ええKB さん プロフィール

  •  
ええKBさん: ええうた工房のブログ
ハンドル名ええKB さん
ブログタイトルええうた工房のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/eeuta/
サイト紹介文ええうた工房の活動ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/03/26 17:47

ええKB さんのブログ記事

  • 春の「あまーち」は「女々しくて」
  • 4月14日は「あまーち」での歌声カフェでし今回はリクエストも多く、準備もしました。最初に「スマップメドレー」のリクエストで始まりました。久しぶりなのでなかなかうまくいかず、しょっぱなでグダグダ。 用意した曲もEXILEやスピッツ、ゴールデンボンバーから嵐までおよそ私の普段聞かない曲でした。スピッツの「チェリー」はさくらのイメージの曲で、皆さんよくご存じの歌でしたので、まだしっかりと歌えました。 EXIL [続きを読む]
  • 「音楽ボランティア支センター」1000回記念コンサート
  • 昨年の4月に「音楽ボランティア支援センター」さんの関連の団体でボランティアが500回を超えた記念の演奏会がありました。あれから1年と少しの7月で1000回を迎えるそうです。その記念の演奏会が9月にあります。私たちのボランティアもわずかながら入っていますが、わずか1年半で500回とはそれぞれの団体のなんと精力的なことでしょう。私たちは月1回程度のボランティアも練習も含めてギリギリの状態です。他の団体 [続きを読む]
  • 演奏会形式のボランティア
  • 4月1日は演奏会形式のボランティアでした。通常は半分は「歌声ひろば」としてみんなで好きな歌を歌うパターンですが、今回はほぼ演奏を聞いて頂くかたちで、歌声ひろばは3曲だけでした。 3回くらい来させて頂いていますので、あまり同じ歌ばかりでは面白くありませんので、曲も増やそうということで練習を少し詰めて行いました。ただ、アカペラ曲を簡単に沢山は増やせないので、どうしてもピアノ伴奏に頼ってしまいます。今回もピ [続きを読む]
  • お誕生日会のボランティア
  • 18日は西宮の施設でボランティアでした。「お誕生日会」で演奏をして欲しいと、初めての施設からのオファーでのボランティアです。9名の方が3月のお生まれで、全体ではかなりの人数になるのではと思っていましたが、やはり全体で40名以上の方が参加されての盛大な感じでした。オープニングの後、お誕生日の方がそろうまで演奏をしながらつないで、皆さんがそろったところでホーム長からプレゼントを一人ひとり渡され、渡し [続きを読む]
  • 2月も3月もボランティアティア
  • 2月は10日にボランティアでした。3月は本日4日がボランティアでした。再来週もボランティア予定です。4月も予定があります。本日のところは4回目の施設さんで、いつものお顔が見られて大変嬉しかったです。そしてこの施設の入所者の方々は大変歌が好きで、また大変上手です。また歌の背景などの知識も豊富で私たちも勉強になります。ディックミネさんをリアルで見た方もいて、またびっくりです。またの再会を楽しみにしています [続きを読む]
  • 「わせねでや」
  • 1月28日は兵庫県の合唱連盟が続けている「PFK(prey from kobe)」の演奏会に出演しました。私たちええうた工房も毎年「震災を忘れないメモリアルコンサート」を行っています。その発端は阪神淡路大震災ですが、その後も各地で地震や災害が発生して、特に大きい規模のものが東日本大震災でした。「PFK」はその東日本大震災で被災した方々へ、同じ震災の被災地の神戸の地から、募金や音楽で支援をしたいという趣旨で行われているも [続きを読む]
  • ボランティア IN 大阪
  • 1月14日は今年初めてのボランティアでした。1月6日の「震災を忘れないメモリアルコンサート」から約1週間後で、新鮮な感じでした。いつものように「NPO法人ええうた工房では長いので、自称ええKBと言っています」と自己紹介しようとしましたが、間違えていきなり「ええKBです」と言ってしまいました。「震災メモリアル」からボランティアの切り替えが出来ておらず、失敗しました。とは言え、、「古い曲やな」と突っ込まれながらも [続きを読む]
