Tastu さん プロフィール

  •  
Tastuさん: 日々徒然なるままに
ハンドル名Tastu さん
ブログタイトル日々徒然なるままに
ブログURLhttp://tabi-life.hatenablog.jp/
サイト紹介文日常で感じた事考えた事・読書から得た事などを綴っています。時たま、情報になる事も書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/03/23 20:54

Tastu さんのブログ記事

  • 継続に根気は不要
  • どんな事を学んだとしても使ってみなければ現実的かどうかわからない。費用対効果とかやらないうちは仮想世界の話でほんとにうまくいくかなんてわからないやってみてはじめて費用対効果がわかることだから、興味が出て学んだことはまず、やってみるそれではじめて色々わかる何にしても根気は重要だそして中立の立場でジャッジして物事を判断することで根気は不要になり継続する継続しないを選択していける選択すれば続くのだ矛盾し [続きを読む]
  • 自分を取り戻す
  • 自分しか見えていない時は自分以外の誰かを意識するそうやって、僕は一人ではないことを思い出す。そうやって自分を取り戻して行く [続きを読む]
  • なんか苦しい時は自分に没頭してる時かもしれない。
  • 人に頼ることをつい忘れて自分に没頭する迷惑がかかるとかよりもそんな感じもし迷惑がかかってるなと思ったらそれは霧かも真実はそこではないのかも物事がなかなか進まない時は自分のみに没頭しているときそれは意識の向きは外を向いてるしかもすごいバラバラに。すごい混乱して自分を見失ってる状態。言い換えれば世界には、私にしかいない。助けて欲しいのに私しかいない。と思い込んでる状態それが、自分に没頭してる状態周りが [続きを読む]
  • 何をするかを決めた方が力を発揮する。
  • 何をすると決めるそうすると、俄然やる気がでる。テンションアップ!というより極々自然にやってるからテンションは上がらない。淡々とやってる。それがやる気出た状態テンションあがってるときは少し力みがある。1点集中が一番力を発揮できる。逆に何も決めないと不安になるし宙ぶらりんになってモヤモヤする。エネルギーの向けどころがわからなくなってものすごく困ってしまう。そんな状態になるこの状態が一番ストレスがたまる [続きを読む]
  • 困ったら、まず自分に問いかける
  • 困った時すぐに本を探しに行こうとする本を頼りにしようとする確かにこれも一つなのだが。僕は、外に情報を求めてるように感じて何か順番が違うと思ってるまず先に、自分に問いかけるどうしていく?何に困ってる?など。そこから答えを導き出すという事が先決でその後に本に頼るとかしたらいいんだ思う。その方が納得度も違うし積み重ねて行けると思う。 [続きを読む]
  • お金をいただく事を体感で知る。
  • 直接をお金をいただく。サラリーマンをしていると、お金は銀行口座に振り込まれるために常に「数値」というものしか見ないため実感がないのだ。イメージで「多い」「少ない」はある。けど、あくまでイメージお金をいただいて働いているという実感が実は乏しいんじゃないかな僕もその一人。体感でもってお金を頂いて働いていると感じるのは直にお金をいただいてやりとりしている方じゃないかなぁ。先日、お金を頂くってこいうことか [続きを読む]
  • 豆鉄砲をくらう。人が変われば言うこともすることも変わる。
  • 1年以上、行っていた作業に上が変わっていきなり指摘をうけた。(結局は、正論なのだけど)いやあ豆鉄砲をくらった気分だ。妄想が広がってしまうのだが。こいうことは案外多いのかもしれない。振り回されている自分がいる。人が変われば、言うこともやることも変わる。そいうことだな。じゃどんな行動をとるのか。適当にあしらうもよし振り回されるのもよし他にもあるだろう。イラッとくるし、不快に感じるがこの例は今回に限った [続きを読む]
  • 軸より土台。全ては必要なことが起きている。
  • 自分の中で土台が築けると姿勢・言葉・力強さが変わってくる。何かをやりとげる。目標としたことを乗り越えるためにできることを可能な限りやる。悔いなくやる。今やっていることが今の最善と考えて実行に移す。ということを一度やってみるとやはり得るものは大きく素晴らしい体験ができたと感じる。楽しい以上に喜びを感じる。目標を達成する間に起きる出来事や必要な学び・解消するものなどその時に必要なことが起きて、それらが [続きを読む]
  • 人によって得意な自己表現は違う。みな違っていい。
  • 人によって自己表現の得意なところって違う。僕だったら文章を綴ること・絵を描くこと人によっては、話すことや歌うことなどたくさんあるだろう。では、僕の中で描くことと話すことの違いは何かというと、側に人がいて自分に集中できるか否かだ。話すときは、相手の表情や仕草や言葉のイントネーションとかに気を配りがちで自分を100%表現するのは難しいケースが多い。一方で描く時というのは、目の前に人がいないことが多いので、 [続きを読む]
  • 根拠なんて無くても構わない
  • 積み重ねたものがどんな形になって現れるかは実は本人にも分からないのかもしれない。意味ぷうでも構わないのだ。説明をしなければならないなんてことはない。根拠が必要なだなんて誰が決めたのだろう。根拠がなくたって構わないのだ [続きを読む]
