mari さん プロフィール

  •  
mariさん: mariのブログ
ハンドル名mari さん
ブログタイトルmariのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/blue-seamade/
サイト紹介文古い時代(明治〜昭和初期)の絵葉書と 人魚に関する本や美術をご紹介しています。
自由文古い絵葉書と人魚に関するあれこれを主に綴っています。ほとんどブログ主の備忘録のような内容ですが、人魚の好きな方、古い紙モノが好きな方、どうぞ覗いていって下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/03/31 00:04

mari さんのブログ記事

  • 本棚の人魚たち・・・「木島日記」 大塚英志
  • 民俗学者、国文学者として、また歌人としても名高い折口信夫。若き日の折口が古本屋で見つけたのは未だ構想中で書いていない、自らの著書。その本に記された奇怪な世界に彼も巻き込まれ…。 折口信夫が謎めいた古書店主、木島平八郎と出会って体験する妖しく怖ろしい数々の出来事を描いた小説、「木島日記」に登場する人魚の話を今日はご紹介します。 「木島日記」 大塚英志:著(KADOKAWA 2017年9月刊) 不思議な古書店へ向 [続きを読む]
  • 「怖い絵」展
  • 上野の森美術館で開催中の「怖い絵」展を観てきました。 関西での開催時から、すごく混んでいると言われていたので平日のほうがいいかもと思い、病院に行った日の午後に行ってみました。幸い、朝から降っていた雨はちょうど止んでいました。美術館の前に来てみたら長蛇とはいわないまでも、けっこうな人の列。終了時間までに入れるのかなと思ったけれど意外に列の動きが早くてそれほど待たずに館内に入れました。 会場内は神話 [続きを読む]
  • カフェベローチェのモーニングセット
  • 先日観に行った美術展の記事を書こうと思っていたら見事に寝落ちしました(-_-;)それで今日はモーニングセットのご紹介。なんか最近、食べ物記事が多いですが、食欲の秋ってことで(笑)。この間、カフェベローチェで食べたモーニングです。3種類あって、これはたまごサンドのセット。値段は一番安いツナサンドのセットが390円で、たまごサンドはもうちょっと高いです。味は普通ですが、焼いたパンはふんわりして美味。ベローチェはよ [続きを読む]
  • 絵葉書・・・「果報猫」
  • 肌寒い日が続きますね〜。関東は今日晴れたのもつかの間、台風がやってきてこの週末も天気が悪くなりそうです。冷たい雨に降られたらますます気持ちが暗く…ならないようにちょっと温かい気持ちになれる絵葉書を載せます(^^) 明治時代の、滑稽新聞絵葉書の中の一枚。寝転んで本を読む女学生風の女性の上に陣取って眠る猫。「果報猫」というタイトルが付いています。本や新聞を読んでいると、いつの間にか猫が腿のあたりに座って [続きを読む]
  • MIYOSHIのランチ定食御膳
  • 今日は午前中、術後の耳の診察で病院へ。今まで耳の中にあった詰め物を取ってもらいようやく通常の状態になりました。といっても、もう片方の耳と比べると手術した耳は明らかに血色が悪いんですけどね。たぶん毛細血管がまだちゃんと復活していないのかも。皮膚の感覚も徐々に戻りつつあるものの、まだ完全じゃないのでなんか作り物の耳がくっついているような気分(笑)。 次回からの診察は、私の家から近い病院に週に何回か先生 [続きを読む]
  • ヤミーパスタのカルボナーラ
  • 先日渋谷に行ったときに入った、YUMMY PASTA(ヤミーパスタ)というパスタ屋さん。この日はお天気が悪くて、とりあえずすぐ入れそうな所に、ということで道玄坂を歩いている時に見つけて入ったお店です。地下にあるのですが、明るくカラフルなインテリアが可愛く、小さめな店内ですが居心地が良かったです。注文したカルボナーラも美味しかった。 パスタのメニューはいろいろありましたが価格がだいたい500〜600円台なのもいいで [続きを読む]
  • 本棚の人魚たち・・・「人魚姫 ファニーピンクル」
  • 今回は久しぶりにアニメ絵本のご紹介。栄光社から出ていた「TVえほん」のシリーズの中の一冊で、竜の子プロの作品です。 「人魚姫ファニーピンクル」構成・背景:ルーニア高橋  絵:しいはし いく(栄光社刊)出版年月日は記載なし 音楽の大好きな人魚のピンクル姫。亀のドン、タツノオトシゴのギョロたちといつも仲良く遊んでいます。 (すてきな美人、という表現がちょっと笑ってしまう…) 姫の両親は、姫に早く結婚しても [続きを読む]
  • 絵葉書・・・柿の実
