jun さん プロフィール

  •  
junさん: コトダマ〜Life of the Word〜
ハンドル名jun さん
ブログタイトルコトダマ〜Life of the Word〜
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/life-of-the-word/
サイト紹介文ソーシャルワーカーが日々の葛藤の中で、つぶやいています。。言葉は使い方次第で槍にもなれば盾にもなる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/03/25 00:06

jun さんのブログ記事

  • 最期の時
  • 最期の時を、あなたならどのように迎えたいだろうか?僕には人生の最後の最期に叶えたい夢がある。それは『あー、いい人生だった』と言うこと。これが言えた時、僕の人生は全てこの7文字に凝縮される。言葉とはそういうものだと思う。人生の全て。数え切れないほどの思い出や経験、言葉にできないほどの感情。それが「いい人生だった」と言う言葉の裏にある。そして、それを聞いた家族や周りの人はどのように思うのか。「私も(僕 [続きを読む]
  • 生きるってなんだ
  • お久しぶりです。酒を飲んでやや連合弛緩ですが、最近あったことから…人生ね、このブログでは結構取り上げてる気がしますが…。それだけ自分が考える機会が多いということなんだろうかね。先日亡くなった患者さんがいます。親族やらkey personやらはおりません。急に旅立ってしまいました。まぁ、その前から考えればそんなに急じゃなかったのかもだけど…。残ったのは借金と遺留品と借金。人生、楽しかったかな。と思ってしまいま [続きを読む]
  • お久しぶりぶり!
  • こんばんは!しばらく滞らせておりましたこちら。これからはちょっとずつ更新していきますね!とりあえず再開のご挨拶まで。via Recovery & Amorph Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • 社会資源
  • ソーシャルワーカーが支援をするうえで必要な社会資源。これは、多かれ少なかれどの地域にもあるものではないでしょうか。しかしながら、これらの資源とのつながりがなければスムーズは支援にはつながらないのが現状です。顔の見える関係、腹のわかる関係、こういったつながりこそが支援を円滑にする要素ではないかと考えられます。地域全体で精神障害を持っている方を支える。そういったシステムが必要ではないでしょうか。地域包 [続きを読む]
  • 地域移行支援における課題
  • こんばんは。僕は精神科病院のソーシャルワーカーとして5年目に突入しています。この間、慢性期開放病棟一筋で来ていて、ありがたいことに、大学生の時から携わりたかった地域移行支援に関わることができています。他の病院でも同じなのだと思うのですが、病棟の全患者さん(約100名弱)のAssessmentを行い、そして支援をしてきた中で幾つかの課題が出てきました。① 金銭的課題② 高齢化③ ADL④ モチベーション⑤ 主体性となりま [続きを読む]
  • 人は見た目で判断する。
  • こんばんは。久々の更新でしょうか。さて、何ともロジカルなテーマですが、本日切に感じたことなので書かせてもらいますよ。本日は入院患者のA子さん希望で、以前より申し込みをしていた子宮頸癌の集団検診受診のため、タクシーを使って1時間半も離れている某市に行きました。因みにこのA子さんは、体の傾きが大きく、自力歩行は難しいものの、手すりや壁、サポートがあれば何ら問題なし。医師からも受診オッケーもらっていました [続きを読む]
  • ホームページOpen!!
  • こんばんは!!ホームページOpenしました!!題して Recovery & Amorph!リカバリーと自由をテーマに、気ままにやっていければと思います。普段はBlogの更新になると思いますが、何かあればトップでお知らせいたしますね!今後ともよろしくお願いいたします。via Recovery & Amorph Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • ホームページOpen!!
