FX さん プロフィール

  •  
FXさん: 1週間で勝ち組になれるFXセミナー
ハンドル名FX さん
ブログタイトル1週間で勝ち組になれるFXセミナー
ブログURLhttp://blogfx0724.blog.fc2.com/
サイト紹介文1週間で勝ち組になれるFXセミナー大好評です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/03/24 16:15

FX さんのブログ記事

  • カニトレーダーの8月13日からの予想
  • カニトレーダーカズヤングです。8月13日からの予想□■□■□■□■□■□■□■□■【振り返りや予想】□■□■□■□■□■□■□■□■先週は目立つ指標が無く、取りやすい週ではありました。ドル円はレンジ内で取る形でした。 ただしユロドルに関しては割ってはいけない部分をHFの仕掛けにより突破。合わせてトルコショックもあり、壊滅。ユロ円も129円から126円と短期的に3円ほど落ちました。こういう時は大きく勝てる反面 [続きを読む]
  • 8月6日からの予想
  • カニトレーダーカズヤングです。8月6日からの予想□■□■□■□■□■□■□■□■【振り返りや予想】□■□■□■□■□■□■□■□■ユーロの変動が大きく、長期足のレンジ狙いであれば取りやすい週になったが、トレンド狙いには厳しい週に。指標なども多く非常に取りにくい週であった。8月6日からは木曜日まで大きな指標は無し、方向感もある程度はっきりしてきて取りやすい週になると予想。==============================【 [続きを読む]
  • 2点改善
  • ▼1.逆指値のブレイク狙いに関して通常ですと逆指値のブレイクは指値が少なく逆指値が多い場所が3列続く場所を基準としておりましたが、結果から申し上げますと指値のボリュームは、ロウソク足の動きを判断しそこまで影響していないと判断しました。なので今後は【大きな矢印の方向と同じ、かつ逆指値が多い部分の入り口(指値のボリュームは考慮しない)】に逆指値のブレイク狙いのエントリーを行います。▼2.損切ポイントに関し [続きを読む]
  • 7月30日からの予想
  • 7月30日からの予想カニトレーダーカズヤングです。本日より少し形態を変えて配信させて頂きます。□■□■□■□■□■□■□■□■【振り返りや予想】□■□■□■□■□■□■□■□■7月中盤からは発言などが多く相場は乱高下でなかなか取りずらい状況となりました。引き続き、今後も同様の状況が続き、指標が多く続きます。上下に大きく動く可能性が高く、取りにくい週と考えております。==============================【ドル [続きを読む]
  • 《プロポーカープレイヤーから学ぶ心理2》編
  • 《プロポーカープレイヤーから学ぶ心理2》編俺の名前は店長 幼馴染で同級生の胡蝶蘭と一緒に遊園地に遊びに行って怪しい男の取り引き現場を目撃した取引を見るのに夢中になっていた俺は突然背後から何者かに襲われる俺はその男にワカメスープ(レンジで温めるタイプ 500wで約1分 600wなら50秒)を飲まされて目が覚めたら...京都市内のスーパーの店長になっていた!!店の経営状況は最悪、いつ赤字で倒産してもおかしくない状況。 [続きを読む]
  • セミナーのお知らせ
  • 《プロポーカープレイヤーから学ぶ心理2》編俺の名前は店長 幼馴染で同級生の胡蝶蘭と一緒に遊園地に遊びに行って怪しい男の取り引き現場を目撃した取引を見るのに夢中になっていた俺は突然背後から何者かに襲われる俺はその男にワカメスープ(レンジで温めるタイプ 500wで約1分 600wなら50秒)を飲まされて目が覚めたら...京都市内のスーパーの店長になっていた!!店の経営状況は最悪、いつ赤字で倒産してもおかしくない状況。 [続きを読む]
  • 《移動平均》編
  • 《移動平均》編俺の名前は店長 幼馴染で同級生の胡蝶蘭と一緒に遊園地に遊びに行って怪しい男の取り引き現場を目撃した取引を見るのに夢中になっていた俺は突然背後から何者かに襲われる俺はその男にワカメスープ(レンジで温めるタイプ 500wで約1分 600wなら50秒)を飲まされて目が覚めたら...京都市内のスーパーの店長になっていた!!店の経営状況は最悪、いつ赤字で倒産してもおかしくない状況。何とか店の経営を立て直すため [続きを読む]
  • 7月23日週の相場展望
  • 7月23日週の相場展望一強の様相を呈して来た米ドルが、ここに来て1円近く下落し、112円台に戻ってしまいました(ユーロドルでは1.17ドル台に上昇=ユーロが強まる)トランプ大統領が現地時間7月20日に行ったツイッターです。China, the European Union and others have been manipulating their currencies and interest rates [to] lower, while the U.S. is raising rates while the dollars gets stronger and stronger with e [続きを読む]
