ayarito713 さん プロフィール

  •  
ayarito713さん: おん手織工房〜貴女らしく、静岡市の手織教室〜
ハンドル名ayarito713 さん
ブログタイトルおん手織工房〜貴女らしく、静岡市の手織教室〜
ブログURLhttp://ayarito713.blog.fc2.com/
サイト紹介文手軽にできる卓上機と、本格的な高機。簡単なさき織りから始めて、染めもやる静岡市の手織り教室です♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/03/26 22:31

ayarito713 さんのブログ記事

  • 刺し子織
  • お教室のYNさんの作品です。糸から染めました。得意の、刺し子織です。さすが、何作もやられているだけあって、完成度が高いですね。ご自分で洋服に、仕立てるそうです。楽しみですね。 [続きを読む]
  • 静岡県美術家連盟展 入選
  • 8/5まで、静岡県立美術館で開催されていた「ふじのくに芸術祭 静岡県美術家連盟展」に、うちの教室の生徒さんたち二人が、入選されました!Sさんは、自分で染めたウールのつづれ織りの敷物「ノマド(遊牧民)」もう一人のSさんは、額装の木綿のよこ絣「漣織りて」しかも、会員推挙です!お二人とも、おめでとうございます!私も、嬉しいです(^ ^) [続きを読む]
  • おん手織工房第6回作品展?
  • おん手織工房第6回作品展、本日、無事に終了しました。静岡新聞に載せていただいたり、お天気に恵まれて、たくさんの方に見に来ていただきました。ありがとうございました。裂織り、つづれ織りの富士山のタピストリー。木綿の糸を染めてグレンチェックで織った布をチュニックに仕立てました。ウールをそれと同じ色に染めて、同じ柄のグレンチェックで織った、スヌード。奥には、ウールやシルクのマフラー。 [続きを読む]
  • おん手織工房第6回作品展?
  • おん手織工房第6回作品展ただ今、静岡市両替町のギャラリー濱村で、5/22まで開催中の教室の作品展の様子です。生徒さんたちの力作が並びます。ウールの糸を染めて(ベージュは紅茶で染めました)、つづれ織りした150cm四方の敷物や、DMに使った、刺し子織の、暖簾。浮き糸にエジプト綿を使ったので、光沢がでて、綺麗です。窓の暖簾は、自分で育てた綿から、紡いだ綿糸をよこ糸に使っているので、太い細いの表情があり、涼やかです。 [続きを読む]
  • おん手織工房第6回作品展
  • おん手織工房第6回作品展5月17日(木)〜22(火)10:00〜18:00(最終日〜17:00)ギャラリー濱村(静岡市葵区両替町2-3-1)教室の作品展です。今日、無事に、飾り付けを終え、夜は懇親会で、美味しいものを、楽しくいただきました。いよいよ、明日からです!たくさんの方に、見ていただけましたら嬉しいです(^^)DMの写真は、刺し子織。暖簾になって飾られています。 [続きを読む]
  • 「国展」に着物を出品
  • 「92回国展」六本木の国立新美術館で、5/2〜5/14まで、開催されています。私は、絞り絣織の着物「クラムボン」を出品しています。クラムボン…宮沢賢治の短編小説「やまなし」にでてくる、賢治の造語。カニの親子が川の中から水面を見上げて、あれは何かな?キラキラしているあれは、クラムボン。クラムボンは笑ったよ。白くて大きな国立新美術館に、素晴らしい作品とともに飾っていただける幸せ。ご高覧いただけましたら、幸いで [続きを読む]
  • 日本民芸館展・入選
  • 本日12/10より、東京駒場の日本民芸館で、民芸館展がはじまりました。柿渋染めの絣の苧麻の帯が、入選しました。(写真の白地に焦げ茶が飛んでいる帯です)他に、黄緑色のキビソ浮き織りの帯が、準入選です。(写真、撮り忘れました)先日の講評会では、たくさんの学びと熱い新鮮な刺激を受けました。民芸館展は、用の美に即したものということで、作品を購入することができます♪ご高覧いただければ、幸いです(^^) [続きを読む]
  • 「葛布と日本の自然布展」
  • 静岡カントリー浜岡ホテルに、「葛布と日本の自然布展」を、見に行って来ました。合わせて、シンポジウム「日本の自然布」にも参加。アットゥシ、しな布、大麻布、葛布、藤布、太布、芭蕉布、宮古上布と、北は北海道から南は沖縄まで、全国の自然布の作品と、作り手が、一堂に会するという、夢のような催しでした。シンポジウムでは、産地ごとの、比較検討をしてくれたので、違いがわかりやすかったです。シンポジウム終了後は、作 [続きを読む]
  • 一乗谷朝倉氏遺跡
  • 両親と妹と4人で、石川・福井県へ旅行へ。1日目は、金沢で、兼六園と21世紀美術館。2日目は、まず、曹洞宗総本山の永平寺。そいて、今回のメイン、一乗谷朝倉氏遺跡へ。戦国大名、朝倉義景は、浅井・朝倉として戦い、織田信長に敗れ、滅亡。一乗谷の町は、三日三晩、燃えて、焼土と化した。そのおかげで、戦国時代の城下町が、400年以上もそっくり埋もれて残されてきたそうです!復原された街並み。商人や職人の住む町家。武家屋 [続きを読む]
  • 生活を楽しむ器展
  • お教室に通われてるKさんのグループ展「生活を楽しむ器展〜挽物・織・俳句・生け花のコラボ〜」を、掛川城竹の丸ギャラリーに見てきました。古い着物を裂いて、つづれ織りした、掛物に、友人の挽物の花器を取り付け、花をいけられました。丸、三角、四角の三部作です。敷物も、裂き織りで、素敵です。コラボが、お互いを引き立て合って、素敵な作品展でした。竹の丸で、掛川市と姉妹都市のイタリア、アメリカ、韓国とのコラボのお [続きを読む]
  • 国展秋季展
  • 国展秋季展が11/1〜11/8まで、上野の東京都美術館で、開催されています。私は、板締め絣の帯「フラワーエンジェル」を出品してます。上野の杜も、うっすら色づいてきました。どうぞ、お出かけください♪ [続きを読む]
  • 織り額絵 ワークショップ
  • スルガ銀行d-labo静岡で、セミナー「織り額絵〜ミニフレームの中に自分の世界をつくろう〜」無事に終了しました。定員超えの22名に参加いただきました。お断りした方には、申し訳なかったです。絣の話と、個展会場に移動して、私の作品の解説をしてから、ワークショップ♪皆さん、最初は、やり方がわからずとまどっていましたが、慣れてくると、自分の織りの世界に集中できて、楽しかったそうで、良かったです♪d-laboのdは、夢、 [続きを読む]
  • ワークショップ
  • 寒くなったからか、庭のホトトギスが、一気に満開になりました。明日は、個展会場のスルガ銀行d-labo静岡で、織り額絵ワークショップと、セミナー。どういう方が、いらしてくださるのかもわからず、話しの内容を思案中。ドキドキ… [続きを読む]
  • 「フランス人間国宝展」
  • 東京博物館で、「フランス人間国宝展」見てきました。ジャン・ジレルの曜変天目茶碗は、闇と光の展示方法と相まって、とても美しかった!こんなイメージで、織ってみたいな♪人間国宝展だけど、日本と違って、完成形というより、現代アート的な感じ。お国がらの違いかな(^^)常設展もこのチケットで、見れるそうですが、東京博物館、広すぎて…今度、時間をたっぷりとって、常設展見たいな。建物も、とても素敵!です。壁まで、タイ [続きを読む]