  • 今日も雨が降って寒い一日でした。秋を通り越して初冬みたいな陽気ですが八百屋さんやスーパーの店頭には柿が並んでいます。オレンジ色でつやつやしている柿はいかにも秋の果物って感じですが実は自分ではあまり買わないかも。でも食べると美味しいんですよね。私はどちらかというと柔らかめの果肉のほうが好きです。今日は柿の描かれた絵葉書をご紹介。 葉書の下にマークのようなイラストが並んでいます。真ん中は猿、他は蜂、 [続きを読む]
  • 岩の上の人魚たち
  • 季節外れの暑さが続いたと思ったら今晩から急に寒くなってきました。明日の夜からは雨のようだし、風邪が悪化しないように気を付けなければ・・・ しばらくは雨模様のお天気が続くとのことなので、少しでも明るい気分になれるよう、爽やかな海と人魚の絵を載せます。 波間を泳いだり、岩の上で語らったりしている人魚たち、姉妹なのか友だち同士なのかはわかりませんが見ていて和みます。 [続きを読む]
  • 今日は銭湯の日
  • 最近、銭湯行った?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 久しぶりに実家のある街を散歩したら、子どもの頃からあった銭湯の場所が更地になっていて、ちょっとショック。夏の頃にはまだ建っていたように思ったのですが。まあ、ショックとは言っても私はそこに通ったことはないのです。ただ銭湯の特徴である高い煙突のある風景がこの街のイメージとして私の中にずっとあったので、ついになくなってしまったか〜 [続きを読む]
  • 絵葉書・・・「そりくらべ」
  • 好きな運動会の種目は?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 好きな運動会の種目、小学校低学年の頃はまだ体が軽かったのでわりと早く走れて、50M競走は好きでした。成長して運動神経の鈍さが目立ってきた頃からは、玉入れ競争が好きでしたね〜。みんなでワーッと玉入れするので、誰のせいで負けたとか気にしないで済む(笑)。 体育の日にちなんで、今日はこんな絵葉書をご紹介します。明治の、滑稽新聞別 [続きを読む]
  • 本棚の人魚たち・・・TH No.47「人間モドキ 半分人間の解剖学」
  • 押し入れを片付けていたら、ずいぶん前に買った雑誌が出てきました。改めて読み返したら、さすがにインフォメーションは古いけれど、記事は面白いものが多くて楽しめました。トーキングヘッズ叢書(TH series)No.47「人間モドキ 半分人間の解剖学」(アトリエサード 2011年8月刊)確か購入当時は、本がセロハンでラッピングされていて立ち読みできなかったのですが、半分人間の解剖学というタイトルと、表紙を飾る清水真理の美しい [続きを読む]
  • 「高橋真琴の原画展  ロマンティック乙女スタイル」
  • 昨日は絶賛風邪引き中で、帰ってくるなり横になってしまい目が覚めたら深夜でした。先日観に行った展覧会の記事を上げようと思っていたのに…。 観に行ったのはこちら。 西武渋谷店で開催中の高橋真琴の原画展です。初夏の銀座での個展のときに告知を見て楽しみにしていました。60年代の雑誌の挿絵から現在のものまで約200点の原画が展示されています。 原画は長い年月が経っても、どれも色が美しく、「絵具は混ぜることなくその [続きを読む]
  • 今日はレモンの日
  • 初キスの味は、レモン味?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 2009年にオリコンがネットでリサーチした結果を見たらファーストキスの味はイチゴ、と答えた若者が多かった。ちなみに30代、40代はレモンが一位でした。8年後の今はどうなんでしょうね。果物の味にたとえる、っていうのも古くなりつつあるのかな。 レモンといえば、唐揚げなどについてくる、くし切りされたレモン、あれを搾るのが苦手です。汁 [続きを読む]
  • 絵葉書・・・「月」 中原淳一
  • 昨夜あたりから、夜はずいぶん気温が下がって、そのためかわからないけれどすっかり風邪をひいてしまいました。あ〜喉が痛い。そして声もガラガラのヒョロヒョロ。職場で電話に出ると、大丈夫ですか?と先方から心配されてしまいます(ノ_・。)たぶん明日あたりから洟が出るんだろうな。昨日、病院に行って抜糸したとき、“鼻かみ禁止令”も解除されました。(それまでは鼻をかんだり耳抜きしたりは禁じられていた)風邪を引いたのはあ [続きを読む]
  • 尾久珈琲亭のコーヒー
