オイレン さん プロフィール

  •  
オイレンさん: オイレンのラノベもどき置き場
ハンドル名オイレン さん
ブログタイトルオイレンのラノベもどき置き場
ブログURLhttp://oirenw.hatenablog.com/
サイト紹介文私が書いているライトノベル(もどき)を置いています。
自由文とりあえず、月〜土更新で書いております
今現在書いているのは
カードゲームライトノベル Wカードになります
内容はカードゲーム冒険譚となっております
ぜひ見に来てください
よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供426回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2015/04/01 23:33

オイレン さんのブログ記事

  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!08
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!08 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「わかったぜ、答えは王水だ!」 「わかった、答えは王水だ!」 「わかったよ、答えは王水!」 「王水?」 カンテーラがいきなり言ってくる 「濃塩酸と濃硝酸を混ぜた液体の事、ってネットで見たぜ!」 「金属を溶かす時に使うって」 「人体にとっても有害だから、飲んだら喉がどうこうじ [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!07 妖魔版
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!07 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「よっと!」 不意に体が誰かに抱え持ち上げられ、爆発からかわされる 「あらあら、ダメよ、ちゃんと仕事しないと・・・」 「悪かったな、爆音で目が覚めたのさ」 俺を抱えていたのは・・・カンテーラ! 「おい、お前、大丈夫なのか?!」 「ああ、もうすっかりな」 と思ったが、 [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!07
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!07 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「よっと!」 不意に体が誰かに抱え持ち上げられ、爆発からかわされる 「あらあら、ダメよ、ちゃんと仕事しないと・・・」 「悪かったな、爆音で目が覚めたのさ」 俺を抱えていたのは・・・カンテーラ! 「おい、お前、大丈夫なのか?!」 「ああ、もうすっかりな」 と思ったが、マントの [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!06 妖魔版
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!06 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  振り子が過ぎ去った後、兎白はそこにはいなかった・・・ように見えた 「た、助かった〜」 聞こえた声は平均台の方、そこに兎白がへばりついていたのだ、 何のことはない、 炎と熱気の揺らぎでよく見えなかったが、平均台に近づいた振り子と通路の間には実際、俺達が這って通れるだけ [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!06
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!06 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  振り子が過ぎ去った後、兎白はそこにはいなかった・・・ように見えた 「た、助かった〜」 聞こえた声は平均台の方、そこに兎白がへばりついていたのだ、 何のことはない、 炎と熱気の揺らぎでよく見えなかったが、平均台に近づいた振り子と通路の間には実際、俺達が這って通れるだけの隙間が [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!05 妖魔版
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!05 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「今のは一体・・・」 「ダメージ描写だよ」 前まで戻って来ていた、バーンウルフに憑依したカンテーラが答える 「戦闘を行う場所で戦闘を行うカードがこちらにしかなく、相手に無い時、相手にダメージが行くのさ」 「で、ダメージを受けたから、こうやってライフカードを一枚取って [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!05
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!05 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「今のは一体・・・」 「ダメージ描写だよ」 前まで戻って来ていた、バーンウルフに憑依したカンテーラが答える 「戦闘を行う場所で戦闘を行うカードがこちらにしかなく、相手に無い時、相手にダメージが行くのさ」 「で、ダメージを受けたから、こうやってライフカードを一枚取って手札にし [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!04 妖魔版
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!04 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「カンテーラ・・・?」 「ダブモン・・・?」 「案内屋、さん・・・?」 俺、兎白、鼓動、それぞれが感想を漏らす 「ま、色々聞きたいことあるんだろうけど、それはおいおい説明していくとして・・・」 あ・・・ 「なぁ、案内屋だったら、ここの出口とか知ってんのか?」 「ああ [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!04
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!04 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「カンテーラ・・・?」 「ダブモン・・・?」 「案内屋、さん・・・?」 俺、兎白、鼓動、それぞれが感想を漏らす 「ま、色々聞きたいことあるんだろうけど、それはおいおい説明していくとして・・・」 あ・・・ 「なぁ、案内屋だったら、ここの出口とか知ってんのか?」 「ああ!」 「 [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!03 妖魔版
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!03 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「私は、ティングレイの戦闘後効果を発動、これにより、スマッシュカードがチャージゾーンにもう一枚存在する扱いとするわ」 吹っ飛んだティングレイの体から光の球が放出、女神の左肩横に付く 「それに何の意味があるんだよ?」 「まぁまぁ、それはやってみてのお楽しみよ!さ、まず [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!03
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!03 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――「私は、ティングレイの戦闘後効果を発動、これにより、スマッシュカードがチャージゾーンにもう一枚存在する扱いとするわ」 吹っ飛んだティングレイの体から光の球が放出、女神の左肩横に付く 「それに何の意味があるんだよ?」 「まぁまぁ、それはやってみてのお楽しみよ!さ、まずはリチャージ [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!02 妖魔版
