法学 さん プロフィール

  •  
法学さん: 法律の勉強
ハンドル名法学 さん
ブログタイトル法律の勉強
ブログURLhttps://ameblo.jp/studying-law/
サイト紹介文好きで法律を勉強しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/04/04 08:55

法学 さんのブログ記事

  • 特許法(64):吉藤
  • アマゾンで吉藤・熊谷の特許法の中古が売りに出ていた。 3000円くらいで買えた。 買ってしまった。 (写真が縦にならない。) まだ、読めていないけど、論文アドバンスでしか見たことのなかった記述があった。 読んでみる価値はありそうですな。 [続きを読む]
  • 社内弁護士(4):四ツ谷 丸ノ内線ホーム
  • 上智大学で英検準一級の面接試験を受けた帰り、四谷駅、丸ノ内線のホームで、青空を見上げていた。 将来何になりたいのかと問われ、politicianが出てこず、lawyerと言って、切り抜けて、このホームで高校生の僕は、将来、何になるのかなと、空を眺めていた。 20数年後の今日、僕は、同じホームで空を眺めていた。 lawyerになって、麹町と丸の内で、時間を過ごしてしまった。 今日の空は、とても蒼くて、綺麗だった。 あの時、 [続きを読む]
  • 特許法(63):フィンテックの法務
  • 金融機関で、弁護士というと、コンプライアンスを期待されて、それに応じるように、規制法を読み込むことが仕事のように思ってしまいます。 しかし、特許法を勉強していると、産業上の利用可能性の要件のところで、金融業も産業に入るという話がされております。 仮想通貨の世界に目を転じますと、三菱信託さんが、仮想通貨のカストディ方法について、特許出願されたとか、報道されたりしていました。 加えて、ビットフライヤー [続きを読む]
  • 特許法(62): 久しぶり
  • 久しぶりに、結構、勉強した。 (特許法入門の通読 + 青本の確認 + さとたくの講義の聞き直し + 白石先生の独禁法のセミナーの聞き直し) メーカーに入ってから、実感を持って接することができるようになったからだろうか。 ガジェットが充実してきて、ipad proに、青本などすべて読み込ませて、Goodnotesというアプリで読んでいる。 昔のさとたくの講義を聞いても、分かる。実感を持って、分かる。嬉しい。 なんで、わ [続きを読む]
  • 社内弁護士(6): そろそろ、ケリをつけないと。
  • 結局、いろいろなことを経験することができた。 金融商品取引法に詳しくなったり。発行規制、公開買付規制、業者規制も一部、取引規制は全般的に、対応して。 会社法も詳しくなったと思う。 法律事務所にいた頃は、倒産法、租税法、知的財産権法などを扱うことが多かったので、これらも結局、知っておいて良かったというか、いまだに、役に立っている。 勉強を続けたのも、幅広くなんでも知っている弁護士像を、インハウスの最高 [続きを読む]
  • 社内弁護士(5): そもそも、なんでインハウス?
