KITAHO さん プロフィール

  •  
KITAHOさん: KITAHOのデジカメ散歩
ハンドル名KITAHO さん
ブログタイトルKITAHOのデジカメ散歩
ブログURLhttp://kitaho321.blog25.fc2.com/
サイト紹介文山野草 原種バラ 山里生活 甲斐駒ヶ岳 ガーデニング 八ヶ岳南麓 秘密基地 一眼レフ 
自由文横浜と八ヶ岳南麓での2地域居住をしています。好奇心を誘うものや山野草、ガーデニングが大好きで、デジカメ片手に歩き回っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供780回 / 365日(平均15.0回/週) - 参加 2015/04/01 15:04

KITAHO さんのブログ記事

  • 自生種のリンドウ、秘密基地での開花。
  •  素朴の中にも凜とした美しさのあるリンドウが好きです。特に、名も無い秘密基地敷地内での自生種のリンドウ。大切にしていますが、花弁がパッとしません。 今年の雨続きの、天候の悪さも影響しているのか?ブルーの彩りも、今年は冴え渡っていません。 しかし・・・・リンドウの顔を見せてくれるだけ、嬉しいです。■自生種のリンドウ [続きを読む]
  • Sun Catcher サンキャッチャーの美しいレインボウカラー。
  •  太陽高度の低くなるこれから、キッチンに吊したクリスタルなSun Catcher サンキャッチャーに光が差し込みやすくなります。 Rainbow Makerと言われるSun Catcher サンキャッチャーは秘密基地では癒やしの光を作り出してくれます。娘のチビちゃんたちや、秘密基地に訪れる方たちが一様に驚くリアクションを見せてくれます。 Sun Catcher サンキャッチャーから飛び出すようにして現れる虹色は、いつ見ても素敵なものです。中学生 [続きを読む]
  • ミョウガの果実ってご存じ???
  •  お昼過ぎ頃から、雨も止み、薄日も差してきましたので、少し雑草取りなどしようかと、ミョウガの周辺の雑草を取っていました。すると・・・大きなミョウガがまだ出ているのを発見、これはラッキーと収穫していますと、真っ赤な色鮮やかな、どちらかと言えば、ちょっと毒々しい感じのものが目に入りました。 ミョウガの花ではなく、確実に果実です。ミョウガに果実が付くなど、初めて知りました。 調べてみますと・・・・湿度98 [続きを読む]
  • 原種バラ苗の引き取り・・・姫野バラ園。
  •  八ヶ岳山麓の高原地帯に位置する『姫野バラ園』は親しくさせて頂いているナーセリーの一つです。原種バラの在庫もいくつかあり、ワクワクするナーセリーです。 今回は、秘密基地の原種バラ、テッポウ虫やカミキリによって枯れさせられたものの入れ替えです。 ローズヒップの美しいRosa.glauca、大切に大切に育て、大きくなったと思ったら、夏場にやられてしまいました。元気がないなぁと、株元を見て見ますと、案の定、カミキ [続きを読む]
  • 落ち葉・・・・雨の秘密基地。
  •  今日も雨、朝から雨が降っています。予報では洗濯日和になるでしょうと、あったのですが・・・・・・。 秘密基地のシンボルツリーのミドリヤマザクラの落葉が始まりました。リビング前のデッキにも・・・芝生のところにも落ちてきています。 鮮やかな彩りもありますので、艶々しています。これも雨のなす技ですね。■デッキの落ち葉・・・意外に美しいものです。■デッキ前の芝生の庭に落ち葉■ふと見れば・・・・ローズヒップ [続きを読む]
  • 黒花ヒキオコシに付いた水滴
  •  今日は一日雨模様となりそうです。早朝から庭を歩き回っていますが、黒花ヒキオコシについた小さな水滴が、妙に可愛く写ります。 ファインダーの中に、ふと、赤く色づいたキヅタを見付けました。雨に濡れ、鮮やかな色合い、特に赤色の鮮やかさには驚きと共に、秋模様の季節を実感しました。■黒花ヒキオコシに付いた水滴の可愛らしさ・・・・。■キヅタの紅葉を見付けました。  赤色の鮮やかさ、秋模様が始まりましたね。(ヤ [続きを読む]
  • ダルマホトトギスというホトトギス。
  •  面白い名前を持ったホトトギスを4年ぐらい前に購入し、育てています。その特徴として、葉にあるらしいのです。大きく広い葉を展開し、普通種のホトトギスより、ずいぶんと小さな矮性と言うことです。 このようにずんぐりとしたぽっちゃりスタイルの葉姿から『達磨・だるま』とネーミングされたと聞きます。 白花ホトトギスのように、こぼれ種で爆発的には増殖しませんので、長年栽培していても苦にならないホトトギスです。■ [続きを読む]
  • 秘密基地のコウヤボウキは花盛り。