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!02 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  左右に木々並ぶ暗い裏山の夜道、俺達三人は、ひっそりと家を抜けだして、その頂上に向かっていた・・・ 「なぁ、本当にあるのかよ?その幽霊城、なんていうのが・・・」 俺が思わず前後にいるのそれぞれ少し背の高い、少し横幅のある二人に問いかける 「さぁな、でもさ、面白いだろ、 [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!02 妖魔版
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!02 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  左右に木々並ぶ暗い裏山の夜道、俺達三人は、ひっそりと家を抜けだして、その頂上に向かっていた・・・ 「なぁ、本当にあるのかよ?その幽霊城、なんていうのが・・・」 俺が思わず前後にいるのそれぞれ少し背の高い、少し横幅のある二人に問いかける 「さぁな、でもさ、面白いだろ、 [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!02
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!02 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 左右に木々並ぶ暗い裏山の夜道、俺達三人は、ひっそりと家を抜けだして、その頂上に向かっていた・・・ 「なぁ、本当にあるのかよ?その幽霊城、なんていうのが・・・」 俺が思わず前後にいるのそれぞれ少し背の高い、少し横幅のある二人に問いかける 「さぁな、でもさ、面白いだろ、日本なのに [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!01 妖魔版
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!01 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「初めまして、私がラスボスよ」 緑の草原の小高い丘、そのてっぺんに生える大木の前で、どこかやわらかい雰囲気をたたえた場所、 その前で、俺は尻もちをつき、佇み、目の前の優しげで暖かな女を見ていた、 波打つ金の髪に優しげな青の瞳、肌は白磁のように白く、 背中に生えるは大 [続きを読む]
  • ダブモン!ダブルカードモンスター!!01
  •  ダブモン!ダブルカードモンスター!!01 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「初めまして、私がラスボスよ」 緑の草原の小高い丘、そのてっぺんに生える大木の前で、どこかやわらかい雰囲気をたたえた場所、 その前で、俺は尻もちをつき、佇み、目の前の優しげで暖かな女を見ていた、 波打つ金の髪に優しげな青の瞳、肌は白磁のように白く、 背中に生えるは大きな純白 [続きを読む]
  • Wカードページ一覧 Vol3.EX01
  •  Wカードページ一覧 Vol3.EX01 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 1:始めに2:各話へのリンク3:各種SNS ランキングサイトへ4:各話全パートへのリンク5:Wカード販売ページへのリンク6:その他禁止事項など ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 1:始めに  よろしくお願いします http://oirenw.hate [続きを読む]
  • EX全パートへのリンクVol1.00
  •  EX全パートへのリンクVol1.00 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― EX全パートへのリンク 上下で同じパートが付いているのは上がカード無し版、下がカード有り版ですnが無し版、aが有り版です WカードEX PCDF WカードEX PCDFの1nはこちら http://oirenw.hatenablog.com/entry/wcard-ex-pcdf1-nWカードEX PCDFの1aはこちら http:// [続きを読む]
  • WカードEX PCDF/23
  •  WカードEX PCDF23 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「打ち倒しちゃったけど・・・」 ギャラクシーが壁に倒れ、 「言った通り、私は思念の存在だ、命など持っていないのだよ、だが、まさか、この私を倒すとは・・・」 僕達四人の前で、ギャラクシーの残骸が、その声を響かせる 「だが、覚えておくがいい、恨みは消えない、今回は私が戦ったことで、恨みの念が [続きを読む]
  • WカードEX PCDF/22 妖魔版
  •  WカードEX PCDF22 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「まだ終わってないよ?」 「そうだね、終わってない・・・」 「ああ、終わってない」 「ああ、終わってないぜ」 「なんだと・・・?」 ギャラクシーが僕らの方を見据える 「ライフカードが0枚になってもまだとどめは刺されていない・・・」 「爪が甘いというかね・・・」 「ライフカード0枚 [続きを読む]
  • WカードEX PCDF/22
  •  WカードEX PCDF22 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「まだ終わってないよ?」 「そうだね、終わってない・・・」 「ああ、終わってない」 「ああ、終わってないぜ」 「なんだと・・・?」 ギャラクシーが僕らの方を見据える 「ライフカードが0枚になってもまだとどめは刺されていない・・・」 「爪が甘いというかね・・・」 「ライフカード0枚は敗北じ [続きを読む]
  • WカードEX PCDF/21 妖魔版
  •  WカードEX PCDF21 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「まず、私は、銀河連弾 〜ギャラクシーバニッシュ〜を発動!!その厄介な補助アームとサポートエナジーを山札に戻し、山札の上二枚をチャージゾーンに置いて、シャッフル!」 名前:銀河連弾 〜ギャラクシーバニッシュ〜種類:S スマッシュ コスト:1効果の発動タイミング:戦闘後効果の発動条 [続きを読む]
  • WカードEX PCDF/21
  •  WカードEX PCDF21 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「まず、私は、銀河連弾 〜ギャラクシーバニッシュ〜を発動!!その厄介な補助アームとサポートエナジーを山札に戻し、山札の上二枚をチャージゾーンに置いて、シャッフル!」 僕の方に光り混じりの銀河風が吹き荒れ、チャージゾーンの二枚のカードが山札の下に移動し、 続けてリバウンドの様に吹いた逆側の [続きを読む]
  • WカードEX PCDF/20
  •  WカードEX PCDF20 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「どこを見ている?」 と、いつの間にか奴は宙に浮き、攻撃の範囲外にいた 「いつの間に、次こそは」 三者、それぞれ剣と拳を構え、そいつに向かい 「もうその必要はない!、なぜなら・・・」 なぜなら・・・? 「ここに勝利者四体が揃ったからだ!!」 そいつが部屋の中央に飛び、右手を振り上げる!  [続きを読む]
  • WカードEX PCDF/19 妖魔版
  •  WカードEX PCDF19 妖魔版 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  「まずは・・・」 皆で、何も置かれていないチャージゾーンに向かい・・・ 「リチャージ!!」「リチャージ!!」「リチャージ!!」 「リチャージ・・・!!」 山札の一番上のカードを右手で引いて、 「ドロー!!」「ドロー!!」「ドロー!!」 「ドロー・・・!!」 げっ!手札ほとんど変わ [続きを読む]