  • 《店長損失の反省と改善をする》編
  • 《店長損失の反省と改善をする》編俺の名前は店長 幼馴染で同級生の胡蝶蘭と一緒に遊園地に遊びに行って怪しい男の取り引き現場を目撃した取引を見るのに夢中になっていた俺は突然背後から何者かに襲われる俺はその男にワカメスープ(レンジで温めるタイプ 500wで約1分 600wなら50秒)を飲まされて目が覚めたら...京都市内のスーパーの店長になっていた!!店の経営状況は最悪、いつ赤字で倒産してもおかしくない状況。何とか店の [続きを読む]
  • 7月16日週の相場展望。
  • 7月16日週の相場展望。目下、市場で一番注目されているのが、トランプ大統領が仕掛けた保護主義関税政策に、中国が応戦する形で始まった米中貿易摩擦です。7月6日(トランプ政権の関税政策施行開始期日)が、その開始日だとされています。明らかに相場にはリスクオフ要因のはずですが、なぜか現状はリスク「オン」の不思議な相場ですね。特に米ドル一強体制が再び戻りつつあります。米ドル/円はV字回復の様相を呈し、今年(2018年 [続きを読む]
  • 成績保存用
  • ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞■■■□歴史人物とFXバトル! カニトレーダー炎の15番勝負!□■■■∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞『絶対に負けられない戦いがそこにはある...』 ┏┛ ̄ ̄┗┓  ┣┳┳┏┻┃  ┃┃┃┗┳┛  ┗┻┻┫┃ ……… ┃┃ ……… ┗┛【ルール】口座残高400万円から勝負( [続きを読む]
  • 良くあるご質問
  • 【カニトレーダー&放送に関すること】▼なぜカニのかぶりものをしてるんですか?⇒カニの格好をしてまずは覚えてもらいやすくすること、カニが食べ物で一番好きなことなどが理由です。▼流れている音楽は何の曲なんですか?⇒フリーの音源を使っております。 曲名は配信画面に掲載しております。▼カニはタラバガニですか?ズワイガニですか?⇒タラバガニになります。▼燃料とはなんですか?⇒逆指値(ストップロス)のボリュー [続きを読む]
  • 7月9日週の相場展望
  • 7月9日週の相場展望結局、米中貿易摩擦は歩み寄りを見せることなく、7月6日に米中両方が340億ドル分相当の関税を課すことを決定しました。もっとも、相場自体は完全に「織り込み済み」だったようで、6日に大きな動きはありませんでした。アメリカ側の関税発動は6日の0時だったわけですから、特に時間差で週明け「窓を開いて」下落する、といった事態はないでしょう。さて、米雇用統計ですが、非農業部門雇用者数変化が予想19.5万人 [続きを読む]
  • 特典付き口座開設
  • 特典付き口座開設こちらの画像を 頂き口座開設した方には特典として【オーダーブックを上手く使うポイント】の冊子を差し上げます(*'▽')OANDA JAPAN 口座開設《既にOANDAを持っていて、今回の特典が欲しいという方》マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(井上哲男氏)を開設頂いても同様の特典を差し上げます。口座開設後概要欄にあるアドレスまで「口座開設完了」とご連絡 [続きを読む]
  • 7月2日週の相場展望
  • 7月2日週の相場展望ワールドカップの話題が相変わらず継続していますね。日本の決勝トーナメント進出(6月28日)、そしてそのため取った手段などが、マスコミの話題の中心です。一方、相場は表面上、ドル高ユーロ安が緩和されてきているように見え、波乱が収まりつつあるように見えますが(イタリア政変など)、目下のリスクとしてはやはり、米中貿易摩擦があげられます。今年(2018年)4月のトランプ大統領が保護主義関税政策を発 [続きを読む]
  • 主な手法について
  • OANDA社のオーダーブックを元に反転ポイントや押し目、戻り売りで裁量トレードしております。(正式に許可を頂いております。)また大きな矢印は現在のトレンドを表しております。※ドルスキャワールドFXに同梱されておりますtrender2というインジケーターです。【エントリールール】▼1.直近の大きな矢印の方向を確認・上の矢印⇒ロング有利・下の矢印⇒ショート有利▼2.各グラフの厚い部分やストップロスの少ない場所に指値を入 [続きを読む]
  • カニの小言
