ちゑ女の徒然草 さん プロフィール

  •  
ちゑ女の徒然草さん: ちゑ女の徒然草
ハンドル名ちゑ女の徒然草 さん
ブログタイトルちゑ女の徒然草
ブログURLhttps://ameblo.jp/chie-jyo/
サイト紹介文徒然なるままに由無しごとを綴ります。
自由文ミニ旅行のレポートや、俳句など思い付くまま
綴り、なにか為になる事を書いてゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/03/25 14:28

ちゑ女の徒然草 さんのブログ記事

  • 仏心寺の散策
  • きょうは小春日和に誘われて、ブラブラ散歩に出歩きました。岡山市湊にある瑞光山仏心寺へ、又お寺散策ですが静かでいいんです。        (ずいこうざんぶっしんじ) 正徳四年(1714年)岡山藩主 池田綱政の姉(一条右大臣教輔夫人)の発願による建立。阿弥陀如来を本尊とする天台宗の寺院。 急勾配の舗装された自動車道を登り、良い運動になりました。帰りは階段を利用しましたが、これも [続きを読む]
  • 曹源寺の紅葉
  • 曹源寺は岡山市円山にある臨済宗妙心寺派の禅寺、山号は護国山。岡山藩主池田家の菩提寺でも有ります。広大な境内は「岡山藩主池田家墓所」として国の史跡に指定されています。 紅葉がとても綺麗だったので境内をひたすら散歩するだけの癒しのひとときでした。散策中に何人もの作務衣姿の僧に出会いました。全て外国人ばかり でした。それもそのはず、現在修行僧は住職を除いては全て海外より来日した人 [続きを読む]
  • 畳みべりバッグ(紺色×縞)
  • 畳みべりって、とても軽くて扱い易い素材で なんでも作れるんです。紺色にストライプ柄をあしらったショルダーバッグを作りました。 裏地は紺系のぼかし柄にて両面にポケットを縫いマグネットホックを付けました。   アジャスターを付けました。若いこに好まれそうな配色です。    完成です。  外ポケットも 二段の深さにして 付けています。 [続きを読む]
  • おかやまマラソンEXPO 2017
  • 11月12日は「おかやまマラソン」の日です。秋晴れの好天に恵まれ全国から大勢のランナーが集まりました。わたくしは、途中からですが、テレビ観戦で応援しました。  上空からの撮影、岡山城や岡山後楽園の観光地を巡りながらです。 フルマラソンと ファンランを合せて 16、200人の参加となりました。   スタートとフィニッシュ地点の「ジップアリーナ岡山」を 空から。 高知県のランナーが途中から独走です。 [続きを読む]
  • 畳みべりバッグ(ラメ黄色)
  •     畳みべりバッグ 調子が出てきました。  畳みべりを四段接ぎ合わせる時、縫い代分を敢えて表側に出して縫う。その縫い代を交互に抑え縫いしてから 脇縫いをする。       手提げ型の持ち手を仮り付けする。 裏地内袋にポケットを縫い付け脇と底を縫い マグネットホックを内袋みかえしに付ける。   ハイッ 完成 チョイ持ちに重宝なバッグです。イイ感じの光沢が素敵です。 [続きを読む]
  • 鳥取らっきょう花畑ウオーク
  • 鳥取の らっきょう花畑をウオーキングしました。らっきょうの花って見た事ありますか? わたくし初めて見ました。 全国有数のらっきょうの産地、鳥取砂丘に隣接する福部(ふくべ)では東京ドーム 26個分の広大ならっきょう畑を有します。 ウオーキングコースは 5kmと 2・5kmの 2コース勿論わたくしは 5kmコースを満喫しました。 いざ 出発 行けども行けども らっきょう花畑 ばかり  凄く当たり前のこと    薄紫 [続きを読む]
  • 畳みべりのバッグ(赤水玉)
  • 楽しみの一つにミシンでバッグを作りました。 素材は「畳みべり」 ホラあの畳のへりです。  畳みべり四段 接ぎ合わせ脇縫いして、ファスナーを付ける。 こちらは表袋の裏側。      裏地は内ポケットを両面に縫い付け内袋を作る。      表袋をひっくり返し、できた内袋をファスナーに纏り付ける。   表側も畳みべり三段つけ 外ポケット付き、 マグネットホックを付けて完成。      チョットしたお [続きを読む]
  • 岡山後楽園菊花展
  •                      (こうらくえん)こちらは烏城公園から程近い岡山後楽園菊花展。秋の恒例行事です。昭和33年(1958年)から毎年開催され今年 第60回目となります。大菊、小菊盆栽、懸崖、福助 等およそ300鉢の出品で、11月6日審査会です。   後楽園の入口前 すでに多くの菊の展示が有りました。         特別名勝 岡山後楽園 入口      [続きを読む]
