さと さん プロフィール

  •  
さとさん: 保存車B級鉄道探訪
ハンドル名さと さん
ブログタイトル保存車B級鉄道探訪
ブログURLhttp://hozonsha.blog.jp/
サイト紹介文保存車、鉄道系B級スポット、地味な路線をご紹介します。
自由文保存車や鉄道をテーマとした数々のスポットを長年巡り歩いてまいりました。忘備録とアウトプットがしたくなり、ブログを開設してみました。ご訪問お待ちしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/03/25 20:02

さと さんのブログ記事

  • 【大阪】EH10-61/東淡路南公園
  • 場所:大阪府大阪市東淀川区東淡路2-6-1交通:淡路駅から徒歩5分見学:通常は柵越し。時おり実施される公開イベントについては保存会HPをご覧ください。淡路駅近くの公園に保存されている車両です。EH10形は東海道・山陽線での重量級貨物列車牽引に特化して開発された車両で... [続きを読む]
  • 【大阪】DF50-4/菅原天満宮公園
  • 場所:大阪府大阪市東淀川区菅原2-2-2交通:淡路駅、上新庄駅から徒歩15分。または大阪シティバス37、93系統「菅原」から7分。11系統「菅原二丁目」から3分。東淀川区の公園に保存されている車両です。電気式ディーゼル機関車DF50の4号機です。DF50はこの他に四国鉄道文化館... [続きを読む]
  • 【湯浅】D51-737/なぎ公園
  • 場所:和歌山県湯浅町湯浅3085交通:湯浅駅から徒歩約15分湯浅駅から1キロほどの公園の保存車です。海に面した公園に設置されています。切り詰め形デフが装備されていることから、北海道で使用されていた車両のようです。大きな屋根の下に保存されていますが、錆が全体に広が... [続きを読む]
  • 【海南】南海和歌山軌道線322/室山地区集会所
  • 場所:和歌山県海南市黒江1-442交通:黒江駅から徒歩5分見学:外観のみ黒江駅近くの住宅地に保存されている車両です。1971年(昭和46年)に全線が廃止となった南海和歌山軌道線で使用されていた車両です。1963年(昭和38年)に製造され、全線廃止まで使用されました。和歌山軌道線の車両は廃止後ほとんどが漁礁として海に沈められました。現存するのはこの車両と和歌山市岡公園の321号の2両のみと思われます。住宅街の中の小さな公園に [続きを読む]
  • 【和歌山】C57-119&南海和歌山軌道線321/岡公園
  • 場所:和歌山県和歌山市岡山丁3交通:最寄バス停は「岡山町」。「県庁前」「市役所前」なども徒歩圏。見学:柵越し。毎年子供の日1日のみ公開されるとの情報があります。和歌山城近くの公園に保存されている車両です。この公園はJR和歌山駅と南海和歌山市駅のほぼ中間にあり、どちらも直線距離で1.5キロほどの場所です。C57-119。1939年(昭和14年)に三菱重工業で製造されました。各地を転々としたのち1959年(昭和34年)に和歌山機関 [続きを読む]
  • 【和歌山】南海大阪軌道線モ217/和歌山交通公園
  • 場所:和歌山県和歌山市西18-1交通:交通センター駅下車すぐ見学:9時〜17時。車内も開放しています。和歌山市の交通公園に保存されている車両です。貴志川線交通センター駅のすぐ前にあります。南海大阪軌道線(のちの阪堺電気軌道)で使用されていたモ205形です。モ205形は旧型車の足回りと新製車体を組み合わせて1937年(昭和12年)に登場しました。大阪軌道線の全線で活躍しましたが、ツーマン車のままとされたため、堺線と上町線 [続きを読む]
  • 【岩出】D51-930/根来SL公園
