Zelkova serrata さん プロフィール

  •  
Zelkova serrata さん: 樹まぐれ日記
ハンドル名Zelkova serrata さん
ブログタイトル樹まぐれ日記
ブログURLhttp://kimagurenikki.link
サイト紹介文四季折々に変化する樹木など植物を観察して、日記を書いています。 家庭菜園もやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/03/30 10:19

Zelkova serrata さんのブログ記事

  • マルメロ  甘い香り
  • 今から1ヶ月程前、立秋を過ぎて9月末頃までは短パンで自転車に乗っていたのですが、今は手袋とネックウォーマーが必必携です。  寒くなりました。そんな格好で自転車を乗り回していると、 2014.10.21個人の庭先に、樹の高さは3〜4m、こじんまりとしたi樹冠に西洋ナシくらいのおおきさで、淡い黄色の実をたくさんつけた樹に時おり出会います。 マルメロです。 2014.10.21今から30年以上前のことですが、同じ職場の人から、 [続きを読む]
  • 平岸霊園  紅葉(ハウチワカエデ) 
  • 所用で平岸霊園の近くに行ったので、モミジが紅葉しているか?と思って、ちょっと立ち寄ってきました。 ここの墓苑はハウチワカエデが通路沿いに植えてあって、紅葉がきれいです。 そのときは小雨の降る生憎の天気で、しかも、ちょうど通路と擁壁の改修工事中で、カメラに景色を収めるにはいまいちのときでした。 それで、5年前に撮ったものを掲載します。ハウチワカエデが多く、ヤマモミジも植えられているようです。 2012.10 [続きを読む]
  • 真駒内公園  紅葉
  • 豊平川の堤防沿いを自転車で走ると、藻岩山の斜面が見えます。 山肌に黄色い部分、カツラでしょうか?オヒョウでしょうか?黄葉した部分がところどころに点在し、藻岩山の黄葉が始まっています。一方、、真駒内公園はもうすでに紅葉の中にあります。藻岩山は、カツラ、イタヤカエデ、シナノキ、オオバボダイジュ、アサダ、オヒョウなど黄葉する樹が大部分を占めていて、エゾヤマザクラやモミジ類など紅葉する樹は比較的少ないので [続きを読む]
  • ヤーコン 開花
  •  2016.11.13写真はヤーコンのいも。 昨春、園芸店からヤーコンのポット苗を購入してひと夏大きくして秋に収穫したものです。 食べ方はいろいろあるようですが、我家はとりあえずきんぴらごぼうとサラダにして食べました。10月末の収穫時の草丈は1mほどで、花は咲いていません。 つぼみも見当たらなかったです。 2017.ところが先日、いつものように、近所のお庭を見て回っていると、大きな葉を付けた草丈が2m近くある草 [続きを読む]
  • ヤチダモ  山本川(厚別区)
  • 2017.9.24写真は定山渓にある日帰り温泉湯の花の駐車場から国道沿いの山並をとったものです。  山裾に黄緑をしている樹が4本見えます。 ヤチダモではないかと思っています。 ヤチダモは他の樹種に比べていち早く黄葉します。 その色は鮮やかな黄色で、たまに、ほとんど脱色したような白っぽい葉した樹を見かけることもあります。  10月に入る前に鮮やかな黄色に染まった、背の高い樹を見つけたら、それはヤチダモの可能 [続きを読む]
  • 洋ナシ(ブランディ)  シンクイムシ
  • 2017.9.25洋ナシ(ブランディ)の食べごろは、収穫して室内(常温)に置いて1週間〜2週間くらい追熟してからです。 食べごろになると、果実は収穫した直後の緑色から少し黄色味を帯びてきて、洋ナシ特有の甘い香りがします。 これが食べごろのサインです。写真の洋ナシ(ブランディ)は、9月10日に収穫したものです。 9月23日に見たときに果実の表面が少し黒みがかっている部分があるな?と思いつつ、そのままにしてお [続きを読む]
  • 札幌都心部 秋へ
  • この頃は夕方6時になるともう真っ暗です。 自転車に乗るときは、点灯なしでは走れません。 秋分を過ぎると、夜が急に早くなります。 2017.9.25写真は、大通4丁目からテレビ塔に向って撮っています。 花壇に植えられたマリーゴ−ルドの花は鮮やかに咲いていますが、大通公園の両サイドの樹木の葉の色は、夏の濃緑から色あせた、葉緑素が抜けてきた葉に変わり始めています。写真でテレビ塔右下にほんのちょっと赤い色が見えます [続きを読む]
  • ユウゼンギク  豊平川河川敷
  • 当ブログ(9月27日) の題名は「エゾノコンギク」でしたが、「ユウゼンギク」に訂正します。日曜日(9月24日)に豊平川のサイクリングロードを南区真駒内から札沼線(学園都市線)の石狩川にかかる鉄橋(石狩川橋梁)まで走ってきました。 距離にして 片道約30km。 好天に恵まれ快適なサイクリングでした。 2017.9.24まっすぐ伸びるサイクリングロード。 前後左右180度に拡がる青い空。 河川敷は広々と拡がり、草 [続きを読む]