  • 岡山烏城公園菊花展
  •  (うじょうこうえん)岡山烏城公園にて10月22日から11月12日迄菊花大会が行われています。早速観に行きました。 岡山の市花 である 「菊」 で秋を彩られています。 昭和27年(1952年)秋 故 池田隆政氏が厚子内親王を夫人として岡山に迎えられたのを記念して毎年開催、今年 第66回目 となります。 11月3日に菊花審査会が有るようです。どれも優秀作品ばかりです  こ [続きを読む]
  • 後楽園 松の菰巻き
  •                                    (まつのこもまき)日本三名園の一つ岡山後楽園では冬支度の一つとして「松の菰巻き」が行われました。園内のアカマツ、クロマツ 240本の幹一本一本に菰を巻き付け、越冬の為に枝から土へ降りてくる害虫を誘い込む、昔ながらの害虫駆除方法です。             池の上に張り出した松にも菰巻き       後楽園の 晩秋の風物詩 と [続きを読む]
  • ホテル グランヴィア にて ランチ
  • 今は 参加してないのですが、句会の朋友からのお誘いでランチに行きました。「そろそろ落ち着いた頃でしょうし、久し振りにランチしましょ」 という事で岡山駅前の ホテル グランヴィア ロビーにて待合せ。早速二階の カフェ レストラン オリビエ にてランチタイム。 メイン料理四種から選び、あとは惣菜、スープ、サラダ、ソフトドリンク等はバイキング形式。肉料理よりも 魚料理を選び、とても美味しくいただきました。 [続きを読む]
  • 思い新たに
  •                     (ひゃっかにち)夫の満中陰も過ぎ、初彼岸も過ぎ、百箇日も過ぎました。百箇日忌とは故人の死後百日目の事で、卒哭忌(そっこくき)ともいいます。哭(こく)は声を上げて泣き叫ぶ。卒(そつ)は終わるという意味です。 故人を思い泣き悲しんでいたのを やめる頃それが死後百日目くらいだと云われますが、そうそう 悲しみは消えるものでは有りません。折に触れ 涙ぐんでしまいます [続きを読む]
  • 自転車買いました
  • 秋といえば、食欲の秋、読書の秋、行楽の秋、スポーツの秋、芸術の秋など様々な言葉で表現される程、何をするのも気候的に絶好の時期です。 自転車大好き人間は何処へでも飛ばして行きます。ビュンビュンと悪路もヘッチャラ、高低差もお構いなしバウンドもサドルから ヒョイとお尻を上げバンバン行く。 それなのに この前、長年愛用の その自転車パンクしました。何度目かのパンク、丁度これを機に新しいのを買い替えました。これ [続きを読む]
  • 中秋の名月
  • 今年の中秋の名月は空気も澄んでとても綺麗に見る事が出来ました。早速デジカメ写真の撮影です。 10月4日 午後6時15分 撮影。 周りがほの暗くなりかけた時です。お向かいさんの屋根の上に綺麗に出ています。 10月4日 午後6時40分 撮影。 肉眼で見ると兎が餅つきをしている様に見えます。チョット 家に入ってから、外に出てみると周りが暗くなり高い位置に上がっていました。 近所のスーパーにて、買った  [続きを読む]
  • バーバリー紳士用数珠入れ
  • 一昨日バーバリー数珠入れをブログアップしましたが、一個では足りません。箪笥の隅っこに小さくたたんで有る生地を発見。 よし これで作ろう。    正絹の文字と 何とか紬の 文字が読み取れます。        早速作り上げました。       娘曰く 「なんだか少し年寄りくさい」 即 却下     ならば 先日のギフトバーバリーハンカチを早速裁断。  娘曰く 「いいんじゃないの」 これに気を良くして [続きを読む]
  • 紳士用数珠入れを作る
  • この前から紳士用数珠入れ を作りたくて生地を探しているのですが、納得の生地が見つからず、と或る日、箪笥の抽斗しに高島屋ギフト箱に未使用のバーバリーのハンカチ五枚を見つけました。 アー これで作ってみようか。      何年も前に戴いた記憶が有ります。 一枚も使わずそのままでした。    早速一枚を バーバリーのロゴ を活かすべく裁断を考えて作ってみました。       袋型の数珠入れ、裏地はブル [続きを読む]
  • 金封袱紗を作る
