こはる さん プロフィール

  •  
 こはるさん: 大人の発達障害 優しくて暖かい小春日和
ハンドル名 こはる さん
ブログタイトル大人の発達障害 優しくて暖かい小春日和
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/refreshing88/
サイト紹介文うつ病と10年以上たたかってきました。32才の時、発達障害が原因にあることに気がつきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/04/04 11:08

こはる さんのブログ記事

  • これが最後の記事です。今までお世話になりました。ありがとうございました。
  • ブログを始めて10年になりました。同じタイトルのブログを一時は削除していたのでこのブログは2代目です。この度、こちらのブログはここで更新をやめることにしました。読者登録をしてくださっている方には先日ブログ移転のご連絡をさせていただきました。更新していない日も沢山アクセスしてくださる方がいて読者登録してくださっている方以外でも読んでくれている人がいて新しいブログのリンクをお知らせできなくて残念です…私 [続きを読む]
  • 犬を取り戻しに行ったのに
  • 自分が育てると決めて飼った犬は離婚をきっかけに今は両親の住むお庭付きのおうちで私の両親とレトリバーと一緒に暮らしています。畑の広がるのどかな町なのでアスファルトではなく草と土を足の裏で感じられる道が多く、のびのびと楽しそうに過ごしているのがおしゃべりはできないけれど犬の表情から伝わってきます。でも、私自身は生涯守ると決めて飼った犬を誰かに渡している間は常に罪悪感に苛まれており一度とりあえず犬をマ [続きを読む]
  • 練習
  • ついに練炭を燃やしてみた。練炭コンロとセットになって届いたけど練炭コンロに練炭を入れると不完全燃焼がうまくいかないので練炭コンロでは目的は達成されないそうだ。まず燃やし方を知らなければ話にならない。よくあるやり方のようなのでフライパンに乗せてガスをつけてみる。でも、予想通り、フライパンに乗せても一向に火はつかない。中央の着火剤のようなところに火をつけると勢いよく燃えた。普段室内でガスコンロ以外で [続きを読む]
  • 心地の良い朝 朝活
  • 毎朝早めに通勤してマックで英語の勉強をしています。マックのコーヒーとラテは安いのにスタバより美味しいしかも朝の都会のマックはビジネスマンばかりで静かで過ごしやすいですシャドウイングをする前にコーヒーを飲みながらノートを開いてイヤホンを指し、勉強のためのセッティングを。その間はリラックスしたいのでYouTubeで好きな音楽を聴いています。偶然 Tayler Buonoさんなる方のジャスティンのSorryのカバーを 聴いてみ [続きを読む]
  • 心地の良い朝 朝活
  • 毎朝早めに通勤してマックで英語の勉強をしています。マックのコーヒーとラテは安いのにスタバより美味しいしかも朝の都会のマックはビジネスマンばかりで静かで過ごしやすいですシャドウイングをする前にコーヒーを飲みながらノートを開いてイヤホンを指し、勉強のためのセッティングを。その間はリラックスしたいのでYouTubeで好きな音楽を聴いています。偶然 Tayler Buonoさんなる方のジャスティンのSorryのカバーを 聴いてみ [続きを読む]
  • 安楽死を遂げるまで
  • 今まで踏み込んだことのない分野の本を読んでいます。安楽死を遂げるまでAmazon安楽死というものにずっと興味がありました。不治の病で耐え難い痛みに侵されている人をなぜ死なせてあげられないのか自分の力では生きていけない状態で苦しんでいる人をなぜ死なせてあげられないのかとずっと疑問に思っていました。だって、その人が死にたいともし心から思っていたとしてそれでもすぐには死ねなくてでもいずれは死んでしまうのにな [続きを読む]
  • 疲れタァ
  • 昨夜はかなり鬱っぽくて8時頃から12時頃まで何をしていたのかあんまり記憶がありません。ブログを書いて消してを繰り返し、自殺をしようと手順を考えていましたが、自殺するって結構準備がいるんですよね。練炭があればすぐ死ねると思っていたけど練炭の燃やし方もただ火をつければいいわけじゃないらしくて一酸化炭素を沢山出すには練炭コンロは向かないらしくフライパンかお鍋かをコンロにかけるのが良さそうだけど、キッチンは [続きを読む]
  • 男性脳をもつ女性
  • 今日、実家の荷物を全てまとめてマンションに送りました。夫と暮らしていたマンションと犬を預けている実家と二つの家を行き来して生活していましたが毎日大きなバッグを持ってどちらの家に行っても何か足りないものがある居場所がない感じがしていました。それでもちょっとした不便さやストレスごときで贅沢を言ってはならないと思い粛々と日々を過ごしていました。夫からは実家に帰るようにと言われているのですが、経済的に楽 [続きを読む]
  • アーレンシンドローム 筑波大学の予約が取れました!
  • 私は明るい場所が苦手です。電車の中では白い光が眩しくてサングラスをかけることが多いです。日中の外出もサングラス??があるととても楽チン。暗くない?と家族に心配されるような薄暗闇で本を読むのが好きです。仕事中、白い紙が眩しくてサングラスをかけたくなります。パソコンの画面はいつも他の人が覗くと困らせてしまうほど暗いしスマホももちろん暗くしています。文字が動くとか渦を巻くということはありませんが、縦書 [続きを読む]
  • 上司の冗談がわからない