  • 今日は先日の手術の抜糸でした。一週間、ずっと耳のまわりがテープで留めてあって煩わしかったのですが、今日は全て剥がしてもらい、すっきり。手術後に付けたものは全部取ってくれるのかと思ったら、耳の中の詰め物はまだそのままにしておくそうで、2週間ほど経ってからまた行くことになりました。退院当初、詰め物の上から点耳薬を注すというのがすごく違和感があったので、これ、取らなくてもいいのかな〜、とけっこう不安だっ [続きを読む]
  • 絵葉書・・・ざくろの実
  • 今週は天気は曇りながらそれほど崩れない、と先週末の予報では言ってた気がするけれど今日は夜から雨らしい。爽やかな秋晴れとはなかなか行かないみたいですね。 街を歩いていて、実をつけたザクロの木をいくつか見かけたので今日はザクロを図案化した絵葉書をご紹介します。 明治時代に発行された滑稽新聞の別冊、絵葉書世界というシリーズものの絵葉書の1枚。絵葉書の図柄と、宛名面の切手貼付部分に描かれた絵に関連を持 [続きを読む]
  • 本棚の人魚たち・・・林明子の「赤いろうそくと人魚」
  • 気がついたらもう10月。空気も乾いてきて、そろそろ涼しさが肌寒さへと変わってくる頃ですね。 今日は久しぶりに小川未明の「赤いろうそくと人魚」をご紹介します。 「こどもの世界文学30  日本の童話・2  赤いろうそくと人魚」小川未明:文  林明子:画(講談社 昭和48年11月刊) 林明子の挿絵、私は初めて見たのですが明るくわかりやすい絵柄でありながらこのお話の持つ寂しさ、哀しさも上手く表現しています [続きを読む]
  • 鈴木製作所のガトーショコラ
  • 病院からの帰り、乗り換え駅の町屋で下車した際、気になっていた喫茶店を訪れました。 まずは注文したガトーショコラをご紹介します。 ケーキセットは2時からなのですが、私が訪れたのはその10分前くらい。ダメかな、と思いつつお願いしてみたら、チョコレートのほうなら用意できます、とのことでガトーショコラをいただきました。(ケーキはチーズケーキとガトーショコラの2種類です)甘すぎず、ボリュームもちょうどいいケー [続きを読む]
  • 耳の手術のこと
  • 先月の決定からどうなることやらとドキドキしつつ迎えた中耳炎の手術、昨日無事に終了しました。一日入院と二日入院を提示され、一日だと慌ただしいということで二日間入院することにしたのですが当日は手術患者さんがかなり多いようで予定時刻より4時間遅れで夕方からの手術でした。朝、昼ともに絶食だったのでお腹空いたのですが・・・でも食べてなくて良かった〜、というのを手術中に実感。麻酔は心配していたより痛くなくてホ [続きを読む]
  • 唐揚げ定食
  • そのまんまのタイトルですが(笑)。勤め先の会社の他の営業所にたまにお使いに行くのですがその近くにいい感じの定食屋さんがあって一度入ってみたいと思っていました。たまたま先日、用事が終わったのがお昼時だったのでこれ幸いと入ってみることに。お昼のメニューはいろいろあったけれど、定番のこちらを注文。唐揚げ定食、私にはけっこうなボリュームでしたが完食しました唐揚げは普通でしたが付いているけんちん汁(肉は入って [続きを読む]
  • 絵葉書・・・「子守歌」 竹久夢二
  • 今日は晴れた空が気持ちのいい一日でした。どこからかキンモクセイの香りもして、もう秋だな〜、と改めて思います。もの思う秋、なんて言いますが今日はちょっと寂しげな雰囲気の竹久夢二の絵葉書をご紹介します。トンボの飛ぶ空の下、お人形をおんぶした少女は何を思っているのでしょう。寂しそうだけれど、暗い感じにならないのはきれいなグリーンの背景のためかもしれませんね。野の花の黄色も印象的です。 [続きを読む]
  • ブログ7年目の抱負など
  • 自分のブログ開設記念日(23日)に、これからの抱負や方向性に関して記事を書こうと思って先日ブログにもそう書いたのに、すっかり忘れてました(゚_゚i)で、今日書いている次第です。 方向性といってもこのブログ、今まで通り、古い絵葉書と人魚関連ネタを主なネタとして書いていくことに変わりはありません。いつもご覧いただいている方、本当にありがとうございます。m(_ _ )mこれからも遊びに来ていただけたら嬉しいです♪ 毎日 [続きを読む]
  • 本棚の人魚たち・・・「人魚姫のごめんねごはん 2」野田宏・若松卓宏
  • 海の魚たちから慕われる、人魚の王女、エラ。彼女も海の仲間たちが大好きですが、地上に行って口にした、魚料理の美味しさに目覚めてしまい・・・。仲間を食べる罪悪感と食の快楽の間で苦悩する人魚姫を描くコメディ漫画の第2弾。 「人魚姫のごめんねごはん」野田宏:原作 若松卓宏:漫画(小学館 2017年9月刊) 今回も、エラ姫の仲間が人間に釣られる→弔いのためにエラが地上へ→寿司屋で出された「仲間」を食べた [続きを読む]