よしぞう さん プロフィール

  •  
よしぞうさん: よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)
ハンドル名よしぞう さん
ブログタイトルよしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yosizoukabu/
サイト紹介文投資資金1億円突破。中国株やアメリカ株に投資をしてアーリーリタイアを目指している個人投資家です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/03/29 08:57

よしぞう さんのブログ記事

  • 頭で理解していることと行動は一致しない
  • 知識をいろいろと高めていく事は大切だと思います。しかしながら、実際にはその知識通り行動できるとは限りません。例えば、株価が悪材料に反応して大きく下がる急落時は、取引が始まってすぐは大抵大きく下がります。しかしながら、その後1時間ぐらい経つと落ち着くことが多いので、暴落時に売るならば1時間ぐらいは様子を見てから売るほうがまだマシな株価で売ることが出来ます。必ずそうなるとは限りませんが、7〜8割ぐらい [続きを読む]
  • 売った株を買い戻し始める
  • テンセントを買い戻しています。といっても、少し安く買おうと欲張りすぎて、買おうと思っていた金額の5分の1ほどの170万しか買えなかったけどね。簡単に買い直した理由を書くと・・・「先日の決算が僕の予想よりも良かったから」「PERが28倍で過去のテンセントからすると低い水準だから」「自社株買いを行っており、テンセントが自社株買いをする時は底値だから」とりあえず、決算自体は僕の想定よりも良かった。もっと [続きを読む]
  • エヌビディアはホールドすべきか
  • 僕は売却したエヌビディア。まだ保有しているホルダーの方々も多くいらっしゃると思います。果たしてエヌビディアはホールドしたままでもいいのか?もちろん、その答えは数年後にのみ分かる未知の世界です。ただ言えることは、どれだけその銘柄の未来や成長性を信じぬくことが出来るのかだと感じています。僕自身は、エヌビディアを信じぬくことはできなかったですが、その判断は人それぞれでしょう。エヌビディアのGPUは今後のAI [続きを読む]
  • ハイリスクの返り討ちにあう
  • 保有株のエヌビディアについて、過去のブログの内容「エヌビディアは、AI市場で利用される半導体メーカー。成長期待が高い反面、将来性が読みづらい銘柄。将来的な爆発力は十二分にあるが、期待感で終わる可能性も大。」そして、先日のコメント欄での返答「爆発力がある反面、急落も想定できるハイリスクな投資先だと自分自身では認識しています」ドンピシャで大当たり(笑)本日、決算の内容を受けて大きく下げています。さて、エ [続きを読む]
  • 売却した株の結果発表が行われた
  • 以前の主力株。僕の資産を大きく増やしてくれたテンセント。政府のゲーム規制に危機感を覚え、8月に売却しました。そんなテンセントの決算が発表されました。2018年第三四半期決算(7〜9月期:3Q)売上高 805億9500万香港ドル(前年同期比23%増加)純利益 233億3300万香港ドル(前年同期比29%増加)市場予測売上高  807億3900万香港ドル純利益  187億7700万香港ドル「2018年 [続きを読む]
  • 投資は早い方が有利
  • 僕は若い頃に投資なんて興味もなく、ただ楽しく過ごせる事だけを考えていた。友人と旅行に行ったり、夜通し麻雀したり、今でのも楽しい思い出として心に強く残っている。それはそれで良かったんだけど、少しぐらいは投資に興味を持っていれば良かったと感じる。ちゃんと投資を理解して、20代ぐらいからコツコツとインデックス投資を続けていくと、60歳の頃には本当に大きな資産となっている。時間を味方につける事が出来るという事 [続きを読む]
  • 退職後の投資ならVTを勧める理由
  • 退職後の投資資金で投資する際に何に投資したらいいのだろうか?僕ならVT(全世界分散投資ETF)を勧める。世界に分散させておいた方がいいと感じるんだ。それだったらVOO(S&P500連動ETF)で充分だという意見もあると思う。アメリカ市場は今まで右肩上がりだし、VTの中の割合もアメリカ市場が半分ぐらいを占めているから、アメリカ市場の影響を強く受けるのであれば、VOOで充分だという事だと思うのだけど、少し違和感 [続きを読む]
  • 資産があるのに、なぜ不動産投資をしないのか?