  • 頑張る事をやめた
  • 友達から熱ーい!メッセージがやってきて、したかないなぁと思って参加したのが始まり「ABCコーピング」今は「4nessコーピング」となっているこの時の感動は今でも覚えてる自分を客観視するという事そのイメージ、陰陽太極図など。僕がずっと考えてた事とすごい似てて感動してた。それでもっと知りたいと思って講座に参加した。それまでは自分と向き合うのは平常だからどうという事はないと思っていたのだが講座に行ってみて、それ [続きを読む]
  • バレるのが怖かった
  • カラーセラピーをやっていた時色の言葉を言う時に決まって同じワードになっている気がしてそれがバレるのが怖かった。実際の所気にするところではないのだが当時はかなり気にしていて恐れみたいになってた。と同時に口から出るワードがほんとに合ってるのか?と疑問で疑心暗鬼になっていた。そいうこともあり、カラーセラピーをおやすみしてしまったのだ。お休みする前に、お金を頂くことも2,3回させてもらった。けど、思うように [続きを読む]
  • カラーセラピーでの躓き
  • カラーセラピーを始めて、この時30人ほど友達にさせてもらった。この時協力してくれた友達には感謝しかない。カラーセラピーをしている僕は、不思議な感覚があった。終わってみると脳疲労が半端なかったのだ。当時はよくわからなかったが今思うに、聞く・分析・推測やらを高速に行っていたのだと思う。そのせいか確信をつく質問であったり普段とは違う視点で物事をみている自分がいた。受けてくれた友達からは、賞賛のコメントや [続きを読む]
  • カラーセラピー・数秘との出会い
  • 心理カウンセリングを通して心の穴が埋まった感覚を得た僕は、カラーセラピーの勉強をすることになる。この時衝撃的だった。色から自分のことがわんさかわかったのだ。これには驚いた。そいうこともあって楽しかったことを覚えている。話は前後するが、カラーセラピーを知るきっかけになったのは、カラーセラピーを教わった方が数秘もできたのだ。たまたまその方主催の数秘を簡単に知る講座があり参加した。この時も衝撃的だった。 [続きを読む]
  • 心理カウンセリングとの出会い
  • 職場が変わって夜勤の仕事に変わってから担当リーダーからまさかの理不尽な行動を目の当たりにする。この時から抱えるストレスの質が変わり生活習慣の変化や理不尽さや仕事を覚えるや肉体的疲労からのストレスなど抱えるようになり僕個人の力ではどうにもならなくなってしまった。この時、たまたま心の勉強を始めていてそのご縁で今も良くしてもらっている整体師さんや友達がたくさんいる。そんな出会いもあって、僕はカウンセリン [続きを読む]
  • 仕事の転換点を迎える
  • 自分と向き合い始めてみると結構苦しいことが多かった。そんな中、仕事がデスクワークから体を使うハードワークへと変わった。そこで、僕の中で堪忍の尾が切れて溜まっていた怒りの感情が爆発したのだただ爆発したはいいが、言葉にできないから体に思いっきり影響が出て無気力・血の気がなくなるなどの状態になってしまった。だから、ここでマインドマップを徹底的に描いた。この時が一番描いた。うん10枚は描いた。紙大小合わせて [続きを読む]
  • 承認欲求の高まりと合わせて、自分と向き合い始める。
  • マインドマップを描くことが当たり前になり僕の中では大好きな部類に入ることになった。一方で、描いたものをSNSにアップすることは多かった。これだけはずっと続いていた。人から認めてもらいたかったのだ。それだけに僕は自信がなかったし暗かったし自尊感情も薄いものだった。人から何かしら賞賛とかをもらってないと自我を維持できてなかったんだ。そんな状態だから仕事なんてまぁストレスフルだ毎日がしんどい。そんな日々。 [続きを読む]
  • マインドマップを継続できたきっかけの一つ
  • マインドマップを習い始めてからの2年の間にとあるコワーキングスペースによく通っていた。そのコワーキングスペースとは、いまなきヒトマナビカフェだ。閉店してしまったのは残念で仕方ない。そこで、学んだことをよく話していた。マインドマップについてもよく話していて描いたものをスタッフさんに見せていた。褒めてもらったり話しをしていて楽しかったのでついつい盛り上がっていた。それと同時にいろんなイベントがあって、 [続きを読む]
  • 文字を崩す事で絵の苦手意識をなんとかしていった
  • マインドマップを描き始めて半年辺りに壁にぶち当たるやはり、絵の苦手意識が克服されないいつまで経っても描く事が苦しいばかりどうすれば。。。ものすごく悩んだ。どうしたら?実はこの時悩むだけで行動していなかったつまり何もしてなかった本を買いに行けば解決するかもしれない誰かに聞けば描けるようになるかもしれないなのに、動かなかった。理由は、絵の事を考えた瞬間に気力が無くなるから。他の事をやりだすから。だから [続きを読む]
  • マインドマップ効果
  • マインドマップを始めてからは、かなり頑張って描いてたと同時にミニマインドマップと言われるシンプルに描くやり方オンリーで徹底的に頭の中を出していった当時、描いた枚数は何枚になるんだろう。数えてないが数十枚を三ヶ月内には最初もらったノートが終わってたと思う。一年経つ頃には、2,3冊目に移行してた。それだけ沢山描いてた。そして、描くほどに頭のスッキリ感とほっと安堵する気持ちを体感していった後から知ったが、 [続きを読む]