モコパパ さん プロフィール

  •  
モコパパさん: オリーブのいろいろ☆
ハンドル名モコパパ さん
ブログタイトルオリーブのいろいろ☆
ブログURLhttp://olealigare.blog.fc2.com/
サイト紹介文オリーブオイルソムリエがわかりやすくオリーブオイルや栽培など、いろんなことを書いています。
自由文オリーブオイルや栽培、搾油に関して書いています。
他の油(シードオイル)との違いなど、普段あまり気にしない部分を沢山書きたいと思います。
オレイン酸が沢山含まれており、心臓病や脳卒中・脳梗塞の予防から、ダイエット効果まで様々。
特に悪玉コレステロールだけを下げる効果がある。
ポリフェノール(オレウロペイン・オレオカンターレ)も豊富。
挿木のことや、オリーブ茶作りも紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/03/30 15:58

モコパパ さんのブログ記事

  • 能古島のお店
  • 移住を考えた時、一番に気になったのはどんなお店があるか?ということでした。島ではどういったお店かあるか紹介しますね(^^)①食品まず知っておきたいのは、本土のようにスーパーやコンビニはありません。島では渡船場近くの直売所(野菜や果物等)、商店(日用品)、農協(インスタント食品やパンなど)がありますので、最低限の物は島で揃います。商店では仕入れの輸送費がかかるので、商品はちょっと割高ですが、とても助 [続きを読む]
  • 能古島の医療
  • 能古島への移住で、それなりに気になっていたこと。子供がいるので特に【医療】に関しては心配でした。実際に住んでみて、分かった事を書いておこうと思います。能古島には診療所(内科・小児科)があり、月〜土曜日まで開いています。島の診療所というと、小さくて設備もあまりないようなイメージですが、それなりに揃っています。私としては小児科であるという事がなにより良かったです。自分の病気より子供の病気の方が心配です [続きを読む]
  • 能古島の交通事情
  • 能古島に観光で来られる方の殆どはバスを利用します。フェリーを降りて道路まで進むと、左手にバス停(渡船場前)があり、能古島アイランドパークへ行く方向のバスが出ています。反対方向のバス停は【みなと屋】さんの向かいにバス停があります。西側は特に観光場所はありませんが、海がきれいなので行ってみるのもいいかもしれません。(小さな公園もあります)渡船場から比較的近いお家の方は徒歩や自転車が多く、離れれば車やバ [続きを読む]
  • 能古島への移住方法
  • 私事ですが、7月にやっと能古島へ移住する事ができました。これまで糸島市からバイクで通っていたので、片道1時間かかっていましたが、今は5分です(^^)やはり職場(畑)が近いとすぐ行けるし、帰りの時間を気にしなくていいので楽ですね♪これから能古島へ移住を考えている方の参考になればいいなと思いますので、何回かに分けて島の事、色々書いて行きたいと思います。当初、この島で農業をやりたいと思ってから1年半ほど空 [続きを読む]
  • 農家の味方!?直売所
  • 【農家が一番に考えなければならない事】って何だかわかりますか?それは販売先です。せっかく作っても売れなければお金になりません。最近では、若者のフルーツ離れが進んでいるようで・・・柑橘も剥くのが面倒だから食べないみたいです。何か若者が食べたくなるようなキャッチフレーズでも考えなければいけません。販売先といえば、最近「道の駅」やスーパーの中にもある直売所 が増えています。農家も売りたい金額で売れて、消 [続きを読む]
  • 自然薯の花が咲きました☆
  • 6月下旬に波板を使って植えた自然薯ですが、蔓も順調に伸び、花を咲かせました。花といっても写真のような状態ですが、初めて見る光景に喜びを感じます。これからムカゴができるので、それを食べたり、種芋を作ったりしたいです。芋といえば、さつま芋も6品種植えていますので、10月頃の収穫が楽しみですね♪能古島で作る芋やゴボウは美味しいと評判!お客さんを呼べるようになれば、焼き芋や干し芋、天ぷらなどにして提供したい [続きを読む]
  • 虫との遭遇
  • 梅雨らしからぬ天候続きで、いつになったら雨が降るのか...今までの人生で一番天気予報を気にしている新米農家の小川です。最近特に目にするようになった虫がいます。ブルーベリーはもちろん、イチジクやアジサイの枝にくっついていて、触ろうとするとすぐに動いて身を隠します。白いフワフワが特徴のこの虫はアオバハゴロモ の幼虫。幹や枝葉にくっついて樹液や汁を吸う吸汁性の害虫なのです。数が少なければそれ程影響ありま [続きを読む]
