えいとまん さん プロフィール

  •  
えいとまんさん: えいとまん日記
ハンドル名えいとまん さん
ブログタイトルえいとまん日記
ブログURLhttp://yume2eightman.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブログ初心者の爺が買ったばかりのデジカメ片手に右往左往
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/04/04 00:58

えいとまん さんのブログ記事

  • 雨 あがる
  • 2017年10月18日 久方振りの 晴天である。明日から 又 雨模様の天気予報なので 今日の内に 畑に出掛けよう。玄関の出て エレベーターを 使わずに階段室を降りる時 何かが 「いつもと 違う」と感じた。氷川神社の鳥居に 幡(旗の意)がはためいているのである。そう言えば 一昨日か その前か 花火が上がっていたりしたような気がする。鎮守の秋祭が あったのかな。畑から帰った時には もう 幡は 仕舞われていた。 [続きを読む]
  • 「陸王」 と 「力王」
  • 2017年10月13日(金)最近 「陸王」という言葉をよく聞くので 気になっていた。池井戸潤氏の小説であるらしいが 私は 未だに読んでいない。TV ラジオで 矢鱈に 見聞きするのである。いや まてよ 私は 陸王のラベルをどこかで見かけている気がする。判った。 地下足袋である。私が 農作業で使用している地下足袋の銘柄である。但し 確認してみると 「力王」であった。この地下足袋の制作会社は 地下足袋等が 主力商 [続きを読む]
  • 岩崎夏海氏 講演会
  • 2017年10月8日 (日)9月の初旬に 北本市立中央図書館で 図書館講座なるものの 講演会が開かれるというポスターを見かけた。講師が 岩崎夏海氏である。岩崎氏は 「 もし 高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』 を読んだら 」 略して 「もしドラ」 の著者である。こういうと 「へえ〜」といった感じになると思う。大分前の 流行になった本であり 私も読んだ覚えがありました。演題は 「本の [続きを読む]
  • こうのす花火大会②
  • 2017年10月8日 (日)本日は 忙しい。 花火大会が順延になったために 予定が 狂いました。図書館講座の講演会の後で 一旦 家に帰り 一休みしたらカメラを 2台に 三脚を持って 花火大会に 出掛けることになりました。昨年は 無料観覧席に方で 観覧したのですが 今年は 有料席の近くで 無料の観覧できる場所を探してみましょう。鴻巣駅を出てから 左が 無料席 右が有料席方向との 表示があります。大勢が 歩い [続きを読む]
  • こうのす花火大会 ①
  • 2017年10月7日 土曜日本日は、「こうのす花火大会」の予定である。この花火大会は、鴻巣市商工会青年部の主催で 荒川の河川敷にて行われる。何となく 手作り感溢れる花火大会の思われて 好ましいです。しかし 世界最大級の四尺玉の大玉花火と 一万五千発の花火を打ち上げるのですから 立派な花火大会なのです。私の自宅は 隣駅の北本で バルコニーからでも 十分に綺麗に見えるのですが 昨年は、突如 思い立ち 初めて [続きを読む]
  • 十六夜の月
  • 2017年10月5日昨日が 中秋(陰暦の8月15日) でしたが 雲で 月が見れませんでした。本日は 十六夜の月になりますが  朧月夜となっていました。新しいカメラで 験し撮りをしてみました。まあまあ かな。明後日の10月7日は 鴻巣花火大会ですので雨が降らなければ いいんですがね。取り敢えず 晴れるように 祈願しましょう。にほんブログ村 にほんブログ村  [続きを読む]
  • 行田市郷土博物館
  • 2017年10月3日今日は 自宅から 行田市郷土博物館へ 行ってきた。動機は 和田竜氏の 「戦国時代の余談のよだん」を読んでのことである。御存知かと思うが 和田竜氏は 「のぼうの城」の作者である。この本の中で 和田氏が 同書を 書き上げる際に 取材をした行田市郷土博物館や 行田市周辺の事が書いてあり、久し振りに さきたま古墳公園方面に足を延ばしてみたくなった。勿論、のぼうの城が 出版される前から 古墳公 [続きを読む]
  • さいたま新都心駅周辺 散歩 続き
