toboketaG さん プロフィール

  •  
toboketaGさん: to-boketaGの春夏秋冬
ハンドル名toboketaG さん
ブログタイトルto-boketaGの春夏秋冬
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/egikoike
サイト紹介文歴史小説好きの思いつくまま・・の記 土曜日の更新と決めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/04/04 11:01

toboketaG さんのブログ記事

  • 403-300922スマホやタブレットからブログ記事を作成する
  • 現役時代から不眠に悩まされていた。ここ数ヵ月は良く眠れている。原因はいくつか考えられるが、何といっても現役退任でストレスから解放されたことだろう。そして最近続けているのが、寝床を離れたら窓を開けて天気に関わらず空を見上げること。そのことで目が覚めたことを脳に刻み付ける。ブルーライトは夜は禁物だが目覚めの儀式には有用。今朝の空は秋がきたと叫ぶほどのものだった。暇な時間がたっぷりとあるので色々なこと [続きを読む]
  • 402-300915ドナルド・キーン
  • 松岡圭祐著「八月十五日に吹く風」をKindle で読む。6月の検査入院の際にベッドの上で読んだもの。落ちついた環境で再読する。それだけの価値があると思ったがゆえに。「キスカ撤退作戦」で検索すれば詳細な作戦の経緯を読むことができるのであらすじは省く。この作戦で日本陸海軍5000人余の将兵が武器弾薬や食料の補給が絶望的なアリューシャン列島の島キスカから撤退できた。昭和18年8月15日の事。この日本軍の撤退作 [続きを読む]
  • 401-300908地震災害の現場近くを通っただけに・・
  • 北海道以外では見られない巨大なフキの葉。札幌開拓村にて  28.7倉敷市真備町、広島や呉の豪雨災害、大阪湾周辺の高潮災害そして木曜日未明の北海道胆振地方を震源とする震度7の地震災害。被災地の皆さまはどんなにか辛い思いをされているかと心が痛む。北海道の地震に遭った地域は、2年前の北海道旅行の最終日に札幌から苫小牧東港まで車で通過した近くなので受け止め方が異なる。素晴らしい所だった支笏湖畔の丸駒温泉や昭 [続きを読む]
  • 400-300901地図好きは60年たっても変わらないな・・
  • さしもの夏も終盤と思いたいが・・NHK「鶴瓶の家族に乾杯」を見ていた。今週の舞台は秋田県由利本荘市。こうした番組には手許に地図がないと落ち着かない。よく利用する電子媒体の地図は、 ① 国土地理院の1/25000の地図、 ② カシミール3Dという1/20万 並びに1/5万 ③ google map  これらはいずれもパソコやスマホで見る。紙媒体のものでは ④ 子供達が高校生の頃使っていた教科書地図、 ⑤ 1/20万の道路地図必 [続きを読む]
  • 399-300825いい番組だ、ポツンと一軒家
  • お昼を済ませたあと、BS放送にチャンネルを合わせた。幼き頃親に連れていってもらった西部劇映画、「駅馬車」をやっていた。ジョンウエインが若い。疾走する駅馬車をインディアンが追いかける、馬車の屋根からJ.W扮するリンゴキッドがそれを狙い撃ちする。このシーンだけが記憶に残る。後年の実証的な西部劇映画に比べると細部の作りが粗い。鉄輪を嵌めただけの木製の車輪で、荒れ野をあのスピードで走れるわけがない。その晩の [続きを読む]
  • 398-300818コメの作柄は良か・・
  • 終戦記念日(実態は敗戦だが、敗戦記念日というのは自虐趣味)の正午にテレビの式典に合わせて黙とうする。あの時代を偲んで今日はすいとんを作って食べる方々もおられるとか。微かに当時の雰囲気の記憶を持つ世代だ。近くに住んでいる孫でもいればその記憶を話して聞かせ、彼らの世代にも記憶を引き継ぎたいと思うのだが・・夕立を気にしながら散歩に出る。殆ど住宅地に変わったが、かっては平坦な地形に水田が拡がっていた。 [続きを読む]
  • 397-300811アブラゼミよどこに消えた・・
  • 戸隠神社奥社参道。戸隠観光協会のパンフレットにあった写真。小さいのはほぼ同じ場所から撮った私のもの。時刻こそ違え、こんな写真を撮ることができない。経験、粘り、時間を苦にしない自由、機材とそれを使いこなす能力、表現力、センス等私には足らないものだらけです。写したいものは何かを明確にしなさい。一枚にあれもこれもと欲張ると平凡なものになってしまいます。それを忠実に守って撮影しているが、較べてみれば度が [続きを読む]
  • 396-300804高原の涼風に身を置きたかった・・
