Business jump さん プロフィール

  •  
Business jumpさん: THE相場観
ハンドル名Business jump さん
ブログタイトルTHE相場観
ブログURLhttp://businessjump.jp/
サイト紹介文日経先物の相場観を実践的なつぶやきをしながら投資の考え方を公開してくブログ
自由文日経先物取引を通じて相場観をつぶやいてます。近況はオプション取引がほとんどですが、これに重要なのが相場観です。SQまでの相場を予測してどう取引していくか。本ブログでは、どのタイミングでエントリーするかをテーマにその時々の分析や心境を公開しようと思います。より実践的に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供375回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/03/23 10:29

Business jump さんのブログ記事

  • 8月20日:米中貿易緩和期待が下支え
  • 先週末の日経は、やや不安定な展開な印象でした。揉み合いが続いておりますが、揉み合い後のいったん上昇とトライしても良さそうではありますね。米中貿易摩擦懸念後退が期待されちる様子です。米国株式も上昇トレンドに乗っているようですから、日経が極端に売られる事態にはなりにくいとは思います。結局現状は、日足べースで日経は三角持ち合いになって推移していると見て良さそう。要するに揉み合い。煮詰まったころに、大きく [続きを読む]
  • 8月17日:戻り順調
  • 昨日の日経は、戻り基調継続となり、一時大陰線を形成したのですが、そこから急速に戻る格好となり大きな下ひげを形成する運びとなりました。極端に売り込まれる材料が少ないのと、ちょっとした好材料だけでも敏感に反応しているようす。アルゴの影響ではあるのでしょうが極端ではあります。現在は、好悪材料が混在するので、相場が一方向に向かいにくい印象ではあります。時間とともに織り込みが必要なのでしょう。目先は、戻り具 [続きを読む]
  • 8月16日:反発を相殺する強い売りに押される展開
  • しっかりした反発したのち、続伸にし失敗し完全に戻りを打ち消す大陰線。弱いですね。本日の寄り付きも安く寄り付くのも戻りの弱さが気になります。場合によっては22000円が抵抗ライン化する可能性も否定できませんので、しっかり22000円を回復するかをしっかりチェックしておきたいとは思います。本日の引けで、22000円以上で引けないと、ちょっと注意が必要になると見ています。本日は、再反発し戻らなくてはならないと思って見 [続きを読む]
  • 8月15日:トルコリラ反発で言ったん買戻しだが
  • リラ反発でいったん日経は戻りなおですが、貿易問題等含め問題は山積。何れ材料が報道され振り回される結果になると思います。しかし、目先の日経大陽線は、良いとは思いますが、本日の上値の重たさから見ると続伸で一気に23000円接近とはならなそう。買い材料VS売り材料と見れば、=売り材料が多いと思います。それでも一定の水準を維持しているのは、良好な米国のファンダメンタルズと強い米株が要因とみて良いでしょう。本日は [続きを読む]
  • 8月14日:自立反発基調
  • トルコショックが継続する中、いったん自立反発で戻りを試す展開になっています。日本の大幅下落に対し米株はそれほどでもない事は一応安心感につながっていると思います。直近で揉み合いを経てSQで下落といった流れでこの揉み合いゾーンはシコリとなっている為、しばらく戻り売り圧力が強まるのは致し方がない事だと思います。本日の引け値や明日の流れでまた判断です。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッと [続きを読む]
  • 8月13日:トルコショック
  • 遅れて更新となりました。先週の自動車関税の懸念から大幅安の展開であったのですが、お盆明けでは、材料がかわり、トルコショックなるもので続落。悪材料が発生し下落に転じ格好に。材料不足が続くとみて揉み合いがつづき下旬から動くと見ていたのですが、材用発生で動きました。直近安値の21400円台の接近しつつありますが、13日のナイトセッションで反発基調になっている事から、21400円程度が反発目安と見て良さそうです。ただ [続きを読む]
  • 8月10日:揉み合い続く展開
  • 昨日の日経は、レンジから上へ抜けたと思ったらしばらくして終了。横ばいが続きますね。一応予想通りでしばらく揉み合いが必要だと指摘しておりました。ただ8月の下旬から9月上旬にかけては、動きがあるチャートになるのではないかと思います。少なくとも9月相場は動くと見ています。その意味で、8月お盆期間中はあまり派手なポジションは立てません。楽な展開は23000円超え。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポ [続きを読む]
  • 8月9日:SQ特有の動きか
