どんな時にでもポジティブが一番 さん プロフィール

  •  
どんな時にでもポジティブが一番さん: 人生気楽に「まぁいっか!」
ハンドル名どんな時にでもポジティブが一番 さん
ブログタイトル人生気楽に「まぁいっか!」
ブログURLhttp://hatiman3.blog.fc2.com/
サイト紹介文ウツ、ガン闘病患者に応援メッセージを送るドキュメンタリー。一病あってもゴルフ大好きシニアー。
自由文闘病体験、海外旅行体験を電子書籍として、アマゾンで配信中。無料サンプル版を一度覗いてください。ユニークでまた、人生に勇気を与える人生訓です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/03/30 20:56

どんな時にでもポジティブが一番 さんのブログ記事

  • 近況
  • お早うございます。何故かしら最近になって急激に私のブログ訪問者が増えました。大変ありがたいことですが戸惑いがあります。誠に申し訳ありませんが全員の方にお返しのブログ訪問ができていません。現役引退をしましたが、毎日スポーツジムに出掛け、筋トレ、ストレッチ、毎日の夕食作り、売れない作家活動で時間に制限があります。従って訪問できない場合があります時はご容赦いただきますようお願いいたします。 話は突然変わ [続きを読む]
  • ウツ病について
  • 家庭の医学大全集(その2)症状の現れ方うつ病の症状には精神症状と身体症状がある。また、これらの症状が、1日のなかで時間とともに変化するのがうつ病の特徴。多くの場合は、朝が最も悪く、夕方にかけて回復していく。●精神症状・抑うつ気分気分が落ち込む、憂うつ、理由もなく悲しい気持ちになる、何の希望もない。・興味や喜びの喪失今まで好きだったことや趣味をやる気になれない、テレビや新聞を見てもおもしろくない、性 [続きを読む]
  • ウツ病について
  • 家庭の医学大全集(その1)うつ病どんな病気か 私たちは、生活のなかのさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり、憂うつな気分になったりすることがあります。しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して、また元気にがんばろうと思える力をもっています。ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。このため、 [続きを読む]
  • ウツ病について
  • 前回の確認  −答− (1)a (2)a (3)b (4)b (5)a (6)a (7)a  2. 身近な情報 ☆我が国のうつ病 ○ 約15人に1人がうつ病を経験している。  ○ うつ病にかかっている人の1/4程度が医師を受診して     いるが、残りの3/4は、病状で悩んでいても病気であ     ると気づかなかったり、医療機関を受診しづらかったりし    て、医療を受けていない。 うつ病を疑うサイン−自分が気づく変化   1. [続きを読む]
  • ウツ病について
  • これからしばらくの間は、ウツ病についての知識や、私が出版した本に書かなかったこと、書けなかったこと、いろいろな機関で発信しているウツに関する情報を提供していきます。これらの情報は個人の経験からのものや、患者会などの機関からの情報なので、あくまでも参考にしていただくことが前提となりますので、ご了承願います。  下記のサンプルは某機関から提供されたクイズ形式なので、一度参考にトライしてみてはいかがでし [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵(本文より抜粋)
  • ⑦ ウツ症状は軽減したけれど   俺は医師の指示通り、薬の服用と栄養補給ドリンク(食欲不振のため処方された)を飲んで治療してたんや。処方箋で支給された抗うつ薬は、服用してから二週間後に効いてくると医師は言うてんねん。 何とまあ二週間と簡単に言ってくれるけど、効き目が出るまでの間ウツ症状にどないしたらええねん! 怒る気力は未だ腹の中にあったんやけど、声にして医師には言えへん。それが俺の場合、あんじょう二 [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵(本文より抜粋)
  •  (C型肝炎治療)それはそれとして、この治療を始めてからペグインターフェロンの副作用なんかどうか分からへんけど、嫁の証言では何か一点をじっと見続けて、ボーとしてることが多かったと、ウツと診断されてから言いますねん。 そんなこと今頃になって言うても遅いわ、そういうことはもっと早よ言えと、思ったんやけど嫁には言われへん。 それにしても嫁の表現は無茶苦茶や、ボーとしてる言うたらアホやんけ!  4月13日 [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵(本文より抜粋)