  • こんばんは!!ホームページOpenしました!!題して Recovery & Amorph!リカバリーと自由をテーマに、気ままにやっていければと思います。普段はBlogの更新になると思いますが、何かあればトップでお知らせいたしますね!今後ともよろしくお願いいたします。via Recovery & Amorph Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • Amorph
  • 映画を見ていたら良い言葉を見つけました。Amorph無形態のことを言うそうです。例えば水。形にとらわれず自在に姿を変えられる。形態を持たない状態。これ、自由とも似ています。僕の夢、いつか活動する時にこの言葉はきっとぴったりになると思います。その夢が叶うかどうかはわからないけれど、この言葉に出会えてよかったな。いつか使えるといいな。リカバリーの為の支援組織作りたいな。しかもピアが活躍できるように。RECOVERY [続きを読む]
  • 職種の違い。
  • こんばんは。今日は職種の違いのお話。僕が働いているのは精神科病院。病院なんだからいろんな人が働いています。しかも全部専門職。こういう環境はなかなかない。しかも、医療専門職と福祉専門職がどちらもいるという環境。ご存知の通り、ソーシャルワーカーは医療専門職のヒエラルキーには属さない、フリーダムな立場にいる。そしてありがたいことに僕のいる病院はソーシャルワーカーにケースワークが委ねられることがほとんど。 [続きを読む]
  • リフレッシュ
  • こんばんは。いやー、怒涛の8月を切り抜けて、怒涛の9月に突入しました。笑僕にとっちゃ今の状況が続く以上、いつまでたっても怒涛の◯◯ですわ!今日は堅苦しい話は抜きにして、精神保健福祉士のプライベートを大公開!夏休みで高野山行ってきました!そして職員旅行で伊勢志摩!お写真を続けてどうぞ!( ´ ▽ ` )ノ泊まったところ!金剛三昧院。世界遺産!金剛三昧院。壇上伽藍。金剛峰寺 蟠竜庭。奥の院。宿坊の精進料理。夜。 [続きを読む]
  • 地域移行 意見交換会
  • こんばんは。 リカバリーフォーラム2日間に続き、本日は横浜で地域移行・定着支援に関する意見交換会でした。こちらは某大学のタイソク研究班主催の科学研究費補助金事業。大学3年時よりずっと関わりのあるプロジェクトチームなのです。といっても、大学四年時はピアを専門にし、入職後なぜか名前だけ残っているという不思議。会議なんてほとんど行かないし。こういうイベント時に参加するだけになっておりますが…でも、大切なつ [続きを読む]
  • リカバリー全国フォーラム2日目!
  • こんばんは!池袋は帝京平成大学で開催されたリカバリーフォーラムも、本日で終了。2日目の今日の方が人が多かった気がする…!今日は特別公演でイタリアの実際を聞いたり各取り組みを聞いたり。分科会ではIMRについて再度おさらい。何回か聞かないと自分の中に浸透して行かないな…この二日間が終わり、頭いっぱい胸いっぱい状態です、正直。そして、夢が膨らんだ。やりたいと思うことが強くなった。どういう形でやるのが良いのか [続きを読む]
  • リカバリー全国フォーラム1日目!
  • こんばんは!!!さて!今年もリカバリー全国フォーラムの時期がやって参りました!夏ですね!第3回目、第4回目はスタッフとして参加したリカバリーフォーラム。参加者側で真面目に参加したのは初めてでした。今年のテーマは見える化。大事だと思うけど、なかなか難しそうです。。トークリレーはみなさん思い思いのことを話されてて良い感じ!!本日、明日と分科会もたくさん。僕は本日がアンチスティグマで相模原事件、明日がIMR [続きを読む]
  • 向き合う
  • 向き合うっていうのは、つまるところどういうことなんだろうと。そう、ふと思った今日この頃。時間をかけること?話を聞くこと?全ての希望を叶えてあげること?真摯に向き合うってよく言うけど、そんな簡単にできるもんじゃないと思うんです。向き合うっていうのは、まずその人のことを受け止めて、受け入れて、そこから始まることなんだと思う。受け止めてもないのに向き合うなんて、そんなの向き合ってることにならない。あなた [続きを読む]
  • 数じゃないのか…?