  • プルーン  シンクイムシ
  • 2017.9.148月下旬?からプルーンの実が落ちるが目立つようになりました。 数日もすれば落ち着くかな?と思っていたのですが、その後も果実は落ち続けています。 多いときは1日に15〜20個は落ちたのでしょうか。 8割は落ちてしまったようです。 品種はサンプルーン?、忘れてしまったのですが、収穫j時期は9月下旬〜10月上旬です。 ので、このまま落ち続けると、ほとんどなくなってしまいそうです。 2017.9.14果実 [続きを読む]
  • エノコログサ
  • 2週間ぶりに豊平川のサイクリングロードを走りました。 真駒内公園や藻岩山の樹木には黄色ずく樹も見られるようになっています。 札幌の本格的な、短い秋が始まっています。 2017.9.21写真は南19条?22条?大橋下流左岸(豊平区側)サイクリングロードを自転車で走っていると、河川敷が黄色に染まっています。何だろうと近づいて見ると、 2017.9.21エノコログサです。 別名ネコジャラシ。小学生のころ、下校時に道端に生え [続きを読む]
  • ナシ(幸水)  初収穫
  • 台風18号が北海道に上陸するという予報だったので、一昨日(9月17日)に、庭の果樹(リンゴ、プルーン、ナシ<幸水、ブランディ>)の枝折れ防止のための剪定をしました。 予想通り北海道に上陸し台風の目は札幌の上空を通過したのですが、少し強めの雨は降ったものの、思ったほどの風は吹かず、野菜と果樹、我家の家庭菜園には全く被害はなかったです。 ひと安心です。ナシ(幸水)については、風で落果するのではないかと [続きを読む]
  • モロヘイア  おひたし
  • 朝夕はたいぶ涼しくなって来ました。 早朝、自転車で散歩する?と、手の先が冷たくなるので、この頃は軍手をはいています。 2017.9.12モロヘイアは熱帯性の作物なので、暑くなることは生長にとって最も重要です。 今夏の札幌は、6月は思いのほか涼しかったのですが、7月上中旬は125年ぶりの暑さが続きました。 6月の低温が成長を抑えたのか?、モロヘイアの株が大きくなったのは7月下旬でした。 それでも、“おひたし” [続きを読む]
  • 宿根草花壇   地下鉄真駒内駅前(2) 秋へ
  •  2017.9.10季節は夏から秋へ。 地下鉄真駒内駅前の宿根草花壇も秋へと移りかわっています。 2017.9.10  オカトラノオ             シオン・オカトラノオはちょうど今が見頃です。 先日、街路樹桝でこの花を見かけました。 桝一面に咲いていました。 この花は意外に丈夫そうでどこにでも育つ種類のようです。・シオンは草丈2mくらいになるのですが、ここのシオンは50〜60cmと低めです。 2017.9.10  [続きを読む]
  • 樹皮・樹肌の履歴  エゾヤマザクラ
  • 2017.9.9写真の大樹は樹齢100年を越えるエゾヤマザクラ。 新ひだか町(静内)にある二十間道路桜並木の内の1本です。 樹木に幹巻テープが施されている部分は治療中です。今回の話題は、赤丸で囲った部分。 二股に分かれている1本が二つに割れているように見えます。  写真を拡大してみると、 2017.9.9この細長い凹みは、この部分から出ていた枝が折れてできたもの?、それとも 元は二つの枝であったものが成長の加減で [続きを読む]
  • ダイコン  モンシロチョウ
  • 2017.9.10写真は、我家の家庭菜園に8月11日にタネをまいたダイコンです。 は種後約1ヶ月です。 このダイコンは漬け物用です。 は種後約2ヶ月で太いダイコンが収穫できます。 しかし、しっかり管理しないと(しばらく見ていないと)、葉がアオムシに主葉脈だけ残してきれいに食害されてしまします。当地札幌は9月に入っても暖かい日が続いていて、晴れた日の午前中にモンシロチョウがチラチラと、このダイコンの周りを飛 [続きを読む]
  • イヌタデ
  • 2017.9.7道端などでよく見かけるイヌタデ。 写真は円山墓地に接する歩道沿いに生えているもの。 2017.9.7草丈は40〜50cmで、タデ科特有の小さな花を穂状につけます。 穂の長さは3〜5cm程度。 2017.9.7犬蓼(別名;アカマンマ、オコワグサ)。 辛味がなくて食用にならないタデの意味です。 別名は二つともままごと遊びから出た名です。 花穂は1〜5cmで蜜に花をつけます。 茎を包むさや(托葉)には粗い毛があ [続きを読む]
  • スイカ  収穫