  • そんな所に・・・
  • 毎日の日課で、1日2〜3回ブルーベリーに液肥を潅水しています。160本で大体30分かかりますが、作業をしているとスズメバチが目につくようになりました。もしかして巣を作ろうとしてるんじゃないか?と思いつつ、しばらく観察してみることに。数日後、鉢の横に空いている穴に入って行くのを見たので、遠くから覗いてみると・・・なにやら茶色い物体が見えます。そこから蜂が行き来しているので、間違いなく巣を作っているだ [続きを読む]
  • 甘夏と紅甘夏の違い
  • 能古島おがわ農園で栽培している今が旬の果物といえば木成りで完熟させた甘夏・紅甘夏 ですが、その違いはあまり知られていません。まず見た目ですが、甘夏は黄色がきれいで爽やかな色合いです。そして紅甘夏は淡く紅色がかっています。 [続きを読む]
  • イチジクの害虫
  • 4月に植付が終わったイチジクも段々と大きくなってきました。普段色々な作業をしているので、しばらくイチジクの圃場へ行っていなかったのですが、ふと気になったので行ってみると・・・数本のイチジクの葉に何かが群がっているではないか。イチジクで一番厄介な害虫といえば「カミキリムシ」 ですが、今回の虫はそれではなく、一見てんとう虫のような形の虫が葉っぱを食べていました。今年が一番大事な時期なので、葉を食べられ [続きを読む]
  • 能古島の前田瀧郎さん
  • 私が能古島で農業をやりたいと思い立ってから一番会いたかった人。それが【前田瀧郎】さん、今年87歳 現役バリバリの農家である。名前の読み方ですが、【タキロウ】と読めるが、正式には【タキオ】さんと読みます。インターネットで能古島の事を調べている時に、たまたま記事を見つけたのですが、今では当たり前に買える【かいわれ大根】を世の中に広めた方だと知りました。かいわれ大根は元々大阪で食べられていた高級食材で、市 [続きを読む]
  • 能古島へのアクセス 〜駐車場編〜
  • こんにちは、園主の小川です。今日は土曜日ということもあって、能古島へ行くお客さんがすごく多いですね。姪浜旅客待合所付近の駐車場では、すでに「満車」で沢山の車が入場待ちをしていました。フェリーに乗れなかったら次の便まで1時間待たないといけないので、きっと運転手の方だけ残っている場合もあるんじゃないかと・・・。せっかくならみんなで一緒に行きたいものですよね。ということで、実は意外と知られていないコイン [続きを読む]
  • 紅甘夏の収穫へ
  • 5月も終わりに近づき、夏らしい季節になってきました。能古島は福岡市の観光地だけあって、この季節は観光客で賑わっています。島のフェリー乗り場を降りてすぐの所に、直売所があります。この時期といえば【甘夏】ですが、能古島でも栽培者が少ない【紅甘夏】を当園では収穫しています。甘夏との違いはというと、果皮・果実がほのかに紅色で、酸味が少ないので甘く感じます。酸っぱい柑橘が苦手な方でも食べやすいのではないでし [続きを読む]
  • 花芽の摘み取り
  • 育苗中の2年生苗に花芽が付いています。(既に咲いてしまっているものもありますが...)いい香りで、このまま置いておけばそのうち実になりますが、今は摘み取る必要があります。【実になればそっちの方がいいのでは?】と思いませんか?しかし、このままにしておくと余計な体力を使ってしまい、木の成長が遅れてしまいます。柑橘に限らず、苗木を大きくさせたい場合は、同じようにした方がいいですよ〜。この2年生苗は来年の春 [続きを読む]
  • ブルーベリーの害虫
  • 春になって苗木もグングン成長してきました。と同時に虫たちも活発になるわけで...写真のどこかに虫がいるのわかりますか?そう、その正体は【尺取虫】枝のようにピンと伸びて隠れてますね。この蛾の幼虫はブルーベリーの葉を食べてしまうので、見つけ次第捕殺しなければなりません。でもこんなに擬装してると探すのも結構時間がかかってしまう時があります。今はまだ木が小さいので見つけやすいですが、成木になるとほんと分から [続きを読む]
  • 肥料袋を使った柑橘苗の育苗
  • これから新たに苗を植えようとされている方。買ってきた苗をそのまま植えたい場所へ定植するのもOKですが、もし余った肥料袋があれば、それを使って育苗する方法もあります。育苗の方法としては①仮の場所で1〜2年育苗して大苗にした後、定植する②肥料袋を使って1〜2年育苗して大苗にした後、定植する今回私も約300本の苗を育苗するにあたり、肥料袋を使う事にしました。理由は、地面に仮植えするよりも成長が良く、ハウスの中 [続きを読む]
  • イチジクの植付やっと終了!