  •  先日、横浜での雑木林でコウヤボウキの一番花を見付け、アップしていました。 秘密基地に入りますと、見事なまでに成長したコウヤボウキにたくさんの花を開花させている姿に出会いました。横浜で開花した柏葉ハグマの花とは華やかさが違いますが、輪数が格段に違います。 秘密基地に植栽したコウヤボウキは環境がバッチリと合ったのでしょうね。年々、株が大きくなり、まさに箒(ほうき)のような状態となってきています。 こ [続きを読む]
  • ミヤコワスレのブルーが美しすぎ。
  •  ミヤコワスレの増え方が凄まじい。しかし、この増え方は嬉しすぎです。 ヨメナの様な感じもしますが(ミヤマヨメナの園芸品種ですね。)、ブルーのグラデーションを作り、美しい光景を演出してくれます。ミヤコワスレは、開花株(秋咲きのもの)を購入し、4年目を迎えるものですが、2倍・4倍.16倍・・・・そんな増え方です。 小菊のように庭の片隅を豪華に飾ってくれています。■秋咲きのミヤコワスレ(キク科  Gymnaster sa [続きを読む]
  • 秘密基地に入りました。
  •  小雨の降る中、中央高速は思いの外空いていました。しかし・・・ねぇ。トラブルというのは気が付かないうちに忍び寄るものですね。 それは・・・中央高速に乗る前に、ブレーキシステムの異常を知らせる警告灯が点灯してしまい、これは高速を走ることが出来ないと、急いでディラーへと、バックしました。 営業の方は八ヶ岳に向かう私のことを気遣い、手早く手配し、待っていてくれました。 点検の結果、センサー異常だけと言う [続きを読む]
  • 柏葉ハグマの実生にチャレンジしてみたい。
  •  先日から、柏葉ハグマ(キク科 コウヤボウキ属 Pertya robusta)の好奇心を誘うような花容が気に入り、Blogに載せてきました。 今、残りの蕾も開花し、全開模様となりました。集合花・・・計5つが、美しく開花中。この造形が気に入りました。    この花を見ていますと、実生にチャレンジしたくなりました。 種の出来る頃合いを見計らって、種を採取したいですね。■柏葉ハグマ・・・美しく開花。 [続きを読む]
  • 黄色の実を付けるガマズミ。
  •  ガマズミと言えば、通常、美しい赤い実をたくさん付け、秋模様の一端を担ってくれる雑木です。 しかし、黄色の実を付けるガマズミがあるのですよね。とても珍しいので、出会うことは希(まれ)です。キミノガマズミ(Viburnum dilatatum f. xanthocarpum)と言ってスイカズラ科、 レンプクソウ科とも言われたり、希少な雑木です。 最初にこのガマズミに出会いますと、黄色の実を見て、これから赤色にナルのかなぁ・・・と、リ [続きを読む]
  • カツラの黄葉が始まりましたね。PINARELO PRINCEで。
  •  大妻女子大・多摩キャンパス近くの公園には、立派なカツラの樹が何本もあります。尾根幹(南多摩尾根幹線)を自転車で走る際に、長池公園に寄ったり、またこのカツラの木に出会うために公園に寄ります。 今日の夏のような暑さの中、カツラの黄葉が始まっているのかな?と、立ち寄りました。ちょうど、幕開けのような感じで、黄葉が始まっていました。 明日からの低温で、さらに加速度的な黄葉となっていくことでしょうね。今日 [続きを読む]
  • まだ・・・素敵なブルーの花を魅せるクコ。
  •  幹線道路の歩道の脇を何気なく見ますと、もう、ちらほらと赤い実の見られる頃ですが、クコのブルーの花を見付けました。足を止め、藪の中に身体を入れ込み、デジカメで撮影してきました。 ナス科のクコ(Lycium chinense)は、中国から日本原産の落葉低木で、晩秋には、透明感のある宝石のような赤い実を付けます。乾燥した実は、よく杏仁豆腐の上などにちょこんと乗っていますよね。 果実も素敵なのですが、小さなブルーの花 [続きを読む]
  • 数の子みたいな花を付ける・・・・トウゴマ。
  •  いつもの散歩道の、畑の一角に茎の赤くなるオクラのような植物があり、好奇心を誘います。トウゴマと呼ばれる北アフリカ原産の一年草です。 名前のトウゴマ(Ricinus communis)は唐胡麻。      名前からわかります・・・ね。中国経由で日本に導入されたものです。 種子から得られる油はひまし油として、流通しました。ヒマシ油は固まりにくいと言うこともあり、機械の潤滑油としての需要があります。 現在は花材として [続きを読む]
  • 西洋カマツカの赤い実。
  •  樹木の赤い実が、彼方此方とみられるようになりました。この時期の赤い実は、秋模様のワンポイントとして素敵ですね。 北アメリカ東部原産のバラ科の落葉低木、西洋カマツカが、赤い実をいっぱいに付け、美しい姿を見せています。■西洋カマツカ(西洋鎌柄 Aronia arbutifolia ) [続きを読む]
