図工ランド日記 さん プロフィール

  •  
図工ランド日記さん: 図工ランド日記
ハンドル名図工ランド日記 さん
ブログタイトル図工ランド日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/zukoland
サイト紹介文図工ランドの課題を毎週ご紹介 http://www.enviro-sys.com/zukoland/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/04/03 21:24

図工ランド日記 さんのブログ記事

  • 海遊びの絵
  • 人を描くおえかき。今回は夏らしい外遊び、ということで、海やプールなど海に関係した人の活動を描きました。人を描くにあたっては、ポーズさんという図工ランド特製の道具を使いました。家族と砂浜で貝を拾ったよ、というような自分の体験を絵にしてくれた子もいれば、やったことないけどこんなことをしてみたいなあ、という絵を描いてくれた子もいます。そこが絵の自由ないいところ。サーフィンやダイビング、イルカに乗る、水中 [続きを読む]
  • ひらひら粘土
  • 薄くて有機的な、柔らかい形を作ってみよう、という課題です。花びらや鳥の羽根、エイなどの生き物の形。リボンやドレス、ヨットの帆などの美しい曲面など,普段は塊(かたまり)で使うことの多い粘土を薄く使うことを目標にしました。あまり薄いとむずかしいものは網を使って補強しています。ひらひらした部分は一部でもよいことにして,みんなのつくりたい気持ちを大事に制作してもらいました。(代表 木村明彦) [続きを読む]
  • 第9回 図工ランド展のおしらせ
  • 図工ランドのこどもたちの、日頃の成果を一堂に集めて、年に1度の展覧会を開催致します。皆様どうぞお越しください。武蔵野市民文化会館 展示室2017年11月17日(金)〜21日(火)午前10時〜午後7時まで(最終日は午後5時まで)入場無料本科クラスはおえかきと工作を各2点ずつ、絵画クラスは油絵と静物着彩を1点ずつ、デザインクラスの展示もあります。現在図工ランドでは、展覧会の作品づくりが始まりつつあります。今ご体験・ご [続きを読む]
  • 点描画
  • 印象派でよく知られた点描の技法を使って、たくさんの色の粒を集めて色をつくる体験をしました。根気のいる作業ですが、筆で塗るといういつもの描き方以外にもいろいろな描き方があるということを知ってもらいたい、表現の幅を拡げてもらうねらいです。(代表木村明彦) [続きを読む]
  • 絵画クラスブログ20171002
  • 8月は色彩・構成・技法ということでクレヨン画とコラージュ(各校違う)、後半はイメージ画をやりました。目黒はコラージュをやりました。コラージュはフランス語の「糊付け」を意味する言葉です。写真や雑誌の切り抜きや新聞などを組み合わせ造形作品を作ります。素材はもちろん紙だけではなく、布や針金、ビーズなどを組み合わせても可能です。さらにその上から絵を描いたり模様を作って貼ったり表現の可能性は広がります。普段イ [続きを読む]
  • 絵画クラスブログ20171002
  • 8月は色彩・構成・技法ということでクレヨン画とコラージュ(各校違う)、後半はイメージ画をやりました。目黒・豊洲はコラージュをやりました。コラージュはフランス語の「糊付け」を意味する言葉です。写真や雑誌の切り抜きや新聞などを組み合わせ造形作品を作ります。素材はもちろん紙だけではなく、布や針金、ビーズなどを組み合わせても可能です。さらにその上から絵を描いたり模様を作って貼ったり表現の可能性は広がります。普 [続きを読む]
  • 扇風機のデザイン
  • プロダクトデザインの課題です。手で持つタイプの小型の扇風機をもとにして、ハウジングをデザインし、卓上に置いて使うタイプの扇風機に工作します。おうちで使うにはどんな扇風機がいいか、自分の好みのデザインを考えてもらうねらいです。スイッチに手が届くように作ること、羽根に何かがあたらないように作ることなどが注意点です。みんな羽の部分を顔や,プロペラ,花などに見立てて,思い思いの方向で工作をしました。少数派 [続きを読む]
  • サイコロ写生