  • ② 自由時間を十分に楽しむ 失業保険の給付を受けながら、何からも何ものにも束縛されへん自由な生活が始まるねん。 言うても、嫁には縛られ通し続けてんねん。この時期困ったことに、二十五年前に発症し一時的に鎮まってたC型肝炎ウィルスが活動を始めるねん。 それで月一回、診察治療で通院することになってしもたんや。これ以外に自分でせなアカンもんは、俺の近辺から姿を消すんや。ただ俺が知らん見えへん何かが残ってるか [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  • パート1 ウツ発病の前後  長年勤めた会社を辞める五十六歳のときやねん。会社から提示された早期退職奨励制度募集に俺は応募して、三十三年間のサラリーマン生活は終わったんや. 六十歳定年制で自動的に退職となるよりか、自らの意思で辞める方が俺にふさわしい引退の花道やと思って、それに奨励金なんかの条件に満足するものがあったさかい。 これからは勝手気ままで自由な時間が持てるから、これまでやってへん趣味に挑戦し [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  • そんな迷惑なウツに罹ると、身も心も動かすことがでけへんようになるけど、それはおそらく精神的に痛む部分が大きいから、脳がマヒしてると思うんや。 せやから、あちこちにいろんな症状が出現してくるねん。この症状をちゃんと医師に伝えるのが難しいんや。 ときとして患者が話し出しても、医師からは理解しにくい説明と、薬を処方するのにパソコン画面を見ての治療がメインになってるんや。 それとこの書がウツ患者から「役立っ [続きを読む]
  • 03/28のツイートまとめ
  • je_yuasa 豚の角煮が大好物。ストロング歯大好物と飲むのが最高!#ストロングゼロ #ストロングゼロと一緒に何食べたい https://t.co/GT6ZQferlP 03-28 16:48 『俺のウツとちぎり絵』⇒ https://t.co/oMlbOfempm #アメブロ @ameba_officialさんから 03-28 12:58 アメブロを更新しました。 『俺のウツとちぎり絵』 https://t.co/lyWpFibRVk 03-28 07:53 [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  •  (はじめに) 続き あのとき医師より、「これはウツ病の症状です」と言われたとき、「これをウツというんか」と疑ったけど、俺のこの症状がウツというんやったら、今生きてるすべての人はウツ病に罹ってんのんと違まっか。 テレビが市場に出たとき、「一億総白痴化(難しい言葉やけど、分かり易く言うたら日本人全部がアホになるということや)」と言われたように、今生きてる環境やったら「一億総ウツ化」と言われても、何も間 [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  • (はじめに の続き) ウツ体験をそのまま本音で書く。それはそれで良いのだけれど、読み易く真実が伝わる表現にしなければいけないのだ。 それならこの際思い切って、私らしく日頃使っている言葉で書くことにする。そうすればより一層真実に近い表現ができ、読者にはリラックスして読んでいただくことが可能となる。着飾らず日頃の言葉でストレートに書けば一石二鳥。 そこで日頃使っている言葉なのだが、関西方面で日常使われて [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  • はじめに  私がこの体験記を書くにあたり、経験してきたことを整理しながら記述項目を眺めていると、あれもこれもと書きたいことだらけで取捨選択ができないまま時を過ごしていた。 一体どこに焦点を当てて書こうとしているのか、体験したことだけに絞るのか、いや、そこから学んだことや考えに至ったことも書き添えたいはずだ。と、そんな状態だから気持ちは右往左往、悩んでばかりの日々を過ごす虚ろなおっさん。 そんなおっさ [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  • 目次(続き) パート4 ウツに罹って思うこと、学んだこと ① ウツ仲間を見て思う② 失敗から学ぶ③ 主治医との信頼関係④ 病名からの判断は駄目⑤ 経済的不安を思う⑥ 薬とサプリメントを考えて⑦ それでもウツと他人に言えない パート5 嫁のバックアップ ① 分からないように見守る② 家庭内の看護師の役割③ 散歩はいつも一緒④ 生きる場所を整える⑤ お金の心配をさせない⑥ 散歩のときに手をつなぐ ⑦ 食膳の準備に工夫 [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  • パート2 ウツを経験して知った、感じた、考えた① ウツを知ることに努める ② ウツに罹り易い性格  ③ いろんなウツ症状をまとめる  ④ ウツ治療は難しい、体と心の両輪治療  パート3 ウツとの日常生活の実態 ① 笑顔が消える  ② ウツ症状は天候に左右される  ③ 喋ることが苦痛、聞くのはそれ以上  ④ ウツやのにアルコールとは・・・ふざけるな!  ⑤ 明日は必ずやってくるのに  ⑥ 自殺も考え [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  • もくじ はじめにパート1 ウツ発病の前後① 長年勤めた会社を辞める② 自由時間を十分に楽しむ③ 縁あって再就職する④ C型肝炎の治療は上手くいきすぎ ⑤ はっきりとした理由もなく辞職する ⑥ いきなり体に異変が起きて、顔黒いのに頭は真っ白 ⑦ ウツ症状は軽減したけれど ⑧ ガンが見つかりウツ症状の感覚が吹っ飛ぶ ⑨ ガンの転移が見つかり、ウツ症状をまた忘れる ⑩ 抗うつ薬は減らせるけれど https:/ [続きを読む]
