KITAHO さん プロフィール

  •  
KITAHOさん: KITAHOのデジカメ散歩
ハンドル名KITAHO さん
ブログタイトルKITAHOのデジカメ散歩
ブログURLhttp://kitaho321.blog25.fc2.com/
サイト紹介文山野草 原種バラ 山里生活 甲斐駒ヶ岳 ガーデニング 八ヶ岳南麓 秘密基地 一眼レフ 
自由文横浜と八ヶ岳南麓での2地域居住をしています。好奇心を誘うものや山野草、ガーデニングが大好きで、デジカメ片手に歩き回っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供695回 / 365日(平均13.3回/週) - 参加 2015/04/01 15:04

KITAHO さんのブログ記事

  • 中央高速、釈迦堂SAからの夜景
  •  ETCの深夜割引を利用して、秘密基地に昨夜遅く入りました。深夜と言うこともあり、思いの外、空いていました。 しかし、私と同じ、思惑の方達の多いことに驚きます。時間調整も含め、3つのSAを利用しましたが、車内泊をしている方達がたくさんいます。 笹子トンネルを抜け、勝沼ICの先の『釈迦堂SA』で一休み、ついでに甲府の夜景がとてもきれいですので、デジカメを取り出し、何枚か撮ってきました。■釈迦堂SAから見る甲府の [続きを読む]
  • クランベリーの果実が色づいて。
  •  ツツジ科のクランベリー (Cranberry) を鉢栽培しています。今年は全国的に異常気象の猛暑に襲われ、クランベリー (Cranberry) も可哀想なくらいです。 クランベリー (Cranberry) は北半球、寒帯の酸性の沼地に見られ、暑さが難点、水切れなど起こしますと、あっという間にいじけてしまいます。  そのため、腰水として鉢受けに水を張り、40cmクラスの鉢での栽培にチャレンジ中です。今年は鉢受けの水も温水と化し、毎日お [続きを読む]
  • ちょっと早くはないですか? センニンソウの開花。
  •  キンポウゲ科のセンニンソウ(仙人草、学名 Clematis terniflora)は、花よりも種飛ばしの時に出る髭のような綿毛が素敵です。いつもは・・・9月に入ってからの開花が多く、今年の異常な天気なのか、開花が早すぎます。 暑い最中、デジカメの手ぶれを防ぎながら、汗まみれで撮ってきました。■キンポウゲ科のセンニンソウ■花を真上から見ますと・・・白い4弁がクロスし、素敵な形を見せます。   【注 意】   センニンソ [続きを読む]
  • 野ブドウの色づき・・・・瑠璃色の果実。
  •  早くも・・・野ブドウの色づきが出てきました。野ブドウは果実に毒があり、気を付けませんといけないですね。 宮沢賢治の作品の中に野ブドウのことを『めくらぶどう』と表現するところがありますが、現在ではこの用語は使いません。東北の方達が、幼い子供達への警告言葉として、使っていたようです。 野ブドウの果実に触った手で、目をこすると、失明するよと言うことでしょうか? いずれにせよ、有毒植物ですので、美しい瑠 [続きを読む]
  • ニチニチソウ、完全復活。
  •  2日ほど前に開花し始めた『ニチニチソウ』の記事をアップしました。 いよいよ、花盛りのニチニチソウとなってきました。完全回復ですね。 ウチの奥さんの嬉しそうなこと。 でもねぇ・・・、また知り合いのお花屋さんから、廃棄寸前の花鉢をもらってくると思うと、憂鬱になります。■完全復活のニチニチソウ。■まだまだ・・・いっぱい蕾が見えます。楽しみとなって来ました。 [続きを読む]
  • BMWの時計・・・電池切れです。
  •  パソコンデスク周りには、私のお気に入りの時計がいっぱい。とりわけ、BMWのホイール型の小さめの時計は、一番のお気に入りの物。 ふと見ますと、2つの時計が電池切れ。これはいけません・・・ね。 動く物が動いていませんと、気に入りません。明日は、この時計を持って、電池交換です。 こんなことを考えていますと、無性にデジカメで撮ってみたくなり、パチリ。■お気に入りのBMW ホイール型の時計・・・・電池が切れまし [続きを読む]
  • 悪魔のハーブ・・・Apple Mint
