yuniko13 さん プロフィール

  •  
yuniko13さん: 在イタリア、ソムリエのワインノートとイタリア映画
ハンドル名yuniko13 さん
ブログタイトル在イタリア、ソムリエのワインノートとイタリア映画
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ushiodbt
サイト紹介文ソムリエ20年、イタリアワインのテイスティングノートとイタリア映画評論、イタリア情報
自由文在イタリアならではの、イタリアワインの専門的なテイスティングノートとゴールデングローブ候補映画の評論、イタリア情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/04/01 01:39

yuniko13 さんのブログ記事

  • DOC Bolgheri ボルゲリの規定
  • DOC Bolgheri の規定とても綺麗なボルゲリの地図他の土地もこういう風に作って欲しいものだボルゲリの規定を調べる機会があった。規定は調べてみると面白い。さて、ボルゲリDOCのワインは7種類。ボルゲリと言ったら赤。RossoSuperiore もあり、おなじみSassaiaもある。でも、白もある〜ヴェルメンティーノは想像が付く。しかし意外なことにソーヴィニオンがある。へーそして、ロゼ。これで7種。だから、ワインの規定は、時々こう [続きを読む]
  • 8 vini di Podere Pradarolo
  • 8 vini di Podere Pradaroloマセレーション170日と270日。。。お誘いいただき、ポデーレ・プラダローロの縦のみ試飲会に参加。エミリア・ロマーニャのパルマ近くに位置するワイナリー。自然派ワインはもう当たり前のようになり、あちこちで自然派ワインの試飲会、自然派を多く、または自然派だけを扱っているエノテカもできている。今回行われたコロッセオ近くのカフェ(というより、バー&レストラン)カフェ・プロパガンダには初 [続きを読む]
  • CapatostA 2011 Poggio Argentiera
  • CapatostA 2011 Poggio ArgentieraModellino di Scansano, だから、品種はサンジョヴェーゼが主。ちょっと理由があって購入したワインで、生産が終わったのか、かなり探した。そんなのも過去の話になった今は、突然思い立って開けることに。ふらっと開けてしまうのにふさわしいというか、フルーツはもう越え、綺麗にコンフィになり、革、バルサム臭、腐葉土、若干のアニマル臭、そして、鉄分的な香りが上がる。フルーツはブルーベ [続きを読む]
  • イタリア映画の紹介 Cuori Puri ピュア・ハート di Roberto di Paolis
  • Cuori Puri ピュア・ハート監督 ロベルト・デ・パオリスピュアな二つのハートが結びついたときに、少女が必死でついた嘘今年のイタリアのゴールデングローブの上映会が始まった。先週からで、毎週1本、来年の5月半ばまで続く。先週は、仕事の都合で途中からしか見れなかった。今日も、超ハードスケジュールの仕事の疲れで時間に間に合わず、着いた時には始まっていたが、幸い最初のわずか1分程度が欠けただけだった。114分 [続きを読む]
  • Verdicchio di Matelica Riserva Mirum 2000 Fattoria la Monacesca
  • Verdicchio di Mateloca Riserva Mirum 2000 Fattoria la Monacescaだからワインは止められない。ローマで大雨が降ったのでガレージを見に行った。家の近くの広場の地下に造られている。うちのガレージは、車の進入路のすぐ近くにあるので、まさかとは思うが、水が入っていたりしないか確認に行った。夜半から降り始めた雨は、ローマでも地下鉄駅が浸水してしまうくらいすごい量になり、久しくガレージを使っていないので、泥棒に [続きを読む]
  • Chianti Classico 2013 Villa Cafaggio
  • Chianti Classico 2013 Villa Cafaggio香りに落ち着きが出てきた。華やかで軽やかで、フルーツの香りが優雅に舞い、コンチェルトのようだったのだが。まあ、2年ほど前に購入したので(ワイナリーから直接)その歳月がワインに出てきた、という感じ。こういう雰囲気の方が好きという人も多いはず。フルーツは熟し、若干コンフィの香りに移行し、キャンティらしい金属的な香り、対してスパイスはそれほど強くない。アルコールがやや [続きを読む]
  • Chianti Classico Riserva 2013 Casa Sola
  • Chianti Classico Riserva 2013 Casa Sola久々の、本当に久々、数ヶ月ぶりのローマの雨が通り過ぎたあと、また暑くなった。もちろん、8月初めのあの暑さでも、数日前のぶり返した暑さでもないが、湿気がぐっと上がった分暑く感じる。つまり、蒸し暑い、それでも赤を飲んでもいい気になる。白は十分飲んだというか、いい加減、あまりの暑さに白、にも飽きてきた。そこで、このところ赤を開けている。いただいたワイン。とても素敵 [続きを読む]