  • 可愛いハギレが有りました。 これで 慶事用袱紗 と 数珠入れ を作る事にしました。      金が入って煌びやかな和柄です。      表地も裏地も芯地も縫い代込みの34センチ×22センチ              (芯地は出来上がり寸法より少々控えめに) 出来上がりました。 金封袱紗は水引が崩れたり汚れたりを防ぐ為に必要ですね。      袱紗を畳んだところ。 蓋の部分は色んな形が有り自由です。 [続きを読む]
  • 又 数珠入れ 作る
  •    前回の数珠入れとはデザインを変えてみました   今回は蓋つきではなくて 袋型の数珠入れ を作りました むかし懐かしい 銘仙のハギレがヒョッコリと出てきました 裏地は赤にしました今では殆どお目にかからない貴重な生地です 大切な生地を箪笥の肥やしにせず縫い代込みで 表地も裏地も芯地も 18センチ×42センチ で一つ出来ます          (芯地は出来上がり寸法よりやや控えめに) [続きを読む]
  • アクセサリーを作る
  •    急にアクセサリーを作ってみたくなりました。        ハギレが少々 2センチ×18センチ を 6枚 ハギレを両面テープでストローにクルクル巻けば、リングとウッドビーズと紐があればOK。     アッという間に完成です。      アップで撮りました  こんな具合です。 陶器のオカメ ヒョットコもそろばん玉と合せれば 面白いストラップやネックレスになります。        そろばん玉を [続きを読む]
  • 数珠入れ を 作る
  • 誰かの為に何かをする、自分の為に何かをする。何でもいいからやらなければという思いが、沸々と …… 何もしないで悶々としていては いけませんし 今回わたくしごとで色んな事が有りまして、カルチャースクールの句会も昨年の七月から休んでいますし、何だか行きにくくなり さて と 昨今 小さな気付きもありました。 仏事の時のお数珠入れです。 ミシンも有る事ですし数珠入れ作成 を思い付きました。     丁度手ごろな [続きを読む]
  • 「京はやしや」の はんなりバゥム
  •    上質なお茶を使った「京はやしや」のお菓子です    宝暦三年(1753年)創業の老舗茶舗 の はんなりバゥム 久しく京都へは行ってませんが独身時代に勿論 ウン十年前 仕事で京都泊まりの時、同僚と当時流行っていた河原町の歌声喫茶へ行き トロイカ、ともしび、カチューシャ、山のロザリアなどで盛り上がったのを想い出します。 ロシア民謡 ユーチューブで聴いていると 色んな事が ……色んな事がオーバー・ラップし [続きを読む]
  • とらや の 羊羹
  •    東京のお土産に虎屋の羊羹を頂きました。竹皮包みの羊羹  ウワーずっしりと重い 一本正味 660グラム 合わせて1320グラム東京のお土産に頂く事が有ったり、又お土産用に買って帰る事が有ったりしますが、自分用に買う事は有りません。 とても高価なんですもの。 竹皮を開けると二個になっていて便利です。2015年10月から二つに分けられたそうです。一本が三千円 します。という事はこれで六千円。    [続きを読む]
  • 神戸のバームクーヘン
  • 懐かしい「神戸スイーツポート」のバームクーヘンを頂きました。バームクーヘン数々あれど ゆかり有る神戸のと聞いただけでも嬉しいです。かの「ユーハイム」が社名変更にて「神戸スイーツポート」となっています。          神戸開港150年なんですね。                                             若かりし頃の神戸時代を想いだします。お洒落な、お菓子を戴いたり、 [続きを読む]
  • いがむいたらくり
  • 三重県伊賀市に「お菓子処 桔梗屋織居」という創業400年の老舗があります。昔ここの焼菓子「いがむいたらくり」が、おいしいと言っていたのを、覚えていてくれた姪が送ってきてくれました。こんな有り難い事は有りません。 しかも私の傷心を癒すがごとく相手を思いやる優しい ふみ が添えられて瞼がウルウル 「いがむいたらくり」という符帳が有ります。「栗のイガを剥いたら生栗が現れると」いう意味と「周辺のどの宿場から [続きを読む]
  • コラーゲンゼリー
  • 名古屋の美味しいお菓子を頂きました。尾張名古屋亀屋芳広の焼菓子とゼリーです。 昔、仕事で名古屋へよく行っていました。熱田神宮(あつたじんぐう)へもお参りしました。懐かしいです。 焼菓子の「熱田の宮 千九百年」  熱田神宮は2013年に創紀1900年を迎え同年5月「創紀千九百年大祭」が行われました。 あと「栗ショコラ」や「マドレーヌ」等とても美味しいです。 コラーゲン入り 「人参とオレンジゼリー [続きを読む]