  • 私が、社内弁護士になろうと考えたのは、大手法律事務所のマネジング・パートナーが次のようなことを仰っていたことがきっかけだ。 「今後、競争が厳しくなった時、生き残る弁護士は、3タイプいると考えている。 ひとつめは、専門家タイプで、特定の分野のことならば、なんでも知っている弁護士である。 ふたつめは、ジェネラリストタイプで、幅広く、いろんなことを知っている弁護士である。 みっつめは、人の気持ちがよく分 [続きを読む]
  • 社内弁護士(4): 経歴
  • 私の経歴を簡単に紹介する。 1.弁護士登録 2.外資系法律事務所 約○年 3.大手法律事務所 約○年(うち、○年間 国内大手証券会社に出向) 4.大手米系金融機関 約○年 5.国内メーカー(一部上場、時価総額2兆円) 約○年 まとめると、だいたい10年間、社内弁護士をやってきたことになる。 英語は、海外で育ったので英語はできる。 海外留学は、日本の商慣行を知りたくて、しなかった。 法律は、このブログで書 [続きを読む]
  • 資産運用(10):アプリ
  • 仮想通貨を幾つかの取引所で保管している。 本当は、そのような方法は、良くないと聞く。 いわゆるゴックスリスクがあるからだと。 自分の端末に落として、秘密鍵を忘れることを、セルフゴックスというようだ。 ゴックスリスクは、どこでもあるのかも。 幾つかの取引所に預けているが、いずれも、取得原価と現時点での含み益を表示してくれない。 なぜかは、分からないけど。 そこで、クリプトフォリオというアプリを見つけて、 [続きを読む]
  • 特許法(61):再開
  • 年末になり、やっと、落ち着いて、転職後の活動を振り返ることができる。 メーカーに転職して、特許法の実務に触れる機会を持つようになった。 だけど、特許法のベーシックなところが頭に、しっかりと、入っていないなぁ、と思うこともあった。 今更、予備校に通うというレベルでも無い。 お金もかけたく無い。どうする。 買い込んだ本を読む以外に方法は無さそう。 そこで、読み始めました。正月休暇で、読み切れるかな。 特許 [続きを読む]
  • 資産運用(7):やってみようとしたけど
  • その後、仮想通貨は見繕って2つ買いました。 宝くじ買って、当たるのを待っているのと同じ気分。 投資とは言わないですね。 デイトレードをやってみたけど、向かなそうでした。 みんなで跳ぶ縄跳びになかなか入れないみたいな。でも、1日、画面に向き合ってみて、勉強になった。 世の中が向かっている方角について、あたりがつかないといけないなぁ。。。 しかし、直近IPO銘柄が、仮想通貨みたいな動きをしていて、投機的な値 [続きを読む]
  • 資産運用(8):消費大陸アジア
  • 東洋経済を定期購読している。去年NISAで儲かったお金を充てた。読んだり読まなかったりであった。しかし、最近、転職したおかげで視野が広がった。面白く読んでいる。価値観というか、世の中の見え方が大きく変わったと思う。こういう経験はお金では買えない。 自分を制限しているのは、自分の偏見なのだなと、反省しきり。偏見を少しでも和らげたい。そこで、昔、挫折した、たくさん本を読むを再開する。東洋経済の書評に掲載さ [続きを読む]
  • 資産運用(6):仮想通貨
  • 仮想通貨に前から興味があったので、購入してみた。 ビットコインは、かなり上昇しているので、イーサリアムというのに手を出してみた。 現時点では、損失を出している(涙)。 そんなもんであろう。 ビットコインも下がったところで、ビットコインキャッシュもそろそろ、など、色々考えているが、まあ、うまく行かない気がする。 仮想通貨は、今後、どのようになっていくのか、全くもって分からないので、こういうのは、投資では [続きを読む]
  • 語学(3):だれでしまった。
  • 中国語の勉強は、1か月はもったものの、結局、その後は、だれてしまった・・・。 だれると、全くやらなくなるので、常に、授業中は、不好学?的人などと、呼ばれて、ディスられる。 それで奮起すれば良いのですが、我宣布从明天?始?真学?などと、冗談を言っている始末である。 いつになったら、中国語をできるようになるのか、不明である。 いつか、そこそこ、喋れるようになりたいが。 [続きを読む]
  • 語学(2):中国語
  • 仕事に気を取られて、勉強が疎かになってしまった。気を取直して、語学から、やり直している。中国語をこの1ヶ月で、行けるところまで持って行きたい。 聴読中国語、という書籍を、5年ほどまえに購入したが、これを音読している。そのうえで、シャドーイングできるようにしたい。 あと、中国語の家庭教師の授業を、今月だけ、毎週に切り替えた。4ヶ月分、勉強させてあげると言われて、宿題が多くなって困っている。 他の勉強は [続きを読む]