  • 第12回震災を忘れないメモリアルコンサート
  • 6日は12回目の「震災を忘れないメモリアルコンサート」でした。今回は4団体でのジョイントコンサートになりました。前日が大変寒かったので天候も心配しましたが、やや回復してよかったです。 毎回のことですが、チケットを渡すわけでもないので、どれくらいのお客様が来てくれるのかフタを開けるまで分からないのがこのコンサート。広報はチラシやネット、および口コミになりましたが、出演者を含めて160名とかなりの来場 [続きを読む]
  • 「うたごえカフェ」クリスマスバージョン2017
  • 先日23日土曜は「あまーち うたごえカフェ クリスマスバージョン 2017」でした。昨年に引き続き、2回目の催しです。昨年はクリスマスと言うよりも楽しく盛り上がった感じでしたが、今年も同じような内容になりました。私たちの演奏の後に、昨年は「PPAP」で盛り上がりましたが、今年は「にゃんこスター」かなと思い「さくらんぼ」の曲も用意していましたが、まだあまり浸透していなかったようで、盛り上がりませんでした。逆に [続きを読む]
  • 立公ふれあいまつり2017
  • 11月26日は立花公民館での「立公ふれあいまつり」の舞台の部が開催されました。例年は雨に降られることが続いていましたが、今年は珍しく晴れでした。一週間前に行われた「展示の部」は初日が雨で観客の出足はもう一歩でしたが、最終的には大勢が参加があったと思われます。 舞台の部のトリを務めるのはいつもの殺陣のグループで、派手なパフォーマンスで人気があります。トリ前の舞台は「ええKB」でこちらも定番となっています [続きを読む]
  • ミニコンサートのボランティア第2弾
  • 先日の11日は1時間のミニコンサート形式のボランティア第2弾でした。曲目は1部変更しようとしましたが、うまく練習ができませんでしたので、結局第1弾と同じプログラムになりました。みんなで歌う「歌声ひろば」は前回の2曲から3曲に増やしました。 いつものように前半は合唱曲がメインですので、知らない曲に対してはあまり関心は高くありません。中盤の唱歌くらいから声も聞こえてきて、「歌声」では大きな声で歌って頂けました [続きを読む]
  • 恒例の黄色いレシートキャンペーン贈呈式
  • 10月15日に「黄色いレシートキャンペーン」の贈呈式がありました。いつものようにイオン尼崎店のバックヤードで既に顔なじみの団体が集合して執り行われました。ええうた工房としては5400円ほどのギフトカードを頂き、プリンターインキと譜面台を運ぶカーとは購入させて頂きました。次のボランティアの11月11日から使用します。イオン尼崎店様ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 「雀のミサ」
  • NPO法人ええうた工房が最初の「震災を忘れないメモリアルコンサート」のメインで歌った曲がモーツァルトの「雀のミサ」でした。今から思えばなんて大胆な、何て無謀な選曲だと思いますが、本番まで3ヶ月くらいしかありませんでしたが、一生懸命に練習をしました。ソロの部分はみんなで歌いました。合宿までして何とか間に合わせました。本当に記念すべき思い入れのある曲です。 違う合唱団ではありますが、その曲を10月21日に歌 [続きを読む]
  • 秋のあまーち「歌声カフェ」
  • 14日の土曜日はあまーちの「歌声カフェ」でした。あいにくの雨模様でしたので、ご参加いただいた方はいつもよりやや少なかったかなと思います。しかしながら、初めて参加して頂いた若い方たちもあり、楽しく歌うことができました。今回の新曲は連ドラの「若い広場」でしたが、あまり知られていないようでした。そのあとの「365日の紙飛行機」はみなさんはよく歌っていました。連ドラだから知っているのではなく、A K B48だから知っ [続きを読む]