  • 野ブドウの素敵な彩り。
  •  最近めっきり、野ブドウの姿を見かけなくなりました。 秋の野ブドウは、実の彩りの美しさははとても素敵なものです。瑠璃色の実を始めとし、そのグラデーションを作り上げるような変化を見せる、実の彩りの美しさはいつもの楽しみです。 野ブドウの実を見付けますと、宮沢賢治の『めくらぶどうと虹』という作品を思い浮かべます。また、めくらぶどうと言うのは東北地方の言葉で、野ブドウのことです。 そのいわれが、野ブドウ [続きを読む]
  • 2ヶ月以上も開花し続けるラン・・・・ニューギニアのラン。
  •  ニューギニアの原種ランにDen.bracteosum Albaum ’ Rin ’というのあります。8月に開花のことをアップしたのですが、未だに開花中ですので、再度アップします。 ランは虫媒花と言って、虫による受粉がされます。ですから、花の開花というのは重要なことです。2ヶ月も3ヶ月も開花していると言うことには何か理由があってのことでしょう。 健気(けなげ)にも、お目当ての虫をじっと待ち続けているのでしょうね。巷には一夜 [続きを読む]
  • Queen Elizabethと言うバラ。
  •  1954年、アメリカで育種されたQueen Elizabethと言うバラ。もう横浜の家では30年にわたり君臨しています。 このバラはウチの奥さんのリクエストで、庭に植え込んだものです。とにかく、驚くほどの強健で、薬剤散布どころか肥料すら気の向いた時に与えるといったずぼら栽培が出来るバラです。 また、四季咲き性の特徴を持って居ますので、年がら年中、開花してくれますので、家の中の花瓶はいつもこのバラが居ることとなります [続きを読む]
  • クランベリー(Cranberry)が不作。
  •  横浜の家ではクランベリー(Cranberry)を鉢栽培しています。30cmクラス鉢も2つに増やせ、腰水栽培をしています。クランベリーは挿し木が出来、毎年増やしていくことが楽しいものですね。培養土はピートモス+硬質鹿沼土に赤玉土を2割等混ぜて、使っています。また肥料はバイオゴールド、ちょっと豪華な肥料ですが、具合が良く、蔓状に伸びていく茎は1m以上もの生長をしてくれますので、ワクワクしてきます。 このクランベ [続きを読む]
  • 釣り糸が垂れる?・・・・・クサナギオゴケの果実。
  •  どうしても釣り糸が垂れているような錯覚にもなるクサナギオゴケの果実。その果実がウキの様に見えてしまうのです。 この果実はこれからが楽しみなのです。この果実の中には綿毛を付けた種子がいっぱいに詰まっています。 その綿毛をつまんで、風の中に飛ばしますと、一斉に落下傘が・・・・と、言うように楽しむことが出来るのです。今から楽しみにしているのです。■キョウチクトウ科のクサナギオゴケ(Paeonia obovata)の [続きを読む]
  • ノイバラのローズヒップが美しく。
  •  野に咲く、ノイバラ・野バラ(Rosa multiflora)のローズヒップが美しく色づいて来ましたね。 白い素朴な花弁を見せるノイバラは香りも素敵で、侮れない野草の一つです。中流域の河原にはおびただしいほどのノイバラの群落を見付けることがあります。 今まさに、そのノイバラ群落に、ローズヒップが色づき、美しい景観を作り上げています。そっとして欲しいのですが、重機が入ったりして、あっという間に河川が美しく?なって [続きを読む]
  • キンモクセイの香りが朝夕に・・・。
  •  どこからともなく、甘く素敵な香りが漂います。ウチの狭い庭のキンモクセイです。 この香りがしてきますと、秋の実感がしてきます・・・ね。昨日までの長袖を着込んでいたのが嘘のような、今朝の暖かさ。半袖で充分すぎるくらいです。 モクセイ科のキンモクセイ( Osmanthus fragrans var. aurantiacus)は、柔らかそうなオレンジ色をした小花をたくさん付け、花としては鑑賞価値がほとんどないものの、香り・・・フラグランス [続きを読む]
  • コウヤボウキとは別次元の美しさ・・・柏葉ハグマ。
  •  昨日、柏葉ハグマの開花し始めの画像をアップしました。 今朝の柔らかな陽光に照らし出された柏葉ハグマの姿に驚き、もう夢中になってシャッターを切りました。コウヤボウキとは別次元の美しさを魅せているではありませんか。 知人が、地味な花ですが・・・と、話していたことが、嘘のように思います。私にとって、素朴な花ながら、好奇心を誘う花、じっと見ているだけで、とても美しいと感じます。■柏葉ハグマ(Pertya robus [続きを読む]