  •  ハーブ類は何も考えず、庭に植え込んではいけないようです・・・ね。特に、このApple Mint。 私にとっては、悪魔のハーブです。 なにげに、3株ほど手に入れ、法面上部に、特に日当たりの良いところに植え込みました。1年・・2年目はとても良く増え、喜んでいたのもつかの間、あっという間にApple Mintが増え出しました。 数の調整をしようと、抜き取っていくものの、根が残れば、そこから増殖、・・・もうたまりません。まさ [続きを読む]
  • 名前につられて。。。入手・・・Sempervivum Old rose & Jeanne d'arc
  • ヨーロッパアルプスの高山植物のSempervivum(センペルビブム)、多肉植物の仲間です。 そののSempervivum(センペルビブム)は、岩の割れ目や砂地に生育し、晩秋から冬にかけ、きれいな紅葉を見せ、またその姿は幾何学模様を彷彿させる形を表し、数々の魅力を持っています。 ヨーロッパでは古くから栽培され、交配種も作り出されるなど、人気な高山植物となっています。従って、ネーミングも面白く、その名前につられて栽培する [続きを読む]
  • ニチニチソウの回復
  •  いつものことで・・・・知り合いのお花屋さんから廃棄するような鉢花を頂いてきます。これがウチの奥さんの趣味????そして、私に何とかして・・・と、いつものこと。 廃棄するようなニチニチソウの花鉢3つ。7月の初旬でした。 仕方ないので、花のドクターXに変身。3つを植え替え、1ヶ月ほど養生させましたところ、回復してきました。たくさんの蕾をつけてくれ、昨日からぽつぽつと開花してきました。 なんとか花のドクタ [続きを読む]
  • 木漏れ日に咲くヤブミョウガ。
  •  涼しげな、木漏れ日の中に、透明感のある小さな白弁の花を見つけました。ヤブミョウガです。 これは食用となるミョウガの仲間ではなく、ツユクサ科に分類される植物(Pollia japonica)です。果実は独特な黒紫色の彩りを見せ、光の具合により宝石のような輝きも見せます。 今、花と果実が、同時に見られ、面白い小さな世界を見ることができます。■ヤブミョウガ(Pollia japonica) [続きを読む]
  • 鹿の子百合が愛くるしく・・・・
  •  ギラギラの太陽の下、鹿の子百合が美しいピンクの模様を映し出します。このユリは大して気を遣わなくても、栽培できますので、手間いらずのものです。 ササユリやヒメサユリの栽培の方が気を遣います。植え替え等、本当に気を遣うユリ。一方、鹿の子百合は植えっぱなし・・・・ちょっとつまらない栽培となりますが、花を見ますと笑顔になります。■鹿の子百合 [続きを読む]
  • PINARELLO PRINCEとキツネノカミソリ。
  •  明日から・・・台風の影響か、天気が崩れるようです。今日の横浜は高曇りで、あのぎらぎら太陽を遮り、ロードバイク(自転車)で出かけるには、チャンスです。 と。。。。、言う訳で、雑木林の中の、整備された道を走ってきました。ぎらぎらの太陽がないだけに、雑木林の中はとても爽やかな風、気持ちの良いロードバイク(自転車)走行です。 ふと、傍らにオレンジのキツネのカミソリが目に飛び込んできました。例年より1週間 [続きを読む]
  • ハンゲショウの?葉が始まってしまいました。
  •  娘のチビちゃんたちとの秘密基地生活・・・7月31日から8月4日。その間の水遣りを本当に心配しました。 これでもかという具合の水を用意したにも関わらず、横浜に戻りますと、もうカラカラ状態です。ハンゲショウは水を好みますので、腰水として大きな鉢皿を用意し、たっぷりの水を用意しましたが、焼け石に水のごとしでしたね。 哀れにも・・・いじけた状態です。ダメ元で、昨日、たっぷりの水を・・・。 今朝、そのハンゲ [続きを読む]
  • オミナエシの黄色が眩しい。
  •  1m以上もの背丈となるオミナエシ(女郎花 Patrinia scabiosifolia)、体温に迫るような気温の中、眩しいくらいの黄色を魅せます。秘密基地の庭は32℃。 しかし、砂漠のような乾燥地の環境になります。可哀想なくらい。私のいる間でも・・・と、水遣りをしますと、期待に応え、元気な姿を見せてくれます。 秘密基地のオミナエシには、背丈が20cm位の矮性のものもあり、どちらかと言えば、小さい方を、大事にしています。■女 [続きを読む]
  • 鮮やかな朱色が素敵なマツモトセンノウ。