  • Convenio Lazio Trebbiano 2015 Casale Certosa
  • Convenio Lazio Trebbiano 2015 Casale Certosaこれもロベルトのお店で購入したもの。ビオ。ラベルからも、本物のビオ、かなり気合の入っている(笑)ビオとわかる。アルコール度は低く(優しく)、ビオマークの下にビオロジカルワイン、とのはっきりした明記がある。品種はトレッビアーノ。ふわっとしている。熟したフルーツのふくよかな香りが広がる。香りにすでに塩味があがり、また、熟した柑橘のプリッとした実を思い出した。 [続きを読む]
  • Anima Umbra 2008 Arnaldo Caprai
  • Anima Umbra 2008 Arnaldo Capraiカプライは、世界的に有名なウンブリアのワイナリー。ウンブリアのワインの歴史の一端を担ったとも言える。彼らのワインの、トップのものなら10年単位でとっておくことはあり得るが、ベースのものをとっているのは友人ティート(笑)猛暑から、びっくりするくらい涼しくなったので赤でも、と開けたが、だいぶ冷やした。(どのみちグラスに注いだ瞬間、温度はすぐ上がる)若干アルコール臭が強く、 [続きを読む]
  • Veltriner 2009 Kuen Hof
  • Veltriner 2009 Kuen Hof白は、少しというよりかなり経って飲むのが好み。人様がバカンスで忙しい(笑)時、ローマでテキトウに仕事も入るので、のんびり。こんなにのんびりは久しぶり〜よそ様はみんなバカンスだから、いろいろな連絡も強制的に滞り、できることは限られる。そこで、友人パオロを夕食に呼んだ。猛暑は去ったとはいえ、白、それも古いのを開けよう、ということでパオロが持ってきたのがこれ。パオロの好きなワイナ [続きを読む]
  • Bianco Alpino 2015 Furlani
  • Bianco Alpino 2015 Furlani久々。(ワインが久々という意味ではない。。。)さて、日本に行く前にロベルトのところで買っていた1本。なんとなーく開けてみた。色はかなり濃い目。最初はぐっと冷やしていたので(こっちはすごい猛暑)レモンかレモンの葉の香りだったのだが、ちょっと温まると、みかん、そしてオレンジのマーマレードの香りが出てきた。香草風の緑の香り、グレープフルーツの香りも混じる。超ビオなので、香りが強い [続きを読む]
  • 日本茶カフェ 3軒
  • 日本茶カフェ3軒 東京 茶の葉、一保堂、中村藤吉日本に来て極度の時差ぼけで眠れず。毎晩、時差ぼけ、猛暑、蚊の来襲の三重苦(涙)。今日は眠れる、と期待し、眠れた〜と思って時計を見るとまだ2時半、今日は12時半、つまり、2時間寝てない。。。。さて、仕方ないので、ちょっと記事。これで眠れるかもと期待しつつ。。。ワインも当然だが、日本茶好きなので、日本へ来ると日本茶カフェに立ち寄る。今回はこれまでに3軒。 [続きを読む]
  • VinOro 2014 Gaspare Buscemi
  • VinOro 2014 Gaspare Buscemiちょっと忙しくなると、というかすごく忙しいのだが。。。全く何も書けなくなる。ワインは飲んでいるが、この状態では書く気にもなれない。さて、すこーーーーーーーしだけ時間ができて、ローマではピカイチの肉屋、ロベルトのお店に行った。そこでワインを数本購入。帰ってすぐに開けたのがブジェーミ。すぐにビオとわかる香りだが、そこまで強くはない。熟した柑橘の香りが若干、あとは白いフルーツ [続きを読む]
  • Delyus 2016 Marta Valpiani
  • Delyus 2016 Marta Valpianiエミリア・ロマーニャの白ワイン。少し前、ローマで、初めてと言っても良い、その場でワインを買える試飲会が開かれた。記憶によると初めてだと思う。そう、試飲会では、(ある程度)好きなだけ飲めるが、ワインを買うことはできない。これは、ヴェローナで行われるヴィニタリーでも同じである。売って〜と言っても売ってはくれない。さて、この試飲会は、そうとは知らないで行ったのだが、先に来ていた [続きを読む]
  • Dolcetto d'Alba 2015 Roagna
  • Dolcetto d'Alba 2015 Roagna期待の2015年ああ、このワイン好き、とか、このワイナリー好き、というのがあるが、私にとって、このワイナリー好き、という一つが、このロアーニャ。ロアーニャは、大胆というか野暮ったい、しかし、一度見たら絶対に忘れられないラベルが印象的。ロアーニャです〜と書いてある。昔はこういう、ワインの名前より、ワイナリーの名前の表記のほうが極端に大きいラベルが多かったが、今はだいぶ少な [続きを読む]
  • Valle d’Aosta Rose’ Larmes du Paradis 2014 Cave Cooperative de Donnas