  • 時々、聞かれることに「ある程度、資産が増えてきたのに、なぜ不動産投資をしないのか?」という質問があります。簡単に答えると「僕に不動産知識とスキルがないからです」というよりも、僕にとっては「マイナスから入る投資は難しいと感じている」からです。はっきりいって、不動産投資については知識がないから毛嫌いしている部分もあるので、これから述べることは不動産投資をしている人にとっては、ちょっと意味不明かもしれな [続きを読む]
  • 安値で購入すれば何でもいいわけではない
  • 投資をする際に、安値で買おうとすることが多いと思います。特に暴落した際には、ためらわず資金を投下することが資産を大きく増やす秘訣だといわれています。もちろんその通りなのですが、これらを過大解釈して、高値で買うことは間違いであると言うのは、少し待ってほしいなって思っています。基本的に、安値で買うほうがいいですよ。でも、安値だからいいんじゃなくて、価値があるものが安くなった場合には購入するのがいいので [続きを読む]
  • ディフェンシブ銘柄とグロース銘柄の優越
  • 10月は軟調な展開だったアメリカ市場。指数も下落しましたが特にグロース株などは大きく下落しました。その一方で、ディフェンシブ銘柄と呼ばれる銘柄達は健闘している銘柄が多かったですね。そういった展開だったので、「グロース株は終わった」「グロース株は暴落した」「だからディフェンシブ銘柄に投資するべきなんだ」という意見もチラホラ見受けられました。・・・どうして、みんな相変わらずケンカ腰なんだろうね?グロー [続きを読む]
  • アマゾンの売上が最近伸びたのはなぜか?
  • 僕は、アマゾンを見る時にPERは全く参照していません。アマゾンは常に、利益を出すことを優先せずにフリーキャッシュフローを重視した経営を行っていると言っています。稼いだお金はどんどん設備投資や新規事業開発に回すから利益は上がりません。利益が上がらないのに利益を基にする指標であるPERを使う意義がないと感じるからです。まあ、アマゾンホルダーなので、そのあたりはバイアスがかかっていると思ってくださいね。 [続きを読む]
  • 全額保証は苦手です
  • 僕は、投資において全額保証などは苦手です。苦手というか、どうしても信用できる気がしないというほうが合っているかな。個人的には怪しいとしか思えないんですよね。不動産の家賃保証とかソーシャルレンディングなどなど。ソーシャルレンディングとかは別に全額保証とかじゃないけど、7〜8%とかのリターンをうたいながら今まで全ての案件で全額支払われており資金ショートしたことがないことを根拠に安全性が高いと宣伝してい [続きを読む]
  • アメリカと中国との貿易戦争にて影響を受けるからこそチェックしておく
  • アメリカと中国との貿易戦争。特に中国には影響が大きく、その影響で業績にダメージを与える場合も見受けられる。けれども、逆にそれがチャンスともなる可能性もある。特にAIや半導体などはアメリカ企業が主導権を持っており、中国にとってはこれらを自前で用意できるようになることが今後の技術発展に欠かせない課題となっている。ゆえに、これらの業界は政府の恩恵を受けて伸びていく可能性を秘めている。現時点では、可能性が [続きを読む]
  • 調整か暴落か、どっちなのか
  • 僕は、調整程度の下落だと考えているから、ダウやS&P500などが10%〜13%程度の下落で終わると思っています。グロース株などは、2倍ぐらいの値動きはするだろうから20〜30%程度の下落はするものだと思っています。現時点でのダウやS&P500などは10%程度の下落です。なので、このあたりで下げ止まるか、もしくは下げてもダウやS&P500が数パーセント程度の下落で終了だと思っています。ゆえに今週ぐらいが下げ [続きを読む]
  • アマゾンとエヌビディアを買い増ししました。
  • ツイッターには書いていましたが、アマゾンとエヌビディアを購入しました。アマゾンは1631ドルで54株。エヌビディアは203ドルで110株。今回は、テンセントを売却した資金があるので、キャッシュは豊富にあります。どちらも、まずは1回目の資金投下。更に下げるようであれば、あと2回に分けてさらに資金を投下する予定です。自信がある銘柄であれば、下がれば絶好の買い場になると思っています。落ちるナイフを掴むの [続きを読む]
  • アマゾンの決算をみて思う事
  • アマゾンが決算発表をしていましたね。昨晩の市場では、ボロボロに下がっていました。僕が寝る前に見た時には前日比9%の下落だったので、久々の大きな下落ですね。僕的には、買い場だと感じているので1631ドルで54株ほど購入しておきました。以前に記事にて書きましたが、下がるようならば、淡々とあと2回ほど資金を投下するだけです。さて、ではアマゾンの決算内容をみてみようかな。今回の決算は、市場予測に届いておら [続きを読む]