  • (さいたま新都心駅周辺 散歩) の続きです。映画「ダンケルク」を見た。若い世代に いきなり「ダンケルク」という地名を言っても判らないでしょうから 粗筋を語る処から 始めよう。第2次世界大戦時の歴史である。1940年5月独軍の仏国侵入後 同月下旬のこと英仏軍40万人は、独軍に負け続けた結果 フランスのダンケルクという海岸に追い詰められていた。海を挟んだ向こうには、英国が 見えているのに 文字通り 40万人が  [続きを読む]
  • さいたま新都心駅周辺 散歩
  • 2017年9月29日さいたま新都心駅周辺 散歩本日は、マンションの共用部の水道工事の為に朝の9時から、夕方の5時まで 断水するとのことであった。その間 家にいても 不自由なので 外へ避難することにした。私は、評判の映画「ダンケルク」を見に行くことにした。何処の映画館で この映画を見るかが ポイントである。熊谷、鴻巣、浦和の映画館には、行ったことがあるのでさいたま新都心に 行ってみよう。あの辺は 暫 [続きを読む]
  • 高齢者の過ごす日々
  • 2017年9月28日高齢者の偶感ここの処 毎日が マンネリ化している気がする。検証の意味で、ここ 2〜3週間の自分の外出先を見てみる。① 先先週の土曜日は 市民大学講座の囲碁講座が最終回であった。  その時の囲碁の先生が、なかなか洒落ている。  「この後の学習というか 復習というか 名目は   別にして これからの暇つぶしの方法」というものを    囲碁講座の先生から 案内されていた。  「各地域 [続きを読む]
  • 北本の風 俳諧
  • 2017年9月21日下の写真を 見て 一句。   夏過ぎて        秋 来にけらし            稲黄金(こがね)    ナウシカが       歩きくるかな           風の秋にほんブログ村 にほんブログ村  [続きを読む]
  • 新しいカメラを購入
  • 2017年9月19日以前から 私は今のカメラの望遠機能に不満を感じていた。そこで カメラの買い増しを考えていたので 昨日 新宿西口のカメラ屋さんを 新品 中古の両方を見歩いた。しかし 中古屋さんでは 機械音痴の私に 中古の高級機の選別ができるわけもなく セミプロのような顧客が 次から次へと 押し寄せる店舗の中で 余りにも 初心者の私は 店員に 質問もできなかった。因って ブログ用に 少し 望遠機能がプラ [続きを読む]
  • 囲碁クラブに 参加してみる。
  • 2017年9月16日(土) 私が受講していた囲碁の講座 市民大学きたもと学苑 ( 初級から2段を目指す囲碁道場 ) 田畠先生の 12回の講座が 本日 終了した。 最後に 各人の評価を 頂いたのであるが 私は 概ね 5級程度かなとの評価を頂いた。 しかし 相変わらず 私には 強くなったような自信がない。 IT囲碁では 11級から 12級のままを 行ったり 来たりである。 田畠先生からの 今後の話の中で 市内の囲碁 [続きを読む]
  • 重陽の節句も過ぎて
  • 2017年9月11日重陽の節句も過ぎて 秋の農作業も 盛りに入ります。稲穂も頭を垂れて 気の早い農家は 稲の刈り取りを始めています。私の菖蒲町の畑では 秋の準備をしたので 丸坊主状態です。 残っているのは 葱だけです。家の近くの畑では まだ 茄子とピーマンを 残してあります。京芋が 元気で 私の背丈大になっているので 未だ 夏っぽいですね。上の写真の手前の畑には すでに 大根を蒔いてあります。私は、毎年 [続きを読む]
  • 高円寺 阿波踊り その2
  • 「 高円寺の阿波踊りを見に行く 」 の続きです。阿波踊りには 男踊りと女踊りがありますが 最近、女性が 敢て 男踊りをする事も 多いような気がします。これは、これで 何となく色気が あって好ましい。しかし、 下駄を蹴る足捌き 、指先まで 気が通った手捌き 項(うなじ)を強調する鳥追い姿 これは 女踊りの決定版です。しかし 阿波踊りに世界では これだけ 時代が進んでも 成人の男が、女踊りをするという [続きを読む]
  • 高円寺の阿波踊りを見に行く ①
  • 2017年8月26日13時54分北本発にて高円寺 阿波踊りに 行く大塚 阿波踊りも あるそうですが浅草では サンバ が渋谷では スーパーよさこい がああ 迷ってしまう。蒸し暑い。  夕方から 雨の天気予報である。雹が降ったり、雷の千本ノックも 御免である。しかし 後は 成り行き次第。「 高円寺に 雨は、降っているのか? 」となるかな?3時絆前には 高円寺 着いつものように 事前に 祭り会場を 一回りしてみる。 [続きを読む]
  • 昔の写真
