usabo さん プロフィール

  •  
usaboさん: usabo's diary
ハンドル名usabo さん
ブログタイトルusabo's diary
ブログURLhttp://usabo.hatenadiary.jp/
サイト紹介文ゲーミフィケーションで仕事や勉強を、タスク管理で余裕を、記録で達成感を手に入れませんか。
自由文キーワード:
ゲーミフィケーション gamification taskuchute taskuma cio エンゲージメント 自発的な参加 即時フィードバック ゲーミフィケーションとは usabo itマネジメント IT戦略 たすくま Taskuma Taskchute Evernote タスクシュート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/03/23 23:53

usabo さんのブログ記事

  • 傾聴とか対話型のサービスを双方で楽しむための心がけ
  • うさぼうです。ご無沙汰しております。だいちくんのトータルコーディネートセッションが10回目だったので記念に記事にしておきます。ちなみに10回目だねという話はセッション中には一切ありません。いつもと変わらず淡々と話していくのみです。 トータルコーディネートは傾聴サービスである 内省好きで会話が苦手な人にぴったりの傾聴サービス 傾聴サービスをWinWinにするちょっとした気遣い 終わりに 傾聴サ [続きを読む]
  • 【週刊うさぼう】5/5-5/12飛行計画を立てつつゆるやかに飛び続ける
  • うさぼう(@usabo_tweet)です。ねえパパ、週刊うさぼうだね!そうだね前回は4/22までだったから4/23-5/12までの週刊うさぼうだね。なんか1か月分みたいだね。usabo.hatenadiary.jp月刊うさぼうを5/4に書いてるから、5/5-5/12の1週間分かなあ今週は飛行計画の記事を書いてたね書いた記事usabo.hatenadiary.jpそうだねライフエンジン文化祭で申し込んでもらったセッションもやれたね。そうそう、1時間半くらいすぐ経っちゃうんだよ [続きを読む]
  • 飛行計画のつくり方
  • ねえパパ、そのシートなに飛行計画だよなにそれわかんないよ、パパ飛行機のるの?こないだ1年後の姿を想像して書くフューチャービジョンってのを紹介したじゃん。あれを分解して3か月ごとの目印をつくるんだよそういうものなんだね。おもしろそうだからいっしょにやろういいよ。飛行計画テンプレートはこちらこれどうやって埋めていくの?最初はフューチャービジョンを項目ごとに埋めるんだ。それとあわせて行のラベルもつけよう。 [続きを読む]
  • ミッションステートメント更新しました(2018年版)
  • うさぼう(@usabo_tweet)です。 個人の意思決定のもとになるミッションステートメント はじめてミッションステートメント作ったのは2015年 うさぼうのミッションステートメント2018年版 ミッションステートメントの項目数の変遷 終わりにねえパパ、どうしたのどうしたのって、どういうこと?だってなんかプロジェクトとめるかもってツイートしてたじゃん。あれってきっと本書くやつを止めるんでしょよくわかったね [続きを読む]
  • プロジェクトってそんなに面白いの?
  • うさぼう(@usabo_tweet)です。ねえパパ、もうすぐGWだねそうだね。GWプロジェクトだねパパ、なんでもプロジェクトにするよねえ。何がいいの?それはね、、プロジェクトとは何かを成し遂げるのに必要なタスクの集合体です。PMIが制定しているPMBOK(第5版)の定義では、「プロジェクトとは、独自のプロダクト、サービス、所産を創造するために実施する有期性のある業務」とされています。企業が定常的に実施する業務と比べて [続きを読む]
  • はじめに どうしてプロジェクト管理は嫌われるのか
  • うさぼう(@usabo_tweet)です。ねえパパ、本って書いてるの?考えてはいるんだけどねえ少しずつ書いていくといいよそうだね!はじめに どうしてプロジェクト管理は嫌われるのか?仕事でプロジェクト管理をやってくれと言われたらどう感じますか?あるいは今まで自分のペースで進めていたプロジェクトに新しい管理者が現れたら。プロジェクト管理をやりたいという人は多数派ではないでしょうし、管理されるのもいい気持ちはしない [続きを読む]
  • 【週刊うさぼう】4/3-22ウェルスダイナミクスを英語で学んだり
  • うさぼうです。4月1-3週を振り返ります。書いたブログ7記事書いています。まずまずの頻度です。出版関連の進捗企画フェーズ延長中です。プロジェクト管理のゲーム化において、「どんなプロジェクトを誰とどう形作るか」がとても大事で、その過程をいくつか試している感覚です。カウントダウンアプリによるとあと68日。まあこの日付には何の意味もないと考える人もいれば、目安になると捉える人もいたりしそうで、それ自体が [続きを読む]
  • 紹介します!
  • うさぼう(@usabo_tweet)です。今日は紹介させてください。よろしくおねがいします!7歳からのタスクシュートで登場していたJr.です。usabo.hatenadiary.jpさいきんはつかってないけど。。息子の自由研究というカテゴリーもあるしね。そうだね!usabo.hatenadiary.jp満を持してJr.登場です。絵はさっこさんに描いて頂きました!twitter.comこれからJr.と楽しく 更新していきます! [続きを読む]
  • プロジェクト管理ゲーム化計画の現状4/20
