Justin Kaizuma さん プロフィール

  •  
Justin Kaizumaさん: ジンケン1000
ハンドル名Justin Kaizuma さん
ブログタイトルジンケン1000
ブログURLhttps://ameblo.jp/justin-sensei/
サイト紹介文今さら人に聞けない、政治、人権や、哲学・思想について。
自由文アメリカを拠点としているNPO法人 New Hope Foundation InternationalのCOOとして、現在ラスベガスで活動しています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/04/03 13:47

Justin Kaizuma さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • メディチ家に深入り!!〜メディアによる価値観の操作〜
  • 皆さん、こんにちはお元気ですか?最近は本当に世界の変動を感じさせられる事件が相次いで起きていますね。皆さん、それについてどのようにお感じですか?私はこのような時だからこそもう一度原点に返ることが必要なのではと思います。現在のように人や情報、お金も全て国境を越えやすいグローバル化された時代ですので、フランスのニースでのテロやトルコのクーデターなども対岸の火事とは言い切れません。このような世界情勢から [続きを読む]
  • メディチ家 (House of Medici) の10List
  • 皆さん、こんにちはお元気ですか?お久しぶりです。しばらく、講義などで忙しくなかなかブログが書けませんでした。カリフォルニアから帰り、久々にあった娘も嬉しそうに抱きしめてくれ、長い間離れていた分親子の関係が少し近くなったような気がします。長い間、ロサンゼルスにいたのですが湿気が多くて暑さに苦しみました。ラスベガスの方がもちろん熱いのですが、湿気がない分非常に楽です。日陰にいれば、基本的に気持ちが良い [続きを読む]
  • アルメニア人虐殺追悼100年記念を考える
  • 皆さん、こんにちはお元気ですか?つい先日、あのモハメッド・アリが亡くなりました。74歳の人生を閉じていかれました。彼はキリスト教からイスラム教に改心し、改名もされました。私の多くの黒人の友人たちは彼を惜しんで多くのことを語っていました。私の友人のマスタファさん(改名)はアメリカ生まれの黒人の方です。ミシガン州で育ちさまざまな経験を通過したのちに、キリスト教からイスラム教に改心しました。この方もかな [続きを読む]
  • 思想の変化による体制と自然状態の変化
  • 皆さん、こんにちはお元気ですか?私は今仕事でカリフォルニアに来ています。しばらく、南はサンディエゴから北はサンフランシスコまで周って行かなくてはならなくなりました。カリフォルニア州は恐らく第3番目に大きな州で面積の広さは日本と同じくらいあると思います。最近、中央カリフォルニアにあるストックトン市を通過しました。そこでは久々スキッドローと呼ばれる人々を見ました。歩道にテントを並べて生活している人たち [続きを読む]
  • 第一次世界大戦の深入り!!〜世界下克上の始まり〜
  • 皆さん、こんにちはお元気ですか?最近、また私は引越しをしました。環境はとても良かったのですが、大きな問題があったからです。なんと、家の中にサソリが入ってくるのです。実際2匹発見しました。ラスベガスは非常に暑いので、多くの家にはプールが付いています。また、外観をきれいにするためにパームツリーを移植します。それらはメキシコから持ってくる場合が多いようなのですが、そこにサソリの卵が残ったまま持ってくるこ [続きを読む]
  • 第一次世界大戦の10List〜バランスから作られる国際状勢〜
  • 皆さん、こんにちはお元気ですか?先日パナマ文書が公開されました。本当に世界経済が動いてますね。アングラマネー(アンダー・グランド・マネー)がこれからどれだけ公表されていくのでしょうか?パナマ文書によりイギリスが最も打撃を受けていますが、タックス・ヘイブンを利用する富裕層は最終的には北朝鮮やアメリカにお金を移動していくのではと言われています。実際、私の住むラスベガス、ネバダ州がタックス・ヘイブンであ [続きを読む]
  • アフリカ分割に深入り!!〜アフリカの独立から学ぶ日本の方向性〜
  • 皆さん、こんにちは如何お過ごしでしょうか?ラスベガスは、また最近雨がたくさん降りました。こちらはちょっとした雨でも道が洪水のようになります。もし、日本での様な雨が降ったら床上浸水をする家屋はものすごい数になるかと思います。これも砂漠気候が当たり前になってしまっている人々にとって雨の対策はあまりできていないのだなぁと感じさせれます。これも一つの感覚からくる判断基準ではないかと思います。今回は、アフリ [続きを読む]
  • 過去の記事 …