  • どうも。人の倍のケース数のあるjunでございます。病院一ケース数が多いっす。急性期だから、慢性期だから、負担の割合は数じゃ示せないとよく言います。そうでしょう。動きの部分、つまり、支援者側の都合で行けばそうでしょう。でもね、急性期だろうが慢性期だろうが、尊い1人の人生であることに変わりはなく、言うまでもなくそこに優劣なんてものをつけることは断じてできないわけです。心的負担はケース数に比例して増えるよ。 [続きを読む]
  • 納涼会
  • こんばんはー。夜も更けた午前1時の投稿です。笑やや酔っ払っております。本日は担当病棟(複数ある中の1つ)の納涼会兼歓迎会でした!新しい看護職員さんお二人入ってこられましたよ!職場での雰囲気とは違って、この病棟の飲み会の雰囲気好きなんだよな〜( ´ ▽ ` )ノそれぞれがそれぞれに話したり飲んだり。あんまり気も使わないし。リラックスできます。おかげで終電帰りでこの時間だ。まだ木曜なのにね〜後2日頑張らないと… [続きを読む]
  • 久々に考えた土曜日。
  • 患者さんの発言に久々に考えさせられた土曜日のお話。話題は拘束。拘束は殺人だと言う。自傷他害よりも悪だと言う。比較対象が違うと思ったし、そもそもの理論が違うとも思った。拘束が良いと言ってるわけではないよ。それが特性だとしても、一種の過激思想。先の支援をどうすべきか、改めて考えないとって思いました。社会正義って?ソーシャルワーカーだからね。こういうところで難しさと、それに対する高度専門性の必要性を感じ [続きを読む]
  • 寝苦しいですね。
  • こんばんは…なのかな?笑初の深夜更新!何たって、暑くて寝苦しい夜です。うちはエアコンほとんど使わないので、窓全開の扇風機!風が多少でもあるとまた違うんだろうけど…ムフーです、ムフー。無風ね。こんな時に病院は冷房入ってて快適だろうなーなんて思ってしまいます。休みなのに仕事のこと考えるなんてもはやオンとオフが…笑でも、職業柄、至る所で出ちゃうんですよねー。客観的観察眼。前にも書いたかもですが、初対面の [続きを読む]
  • コードブルー
  • こんばんはー!精神保健福祉士・社会福祉士・潜水士のJUNでございます!どーもどーも!って、文面では明るそうだけど、全然気分乗ってないっす。ここのところミス続いたり、乗らないことが多かったり、夏バテ?だったりで。。今日たまたまコードブルーみました。(後輩からは観た方が良いですよって言われてた)うむ、医療にもいろんな形があるんだなーと思いました。僕が携わっているのも福祉と医療。コードブルーも医療。でもぜ [続きを読む]
  • オンとオフ
  • オンとオフ。そもそも、仕事がオンでプライベートがオフとは誰が決めたものなのか。勤勉に働いて自分を犠牲にしている、と言うと語弊があるかもしれませんが、自分の人生は会社のためにある訳じゃないからね。そもそも、勤勉なのに十分な生活ができないこの国のシステムがおかしいのではないかと思う今日この頃です。やっすい給料でどうやって生活しろっていうんだよ。最近過労についての報道なども多いですし、そういったものを見 [続きを読む]
  • ニュースで話題の…
  • ニュースなどでももう出てるのでここでも書いてしまいますが、大和病院で身体拘束されていた患者様が亡くなったというニュース。かなりショッキングなことです。 何がどうなっての結果なのかについては、外部の者が推論で物を言う立場にはないと思うので、真実が明らかになることを心より祈るしかありません。一般論、そして常識から考えれば、隔離処遇(中から鍵の開けられない個室での処遇)や身体拘束(四肢や体幹といった身体 [続きを読む]
  • タイヤーマネジメント
  • ご無沙汰してます。多忙な日々を過ごしております。アンガーマネジメントってありますよね。でも、タイヤーマネジメントって聞いたことないなと思いました。tire 疲れね。ストレスマネジメントというのはあるけど。疲れをコントロールできるようになるとまたかわってくるんじゃないかなと思うんだ。ざっくりすぎるけど。 [続きを読む]
  • 抑うつ期
  • おはようございます?抑うつ期突入。多忙なり。なんつってね〜我々精神保健福祉士はクライエントの人生をサポートする専門家です。が、一人に対しての担当数が半端なく多いんですね。僕は病院で担当が100人を裕に越えています。ケースが多いという話をしたいのではなく、ある方の支援をしている間はたくさんの方にお待ちいただかないといけないということなのです。だから、自分でできることはどんどん自分でやる方が良いと思うわ [続きを読む]