  • 昨日の日経は、やや荒っぽい動きに見えました。CALLの踏み上げを狙った上げがあったような。ただそのあとは失速しておりました。なのでSQ的な動きかと見てはおります。何かと関税引き上げの話題など出てきますので引き続き注意は必要ではあります。SQ通過後で日米貿易協議が無難に終わればまた上げに転じる事も。SQ通過後上昇してもらいたいものです。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いしま [続きを読む]
  • 8月8日:テクニカルやSQ要因による上げ
  • 昨日は、特に材料があるわけでもなく、上昇。いい感じで25・75日移動平均線がサポートとなり、確かに売り込みにくチャート形状。自立反発的なものとSQが要因かと思います。ドル円が特に円安強く傾いているわけでもない中での上昇である事がその根拠。ポイントはSQ通過後ですね。8月〜9月は軟調なケースが多いようですし、なんとかショックも過去発生も。その前に、日米貿易協議FFRが9日だったかあるようで、自動車関税に注目が集ま [続きを読む]
  • 8月7日:SQ週の動きに一応警戒
  • なんとなく動きが乏しいように見える日経平均。テクニカル的には、25・75日移動平均線をサポートに揉み合い推移。雇用統計通過後やや材料不足もいなめないのかもしれません。揉み合いは良い傾向だとは思います。勿論その先に下落もあるのでしょうが、好景気を考えると、上を目指しても良さそうではあります。前から指摘していた通りでしばらく揉み合いは必要だとは思います。その先は、23000円を超えるかどうかだけ注目。そうなれ [続きを読む]
  • 8月6日:底堅い展開 SQ通過での展開に注目
  • 先週の日経はやや低調な雇用統計はありましたが、米国の好景気の評価は変わらず。日経はナイトセッションも底堅い展開となりました。日足ベースでは、大幅な下落をせずに横ばい揉み合いの展開で大筋イメージ通り。SQを通過するタイミングでは、お盆となり取引は補足なるとは思いますが、それほとひどく下落する材料も無さそう。休暇シーズンですから株式の個別銘柄に注目があるまるのかも。日経のチェックポイントは揉み合いの先の [続きを読む]
  • 8月3日:米中貿易摩擦懸念が再燃
  • 昨日の日経は、また貿易摩擦ネタです。良いところまで来ていたのですが、簡単に下落でした。23000円超えがかないませんでした。貿易問題は中国側が妥協を示さない限りは改善には向かわないのでしょう。米国は内需が強いですから。強きです。確かに今でないと仕掛けれらないチャンスなのかもしれませんが。すごいですね米国。何れにしても相場の当面のキーワードは、米中貿易摩擦、トランプ大統領再選関連、米国減税案、FRB金利どれ [続きを読む]
  • 8月2日:ADP雇用も好調で雇用統計にも期待
  • 昨日の日経は、日銀イベントを通過し材料出尽くし感やアップル好決算が後押しし、更には円安に転換し日経の買戻しが継続しておりました。又ADP雇用統計も好調で米国経済の強さが確認された状況。ただ、まだ揉み合いが続く必要があるとは感じます。この点はまだ変更はありません。現在の価格ゾーンを維持しできれば次のレンジ移行実現するかもしれませね。23000円を超えば上昇サインで良いと思います。素直についていくイメージでお [続きを読む]
  • 8月1日:日銀通過で今後は雇用統計
  • 昨日は、日銀決定会合が開催され、東京市場では材料視される動きとなっていました。結果は、ETF買いで修正が入りましたが、概ね予想通りの結果といって良さそう。会合通過を持って買戻し基調となっており、円安にも動いています。ただ、大きな動きにはなっておらず、今後は、雇用統計は、ISM、アップルの決算で相場がどう動くか注目が移っています。個人的には、テクニカル的にみて、しばらく揉み合いが必要ではないかと見ています [続きを読む]
  • 7月31日:日銀発表通過でどうでるか
  • 昨日は、日銀はやや軟調な展開。本日の日銀金融決定会合の結果を見極めたとの事で小動きな展開といっても良いかもしれません。ETFの購入方針の変更等はあるとの報道ですが、結果次第では動意づく事も。方向感が出るかはわかりませんが、通過してからどう戦略を立てるかを検討したいとは思います。また8月相場に突入しますので、その見極めも同時に必要。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願い [続きを読む]
  • 7月30日:日銀会合とダウの動きに注目
  • 今週は、日銀会合を控え、動きがとりにくい可能性があります。一方今後の日経の動きを占う意味では、ダウにも注目しておきたいと思います。ダウが直近のネックランの高値を静かに超えていた事に留意しておく必要はあります。貿易摩擦他影響を与える事があるのですが、根本的な事として米国が好調でダウも高値をとらえてきているという事ですかね。週足で確認しておいた方が良いかとは思います。?いつも応援 ありがとうござ [続きを読む]
  • 7月27日:ECB理事会控え膠着