  • サイコロ型のいくつかの種類のモチーフを用意しました。子どもたちは、それを自分の解釈でアレンジして写生画やイメージ画を描きました。積み木のように並べて透視図法的な描き方に挑戦した人。透明なケースにボールの入ったモチーフにスポットを当てた人,サイコロのデザイン性を活かして描いた人,貼ってある動物や植物の写真を丁寧に描いた人,置かれている場所を想像を拡げて描いた人・・・。モチーフは同じでも,こんなに幅広 [続きを読む]
  • 綿棒の立体構成
  • 今回はとてもポピュラーな材料綿棒を使った立体構成です。軽くて強度があり,同じ長さのものを大量に用意でき,安価という申し分のない材料ですが,これまで盲点で使ったことがありませんでした。自分で規則をつくり,バランスの良い美しい立体をつくることを目指しました。コースターを用いてベースプレートとしてもよいこととし,基本は自立することを条件としました。飾るにあたっては吊してもよいと考えます。今回はトラス構造 [続きを読む]
  • 紙バッグデザイン
  • 紙のショッピングバッグのデザインです。何を訴求するか。ウラとオモテ,マチの4面をどのように使うか。絵にするかパターンにするか。文字は。バッグの形への組み立ても・・・考えることがたくさんあります。それでもみんな実物大の紙バッグには面白さを感じてくれて,たくさんの個性あふれる作品が出来上がりました。(代表 木村明彦) [続きを読む]
  • 自由工作2017−01
  • 4ヶ月毎に実施している自由工作です。今回はカラフルな材料を用意しました。自由工作は立体のクロッキーのようなもの。思いついた形をそれに適する材料を選んできて,ぐいぐいと目標の形に仕上げます。(代表 木村明彦)上2つ幼児の作品 [続きを読む]
  • 自由おえかき
  • 描くことをもう決めてきた!という予習バッチリな子もいれば、「何を描こうかなあ〜」となかなか決まらない子もいます。講師もそういう子にはいろいろ話しかけて一緒に糸口をみつけていきます。きれいな模様でも、好きな色を塗るだけでもいいと伝えるのですが、何かそれでは納得できず、う〜んとうなる姿も見られます。頭の中の引き出しを開けたり閉めたりしているのだな、と思います。限られた時間の中なので、講師もはらはらする [続きを読む]
  • 勝どき校・夏休みワークショップのご案内
  • 勝どき校では、夏休みのひととき、コンテストに応募する絵をみんなで描こう、というワークショップを下記の要領で開催致します。かなこ先生と楽しく絵を描きましょう。コンテストに応募するかどうかは、そのときにご自由にお選びいただけます。「トリトンこども美術コンテスト2017・とっておきの宝もの」(トリトンスクエア主催)日程  8月10日(木)・8月11日(金)のどちらかをお選びください。時間  午後2時から5時まで(途 [続きを読む]
  • なべしき
  • 何もしなければただのヒモですが、手仕事を加えると生活に役立つものをつくることができる、という体験をねらいとした工芸の課題です。おうちの人に使ってもらえる、という目的も意識しつつ、地味ながらなかなか楽しい作業でした。子どもたちは,根気強く取り組む姿がたくさんみられました。ヒモは思うような形にならないこともありますが、リズムが1度できると、手際もよくなり、互いの作品を見あったりしながら、なごやかに手仕 [続きを読む]
  • ちぎり絵
  • ちぎり絵は誰もがやったことのある遊びのような技法です。しかしあなどってはいけません。指でちぎった薄紙を一片一片水で溶いた大和糊で紙にはってゆく。その原初的な作業は心を無の境地にしてくれる作業療法のような不思議な制作体験です。薄紙のふわりとした風合いや,重なりをいかしてつくった絵は,不思議な透明感をもつ作品に仕上がりました。中には筆で手際よく貼る職人のような子もいて感心しました。(代表 木村明彦) [続きを読む]
  • 小さな星
  • サンテクジュペリの星の王子様からヒントをもらい,夢の星のデザインをしました。手で包み込めるような大きさの球面に工作をするのですが,神の視点にたつような不思議な気分になります。子どもたちがつくった作品は,自然がいっぱいの星もあれば,謎の宇宙生物が支配する星,畑がある自給自足できそうな星,高層ビルが建ち並ぶ都市化した星等々。みんなそれぞれにイメージを拡げてくれました。(代表 木村明彦) [続きを読む]
  • 想像の生き物
