デラシネ さん プロフィール

  •  
デラシネさん: MIDNIGHT  HERO
ハンドル名デラシネ さん
ブログタイトルMIDNIGHT HERO
ブログURLhttp://foreverdream.hatenablog.com/
サイト紹介文ディスクブログと称して、あまり知られていない名曲を、これでもかというくらい紹介します。
自由文福岡在住。趣味は読書、映画、音楽などなど、ブログで紹介していきます。音楽は、甲斐バンド、吉田拓郎、エコーズ、エレカシ、X JAPANなどが好きです。読書は、歴史、文学が中心。好きな作家は、古くは太宰治、坂口安吾、壇一雄、織田作之助、森鷗外など。戦後作家では、山田太一、佐伯一麦、井上ひさしなど。ディスクブログと称して、ブログ版DJ をやっています。MIDNIGHT HERO http://foreverdream.hatenablog.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/03/25 19:57

デラシネ さんのブログ記事

  • 若き日の歌。哀しみの青春と太宰治「心の王者」。
  • 「人は、泣きながら生まれてくる」五木寛之の言葉だ。今朝、目覚めると、頬を涙が伝って流れた。夢にうなされたのだ。若き日の哀しみは、いつまでも去る事がない。心にいつまでも巣食っている。起き上がり、自分に呟いた。もう終わったんだ。あの日々の苦しみは。Rusty Nail X JAPANRusty Nail / X JAPANの歌詞 m.youtube.comRusty NailX JAPANロック200provided courtesy of iTunes「WE ARE X」オリジナル・サウン [続きを読む]
  • 旅立ちの歌。60年代の青春について。
  • 春ですね。桜が満開ですね。出会いと別れの季節ですね。本日は、旅立ちの歌と題してお送りします。いつものように、ひと味違った卒業の歌をお届けします。それでは1曲目。いちご白書をもう一度 バンバン「いちご白書」をもう一度 バンバン - 歌詞「いちご白書」をもう一度バンバンJ-Pop250provided courtesy of iTunes「いちご白書」をもう一度アーティスト: バンバン出版社/メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc [続きを読む]
  • サヨナラの歌。〜安倍総理大臣に捧ぐ〜
  • 本日は、サヨナラの歌、と題してお送りします。それでは、1曲目。さよなら オフコースさよなら オフコース - 歌詞m.youtube.comさよならオフコースJ-Pop250provided courtesy of iTunesもう、終わりだね。君が小さく見える。安倍総理に捧げる歌の特集だよ。もうすぐ終わりになるはずであろう、安倍晋三内閣に、サヨナラを言おう。朝日新聞、でかしたな。大金星。リークしたのは、安倍に愛想を尽かした財務省の方かな [続きを読む]
  • クール&ダンディな歌。
  • 本日は、クール&ダンディな歌、と題してお送りします。それでは1曲目。ジュリーこと、沢田研二。カサブランカ・ダンディ 沢田研二カサブランカ・ダンディ / 沢田研二の歌詞 |『ROCK LYRIC』カサブランカ・ダンディ沢田研二J-Pop250provided courtesy of iTunesカサブランカ・ダンディアーティスト: 沢田研二出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック発売日: 2015/09/23メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブ [続きを読む]
  • 福岡のロックバンド特集。
  • 本日は、福岡のロックバンド特集と題してお送りします。今年の冬は、寒さがハンパなくて、豪雪の北国では大変な想いで暮らしておられる方が大勢いらっしゃる事と思います。災害などに遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。冬来りなば 春遠からじ。ここは、何とかこらえて、春を待ちましょう。それでは1曲目。 レイン 甲斐よしひろレインの歌詞 | ORICON NEWSレイン甲斐よしひろロック250 provided courtesy of [続きを読む]
  • ロッカー・辻仁成の歌。未来へと続く、永遠のメッセージ。
  • 本日は、ロッカー・辻仁成の歌と題してお送りします。現在、パリで息子君と暮らしている辻仁成は、作家、映画監督としてよく知られていますが、初めはロッカーとして登場しました。それをご存知の方も多いと思いますが、実際に曲を知っている人は少ないのではないか。今の彼しか知らない人達にも、かつてのロッカー・辻仁成の歌を聴いて欲しい。なぜなら、そこには永遠に滅びない詩があり、現代を生きる君にも通じる熱いメッセー [続きを読む]
  • 抵抗の歌。「不協和音」な現代(いま)を生きていく。
  • 2018年になりました。本日は、抵抗の歌と題してお送りします。平成も終わろうとする今、最も時代を感じさせる曲を。不協和音 欅坂46 不協和音 - 欅坂46 - 歌詞 :不協和音欅坂46J-Pop250 provided courtesy of iTunesこれが、2017年4月にリリースされたということ。まさに、時代を予見している気がするね。以前、アイドルソングの特集をしたときも触れたが、秋元康先生、大したものだ。小生は、欅坂46には何の興味もないけれ [続きを読む]
