、暴落は警戒しておくべくなのでしょうかね。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします!?☆☆☆ [続きを読む]
  • 12月5日:この下落ソフトバンク上場の影響ですかね
  • 日経が急落。そこから上放れすれば大変美しかったのですが。ダブルボトムのネックラインを超えたが、結局ダマシになった。それもソフトバンクの上場の影響は大きいかと見ています。上場がなければ崩れなかったかも。年末にかけてもはやどうなるかわかりません。上昇していくといった予想も多いですしね。結果的には揉み合いといった落ちもあります。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします [続きを読む]
  • 12月4日:ダブルボトムネックライン超え
  • 日経は、米中会談を好感してギャップアップで始まりました。正直ここまで反応が良いとは思っていませんでした。日足のダブルボトムのネックラインを超えて引けているのは良い傾向でここからダマシにならないかとしっかり確認して対応でしょう。23000円まで行っても不思議ではないのでしょうが、近況の景気後退懸念やアップルの減産など良くない経済状況に対し株高はやや違和感があります。その意味では、数日でいったん伸び悩む場 [続きを読む]
  • 12月3日:米中首脳会談通過後の本日のザラバの動向に注目
  • 米中首脳会談は、明確な成果はなかったように思えるが、一応90日間の協議期間を設定しその間は制裁関税は先送りする方向の模様です。これが市場でどのような反応になるかわザラバを見ないと。悪化しているわけではないので市場の反応も微妙かもしれませんね。通過でいったん買い戻り終了といった動きが無難かと。本日の動きをしっかりチェックです。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします [続きを読む]
  • 11月30日:月末月初の動きに注目
  • 日経は、FRB議長の中立金利発言によりハト派ととらえられ、米株市場は、金利上昇抑制がかかるとの見方から上昇。日経も戻りしっかりでした。日足ではダブルボトムを形成中であり、ここを抜ければ、景色が変わります。いったん崩れた相場で且つ景気も陰りがある事から、高値更新とはいかないまでも、揉み合い推移になっていくのかもしれません。米中の貿易摩擦が解消されない場合は、景気後退リスクは、ますます台頭するでしょうか [続きを読む]
  • 11月28日:三角持ち合い形成か
  • 日経は、22000円を回復しておりますが、ここからどこまで回復できるか。月末のG20と米中会談を控え売り方の買戻しが入ったと見ていますが、イベント通過でいったん買戻しが終了するのかもしれません。ポイントは本当に米中問題が解決に向け前進するかどうか。景気後退懸念がある中で、双方少しは歩み寄るのではないかと期待はしています。なんとか前向きな話になれば良いですがね。こればっかりは事実上の経済戦争のようなものです [続きを読む]
  • 11月27日:米中首脳会談期待のポジション巻き戻し
  • 日経は、戻り基調となっています。テクニカル的売られ過ぎでありましたので、ある意味自然な流れともいえます。恐らく月末の米中首脳会談で貿易摩擦の解消に向け前進するとの期待から、買戻しに入っているものとおもいます。実際に会談通過でいったん戻りが終了する事も視野にしておきたいとは思います。日本国内でも万博需要など期待もあり、良い材料もちらほら。ただ、年内のイメージとしては、景気後退懸念があると思いますので [続きを読む]
  • 11月26日:G20でアク抜けなるか注目
  • 米中の貿易摩擦が解決に向かうか。月末G20で米中首脳会談が同時に開催される見通りですが、解決に向かう事ができるかどうか注目となっています。また、日産問題やらで株式市場も微妙な材料が出回る状況において、テクニカル的にもやや上値が重そうではあるのですがG20でひとまず反発に迎えるかどうか確認が必要です。それにより12月相場の方向にも影響しそう。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお [続きを読む]
  • 11月22日:ETF買い支えで戻り試せるか
  • 昨日の日経は、下ひげを形成し戻り基調となりました。日銀のETF買いが入っていますね。20日21日連続です。しっかり支えられました。ここで日銀が入らないといった状況です。これで少しは安心ではあります。またチャート的にドル円が円安に入っていますからこれは実は大きいとは思います、数日円安に傾向となるでしょうから、日経は底堅い展開が予想されるかと。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしく [続きを読む]
  • 11月21日:レンジブレイク下は放れ
  • 昨日の日経平均は、日産の影響もありますが、アップルショックといった方が良さそう。もっと言えば米国の住宅市場指数が悪化した事の方が影響は大きいと思います。世界経済の景気減速懸念が一番怖い。その観点からアップルの減産の報道は世界景気減速を連想させます。なので米中貿易摩擦の解決を模索する間に景気後退のスパイラルに入ると、関係改善したところで戻りは鈍い事も。そしてテクニカル的には、ナイトセッションで、レン [続きを読む]
  • 11月20日:日産の影響はどこまで?
