iaidou さん プロフィール

  •  
iaidouさん: 私の、チョィと思う事。言いたい事。
ハンドル名iaidou さん
ブログタイトル私の、チョィと思う事。言いたい事。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/iaidou
サイト紹介文自分の生き方、趣味の中の「茶道」などを中心に感じたもので構成しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/03/24 08:55

iaidou さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ●チョッと高いお買い物
  • 「最近の大きなお買い物」先月私の所属している篠笛「笛の会」があり、年に一度の篠笛を購入するチャンスのある日。我が山口流の指定されているメーカー?は、制作者の多い中から「山桜」さんといい、山口千壽家元の狙っている音を作り出している広島の方です。篠笛は1笨〜12笨までの種類が有り、其の曲にあった本調子で吹くので、ある程度は数が必要で、経験を積みレパートリーの増えるに従って数も増えるものなんです。(これ [続きを読む]
  • ●2人の許状式
  • 6日 震度7での地震。夜中の出来事とはいえ恐かた〜〜〜。我が家の影響はコケシの損傷ぐらいだが、全道での停電、断水などがあったが、厚真方面の地滑りで家が崩壊し40名以上の死者が出た。札幌でも清田区で液状化現象による道路の陥没や家の傾き等で、まだ立ち直るには大分時間がかかるだろう。こんな状態の中、平成30年度 遠州流茶道秋季認定授与式が東京で行われる為、交通機関にヤキモキしながら2人の受講生とともに無 [続きを読む]
  • ●楽譜が音楽に変わる時
  • 世界的名のある演奏家が、日本の地方の小学校でオーケストラ部員に教えた時の名言。●良い演奏家とは「音で物語を作れる人」●感情を楽器に吹き込む事●ビブラートとは心の響き(怒り、悲しみ、歓びなど)●音色を大切に(浮き浮きと楽しくや悲しい音など)●自分を信じ「出せる」と言い聞かせる(強弱が付いて来る)●自分の音を探すのが魅力になる●「聞く人に音で何かをどう伝えたいか」この気持が大切 この時、楽譜が物語に変 [続きを読む]
  • ●武士と茶道
  • 「亭主に隙がなくば、客は茶を楽しめませぬ。」「そもそも茶の湯はゆとりの道にござりますれば、慌ただしきご勤番の方にこそ親しんで頂かねばなりませぬ。よって古来武士は戦陣にても茶を点て申しました。常在戦場の武将ゆえ、茶人の隙を忘れては成りませぬ。謹厳居士等と囁かれているのは、少しも褒められた話ではあるまい。余裕が無い、隙がない、器が無い、という意味であろう。浅田次郎「一路」より [続きを読む]
  • ●篠笛と私 2
  • 人間永年やっていて、何んかもう一つ楽しむ事の出来る趣味をと、今まで自分自身の中で経験した事の無い「音のある生活」を取り入れ、6年余り過ごして来た後期高齢者です。先日千那先生から今年最後のお稽古日を終え「何か一言」と言われた時に「私は上手くなる事を諦めました」と宣言してしまいました。一生懸命に指導されている先生方には、別件で人に教える立場の者として大変失礼で有り、且つ無礼な言葉だと充分理解はしており [続きを読む]
  • ●洞爺合宿
  • 22日9時に我が宅へA、B両氏が到着。荷物をBさんの高級車に乗せ、真駒内地下鉄駅集合場所へ向かう。ここでC、Dさんと合流し、まずはきのこ王国へ出発。今回は私の足の手術も有りイマイチ運転に支障を感じるためBさんの車に同乗。また参加人数の私を入れ5名と少なく、女性陣の参加者は無し。恒例のきのこ汁をいただき何事も無く洞爺に到着。弁当屋で今晩の夕飯を予約し稽古場へ。道具搬入、稽古着に着替え瓶掛による盆点前。Bさ [続きを読む]
  • ●カラスの親子
  • 以前、犬の散歩時に仲良くなったカラスの親子がいたが、犬用のおやつ一粒を挨拶代わりにやっていたところ、それを目撃していた小母さんが、「絵付けをしないで下さい」とヒステリックに怒られた。いつも金曜日に会うカラスで、遠くからでも我々の姿を目撃すると、三羽でやって来て挨拶する。時間や場所は限られ仲良しだったが、怒られたので、「お前にはもうやれないと」言い聞かせたがしばらくは顔を見せてかあかあと催促していた [続きを読む]
  • 過去の記事 …