  • 女性の名前の歌。或いは、尾崎豊の衝撃。
  • 本日は、女性の名前の歌の特集です。古今東西、これは数多くありますね。いつも通り、私の、favorite なナンバーを、厳選してお送りします。それでは、1曲目。4年前の今日逝った、大瀧詠一の名曲から。恋するカレン 大瀧詠一恋するカレン 大滝詠一 歌詞恋するカレン大滝 詠一J-Pop250provided courtesy of iTunes恋するカレンアーティスト: 大瀧詠一出版社/メーカー: Sony Music Records Inc.発売日: 2014/04/15 [続きを読む]
  • 凄春の歌。1979年の甲斐バンド特集。
  • 本日は、突然ですが、甲斐バンドの特集です。なぜ、これをやる気になったかと言うと、最近「照和」の記事が、西日本新聞に出て、なにか急に、若い頃の自分の想いが溢れ出てきたわけです。しかし、ひとくちに甲斐バンドの特集と言っても、とてもこの一記事で、その想いのすべてを書きしるす事はできない。そこで、今日は、バンドの大きなエポックメイキングとなった、1979年という時代にスポットを当てて、お送りします。まずは、こ [続きを読む]
  • 年の瀬の歌。この国のゆくえは、どうなって行くのだろう?
  • 今週のお題「今年買ってよかったもの」皆さん、お久しぶり。もう、師走だね。秋から冬という季節は、なんでこう忙しいのかね。ブログ書くヒマも、ありゃしないや。いい加減、フリーランスにでもなりたいよ。ドクターX・大門未知子がうらやましい。みんな、そう思ってるから、視聴率いいんだろうね。今日は、12月ということで、それに関係ある歌、ない歌、らしい歌、毎度のごとく、独断と偏見で、私の好きな歌を、お送りします。 [続きを読む]
  • 家族の歌。芸術と生活と。
  • 今週のお題「芸術の秋」本日は、家族の歌と題して、お送りします。それでは、1曲目。チューリップの、この曲から。僕のお嫁さん チューリップ僕のお嫁さん 歌詞www.dailymotion.com僕のお嫁さんチューリップJ-Pop250provided courtesy of iTunes心の旅(紙ジャケット仕様)アーティスト: チューリップ,財津和夫,安部俊幸,青木望出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 2005/06/29メディア: CD : 19 [続きを読む]
  • 青春哀歌。今、病み垢さんと繋がりたい。
  • 今週のお題「芸術の秋」本日は、青春哀歌、と題してお送りします。明日が見えない、生きることに疲れた、 そんな若者たちに送る特集です。思春期というのは、どんなに社会が健全で豊かでも、疾風怒濤の時期なのに、今の時代は、どうだろう?社会が歪み、病んでいると、子供たちやお年寄りなどの社会的弱者へと、そのツケが回ってくる。あなたが大人であれば、今の若者たちが、何を考え、何を信じ、何を欲しているのか、自分が若か [続きを読む]
  • 骨のある野郎の歌。
  • 今週のお題「私の癒やし」本日は、骨のある野郎の歌、と題してお送りします。今の気分としては、時代にあらがい、自分の信念を貫き通す、というホネのある歌が聴きたい。それでは、1曲目。勇次 長渕剛勇次 / 長渕剛の歌詞 |『ROCK LYRIC』m.youtube.com勇次長渕 剛J-Pop250provided courtesy of iTunesこやつは根っからの九州人、おっちょこちょいの、トンデモ野郎ですから、多少おかしなこともやります。まあ、大目 [続きを読む]
  • 月夜の歌。 月見酒に酔った男の話。
  • 本日は、秋の夜長にお送りします、月夜の歌。まったく、とんでもない世の中になっちまった。静かに、月見酒でも飲んで、酔っ払っていたいんだよな、おいらは。MOON レベッカMOON / レベッカの歌詞 |『ROCK LYRIC』MOONREBECCAJ-Pop250provided courtesy of iTunesMOONアーティスト: REBECCA出版社/メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc.発売日: 2014/04/01メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見る [続きを読む]
  • 時代を撃つ??社会風刺の歌。
  • 本日は、時代を撃つ、社会風刺の歌と題してお送りします。それでは、1曲目。今の歌人(うたびと)に、この曲を捧げたいと思います。ロックン仁義 タイマーズロックン仁義の歌詞 | THE TIMERS m.youtube.comロックン仁義THE TIMERSロック250provided courtesy of iTunesこの詞のとおり、世の中は、何も変わっていないよ。少し、歴史を遡ってみましょう。世相風刺の芸術は、古い昔からありました。美術では「鳥獣戯画 [続きを読む]
  • テレビドラマの歌。懐かしドラマ編。
  • 本日は、テレビドラマの主題歌、挿入歌の特集をします。これは、数が多過ぎて、絞るのが難しい。それで、今回は、懐かしドラマ編として、お送りします。そのまえに、1曲、新しめの曲を。最近の曲では、とても気に入ってます。花束を君に 宇多田ヒカル花束を君に 宇多田ヒカル 歌詞花束を君に宇多田ヒカルJ-Pop250provided courtesy of iTunes花束を君にアーティスト: 宇多田ヒカル出版社/メーカー: Universal Music L [続きを読む]