  • OANDA社のオーダーブックを元に反転ポイントや押し目、戻り売りで裁量トレードしております。(正式に許可を頂いております。)また大きな矢印は現在のトレンドを表しております。※ドルスキャワールドFXに同梱されておりますtrender2というインジケーターです。【エントリールール】▼1.直近の大きな矢印の方向を確認・上の矢印⇒ロング有利・下の矢印⇒ショート有利▼2.各グラフの厚い部分やストップロスの少ない場所に指値を入 [続きを読む]
  • 6月25日週の相場展望
  • 6月25日週の相場展望先週月曜日にはトランプ大統領の貿易戦争関連の発言によりドル円は乱高下。ワールドカップもありましたが、「大阪府北部地震(おおさかふほくぶじしん)」と命名されたマグニチュード6もの大地震もありました。為替にはそこまで影響はありませんでしたが、株価は崩れました。ユーロ系の通貨に関しては木曜日、イタリアを中心とした株価が崩れましたが、その後の指標の内容は良く、木金はユーロ系が落ち着きませ [続きを読む]
  • 6月18日週の相場展望。
  • 6月18日週の相場展望。2018年6月12日シンガポールで米朝首脳会談が開かれました。歴史的瞬間でした。しかし事前の駆け引きからは予想もつかなかった「金正恩(キムジョンウン)の勝利」を告げるメディアが少なくありません。なぜそう評価されたかと言えば、トランプ米大統領があれほど要求した「非核化」への具体的施策が会談後発表されなかったからです。しかし市場はこれを地政学的リスクとは全然考えていません。むしろ米朝首脳 [続きを読む]
  • 5月28日週の相場展望。
  • 5月28日週の相場展望さして言葉通りにはならないように見えた「Sell in May(5月の売り相場)」でしたが、最後の最後でドンデン返し「米朝首脳会談の中止」が発表され、相場は大きくリスクオフの様相を呈して来ました。発表は5月24日でした。これをきっかけに先週(5月15日)110円台に乗せた米ドルは大きく下落し、108円台をつけています。またユーロ円も127円台に下落しました。ただ注目すべきなのはユーロドルで、「逃避通貨」と [続きを読む]
  • 5月21日週の相場展望
  • 5月21日週の相場展望。5月15日にドル円が110円台にのせてから底固く推移し、米ドルの強さが示されています。その一方で北朝鮮の地政学的リスクが再燃しています。北朝鮮は、韓国とアメリカが行っている空軍などによる定例の共同訓練を非難し、16日に予定されていた韓国との閣僚級会談を中止すると表明しました。それに加え、6月の米朝首脳会談の中止の可能性もちらつかせ、トランプ政権を牽制しています。「いつもの北朝鮮瀬戸際外 [続きを読む]
  • 5月14日週の相場展望
  • 5月14日週の相場展望。為替においては米ドル高が注目を集めています。これに呼応するかのようにドナルド・トランプ大統領の一挙手一投足に(ツイッターなども絡んで)注目が集まっています。ひとつは、米朝会談の発表です。すでに4月27日に歴史的とも言える南北首脳会談がありましたが、それに引き続き今度は、米朝会談が6月12日に行われるとトランプ大統領により「ツイート」されています。もうひとつは中東の地政学的リスクの持 [続きを読む]
  • 5月7日週の相場展望。
  • 5月7日週の相場展望5月4日(金)発表の4月分雇用統計は、非農業部門雇用者数変化が前月比で+16.4万人(予想は+19.0万人、先月は+10.3万人)、失業率が3.9%(予想4.0%、先月4.1%)でした。相場的には「強い米ドル」が明らかで、対ユーロ、対円ともに米ドルが強さを発揮しています。対ユーロでは、米ドルは1.20EUR/USDを割り込み本格的なドル高ユーロ安の兆候を示しています。これは、4月27日ドラギECB総裁がユーロ圏内での成 [続きを読む]
  • 4月30日週の相場展望
  • 4月30日週の相場展望先週のドル円は、北朝鮮、韓国との南北軍事協議が無事に終わったことによる安心感により、ドル円が堅調に推移し、109円台に突入しました。来週以降のドル円は、いよいよ110円台が視野に入ってきており、突発的な地政学リスクが無い限りは110円に到達するのではないかと予想しています。経済指標についても、3日(木)3時にはFRB政策金利の発表、4日(金)21時30分には米の雇用統計の発表と大きく動く可能性 [続きを読む]
  • 4月23日週の相場展望
  • 4月23日週の相場展望先週のドル円は、日米首脳会談が無事に終わったことによる安心感、アメリカの経済指標の数値が予想よりも良好であったこと等で続伸しました。来週以降のドル円は、108円代が視野に入ってきており、大方の予想では「買い」となっています。しかしながら、シリアの状況がいまだ落ち着いていない。シリア関連で、アメリカの軍事行動および発言があった場合は、やはり地政学リスクが意識されるでしょうし、株価、為 [続きを読む]