  • Valle d’Aosta Rose’ Larmes du Paradis 2014 Cave Cooperative de Donnasお気に入りのロゼ、最後の1本ワインの楽しみはいろいろある。だからワインはやめられない。1種のワインでヴィンテージ違いを飲むことも面白いが、これと思ったワインの同じヴィンテージを数年に分けて飲むのも最高。このロゼは、ラベルは、これ以上野暮ったいラベルはそうたくさんはないだろうと思うくらい野暮ったいが、中身は美味しい。この意見は私 [続きを読む]
  • Portofino Bianchetta genovese e Vermentino 2016 Bisson
  • Portofino Bianchetta genovese 2016 Portofino Vermentino 2016Bissonさっき置いていった見本があるから、とマルコが出してくれた2本。リグリア州のワイン。ポルトフィーノは、日本人にはまだあまり知られていないが、イタリアの高級バカンス地。ビアンケッタは、そんな品種があったね〜と思われる1本。香りは、すぐにりんごと黄色の花、結構強い。安定性があり、あまり変化はみられないかと思ったのだが、しばらくたって、海の [続きを読む]
  • Barbera d'Asti Vigna del Noce 1999 Trinchero トリンケロのバルベーラ 1999
  • Barbera d'Asti Vigna del Noce 1999 Trinchero昔は、ご贔屓エノテカ、土曜日の無料立ち飲み試飲会にできるだけ参加するディ・ビアジョでも売っていたので時々買っていたのだが、売らなくなってもう随分になる。以前から特殊なワインであったし、そして好みが大きく分かれ、決して安くはないので(昔は安かった。。。)置かなくなったのも無理はない。そして、他のエノテカ(といっても以前ほどあっちこっちを見に行くことはなくな [続きを読む]
  • Tenuta Bosco エトナのワイン 6種
  • Tenuta Bosco のワインラベルがかわいい〜、おしゃれ〜で飲んでみたワイン。イタリアでは山は女性で表現される。(イタリア語でも女性形)だから、エトナから立ち上がる煙を女性の唇で表現。山と煙の色のバリエーションがとてもかわいい。エトナの北に畑を持つ。150年の畑で、650−700mの標高。Piano dei Daini 2016 +++カリカンテ90%、他、カタラット、グレカニコ、インソリア10%香りはきれいで、エレガントな [続きを読む]
  • Lasciati andare di Francesco Amato イタリア映画の紹介「なるがままに」
  • Lasciati andare なるがままに監督 フランチェスコ・アマートエリア・ヴェネツィアは、本も出している著名な精神科の医者。結構な年なのに、甘いものは好きだし、仕事では座って人の話を聞いているだけ(居眠りもするが)なので、医者に、運動をしなさい、ジムに通いなさい、と言われる。近くのジムに行ってみると、その雰囲気にびっくり。患者にあったりもするので、入会をためらっていたところ「入会金が浮くわよ〜」と、パー [続きを読む]
  • Angimbe 2015 Cusumano
  • Angimbe 2015 Cusumanoいつの間にかラベルが微妙に変わったかも。品種はインソリアとシャルドネのブレンド。クスマーノは、土着品種の単一でもワインを造るが、結構国際品種とブレンドする。本当は、単一でもブレンドでも土着品種だけのほうが好みだが、リストにないのと、サルデニアのワインの後にはシャルドネが混じっているくらいが変化があっていいかも。ちょっと変凡ではあるが。。。シャルドネの柑橘が結構きりっと出るかと [続きを読む]
  • Villa Solais Vermentino di Sardegna 2016 Santadi
  • Villa Solais Vermentino di Sardegna 2016 Santadi太陽いっぱいワインがいい、というリクエストで選んだサルデニアのワイン。ワインリストにサルデニアのワインが必ずあるとは限らないが、ここは数種類揃えていて、悪くないかもと選んだワイン。サンターディは久々。テッレ・ブルーネ(赤、カリニャーノ)はよく飲んだものだ。こちらはベースの白。ヴィンテージはすでに2016年。ヴィニタリーも終わり、リリースが2016年に [続きを読む]
  • Vereto Salice Salentino Riserva 2013 Vallone
  • Vereto Salice Salentino Riserva 2013 Vallone太陽がいっぱいのワインが好きというリクエスト、シチリアのワイン他、昨日飲みました〜、自然派はあまり。。。で、ワインリストを見る。プーリアのヴァッローネが目に付いたので決める。宣言しているように私は北イタリアのワイン派なので、選ぶのは北のものが多いが、ワインリストには全体にざっと目を通す。プーリアのワインはたいてい2−3種類、それもちょっと選びたくないもの [続きを読む]