  • 戸隠神社鏡池の朝異常な暑さが続く。エアコンをためらわずに使いなさいとの警告が再三テレビで流れる。この暑さが7月下旬の学校の夏休み以降に始まったのなら、41.1℃の観測史上最高気温も含めてこんな夏があってもいいか、と納得がいく。私の備忘録によればこの暑さの始まりは当地では6月29日。7月4日からの西日本豪雨前後の5日間と異例のコースをたどった台風12号の通過で2日ほど凌ぎやすくなったのを除く、ほぼ一ヵ [続きを読む]
  • 395-300728閑話・・
  • 碓氷峠越えのアプト式トンネルの遺構。  2016.8回数はさすがに減り、かろうじて週1回程度だがスポーツ自転車を楽しんでいる。もう15年になるだろうか。堤防上の自転車専用道路を主に走るが、そこに行くまでに一般道を使う。可能な限り車の少ない路を選ぶ。まだ不安なく走れるだけで幸せです。先日こんな動画を見たので紹介する。↓ 英語版だったり、見たくなくても表示されるPR画面はスキップしてください。https://www [続きを読む]
  • 394-300721猛暑の私なりの過ごし方
  • 昨年夏の写真だが、群馬県下久保ダム湖のある風景。こんなシャッターチャンスなんて滅多にない。その近くの曹洞宗の古刹で見かけた三波石の圧倒的な存在感。泣きをいれてもどうにもならないので、猛暑に打ちひしがれながらもエアコンの効いた所を探し歩いている。今週は群馬県歴史博物館で開催されている催し物を見てきた。http://grekisi.pref.gunma.jp/96exhibition.html国や各地の資料館から拝借したとの説明書きの付い [続きを読む]
  • 393-300714人生最初のマイカーの同型車に出逢う
  • クライマーを魅了し続ける谷川岳一ノ倉沢。ここまでその全貌を見られるのはそうはない。    一ノ倉沢出会いを過ぎて更に先へ行くと、旧道に添った岩壁に若くして逝った岳人の遭難慰霊のレリーフが数多く埋め込まれている。この二人は私よりも5才ほど年下。読み取れるものには丹念に目を通しながら茂倉沢出会いまで歩く。 本人は山に散って本望だとは思っていないと思うが、安らかにと祈る。・・・     27.6.29近 [続きを読む]
  • 392-300707「ポツンと一軒家」というTV番組がおもしろい
  • 2年前のこの季節、新潟→苫小牧間のフェリーで北海道の地を踏む。日本海側から津軽海峡に入り、恵山岬を左に見て、今まさに太平洋に抜けんとする。海なし県育ちには海の旅は今も鮮明に記憶とどまる。偶々テレビでなかなか面白い番組に出逢った。その番組名は「ポツンと一軒家」という。毎週ではないが、良き一軒家が見つかり、探索結果が視聴に耐えられるのものであった場合に放映されるらしい。大体判ってきたが、番組スタッフ [続きを読む]
  • 391-300630ガンの心配が当面遠のいた
  •   広大なこんにゃく畑  29.7    安中市中野谷地区にて今月初めに前立腺の生検を受けるための検査入院をした。半年ごとのPSA値が判定レベルを3倍から4倍も超える状況が10年以上続いていた。特に自覚症状があるというわけでもなかった。1月の検査でまたまたその上限に近い数値が出る。この10年一貫して診察を受けているDr.に相談し、むしろこちらから生検を頼み込んだ。MRI画像の疑わしい箇所を22ヵ所も針刺して [続きを読む]
  • 390-300623ここにきて車を変えざるを得なくなりそうだ
  • 長野県佐久穂町の奥村土牛博物館の庭園にて  29.7 一度手に入れた道具類は比較的長く使う方だと思っている。今乗り回している車、平成16年製三菱エアトレック車、この当時三菱自動車は最初のリコール事態を隠蔽したり、小説の題材ともなったトラックの車輪が走行中に外れてしまう事故で世論の袋叩きにあっていた。株価は上場廃止寸前まで落ち込む。当然製造する車の買い手不在で地方デーラーはあえいでいた。セダン型ではなく [続きを読む]
  • 389-300616郷土が生んだ宰相の資料館
  • この葉を持つ樹は何でしょうか? スマホで撮影しましたが、葉がダブっているように見えました。私は知りませんのでどなたか教えていただければ嬉しいです。幸いにもスマホを自由に操作できると思っていた。昨夜何をしようとしたのか記憶にないが電源を入れた時に現れる画面が変わってしまった。アプリのアイコンが自分で設定した並び方と違う。天気予報が、LINEが、googleニュースはどこ? どこをタップしたらよいのか判らない [続きを読む]
  • 388-300609五頭連峰での親子の遭難事件
  • 5月の連休の時期、新潟県五頭連峰で父子の遭難事件があった。先週この父子の遺体が沢筋で発見された。父親が息子を庇うような体勢で死亡していたと報じられた。無事に救出されることを祈っていたが・・若くして亡くなった父子に合掌。改めてこの山域の地図を見てみる。新潟市の中心からさほど離れた場所ではない。近くに白鳥の飛来で有名な瓢湖がある。地図の表示範囲からは外れるが、東側(地図の右側)は豪雪で有名な飯豊連峰に [続きを読む]
