LOVEはなまき通信 前 花巻市議会議員 照井雄一ブロ さん プロフィール

  •  
LOVEはなまき通信 前 花巻市議会議員 照井雄一ブロさん: LOVEはなまき通信 前 花巻市議会議員 照井雄一ブロ
ハンドル名LOVEはなまき通信 前 花巻市議会議員 照井雄一ブロ さん
ブログタイトルLOVEはなまき通信 前 花巻市議会議員 照井雄一ブロ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yuichi-terui
サイト紹介文岩手県花巻市の前市議会議員・照井雄一です。 人任せにしない政治、まちづくりを先送りさせないための活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/04/02 19:06

LOVEはなまき通信 前 花巻市議会議員 照井雄一ブロ さんのブログ記事

  • 政策本位の政治を目指して
  • 衆議院選挙もまさに佳境に入ってきた。果たしてどのような選択がなされるのか。あなたは、政党や候補者を選ぶ時、何を基準に選びますか。ある一定の資料や演説、選挙広報などから政党や候補者の考えを知り判断の材料にするるのが一般的。しかし出来れば印刷物だけではなく、直接候補者から政策を聞きたいものだ。その一つの手段として公開討論会があり、中央では各党の党首や代表によるテレビ中継などを通じて各党の政策を聞くこと [続きを読む]
  • 衆議院選挙2017
  • 衆議院選挙2017がいよいよスタート。12日間の舌戦が始まった…。今なら勝てると、大義なき解散。様々批判はあるが、始まったからには、真摯に受け止めるしかない。衆議院議員の任期は、4年。参議院議員は6年と決まっている。これは、絵に描いた餅か…。先ずは、任期を全うし、実績と新たなビジョンと政策を示し、真を問うべきだ。衆議院選挙は、政権選択選挙。国民にとって重要な選挙だ。どうせ変わらない、そもそも関心ないな [続きを読む]
  • ゆとりある仕事、暮らし
  • 個人の消費や働き方改革の一環として、政府や経団連が今年2月に導入したプレミアムフライデー。 その成果や如何に…。民間機関の調査によれば、その認知度は、94%。殆どの人が知っている。しかし、実際その制度を導入している企業や団体は、僅か7.2%だという。導入から半年経って、結果は1割にも達していない。制度が実態を伴っていない現状が明らかになった…。予想されたこととは言え、政府では、早くも制度の見直しを検討し [続きを読む]
  • 市民団体活動の課題
  • 花巻市では、市民団体の活動を資金面から支援する事業を行っている。これは、市民団体にとっては大変有り難いことだ。市内には沢山の市民団体があるが、一部の団体を除けば、その殆どの組織は脆弱で永続的に活動していく為には課題も多い。しかし、民間団体の社会に果たすべき役割は実に大きいものがある。故に、課題は多かろうが、その存在感を増す為の方策を見い出したいものだ。先ず第一に、課題は何か… [続きを読む]
  • 花巻市議会9月定例議会
  • 昨今、各地で政治家の失言、暴言、失態が相次ぎ、政治への信頼が揺らいでいる。そんな今こそしっかり足元に目を向け、政治に関心を持つことが必要です。議会は、何のためにあり、何をしなければならないのかと云う観点からどういう議員を選ぶべきなのか…。信頼出来る出来ないと言っても仕方ない。議員は、有権者が選ぶもの。だからこそ単に、地縁、血縁、地元だからと選んでいては政治の本質は何も変わらず、本当に相応しい議員も [続きを読む]
  • 東京都議会議員選挙に寄せて、その行方
  • 東京都議会議員選挙がいよいよ今日、投開票の日を迎えた…。 本来、東京都民の問題であって地方の庶民の預かり知らぬこと。しかし、こと首都決戦となり、連日これ程マスコミで取り上げられれば否が応にも関心は高まるばかりだ。結果は、今夜分かることだが都民ファースト大勝、自民惨敗、民進壊滅…公明堅実、共産堅調、その他野党は伸び悩みといったところか…。ただ如何にも残念なのは、政策論議より、足の引っ張り合い、中傷 [続きを読む]
  • 今、政治に大切なこと
  • 政治家は、誰でも世の中を変えていきたいと思っている。しかし、決して、自分を変えようとはしない。そこが、大きな問題だ。妄想ではなく、実感出来る政治を…。改革を語ることは誰にでも出来る。私にも出来る…。しかし、改革を夢に終わらせないのが本物の政治家だ。今、変わるべきは政治家そのものである…。政と官の在り方も同時に問われている。昨今の政治を見るにつけ不可解、不透明で、不信感が募るばかりです。庶民感覚とか [続きを読む]
  • まちづくりを楽しもう…?? 頑張りはちゃんと伝わるから
  • まちづくりは、喧嘩しながら、眉をひそめながらやるものでない。楽しみながらやるものだと思っています…。何故なら、まちづくりは今日やったからといって、明日叶うものではないからです。10年20年と時間が掛かるものだからです。途中で諦めるから、挫折とか失敗ということになる。時間を掛かるから、成功に近づく。時間が掛かるということはつまり、まちづくりは子や孫の為にやることになります。長年やっていると、とかくマン [続きを読む]
  • 「市民が起こした奇跡…??」