  • 発想力を伸ばす課題です。自分で考えた生き物を描いてもらいました。みんながそれぞれに「おもしろい」「かわいい」「かっこいい」等々と考えた生き物をのびのび描きました。それぞれの人のアイデアやこだわり,好きなテイストなどがそのまま現れる課題でした。(代表 木村明彦) [続きを読む]
  • のぞき箱
  • 造形あそびの課題です。のぞき込んだ箱の中に、自分の好きな世界を作ってみました。箱を切り抜けるようにし、カラーセロハンなど透明の材料を取り上げてみました。外からの光の色と、箱の中に描いたり、浮かべたりして作っていきます。抽象的な色や形を組み合わせて、美しさを追求した子もいますし、宇宙や海・動物など、好きなものの世界を作ってくれた子もありました。みんな箱の中の浮遊感をうまく生かして工作できていました。 [続きを読む]
  • モノクロお絵かき
  • 一つの色の明度の違いで描画する,お絵かき力向上の課題です。指導にあたっては,最初段階的にいくつかのトーンをつくる練習をしてもらいました。白や水を混ぜて明るさを調整します。本番の絵はメリハリをつけるため,絵の具だけでなく,クレヨンも使ってよいことにしました。白黒写真も知らないこどもたちに、モノクロームの絵を描こうというオファー。みんなきょとんとするのも無理はありませんが、完成作品はみな堂々としていて [続きを読む]
  • 動いている人の塑像
  • 生き生きとした動きを感じる人体の姿をつくる課題です。みんな思い思いに自分の好きなことをしている人体をつくってくれました。モデルはいないので,自分でポーズをつくってみたり,思い出したりしながら,粘土をつけていきました。大まかな形だけでなく,指先足先など細部も大事につくるよう指導しました。それぞれの子どもたちのこだわりポイントが楽しく表現された作品が出来上がりました。(代表 木村明彦) [続きを読む]
  • グニャグニャお絵描き
  • いつもの四角い紙ではなく,ぐにゃぐにゃした有機的な形の紙に描いてもらいました。この形をきっかけに,いつもとは異なる発想が出ることを期待しました。結果,なるほどと言える作品が沢山できあがりました。(代表 木村明彦) [続きを読む]
  • スツールのデザイン
  • ダンボールでつくるスツールです。図工ランドでは1時間半の授業時間内で課題を作りきります。その工作としては一番大物と言って良い課題です。基本形は共通で実際に座れる強度をもちます。座面の形と色がデザインのポイントです。ダンボールのざっくりした断面をそのまま活かして,アクリル絵の具でグイグイと色をのせて行きます。のびのびおおらかに作ってもらいました。小さい子にはなかなか大変な作業だったと思いますが,実際 [続きを読む]
  • フィギア写生
  • 動物や海獣、昆虫のフィギアを見て写生しました。図鑑を見るのと違って立体ですから、見る角度によって形がかわります。どの角度から見るのかを決めるところもポイントです。まずはモチーフを触りながら,じっくり観察してもらいました。構図が決まったら,それぞれのお子さんの絵の発達段階により,指導の内容をすこし変化をつけました。小さい子たちは形のことはあまり気にせず自由に楽しく描くことを目標とします。大きい子たち [続きを読む]
  • 革のキーホルダー
  • 生活に使う道具を自分でつくる楽しさ(とたいへんさ)を体験するクラフトの課題です。今回は革、レザーカーヴィングです。根気が必要ですが、難しいことは特にありません。革に下絵を描いて,打刻し,染料で着色します。自分の好きなデザインを作れるおもしろさと、根気強い作業のたいせつさを体験します。小さいものなので、楽しく取り組めたのではないでしょうか。模様といい、打刻のようすといい、色の付け方といい、それぞれに [続きを読む]
  • カレンダー2017
  • ブログのアップが遅れていますが,毎年恒例のカレンダーづくりです。グラフィックデザインカテゴリーの課題で,絵で勝負してもよし,構成のアイデアで面白くしてもよし,好みに合わせて取り組むことができます。例年どおり日付の部分は教室で用意しましたが,基本の白と,今年は干支の酉から卵の黄身を連想する黄色を用意,どちらかを選んでもらいました。1年間家族に見てもらうものなので,自分のこだわりを丁寧につくってもらい [続きを読む]