  • 9月入って、朝夕は涼しくなってきました。 店頭に並ぶスイカの値段は、7月中下旬〜お盆前までは小さい玉でも1000円近くしていましたが、涼しさが増すにつれてかなり安くなってきています。今日の話題は我家のスイカです。 5月20日に12cmポリポットに入ったスイカの苗を南区石山の中村種苗店から購入しました。 園芸店で売っている苗に比べるとかなり大きくしっかりとした苗でした。 定植(畑に終えつける時期)が6 [続きを読む]
  • ゴボウ くっつく
  • 2016.8.238月に入ると道端にゴボウをよく見かけるようになります。 草丈は1.0〜1.5mほどで、その先にかわいい赤い花をつけます。   2017.8.27アザミの花に似ていますが、ゴボウはキク科ゴボウ属です。  2016.7.7根出葉は大きく、長い葉柄に心形の葉をつけ、株上部の葉は根出葉に比べて小さく葉柄は短いです。 葉に触るとふわぁとした感触で、葉裏は白い綿毛がびっしり生えています。 2017.6.18中央区円山墓地近くの [続きを読む]
  • 外構植栽(その1) 中央区南18条西10丁目
  • 2017.8.27写真は中央区南18条、石山通沿いの建物の外構植栽です。長さ20m?、奥行約2mの敷地に、高木としてアオダモの株立ち、中木にノリウツギ、株物としてシモツケ、地被植物にフッキソウが植えられています。アオダモの開花期は6月上旬、ノリウツギは7月、シモツケは8月というように、 札幌の初夏から秋にかけて順次花が咲いていくように植物材料を選んでいます。 また、高木・中木・低木・地被測物を狭い空間に立 [続きを読む]
  • オオハンゴンソウ
  • 。 2017.8.29この時期、車で郊外の道路を走ると、道端やその奥の草むらで必ず目に留まるのは黄色の花です。 それは、おそらく、セイタカアワダチソウかオオハンゴウソウです。 国道230号や小林峠越えて西区に至る西野真駒内清田線では、セイタカアワダチソウよりオオハンゴウソウのほうが目立つというか蔓延っている割合がかなり高いように思えます。 2017.8.29オオハンゴンソウは北アメリカ原産のキク科の植物で、明治中期に [続きを読む]
  • ゴヨウマツ 樹皮の枯死
  • 2017.8.27写真は北大植物園にあるゴヨウマツ(ヒメコマツ)。 樹高は20.0mを越え、幹径は1.0m以上もあるる大きなマツです。 2017.5.4地際から高さ1.5mくらいの位置に大きな切断痕が見えます。 直径が1.0m近くある太枝が、強風で折れたのか?、何らかの原因で枯れたのか?、いずれにしろ、直径1.0m近くもある枝を切断しなければならなかったことが起こったのです。 切断面の色合いや樹皮の欠損状況からす [続きを読む]
  • モロヘイア  収穫
  • 7月19日のブログで、モロヘイアの成長の悪さ、なかなか大きくならないので収穫できない旨の話をしました。 それから、1ヶ月強が経ち、やっと草丈が50〜60cmの大きさ、葉幅80cm、少し葉を摘み取ってもいいかな?と思うくらいの大きさになりました。最初に収穫したのが7月26日の2枚試し取りして、8月中旬から少し取り始めました。 しかし、1枚の大きさはウェブページ出てくるものほど大きくはなく、全体的に小 [続きを読む]
  • ヤマハハコ
  • 2017.8.19写真は、南九条大橋と幌平橋の中間の、精進川が豊平川に注ぎ込む辺りから豊平川の中州を撮っています。 対岸奥に見えるのは中島公園近辺に面するマンション群。その中洲に雑草に混じってところどころ白い部分が見えます。 最初、ヒメジョオンかな?と思って見ていたのですが、どうも違うようです。 目が良くないのではっきりしません。 それで、再度、双眼鏡で確認しました。 どうもヤマハハコのようです。2017.8. [続きを読む]
  • ポプラ 樹木の寿命
  • 今から13年前の平成16年9月8日に超強風が北海道を襲いました。 最大瞬間風速50mの風が吹き荒れた台風18号です。 札幌市内の街路樹や公園樹が根こそぎひっくり返ったり、太枝がボッキリ折れるなどその惨状は今までに見たことがないものでした。 特に印象に残っているのが、ポプラの倒木です。 直径が1m(幹周3m以上)もある樹が根元から根こそぎ倒れているのを目の当たりにしたことです。 大きな樹が突然なくな [続きを読む]
  • ヨツバヒヨドリ
  • 7月下旬になると、郊外の道路沿いや法面などに少し赤みを帯びた白っぽい花、ヨツバヒヨドリを見かけるようになります。2017.7.29写真は、南区から西区に通じる道路(西野真駒内清田線:小林峠を抜けるトンネルのある道路)沿いに生えていたヨツバヒヨドリ。 2017.7.29草丈は1.0〜2.0m。 茎は分岐しないでひょろひょろと1本ずつ立ち上っているように見えます。2017.7.29キク科のヨツバヒヨドリ、ヒヨドリバナ、フジバカ [続きを読む]