  •  秘密基地に入っています。娘のチビちゃんたちとの秘密基地生活。もうほとんど、家来同然。 やっと一息付けそうです。 秘密基地の庭に目を向けますと・・・・。色鮮やかなマツモトセンノウが目に飛び込んできます。 鮮やかな朱色(オレンジ色)を見せるマツモトセンノウは山野草としては、あまりにも鮮やかすぎ山野草中心の庭では、ちょっと異質な感じもします。 花弁も大きく、あまりにも鮮やかな彩りを見せ、独特の正解を作 [続きを読む]
  • 白・ピンク・赤色のサルスベリ
  •  ミソハギ科のサルスベリ(百日紅=ヒャクジツコウ、Lagerstroemia indica)が、うるさいように咲き誇っています。 家の近くでは、園芸業者さんの畑にサルスベリの花を、たくさん見ることができます。サルスベリの花は一見可憐のように見えますが、この暑さの中、たくさんのフリルの付いた花弁がうるさく感じ、暑苦しくもあります。 白やピンクのものは、まだいいのですが、特に赤色のサルスベリはいけません・・・ね。暑苦しく [続きを読む]
  • ヒマワリ(サンリッチ)が台風にも関わらず、元気。
  •  台風12号が関東に迫っています。夕刻から夜半にかけて、大変いなるようです・・・ね。 午前中は時折、薄日が差してくるような天気で、あたかも台風が逸れてしまったかのような錯覚にも陥ります。 雨が止み、明るくなった頃合いを見つけ、デジカメを持ち出しました。お目当ては、家庭菜園の畑。 お隣さんが、いろいろな花を野菜と一緒に育てているものです。余り大きくないヒマワリ・・・・サンリッチという小ぶりなものです [続きを読む]
  • メガネツユクサがいっぱい出てきました。
  •  昨年、散歩道で見つけ一茎、持ち帰り、挿し木で育てていた『白い覆輪のツユクサ』・・・メガネツユクサが、今年になって、その付近から、たくさん出現してきました。 最初、単なるツユクサと思っていたのですが、ここに来て、花を付けてきましたので、それが皆、覆輪の物であることがわかり、びっくりです。 恐るべし、ツユクサの増殖。あちこちから覆輪のツユクサが出現してきましたので、嬉しさ半分、少し、困惑しています。 [続きを読む]
  • 暑さにも負けないヒャクニチソウ(ジニア Zinnia)
  •  ここのところの猛烈な暑さで、植物たちも閉口している様子となってきていますが、ヒャクニチソウ(ジニア Zinnia)がやけに元気です。もちろん、水遣りは夜になってからたっぷり。 夕暮れ時にやりますと、土の暑さのため、水遣りした水がお湯のようになってしまうので、根が茹で上がってしまいます。プランター栽培や鉢栽培のような小さな環境下では、もろにそのような影響が出てしまい、植物たちが一気に元気がなくなります。 [続きを読む]
  • 暑い暑いと言っても・・・Hotなコーヒーを。
  •  少し・・・暑さが和らぎ始めました。 そんな時、コーヒー好きなものにとって、アイスよりHotなコーヒーに目が行きます。やはり、夏といえどコーヒーはHotです。 で、キッチンに籠もり、コーヒー生豆の焙煎に取りかかりました。今回はパナマの生豆。 パナマと言えば、ゲイシャが有名どころですが、Panama san sebastian農園の豆はバルー火山の麓で、同じ火山性土壌のマンデリンに似たこくのあるフレーバーなコーヒーと聞きま [続きを読む]
  • 知り合いの畑・・・ゴーヤが弱々しく。
  •  気持ちの良い朝を迎えました。気温26℃(午前6時)です。吹く風も気持ちの良いものです。 昨日は、この気温よりも10℃も高い気温、もう何もしたくありません・・・ね。カルフォルニアでは52℃とか、もう想像できません。地球規模で狂っていると思うと、恐怖にも思えてきます。 知人の畑のゴーヤに元気がありません。昨年と比べますと、一回り小さな実が付いています。 黄色の小花も、見るからに元気がありません。熱帯アジア [続きを読む]
  • INFO BREITLING が届きました。いつもくすぐられます。
  •  スイスの機械式時計を作り出す、知る人ぞ知るBREITLING(ブラトリング)。大好きな時計メーカーです。 その中でも、NAVITIMER(ナビタイマー)は最も大切にしている機械式時計です。そのBREITLINGから年に、数回のお便りとINFO BREITLINGという素敵な雑誌が届きます。 その素敵な機械式時計の画像を見るたびに、沸々と物欲が湧き出てしまいます。困ったものです。新宿や表参道のショールームに足を運んだりと、気分転換にはい [続きを読む]