  • 日経は、EU貿易摩擦回避を好感し戻り基調となっています。ただ日銀政策の行方や中国との貿易摩擦など複数の材料が存在する中、方向感を出すには、やや難しいのかもしれません。好悪材料が交錯し膠着するような印象はありますね。ECB理事会を控えていますから、特に材料はないとは思いますので無難な通過となると見ています。しかし、やっぱり油断はできませんね。特に対中国。まさに貿易とはいえ戦争です。また某国で核物質の生産 [続きを読む]
  • 7月26日:5日移動平均線挟んだ展開
  • 昨日は、戻り基調が継続しており、5日移動平均線まで戻しており、まずまずといったところです。貿易摩擦と日銀の政策修正報道があり、戻りがどこまで続くかはありますが、日銀については、特に金利政策やETF買いで変更がなければ、戻りを試す格好になるのではないかと思います。現状日銀が市場に動揺を与える程度の何んらかの修正をするとは考えにくく、目先は無難な通過を期待したいところではありますね。?いつも応援 あ [続きを読む]
  • 7月25日:25・75日移動平均線がサポートに
  • 昨日の日経は、25日・75日移動平均線をサポートに反発しました。一目均衡表の雲や転換線も機能しており、必然的な反発ではあります。報道では日銀の金利等政策修正について話題となっており、加えてTEF買いの方法変更も材料化され若干市場に影響を与えているかのようです。来週の日銀会合の通過までは、動きがとりにくいと思いますので、膠着感が出るかもしれません。慌てず日銀通過の動向を見えてからでも良いかもしれません。そ [続きを読む]
  • 7月24日:日銀緩和政策見直し観測発生
  • 日経平均は、上値の重たさが意識されたのか、大幅下落の推移となりました。ドル円の影響が大きいとは思いますが、ここにきて日銀金融政策の見直しなる報道が走り、金融政策がらみの材料で相場が揺れ動いいています。日足のテクニカル的な観点からは、トリプルトップか、ダブルボトム形成かといった流れとなり、本日の下落以降の下げ具合によりどちらかの形成に走る事も。決定打となる材料が見当たらない場合は、長期レンジ相場とい [続きを読む]
  • 7月23日:ドル円円安限界で株式市場調整色
  • 先週末は、ドル円が限界でした。これまでは、米国好景気を背景に円安が進行しこれを材料に株式市場が強かった構造とのイメージを持っていました。ドル円チャートを見るに、それなりに戻っておりましたので、一服となりました。これに連動して株式市場も利益確定が広がったようです。23000円直前では、やや必然。ドル円の支援がしばらく受けられないとなると、株式市場としては、調整が続く可能性がありそうです。下落具合も注意し [続きを読む]
  • 7月20日:高値圏もみ合いか
  • さすがに一服感が出ていますが、ひどい下落には至っていない様子です。高値圏もみ合いの展開となるかどうか注目ではあります。ここで揉み合いに持ち込み再度上昇となると、面白そうなのですが。ダブルボトムの完成ですね。ネックライン超えを見ています。そのためにもしばらく揉み合い調整が必要な気はします。?いつも応援 ありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします!?☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆       [続きを読む]
  • 7月19日:FRB議長発言が相場の下支えに
  • 日経平均は連日上層、事実上23000円を奪還したのと同じだと思います。戻り具合の確認が必要と記事にしておりましたが、相場の強さが確認できたと感じています。FRB議長の発言も強い米国経済を示した事で支援材料となっている様子。あとは、ここからですね。高値圏でもみ合い23000円をいつ明確に超えてくるか。今は、そのようなイメージを持ち始めています。目先は、一服感が出ても良い水準。下落に転じても良さそうです。仮に押し [続きを読む]
  • 7月18日:順調な戻りを確認
  • 昨日の日経は、連休明けの相場となりましたが、しっかりした戻り具合を見せました。ボリンジャーバンドを見ると+1まで戻っておりいっぷくも近い印象ではあります。相場の強さを感じます。一方ダウを見ると、確かにしっかりした戻りなのですが、三尊高を形成している印象があり若干きにはなります。強い米国経済ではありますから、問題はないとは思います。日経は、ボリバン+2を戻りいっぱいいっぱいとし、そろそろ一服感はでると思 [続きを読む]
  • 7月17日:25日移動平均線到達で、戻り一服に注意
  • 先週末の日経は、円安が大きく影響したせいか、よく戻りましたね。貿易戦争の懸念も後退したのかはよくわかりませんが、全ては、良好は景気が下支えしている事によるものと思います。それだけ、米国経済は強い。。。のでしょう。いまだに方向性については自信がありません。貿易戦争が完全に決着しないと腰の入った買いは難しいと思いますので高値更新はなかなか難しいかと見ていますが。そんな事を考えていると23000円行ってしま [続きを読む]