  • 2017年8月17日今日の新聞を開いたら チラシ広告が 1枚しか 入ってなかった。そのチラシが 大変に 私の気を引いた。一寸見には 「 旧い新聞が 間違って 混ざったのか? 」 と思ってしまう。実は 写真集の広告である。が しかし 女優のヌードとかでは なくて 地域の昭和の写真の記録集のような体裁 となっている。 して 拡大して見てください。拡大版は ちゃんと 縦置きなっていますよ。上尾市・桶川市・ [続きを読む]
  • 写狂老人A を見る。
  • 2017年8月8日西新宿の眼医者の帰りに 京王線 初台駅方向へと 20分程歩いた。東京オペラシティ の アートギャラリーに 行ってきたのである。 怪人アラーキー = 荒木経惟 の 「写狂老人A」 を 見に行ったのである。アートギャラリーを探していたら 妙な人を 見かけた。中央に 佇む 全体的に 黒っぽい服装の人が 居る。殆んど 動かない。あれっ あれっ 彫像でありました。この オペラシティビルは 面白い  [続きを読む]
  • 新座市 大和田 氷川神社 はだか神輿 (荒神輿)
  • 2017年7月29日新座市和田 氷川神社 のはだか神輿(荒神輿)を観に行く。この御神輿は、意外に知られていないようである。私が 良く参考にさせて戴いている 日本の祭りを集めている幾つかのホームページには、案外に 載せられていない。しかし、検索を進めると ここの神輿のことが 別な処で ヒットします。この祭りを見て 感動した方が動画を アップされているのです。新座市のこの祭りに関する扱いは、大和田囃子とはだ [続きを読む]
  • 網を繕う老漁師の夢
  • 2017年7月27日弦(ツル)あり 隠元豆の収穫が 終わり 弦掛け用 網のネット棚を解体する。網ネットに隠元豆の弦が 執拗に絡み込んでいる。隠元豆の弦(ツル)は 枯れると思った以上に 強靱さを 発揮する。これを 一本々々 丁寧に ほぐして 行くしかない。地味で 単調な作業に網ネットを ぶった切ってやろうか と思う。ふと 漁港の横で 網を繕う老漁師の姿を想う。赤銅色に日焼けした皺だらけの顔で網を繕っている [続きを読む]
  • 熊谷うちわ祭 外伝 (2)
  • 2017年7月21日 熊谷うちわ祭り 外伝     ( 「叩き合い」 と 「演奏会」 音の意地の張合い)うちわ祭りの叩き合いが 18時過ぎから 21時迄 と聞いていた。祭の進行のイメージが 良く 判らなかったので 18時から 八木橋百貨店の近くの国道17号で 山車の来るのを待っていた。しかし、それは 勘違いで 20時過ぎ頃まで 山車は 各街区を廻っていたのである。ただ 待っているのも 疲れるものである。余計 [続きを読む]
  • 熊谷うちわ祭り 外伝 (高齢者と居酒屋)
  • 2017年7月21日 うちわ祭り 外伝「年寄りには、大衆居酒屋に 居場所は無いのか? 」7月21日 午後3時頃 うちわ祭りの ブログネタを 集めている最中のことであった。駅前の さくら水産(大衆居酒屋)で 祭りの時間調整と 熱中症予防のために ビールをチョイ飲みしながら ポメラで 原稿作成 と思っていた。現役時代は 昼飯にも 帰りがけのチョイ飲みにも よく 使ったことがあるので 抵抗感は無かった。店内に入り [続きを読む]
  • 熊谷うちわ祭りに行く。
  • 2017年7月21日熊谷うちわ祭りに行く。熊谷うちわ祭りに行くのは、三度目になります。熊谷うちわ祭りの日程は、20日〜22日の三日間です。去年迄は、最初の日に行って 熊谷駅前での「初叩き合い」を観ていました。今年は 中の日の 21日に 行ってみることにしました。というのは、熊谷うちわ祭りのホームページによると 21日には 八木橋百貨店の前の辺りの国道17号線を 交通規制(封鎖)して 巡行・叩き合いを行うとのことで [続きを読む]
  • 「ハクソーリッジ」を観る。
  •  2017年7月19日浦和に アメリカ映画「ハクソー・リッジ」を観に行く。「ハクソー・リッジ」については、ラジオの映画批評で その評判を 聞いていた。先日 日経新聞の朝刊一面の下の方にある随想欄にこの映画のことが 触れられていた。その数日後のこと 又 日経新聞の朝刊一面の下の随想欄にこの映画のことが 触れられていた。書いている人が 曜日で替わるようなので、違う人が 偶然に 同じ映画から 感動を受けたとい [続きを読む]
  • 桶川祇園祭 を 見る
  • 2017年7月15日 午後4時桶川祇園祭りを 初めて見る。隣町の桶川のお祭りに 本当に初めて 来た。二十数年住んでいて、買い物以外のお祭りに来たのは初めてである。しかし、子供が 多い。夏休み直前の三連休の初日であるから 当然か。少子化で 日本の将来の危機が叫ばれるこの頃のことであるから、子供が多いことは結構なことである。とはいえ 小中学生が多いと それだけで 慣れない人には、相当なストレスである。売り物の [続きを読む]