  • 俺のウツとちぎり絵
  • 本書の内容 著者がウツを患い『ちぎり絵』を友とし、  今もなおウツ薬を服用しながら右往左往の生 活をリアルに記述した奮闘記であります。  病はウツだけではなく、どのような病気もその  症状感じ方には個人差があって千差万別である。 したがって私のこの書が、ウツと闘っておられる すべ患者さんの治癒に役立つかどうか、 危惧するとこではある。 また、医学は私の専門外なので、ウツの  基本知識や治療を医学見地 [続きを読む]
  • はやり 残念! でもこれが現実なのだ
  • 3月5日にアマゾンから「俺のウツとちぎり絵」を発売開始しましたが、反響は皆目なし。アマゾンでは新作発売作品には、新作 の帯を付けて注目度をアップしてくれていますが、反応は今のところゼロ。 アマゾンでは販売実績があればその都度、ジャンル別に順位を表示するシステムになっている。私の作品は販売実績なしのため順位は空白のまま。 私のような名も無き、貧しい作家の作品は、新作発売日が勝負なのでこれでは先が思いやら [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ70
  • 再び風邪でダウンしました。 スキンヘッドの誕生 ところで一難去ってまた一難。おそらく抗ガン剤の副作用なのだろう、頭髪の抜けが出現したのだ。今回の入院で毎週月曜日〜木曜日の間、私は病院では入浴せず頭も洗わずにいるので、頭部の痒みが普段よりも強くなっている。 そのためブラシで痒いところをゴシゴシ、するとその度に頭髪が抜ける。それでも痒いからかまわず掻くので、頭髪は容赦なく抜け落ちる。そのうちなぜか抜く [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ69
  • インフルエンザも快方に向かいつつありますので少しづつ無理せずにブログ更新していきます。 5−5 腰痛が消える、頭髪も消える  順調な治療効果にも油断はしない  放射線治療は計画通りで順調そのもの、診察時には放射線科部長、泌尿器科主治医に、腰痛が軽減していく状態を報告している。 「順調すぎる程の治療効果で良かった」と安心してもらっている。 「痛みの原因はやはりガンのようですねぇ」と自信のある診断が、私の [続きを読む]
  • ブログ更新できませんでした
  •  風邪も、インフルエンザもなめたらアカン。 2月20日ごろから風邪気味で寝込んでしまいました。 歳を重ねる度に回復も遅れると感じていましたが、それにしてもいつもとは違うとのことで再び医院で検査してもらうと B型インフルエンザウイルスに感染してることが分かりました。細菌は2.3日潜伏期間があるとのことで、最初の時には検出されず、これがコジレル原因となりました。  平熱36.0℃の私ですが39.6℃まで [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ68
  •  隣の患者のイビキに悩まされる  時に二人部屋の同室の年輩患者さん、彼のイビキは昼夜共に眠りに着くことができない程に激しかった。 これでは睡眠不足となって体調を崩し兼ねない。そこで看護師さんにとりあえず個室を要望した。が、現在空き部屋はなく待ち状態だった。 病院で十分な睡眠が取れない替わりに、わが家でかなりの睡眠時間を得ていた。また、私は病院の風呂は利用しないので、自宅の湯船にゆっくりと浸かっている [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ67
  • 参考資料  今回私の放射線治療を受けるときの参考資料(病院より提供) 治療する部位 :左骨盤部(尿管の腫瘍床+リンパ節領域) 用いる装置  :リニアックⅩ線照射装置 治療頻度期間 :一日一回 週五日(月〜金)H二十二年十月六日〜三十回 六週間 併用する治療 :抗がん剤の点滴 治療期間の診察:放射線科主治医と週一回。治療による症状の改善や異常など 放射線照射部位:左腹部のおへそから真横に6?の部位 [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ66
  • 放射線科部長診察 診察の順番が来たので私は診察室に入った。放射線科主治医の部長より説明があった。 「治療する場所は左の骨盤で、手術前の尿管に腫瘍があった場所と、リンパ節の腫れている領域も含めて放射線を当てます」。 「放射線を当てる場所は、腫れているリンパ節から上の方、腎臓の辺りまではいきませんが、骨盤の中の近辺にあるリンパ節辺りまでです。具体的には、前後と左右から放射線を当てると、この部分に集中しま [続きを読む]