  • 行政法(18):合格革命
  • 人工知能が雑誌で取り上げられることが多い。 学びの過程が研究されているようだ。 行政法について、色々な本を読んでいる。 芝池先生の行政法読本をブックオフで、200円にて購入し、目を通している。 分かりやすい。 行政法読本 第2版 Amazon 並行して、TACの合格革命、基本テキストというのを買って目を通している。 試験に向けた情熱を感じる。 当たり前のことだが [続きを読む]
  • 行政法(17):テキスト
  • 色々な資格試験を試しているが、最近の傾向として、予備校の提供する講座の意味が、厳しく問われているようだ。とりあえず、入門講座、という、牧歌的な時代は過去のものとなり、入門講座が終わった段階で、何点取れるの?と言う問いに回答することが求められる。テキストの出来はこういう説明をするうえでの説得力を左右する。 [続きを読む]
  • 特許法(60):エレメンツ
  • TACのエレメンツの内容がしっかりしている。 こういうテキストを作れるというのは、良い経営をされているのだなと、思ってしまう。 司法書士の山本テキストも読んでみたが、素晴らしい。オートマ・シリーズと呼ばれているものだ。 エレメンツの何がよいのかだが、目的がはっきりとしている点である。 すなわち、各項目がしっかりと、受験に向けて、練られており、ポイントを外していない。 このよ [続きを読む]
  • 特許法(58):工業所有権法(上)
  • ひと通り、中山先生の2000年代の基本書を読んだ。サトタク先生が、講義で触れず、しかし、レジュメに書かれていたことが、だいたい議論されていた。永年、消化不良だったので、すっきりした。論文過去問をいくつか見て、出題者の意図が、クリアに分かるような段階に達している。努力が、少しずつ、報われているようだ! [続きを読む]
  • 特許法(57):予備校
  • 司法試験の勉強をほとんどせず、ただ、学者を目指して、日々研鑽を積んでいたが友人いた。彼は、司法試験の勉強を大学4年頃に開始し、1年で、合格した。現在は、刑法の学者になっている。基本書をしっかりと読み込んだり、学者の書いた論文などを読み込んだり、法律雑誌の記事を読み込んだり、と、頭を使っていたのだろうなと、思う。予備校の教材は、あくまで、短時間で、記憶を喚起する材料に過ぎない。逆に、そういう [続きを読む]
  • 特許法(56):いまさら
  • いまさらであるが、法律の勉強について、わかった。 語学や会計などは、あまり、考えずに、なんとなくできていたけど、法律は、なかなか、わからなかった。腹に落ちなかった。 最近、ブックオフで、中古の版落ちの基本書を買ってきては読んで、ということを繰り返している。 そうすると、人間の頭は、読んだ知識をちゃんと吸収するのだと、いまさら、気づいた。 そして、このように、ひたすら読みまく [続きを読む]
  • 特許法(55):なんだ、そういうことか
  • LECの佐藤卓也先生の弁理士試験向け講義を通信で受講していた。 2010年受験向けなので、かなり昔のことになってしまった。 講義資料の中に、レジュメがあって、講義で触れてもらわないと意味がわからない書き方になっている箇所がいくつかあった。 その意味を知りたくて、面談を受けたら、新しい講座を薦められ、かつ、このレジュメはもう使っていないと言われてしまった。 その面談もかなり昔のことだ [続きを読む]
  • 行政法(18):塩野 Ⅰ
  • 塩野先生の行政法の教科書の第一分冊を読み終えた。 頭から、黙々と読み続け、脚注は、興味を惹かれた箇所を丁寧に読み、興味の赴くところに従い、読んでみた。 面白かった。 ブックオフで、200円で買ったものだけど。 塩野先生の行政法の第三分冊も、破格値で買ってあるので、読む予定にしている。 ついでに、特許法、会社法、民法、刑法など、これらも、ブックオフで、叩き売られていたもの [続きを読む]
  • 行政法(17):あきらめません・・・。
  • 結局、だれきってしまって、何も勉強せずに、行政書士試験を受けてしまった。 興味が、別のことに行ってしまうのは悪い癖である。 おそらく、合格していないであろう。合格していても、「行政法を理解する」という目標は未達なので、あきらめずに、行政法を、地道に勉強することにした。 ここ、数ヶ月で、いろいろなことがあった。ゴルフとテニスに、比較的、一生懸命、取り組んでいるのも、そのひとつであ [続きを読む]