  • 日産自動車会長の逮捕がどこまで影響するか?グローバルに影響を及ぼすのかもしれませんが、機関投資家は一部リスク回避の為株を手放しそうな感じもします。それほど影響はないと思いますが、ゴーン会長の手腕でここまできた日産ですから、ゴーン氏不在でどうなるか?ですね。経営不安は当然出るものと思いますが。さて、日経もなんとか頑張っています。ドル円が下落基調であるのがやや重しになっている印象があります。特に大きな [続きを読む]
  • 11月19日:FRB金利中立発言により円高進行
  • 日経平均は、戻りを試す状況にあるが、なかなか5日移動平均線を超える事ができません。その中でFRBクラリダ副議長が、現在の米政策金利の水準は「中立に近い」と発言した事で利上げの打ち止めが連想された模様。急速に円高が進行した。これに日経が引っ張られて格好でやや戻りが鈍くなっている。状況としてや、数日と短いのだが揉み合い状況となっています。ここから上か下に放れます。まもなく。どちらかはわかりませんが、円 [続きを読む]
  • 11月16日:米中貿易協議期待で下げ渋れるかどうか
  • 日経は、なかなか浮上のきっかけがつまめず横ばい推移。難しい印象です。確かに米中貿易協議再開期待はあるのでしょうが、アップルの業績不安含め帳消しにされる可能性も。吹き上がる場面があれば戻り売りに押される傾向がありますので、そのスタンスで。とにかく下落警戒で行きたいです。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします!?☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆        Subscribe in a r [続きを読む]
  • 11月14日:アップルショック 日経平均はパラボリック陰転
  • 良くない下落です。ここまでの反発が途絶えただけでなく、ちょっと下げが深すぎました。22500円すら回復できにない?しかしアップルの先々需要後退の疑いで大幅下落。世界景気を見るには重要な企業です。テクニカル的には、せっかく回復した転換線をまた下回り、パラボリックは陰転。ボリンジャーバンドが徐々に収束してきているのですが、下へブレイクすると厄介。景気後退を織り込み始めるのかどうか。米中貿易摩擦の解決が見え [続きを読む]
  • 11月13日:日経平均やや膠着か?
  • 昨日の日経平均は下ひげを形成し陽線で引けております。200日移動平均線を挟んだ展開で若干膠着感があります。22500円突破には少し時間がかかるかもしれませんが、ここは値固めが大事な場面でしょう。揉み合いながらも22500円突破を待つといったイメージ。ただし、チャート的には、ボリンジャ―バンドを見ると全体的に平均線下降状況で上値の重たさが想定されますので落下はできないものとおもいます。?いつも応援 ありが [続きを読む]
  • 11月12日:11月の投資戦略は・・・
  • 先週末の日経平均は、上値が重たくなかなか22500円を超える事ができませんでした。戻り売りの価格帯でもありますから、想定範囲ではあります。したがって22000円をまずはしっかり固めていく事が大事ですね。しばらくは、揉み合いを予想していますが、先々の行方は、まだなんとも言えません。気になるは、実態経済の状態。アップルの動向には注意が必要です。経済指標もそうですが、株高と実態経済のギャップには注意したいです。楽 [続きを読む]
  • 11月9日:まだ戻り売りスタンンス継続 #日経平均
  • 日経平均は中間選挙を通過で戻り基調ですが、一目均衡表の基準線や75日移動平均線で蓋をされている状況。23000円を超えるのは、簡単ではなさそう。戻り売りはあるでしょう。イメージとしては、しばし揉み合いながら推移していくものと見ています。その後に23000円を超えるようなら、さらに上昇へ。一方ダウは、揉み合いゾーンを抜けてきました。これにより、あくまでテクニカル的には、下がりにくくなっていますので、売り崩しもし [続きを読む]
  • 11月8日:中間選挙通過で大幅高
  • 昨日の米国選挙を通過した事で安心感となり米株日経先物含め上昇しています。ダウは割り込んではいけないラインを維持する事ができ上昇軌道に戻りそうなムードになりました。これを見る限りは、下値不安はいったん後退したと見ています。あとは米中貿易摩擦の行方です。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします!?☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆        Subscribe in a reader [続きを読む]