  • 植付の適期からだいぶ過ぎてしまいましたが、イチジクの植付がやっと終わりましたヽ(^o^)丿当初予定していた場所で準備を進めていましたが、新たにお借りした農地の方が摘み取り園としてはいいのかなと思い、急遽作業に取り掛かりました。少し荒れていたので、草刈機とトラクターで整地、畝立てした場所に苗を植えていきます。圃場全体が元々田んぼで水はけがよくない場所もあるので、また後日作業したいと思います。苗木は全部で4 [続きを読む]
  • ブルーベリーの植付が無事に終わりました
  • 3月は植付の季節。様々な果樹の苗木が植えつけられます。当園ではこれから栽培していく果樹の苗木が一気に届いている為、忙しい日々を送っています。様々な果樹がありますが、種類によっては植付を急いだ方がいいもの、少し遅れてもいいものがあります。ブルーベリーはメーカーさんより、できるだけ3月中に植えた方がいいとアドバイスがありましたので、優先して作業を行いました。私共の栽培するブルーベリーは「土を使わない」 [続きを読む]
  • 柑橘苗木の仮植え
  • 3月は確定申告等なにかと忙しい時期ですね。果樹農家にとって3月は植樹の季節でもあり、当園では今年500本程の苗木を植付します。思っていたより早く苗木が届いたのですが、優先する作業が立て込んでいる為すぐに植付ができません。例えば、空いた畑や庭に植えてみようかな?と思っても、まだ場所の準備ができていない時や、忙しくて作業できない時などもあるかと思います。農家が苗木屋さんから苗を購入する場合【素掘り苗】を [続きを読む]
  • 福岡よかとこビジネスプランコンテスト
  • おはようございます。園主の小川です。青空の広がる気持ちの良い朝ですね。だんだん春が近づいている事を肌で感じながら過ごしています。先日25日は【福岡よかとこビジネスプランコンテスト】の公開審査会・表彰式に参加してきました。 コンテストの募集テーマは、?福岡県内の地域の魅力や強みを活かす新しいビジネスプラン?福岡県内の地域課題を解決する新しいビジネスプランというもので、59組の応募の中から1次審査・2次審査 [続きを読む]
  • むむむっ!また出たな(*_*)
  • この真ん中に何かが潜んでいますが、なんだか分かりますか?そう、みかんをくわえた猪です。不要な竹や木を切っている最中、わずか20m先位まで近づいてきます。この地域は狩猟をしている人がいないので、猪は人間をあまり恐れていません。特に私は猪が近くにいても何もできないので、「眺めているだけの人間」と思われているのでしょう。最近では毎日のように現れ、多い時は5匹くらいで食べ物を探しにやってきます。さすがに毎日遭 [続きを読む]
  • 農業の大敵!
  • 旬のスイートスプリングも残り僅かとなってきました。このスイートスプリングってあまり知名度がありません。私は成木をお借りしていて、毎年安定して実っているので実感がないのですが、栽培が難しいのであまり日本で育てている方が少ないようです。それに12月頃の収穫時期は果実がまだ緑色をしているので、一見すると酸っぱいように思えます。が、酸味はほぼ無く、爽やかな甘さで何個でも食べれちゃいそうな感じなんですよ!2月 [続きを読む]
  • 農業で必要な機械とは?
  • 1月があっという間に過ぎ、2月に入りました。能古島では温かい気温の日もありますが、まだまだ寒い季節を感じます。さて、 「農業で必要な機械とは?」 とタイトルを付けましたが、農業といっても様々なので、私のように畑の開墾が必要で、果樹栽培をメーンに考えている方に読んで頂きたい記事です。私の場合は果樹がメーンですが、広大な土地を持っているわけでもなく、出荷実績のある親元就農でもありません。将来は農家レス [続きを読む]
  • 能古島産 スイートスプリングが美味しい季節です♪
  • 木なりで収穫されるスイートスプリングは今すごく美味しい時期です。栽培が難しいとされている為、あまり売っているお店を見かけません。初めてこの名前を聞く方もいらっしゃると思いますが、私自身も農業を始めるまで知りませんでした。12月くらいから販売されますが、その頃の見た目はまだまだ緑色が残り「酸っぱくないかな?」と思うほどです。でも大丈夫!中は熟しているので、とても甘くて美味しいんですよ!甘い春を味わって [続きを読む]