  • 来年までは大丈夫だと思っている
  • 僕は、アメリカ市場は来年までは大丈夫だと思っている。もちろん、時折調整が入ることがあって短期的に大きく下げることはあると思っているけれども、基本的には2019年まではリセッションになる事はないと考えている。あと1年ほどは、ある程度順調に株式市場は成長していると考えている。2019年の後半からは難しいね。もしかしたら2020年ごろまで順調にいくかもしれなし、意外にも2021年までのびていくかもしれな [続きを読む]
  • ストリーミングミュージックの裏ボス登場
  • ストリーミングミュージックというと真っ先に名前が浮かぶのがスポティファイだと思います。スポティファイといえば、今年の4月に上場した音楽界のネットフリックス、音楽業界の革命児といわれている企業です。そんなストリーミングミュージック業界に裏ボスが登場する予定です。アメリカ市場に上場申請を済ませ、今年中にはいよいよ満を持して登場するようです。その名は・・・テンセントミュージック。なんだよ、中国株かよ(笑) [続きを読む]
  • ハイテク10種への投資
  • ふっと思ったのですが、ハイテク銘柄に分散投資している人って見かけないなって思ったんですよね。ハイテク銘柄を均等に分散投資している人。こういうのでポートフォリオ作っても面白いと思うんですけどね。まあ、それだったらQQQ買ったらいいだけなんですけど、それを言ったらお終いなので(笑)、ハイテク銘柄10種を考えてみよう。基本形はこの10種(QQQの上位10種です)アマゾンエヌビディアグーグルマイクロソフトアップル [続きを読む]
  • 投資方法にこだわる必要なんてない
  • グロース株最高! グロース株なんてギャンブル!高配当戦略が安全! 高配当戦略なんてクソ!インデックス最強! インデックスなんて弱者の投資!どれでもいいんじゃないの(笑)というよりも、どれかに固執する必要なんてあるのかな?僕の場合は、グロース株に集中投資をしているけれども、それが自分に合っているからであって、自分の人生におけるステージが違えば、高配当戦略だったりインデックス投資だったりを選択すると思う [続きを読む]
  • 両親への投資アドバイス
  • 8年前のある日・・・「運用って、どうすればいいんだろう」って、僕のところに相談に来た我が家のご両親。一般の方の例にもれず、銀行のお誘いのままに投資信託を買っており、運用実績はイマイチでした。なぜに僕のところに資産運用の相談にきたのかというと、現在は転職していますが、以前は金融のお仕事をしていたので、一般の人よりは金融商品に詳しい事を両親は知っていたからです。そこで、よしぞうが全力のアドバイス。それ [続きを読む]
  • 我が家の覚悟
  • よしぞうは、資産を大きく増やしてアーリーリタイアをしたいと思っています。資産は順調に成長しており、大きく増えています。しかしながら、一時は1億円を突破していたのが、主力のテンセントが軟調になり全部売却したことで、今は8000万円台となっており、最高時よりも2000万円減ってしまうことになっています。今後もアマゾンなどのグロース株を中心に資金を投下していくつもりです。ただ、その場合は資産が大きく減少 [続きを読む]
  • リスクを取る覚悟
  • よしぞうは、投資においてリスクを高く取っています。分散投資よりも集中投資を好むタイプです。失敗を恐れずにチャレンジする事は無謀なんだろうか?そして、それは愚かな事なんだろうか?僕が、投資においてリスクを高く取っているのは、実生活でリスクを取れないからである。もちろん、失敗する事も理解したうえでチャレンジしているのだから、成功しようが失敗しようが、それは結果論であり、当人がリスクを理解したうえで敢え [続きを読む]
  • 資金投下のタイミング
  • 現在の僕はキャッシュポジションが40%ほどある状態です。この資金を3回に分けて、タイミングを計りながら投資する予定です。基本的にはアマゾンに資金を投下する予定ですが、現時点では様子見を続けています。テンセントを売却したことによりキャッシュポジションが高まったのですが、9月・10月は市場が軟調な時が多いので様子を見ながら、自分の投資ルールに該当しない限り購入は控えている状態です。アマゾンを買い増す時 [続きを読む]
  • 安心して保有できるかどうか
  • 市場が下落している時でも、業績に問題がなければ保有株を売らなくてもいい。よしぞうは、そのように考えています。もちろん、下がり始めた初期に売却して、底値で買い戻せるのであれば、市場が軟調・暴落時にアクティブに動くことも大切なのだと思いますが、なかなか上級者向けの方法なのではないかと思います。僕には無理ですね。であれば、どうするのか。わかる範囲で、できる投資を心掛けるだけです。僕は、毎年業績が上がって [続きを読む]