  • 久しぶりの演奏会形式のボランティア
  • 10月8日は久しぶりの演奏会形式のボランティアでした。「歌声ひろば」が半分のボランティアは日ごろから行っていますが、「歌声」は原則なしでというのはあまりありません。ほんとうに久しぶりになります。1時間のミニ演奏会をするのは結構大変ではありますが、なんとか楽しんで頂けました。来月もまた同じ形式の「ミニ演奏会」を行います。今回とは少しだけ趣向を変えようかと思いますがどうなることか?演奏会は楽しんで頂けて [続きを読む]
  • うらなみコーラスフェスティバルのええKB
  • 8月11日の演奏会から1か月以上が経ってしまいました。どのような演奏だったのか、メンバーの人たちもまだ見ていません。ユーチューブにできましたので、アップします。まあまあの出来ではないかと思いますが、フルメンバーであればもっとテンポも安定して良い演奏になったと思います。満足と反省と両面ですね。毎月のボランティアと1月の震災メモリアルへ向けて練習します。 [続きを読む]
  • ここから始まる
  • 来年1月6日の第12回震災を忘れないメモリアルコンサートで歌う予定の曲「ここから始まる」の練習をするはずでしたが、先日の台風の影響で出来ませんでした。その分を自主練習をしましたが、思ったより難しかったです。音使いがやはり作曲者によって違うのがよくわかります。しかしながら、作曲者自身がテノールだからかも知れませんが、テノールパートにおいしいメロディがあって、歌いがいがあります。ヤル気が出ますね。 [続きを読む]
  • ボランティアをする意味
  • ボランティアをするきっかけや目的は人によって様々だと思われます。 先日500回記念のボランティアを行った「海」さんの代表は、ご自分のお父様が施設でお世話になったので恩返しの意味から始められたと聞いています。 私たちはNPO法人ですので、当初からミッションの中に「ボランティア活動」も入れていますので、当たり前的に行っていますが、基本的には音楽には気持ちを安らかにしたり助けたり懐かしんだりを生じさせる不 [続きを読む]
  • 4度の訪問ボランティア
  • 9月9日は久しぶりの施設のボランティアでした。西宮の音楽ボランティアセンターからのボランティアで一番初めがこの施設でした。それ以来定期的に訪問をしていまして、実に4回目の訪問になります。 見かけたことのある「お顔」も拝見でき、うれしい訪問でした。リクエストも多く、1時間が大変早くスムーズに進行しました。 訪問が多くなると演奏曲に困る場合がありますが、曲数も多くなってきましたので、あまり困ることが無く [続きを読む]
  • 「五ツ木の子守唄」
  • 10月のボランティアのために曲を多く用意する必要がありますので、約1年ぶりに「五ツ木の子守唄」を歌ってみました。昨年始めて取り組んだ際は転調転調で苦戦をした覚えがあります。一年近く経ってあらためて歌ってみたらほぼ通りました。苦戦した曲ほど覚えているものなのかなと思います。まだ、人前に出すには歌いこみが必要ですが、大丈夫そうでした。油断してはいけませんね。 [続きを読む]
  • 新メンバーが増えました
  • 先日のうらなみの演奏会をご覧になった方が、「一緒に活動したい」と見学に来られて練習をして早速仲間に加わりました。音楽の経験も豊富で、実に頼もしい方です。ボランティアは全員の日程がなかなか合い難いので、メンバーが多いほうが調整ができます。現在11名ですので、もう少しで普通の合唱団くらいのメンバーになります。男声がもう少し増えれば鬼に金棒?ですかね。メンバーを探しに出てみようかな? [続きを読む]
  • ボランティアのオファー
  • うらなみの演奏会も終わり、次の目標に向かっての練習が始まっていますが、ボランティアのオファーも連続で入っています。尼崎の施設からや以前にボランティアに行かせて頂いたところやその関連の施設からも依頼があり、曲を決めたり構成を考えたり、もちろん練習もしたりと忙しくなりました。曲は以前よりは増えてきたので、構成はやりやすくなりましたが、まだ増やす必要もありますので、譜読みも並行して行っています。頑張らな [続きを読む]