  • 映画??「ネクタイを締めた百姓一揆」の完成上映会まで一ヶ月となった。この映画は、日本初の新幹線請願駅「新花巻駅」設置運動を巡る市民が起こした奇跡の物語である・・・??。昭和46年10月、当時の日本国有鉄道は東北新幹線東京・盛岡間の工事実施計画を発表したが、岩手県の停車駅は、盛岡、北上、一関の3駅で、「花巻」の名前はなかった…。その時の花巻市民の驚きと衝撃はとても大きかった。この映画は、その新幹線駅 [続きを読む]
  • 【花巻市の財政】
  • 花巻市発行の小冊子【花巻市の財政】わかりやすく解説花巻市民として、やはりこれは一度は目を通しておきたいですね。市政参加は、まず現状を知ることからです。人口減少、少子高齢化時代の花巻の財政は、健全か…。概要だけでもご覧頂けたら幸いです。行政は、小まめに様々な情報を市民に提供している。しかし、こういう情報、案外関心もなく、見てもらえません…。日頃から市政に関心を持つことは大切です。 全て、皆様の税金 [続きを読む]
  • 出会い、ふれ合い、学び合い…????
  • 【果報は、動いて待て…。】出会い、ふれ合い、学び合い。今日は、Facebook仲間のドキドキわくわく楽しい集いを開催させて頂きました。年度末でもあり、皆さん忙しく少人数でしたが大いに飲み、食い、楽しい有意義な語らいの場となりました。新たな出会いと素晴らしいご縁に感謝致します。Facebookという一つの媒体から出来た小さなご縁ですが大きな絆にしていけそうです。皆んなそれぞれいろんな人生歩んで来たんですよね。誰で [続きを読む]
  • 繋がりの大切さ??
  • 今、FacebookやLINEをはじめ、世の中のSNSの広がりは驚異的なものがある。もはや、インターネットに繋がらなければ話にならないほどだ…人的交流にしても、商売にしても、ネットなしには考えられない。まさに、繋がりの時代。繋げることが最低条件になっている。自らが発信する情報で、その繋がりは拡大していく。知っている人はもちろん、知らない人とも大きな輪が出来ていく。交流を通じて信頼関係が生まれ、お互いを応援し合 [続きを読む]
  • 花巻市の課題について????
  • 新年にあたり、花巻市の課題と今後の取組みについて改めて考えてみたい。以下箇条書きにしてみる。  観光  1.温泉に偏りがちな観光客を中心市街地へ誘導する手立てを。中心街の魅力創出と交通網。       2.賢治の世界観を体感出来る環境の整備。もっと各分野でのこだわりが必要。       3.賢治だけではない魅力、新しい花巻ブランドの開発。体験型観光。       4.観光と商業、農業、工業など各 [続きを読む]
  • 新年明けましておめでとうございます
  • 新年明けましておめでとうございます。旧年中は皆様にひとかたならぬお世話になり誠に有難うございます。昨年も公私共に様々ありましたが、元気に一年を過ごすことが出来ました。毎日反省ばかりの連続ですが、今年もコツコツ地味に頑張って参りたいと思います。本年もなお一層のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。皆様にとりまして最良の一年でありますように。 [続きを読む]
  • 自然の摂理に従うということ(先輩との昼食にて…)??
  • 久々の投稿になりました。今日先輩と昼食を共にしたのですが、興味深いお話だったので、ここで少し触れておきます。その方は、俗に言う商売人として成功している方です。景気の良し悪しなど何のその・・・。着実に目標を達成し成果をあげている。成功の鍵とはいったい何なのか・・・。彼曰く、商売は簡単、人生は単純。稼ぐ人になるための明快なハウツーを持っていた。人生成功の道には、さまざまなアクセス方法があるだろうが、時 [続きを読む]
  • 市街地の元気を取り戻そう!
  • 近年花巻市ではコンパクトシティーの考え方のもと、中心市街地の活性化について言及してきたが新市長誕生以来、、あまり顕著な動きは見られない。商店街や住民の期待感が大きかっただけに、いささか残念な気がする。民間としての若干の動きはあるものの、市としての明確な構想までは見えてこない。財政難の中、打つ手は限られてくるが、先を見据えた住民から期待感が持たれるような政策を示して欲しいものだ。言い古された言葉では [続きを読む]
  • 首都東京決戦
  • 何かと話題豊富な東京都知事選挙。地元の首長選挙ではないものの、日本の首都東京の知事ならばやはり、関心は自ずと高くなる…。先の参議院議員選挙もそうだが、有権者は何を基準に選ぶのだろうか。2代続けて不祥事で辞任しているだけに、同じ鉄を踏むわけにはいくまい。結果として、そのような知事を選んだ都民にも大きな責任がある…。直近の世論調査によっても、一に政策、二に行政経験、三にクリーンさ、四に人柄となっている [続きを読む]
  • 消費税増税再延期について
  • 安倍内閣発足以来、国内景気は回復傾向にあると言われいるが、残念ながら、その実感は全くない。大都市や一部の大企業には、その恩恵があるのかもしれないが一般庶民、特にも地方には縁のない話だ…。折角の景気回復が国民生活に直結しないのは誠に残念と言わなければならない。そんな中出てきたのが、消費税増税論議。本来消費税は、年金や生活保護等の充実を進め、少子高齢化社会の国民生活の安定を図ろうというもの。しかし、諸 [続きを読む]