  • 387-300602今年のサツキ盆栽は
  • この時期サツキが花盛りとなる。このサツキという花木は盆栽として一定の評価があり、昭和初期にブームがあった。戦後は40年ほど前に第二のブームがあって、私はこのころ30代半ばだったがブームに巻き込まれてしまった。盆栽やるには若すぎるのではないの・・ と言われながらもその盆栽としての美しさに惹かれて夢中になった。一時は狭い庭一杯に50鉢くらいのサツキが占領していた。出来上がったものを数万円出せば完成し [続きを読む]
  • 386-300526榛名山群天狗山南面ルートは私の山歩きレベルを超えていた
  • 榛名山群の天狗山に登る。頂上は巨石累々。歩行軌跡が見られるアプリ(geographica)で現在地を確認しながら登る。下の林道から北に向かって登り、左の林道から下山する予定だった。登山口の案内板。これを見る限りこれから先に待ち構えていた少し過激なコースには見えない。私の技量、体力からすれば看板に偽りあり、きつい登山だった。少なくともハイキングというレベルではない。軽トラが走れる林道から山道に分け入る。 [続きを読む]
  • 385-300519かっての養蚕農家の2階に上がる
  • その昔信越本線松井田駅はスウィッチバックの停車場だった。駅が本線よりも高台にあり、各駅停車は本線に停止後バックで駅まで戻りながら登った。その駅も西松井田駅と名前を変え、平凡な田舎の駅の一つになってしまった。軽井沢駅の先、御代田駅にもこの機構があったと記憶している。その駅舎の近くで見かけたアヤメの群落。こんな光景は田舎ならでは。富岡製糸場の施設や周辺の養蚕農家が世界産業遺産に登録されたのは数年前。 [続きを読む]
  • 384-300512パソコンの初期化に挑戦して成功
  • 再訪した上信国境余地峠の馬頭観音。往時の旅人にならい無事を祈って手を合わす。 で拡大峠から県境に沿って1337mの三等三角点に至る。そこから目指す地点(海から一番遠い地点、左上の赤のマーキング)に行くには、地形図での予想よりもきつそうな斜面を降りなけれならない。見下ろした感じでは手がかりとなる樹の枝は充分にあるし、いざとなれば30mのザイルもあるのでゆっくり降りれば問題はなさそうだが、 [続きを読む]
  • 383-300505山歩きと二本の映画、一冊の本で過ごしたGW
  • ゴールデンウイークは現役諸兄にとっては貴重な豪華連休。申し分ない季節、家族サービスに励んでおられると思う。私にはそんな時期も遥か昔の思い出となってしまった。ほぼ毎日がお休みである身には特別な意味はない。それでも現役諸兄がそろってお休みを楽しんでいると思うと、やはり普段とは違う。連休の初日と最終日に同じ地域の日帰り山歩きを楽しむ。初日はブログでふれた上信国境の余地峠を訪ねた。概ねの地形は頭に入っ [続きを読む]
  • 381-300428わたらせ渓谷鉄道に乗る
  • 4月28日のブログ更新日は朝早く山に登る予定。ブログ更新の時間があまりないので、先日4月26日に体験したわたらせ渓谷鉄道を新緑を写真で紹介します。近くにありながら、今まで乗ったことのないローカル線は予想以上に素晴らしいところを走っていた。少年の頃から電車の先頭で眺めるのが大好きな私、この年齢になっても変わらない。写真と動画で鮮やかな渡良瀬渓谷の鮮やかな新緑を紹介します。鉄道会社の血の滲むような努力の成果 [続きを読む]
  • 380-300421高畑監督追悼番組「火垂るの墓」に涙す
  •   出典 https://kensnews.net/?p=6223 宮崎駿氏とアニメ動画の双璧の一人の高畑勲氏が亡くなられた。この報に接するまでお名前を知らなかった。訃報の解説であの名作「火垂るの墓」の監督だったと知った。息子たちが幼かったころ一緒に見ていた「母を尋ねて三千里」などのアニメが氏の手になった作品だったことを初めて知った。追悼番組として先週「火垂るの墓」が放映されたので30年ぶりに鑑賞する。映画の主人公は清太少年 [続きを読む]
  • 379-300414久しぶりの山歩き
  • この時期花粉症に悩む一人だが、今年は症状が例年よりも激しく表れた。絶好の藪山歩きのシーズンが到来したのに、なかなか行く勇気が出なかった。少し落ち着いてきたので久しぶりの山歩きに出る。山登りというほどの高低差はない。場所は世界産業遺産のひとつとなった藤岡市の高山社の奥の林道回り。林道の道幅こそ軽トラックが走れるものだが、一周の半分は廃道寸前に追い込まれていた。しかし歩く分には藪漕ぎの必要がないので大 [続きを読む]