  • お久しぶりです。ちっとも執筆のそぶりがないですが、ええその通りでちっとも進んでおりません。ただ、常に頭にはあって、じわじわと前には進んでいます。個人よりチームを優先最初に考えた目次だと、事例は私が個人で進めたプロジェクトが多かったのですが、Twitterアンケートでは、チームのプロジェクトのほうが関心が多かったです。そのため、書ける範囲でチームでのプロジェクトをゲーム化する内容にしようとしていま [続きを読む]
  • 夕食後の1時間で成功のリズムをつかむスコアセッション
  • ウェルスダイナミクスでは1年後のありたい姿をフューチャービジョンとして表現し、そこまでの道筋を飛行計画として分割します。それを毎週振り返っていくのがスコアセッションです。進捗状況を評価し、飛行計画を念頭に次週の計画を立てるものです。GTDやタスク管理界隈における週次レビューそのものですね。スコアという単語の3つの意味音符測定溝音符は自分の最高傑作を譜面におとすもの。測定は自分の進捗状況を数値化す [続きを読む]
  • jMatsuzakiベルリン移住送別パーティー
  • jさんの送別パーティーに行ってきました。たくさんの人が集まるパーティーというイベントは難しいです。主賓であるjさんかんりさん、まなさんと親交のある多くの人が送別を機に集っています。そんな中わたしはどのタイミングで話しかけるのがいいのか、何をどのくらい話すのがいいのか。もちろん考えたからって戦略が決まるわけでもありませんし、決めた通りに動くことなんてありません。決めた通りに動くことが幸せとも限り [続きを読む]
  • プロジェクト事例のブレスト
  • プロジェクト管理ゲーム化計画に含める事例を考えています。ところが思いつくのは一人で淡々と執筆したりとかセミナー準備したりとかばかり。ジャンル(プライベート or 仕事)人数(個人 or 複数人)のマトリクスで見たときにどのプロジェクトをゲーム化したいのかなーと思いアンケートとってみました。(結果は明日貼ります)途中経過からすると複数人のプロジェクトが多いですね。チームでやるところに楽しさを奪う何か [続きを読む]
  • プロジェクト管理ゲーム化計画の企画書
  • 脳内で企画に挑戦。想定読者と狙い本書はプロジェクト管理をゲームのように楽しくやりたい人に向けて書きます。プロジェクトの目的を達成するために管理することの意義は感じているものの、管理に追われる感覚や煩わしさを拭えない人に、テレビゲームなどで感じる「楽しくやり続けられる状態」を味わえるようにすることを狙います。前作「タスク管理ゲーム化計画」の直接の続編ではありませんが、前作で日々のタスクを、本作 [続きを読む]
  • 吸うために意識して吐き出すことの効用
  • 深呼吸するためには吸うよりも吐くことを意識するとよいそうです。2回吐いて1回吸うとか、7秒吐いて3秒吸うとか。「意識して」吐き出すというのは難しいので呼吸を測れる単位を設けるとやりやすくなります。満充電容量を維持するために放電するノートPCのバッテリーは買ったばかりの頃は何時間でも持つのに徐々に持ちが悪くなってきます。これは満充電容量という貯められる最大値が減ってくるためです。この劣化を防ぐのに [続きを読む]
  • プロジェクト成功に欠かせない成功事例と相談相手
  • 無人島に何を持っていくか選べと言われても全く決められなかった私ですが、プロジェクト成功させるために選べと言われれば迷わず答えられます。それが、成功事例と相談相手です。成功事例成功事例はこれから取り組むプロジェクトの参考になりそうな事例です。もちろん失敗事例から学ぶことのほうが多いくらいですが、持っていくにあたり成功したもののほうが縁起がよいですよね。また、そのまま使えるところは使いやすいで [続きを読む]
  • なぜプロジェクト管理にゲーム化が必要なのか
  • 『プロジェクト管理ゲーム化計画』という本を書きたい背景には、自分がプロジェクト管理を楽しんでいることがあります。同時にプロジェクト管理が忌み嫌われていることもあります。このギャップをどうすれば軽減できるでしょうか。管理<実行タスク管理も同じことがありました。管理する時間があったら実行したほうがいい、とか、管理する役割の人を実行する人より下に見たりとか、どうしてもサブな役割であることは否めません [続きを読む]
  • プロジェクト管理とゲーム化という言葉の定義
  • プロジェクト管理をゲーム化することを目指した本を書いています。今日は初心に帰って言葉の定義を考えてみます。プロジェクト管理聞きなれない方は少ないと思いますが、人によってイメージするものは様々な気がします。私なりの定義は、複数種類のタスクの集合です。タスクには目的があり、アウトプットがあります。そのためのインプット、実施手順があります。実施者と関係者がいて、開始と終了があります。これらはプロ [続きを読む]
  • セルパブにおいて出版予定日は月初で週末がよい理由
  • 2冊目のセルフパブリッシング書籍『プロジェクト管理ゲーム化計画』を6月末に出版すると決めました。決めると動き始めるこうやって出版日を決めるといろいろ動き出すのでおすすめです。たとえば、6月末っていっても本当に7月1日にするのかはその時点では決めていないわけです。しかし、6月末と言ってしまったからには、本記事を書いている今、7月1日が週末かどうかをチェックしてしまうわけです。で、日曜日だったのでほっ [続きを読む]
  • 【週刊うさぼう】2/26-3/10縮退運転からのタスクカフェ
  • うさぼう(@usabo_tweet)です。2月4週と3月1週を振り返ります。書いたブログなし出版関連の進捗なし。しかし新作について考える機会はいくつかあり、意欲がアップしています。3/10タスクカフェ本日、無事に終わりました!なんと記念すべき?80回のタスクカフェで特別講師を務められて感無料です。おしながきタスク管理をチューンナップするフレームツールを規定するガジェット本執筆を計画的に進める方法タスク管理をゲーム化す [続きを読む]