  • 場所:和歌山県岩出市根来2347-213交通:岩出駅、和泉砂川駅、樽井駅からバスで「ねごろ歴史の丘」下車見学:平日9時〜16時(無人)、日祝10時〜16時(保存会メンバーが待機)。土曜休園。※平日は隣接する赤井工作所の守衛室で許可を得てください。岩出市の旧根来村で保存されている車両です。かつては海南市の公園で保存されていました。公園閉鎖によっていったん公開が中止され、別の場所で仮保管されましたが、2003年(平成15年)に [続きを読む]
  • 【橋本】C57-110/県立橋本体育館
  • 場所:和歌山県橋本市北馬場455見学:柵越し橋本市の県営体育館に保存されている車両です。1956年(昭和31年)10月に発生した六軒事故に遭った4台のSLのうちの1両です。他の3両は事故で廃車となりましたが、この車両だけは復旧され、その後も亀山機関区で活躍しました。上屋付きで保存されていますが、各所に錆が出ています。また、説明板の類はいっさい設置されていません。 [続きを読む]
  • 【野迫川】豊橋鉄道モ7302/アドベンチャーランド
  • 場所:奈良県野迫川村平高野山を越えたさらに南側、奈良県の野迫川村のキャンプ場にある車両です。場所は相当な山奥で、村役場(ここもすでにかなりの秘境)からさらに狭い県道を10キロほど進んでようやく辿り着きます。車両は元は名鉄で、晩年は豊橋鉄道で使用された7300系です。豊橋鉄道では7300系を廃車するときに民間向けに譲渡先を募ったため、他にも何両かが現存します。一部色が変えられていますが、きれいに使ってらっしゃい [続きを読む]
  • 【高知】オハ50-11&土佐電鉄218/わんぱーくこうち
  • 場所:高知県高知市桟橋通6-9-1交通:路面電車、バスで「桟橋通5丁目」下車徒歩10分見学:9時〜17時。水曜定休。オハ50-11。この車両は遊園地エリアにあり、休憩所として利用されています。きれいな車内。座席がレザー張りに変更されています。金属製の説明板もあります。50系は四国では15年も使われず引退したのですね。土佐電鉄(現とさでん交通)の200形218号車です。200形は1950年(昭和25年)に登場しました。現在も一部車両が現 [続きを読む]
  • 【高知】C58-335/比島交通公園
  • 場所:高知県高知市比島町4-8交通:とさでん交通バス「比島」下車すぐ。高知駅から徒歩約15分。見学:8:30〜18:00。年末年始以外無休。高知市の交通公園の保存車です。四国では主力として活躍したC58です。山岳区間の土讃線で運転するため、重油タンクと集煙装置を装備します。ステップに沿って見学用の通路が設けられ、屋根上を間近に見れます。運転席の上や炭水車にも昇れるようになっており、子供の遊具のような状態になってい [続きを読む]
  • 【香南】オハフ50-189/技研製作所
  • 場所:高知県香南市赤岡町2221高知県旧赤岡町の建設会社敷地内に置かれた車両です。敷地外から撮影しています。オハフ50がJR四国の気動車標準色となっています。50系はJR化後もしばらく四国で運行されましたが、この車体色で運行されたことはありません。遠目なので車番は確認できませんが、ウィキペディアや他の方のブログ記事によると189番だとのことです。車両が置かれた敷地は現在工事中ですが、「記念の森」という施設になる [続きを読む]
  • 【高松】スユニ50-2058/高畠医院
  • 場所:香川県高松市木太町1813-1交通:ことでんバス「仮屋」下車。または長尾線林道駅から徒歩約10分。高松市の小児科医院で利用されている車両です。郵便荷物合造車のスユニ50が待合室となっています。スユニ50は1979年(昭和52年)から1982年(昭和57年)度にかけて80両が製造... [続きを読む]
  • 【高松】オハフ50-180/高松卸センター
  • 場所:香川県高松市朝日新町15交通:ことでんバス「卸センター」下車※平日のみ運行見学:無断立入禁止高松市の港湾地区で利用されている車両です。50系客車の緩急車オハフ50形で、12系や14系を思わせる車体色に塗り替えられています。この車両の製造は1979年(昭和54年)で、... [続きを読む]