  • 2時に寝て5時に目が覚める、そんな日が続いています。昨日眠れなかったから今日は眠れるはずだと思うのに眠れない…仕事はなんとか出来ているつもりでしたが木曜日、上司の講演を聞きに講演会場について行った時、控え室で取引先の方もいる席でのこと。上司が冗談を言ったようなのですが冗談の意味がつかめない特性のある私はその意味がわからず場を凍らせてしまいました。必死にその場にいる人が上司のフォローをしようと話をつ [続きを読む]
  • 診察室はラブホテル
  • そういえば昨日のブログには書かなかったけど昨日診察室という密室で主治医にすごいこと言われたわ。万が一この先妊娠したくなったら薬は飲んでいていいのか?という話題になった時、 先生、めちゃくちゃ嬉しそうに「その辺のおじさんにとやって妊娠させられたりしないでよね〜がはは〜!」って言うから私はその辺の人とそんなに簡単にセックスするほど性欲か衝動性が強いって思ってるんだろうか?と思って「いやいや、先生、私そ [続きを読む]
  • 発達障害 治る説
  • ブログのお休み期間は早くも終了したようです。今日は診察日でした。先生に「解離してます」と話したら「マインドフルネスと解離って近いからね、ははははー」と笑われて終わりました。解離して当然でしょ。僕も今解離してるのかも。人生全て解離かも〜というノリで、解離の話終了おそらく解離を意識させるとますますかいりっちゃうからあまり真剣にさせないでおこうという先生の策略だと思います。解離の人は解離の本を読んじゃ [続きを読む]
  • 健常者風に生きる
  • お休み中ですが備忘録として、決意表明として。これからは「私は発達障害なんです。」と、言い訳をしないで発達障害を隠して相手に気づかせないように生きていけたらなと思います。発達障害です、だからわかってくださいというのは甘えでしかなく、私がすべきことはわかってくださいとお願いするのではなくて人に嫌な思いをさせないこと、楽しく快適に私とコミュニケーションしてもらうことだと思うようになりました。それは他人 [続きを読む]
  • おやすみします
  • 自分の心が何を感じているのかさっぱりわからないのでしばらくブログをお休みしてみようと思います何度もブログ記事を書こうとしているのですが何を書きたいのかわからなくなってきて途中で書くのをやめてしまいます。ここに書くといつも気持ちがまとまるので日記代わりに困った時こそブログを書いてきたのですがどうにも…ただひたすら感情がないというか感情が遠いところにあって文章になりません解離って現実逃避できて楽だな [続きを読む]
  • 解離している 感情の記憶がない
  • 感情が湧かないからなのか夫が家を出てから勉強が一切できなくなっている。一人で生きていかなくてはならないのだからどんどんせめて英語だけでも勉強したいのに沢山お金を払ったのに、通訳学校を中退してその後何もやらなくなった。焦ってほしい。私は私にもっと焦ってほしいのに全く焦る気持ちになれない。時々夫と少し電話で話すようになってから夫と話すと怒りや悲しみを取り戻すことができるけれど電話を切った後しばらくす [続きを読む]
  • 夜中に料理なんて作る人だったかなぁ?
  • その後、私はなぜか22:30から料理を作り始めました。今日一日ベッドにいたくせに。めんどくさいと思っているのに体はキッチンへ向かい、さっきラーメンを食べたばかりなのに焼肉丼プレートと味噌汁をほとんど無意識で作りました。普段の私ならめんどくさがって絶対に作らないな〜とまるで隣にいる誰か別の人のような気持ちで私は私の体を眺めていました。体は勝手に大盛りの焼肉丼プレートを作りました。だけどさっきラーメンを食 [続きを読む]
  • 基本的に感情が無になったようだ
  • 解離性障害が私の身に起こっている。自分の判断だが、多分間違いなくこれは解離性障害と言われるものだ。解離、は今思えば昔から普通にあったと思う。解離自体はどんな人でも普通に起こる一般的なことだ。解離は楽だ。現実の辛さは消えてはいないけれど脳のどこかが預かってくれているらしく、日常の辛さを感じずに済む。うつ病よりずっと楽だ。苦しくない。でも、離人症と言われる自分が自分じゃない感じが強いことと解離性健忘 [続きを読む]
  • 何をしていたか記憶が消えている
  • 玄関にうず高く放置していた段ボール3箱の中身をやっと取り出しました。中身は練炭と練炭コンロのセット。練炭、という言葉はよく聞くけれど練炭を見るのは36年生きていて初めてです。想像していたよりも大きくていかにも長時間燃え続けそうなどっしりしたものでした。箱を開けると換気に関する注意を繰り返し促した使用説明ペラが入っており、「こうすると危険です」という事が具体的に書いてありました。これは自殺をする人に自 [続きを読む]
  • バツイチはモテる
  • バツイチはモテるというのは本当だ。30後半にもなればもう同年代のいい人は結婚しているし信用できるのは自分だけであるということが明確に経験から証明された今となっては男に頼っていくよりも自分で生きていかなければなと思うのだが男はあちらから寄ってくる。離婚することになりまして…と、必要に迫られて色々な場面で伝える機会があるのだが、離婚することになったと伝えるだけで意外にも新しい世界はブワッと広がる。そし [続きを読む]
  • 源泉徴収票が現実を突きつける
  • 数年ぶりに源泉徴収票をもらいました。金額は50万円ちょっと。週一、二回のアルバイトだったから当然の金額なのですが、こんな金額の源泉徴収票を見たことが初めてだったので、ショックでした。ゼロ1個、減ったな。昨年は働けるようになってとても嬉しかったのに、年収をボンっとまとまった金額で見せつけられると、これはちょっと…怖くなりました呑気に体調を考えながら働いているのではいけなかったのかもしれない。休職してそ [続きを読む]