日本都市伝説 さん プロフィール

  •  
日本都市伝説さん: 日本都市伝説
ハンドル名日本都市伝説 さん
ブログタイトル日本都市伝説
ブログURLhttp://xn--9oqx67ab2fnkbmy2he6h.com/
サイト紹介文日本全国の都市伝説を恐怖系から面白系まで集めました。
自由文本当にあるとされる都市伝説を全国都道府県別に集めました。古来から伝わる言い伝えやUMA系から神社、曰く付きの場所などの恐怖系から面白い都市伝説まで。由来や、突撃に最適なアクセスマップも。実際に行く前に動画や写真で雰囲気も分かります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/04/04 13:37

日本都市伝説 さんのブログ記事

  • 【怖い話】コタツの中の足
  • 幼い頃、兄妹たちとよく、コタツの中で喧嘩をしていました。コタツは小さく、私達兄弟三人が匍匐前進をするような姿勢で、コタツの中にすっぽり下半身を入れてしまうと、お互いの足と足が重なり、暖かい場所の取り合いになってしまうのです。ある日、私はコタツの中で足をグネッと曲げて、他の誰の足もないところを足で探りみつけ、ちょうど気持ちの良い姿勢と暖をとりながらコタツで寝転んで読書していました。ふいに、誰の足にも [続きを読む]
  • 【怖い話】沖縄のヤシガニが大きい理由
  • 旅行で沖縄に行ったのに天気は曇りと雨で、南国の色鮮やかな沖縄を期待していただけに、灰色の景色がとても重かったです。海岸に近い通りを歩いていた時に、数メートル先を犬ぐらいの大きさの甲羅に覆われた、カニに似た謎の生き物が歩いていて、全身に鳥肌が立って急いで近くのお店に逃げ込みました。この時に私が目撃した生き物がヤシガニで、ハサミでヤシの実の堅い皮をやぶるくらいに力が強く、土を掘ってそこを住処にして日中 [続きを読む]
  • サザエさんの都市伝説(最終回含む)
  • サザエさんのオープニングで訪れた地域は、観光客が増え、経済効果が高い。いろんな地域の観光協会から、ブラックマネーの声がかかっているという噂がある。タラちゃんがスポンサーの「東芝」の名を作中で発言してしまい、批判の投書が新聞を賑わせたことがある。サザエさんの歌詞の1番には、家の二階が登場する。サザエさんの家は平屋なので、矛盾を避けるためアニメでは2番の歌詞が使われている。サザエさんの視聴率と日本の株 [続きを読む]
  • 【歴史ミステリー】徳川家重は女性説
  • 200余年の徳川の時代、有名な徳川吉宗のその次の代の家重が、実は男性ではなく女性だったのではないかという説があります。突拍子もない説だから誰も相手にしないようなこの説にはとんでもない証拠があるそうです。紀州徳川家の身分の低い女性の子どもとして生を受け苦難の幼少期を過ごしてきている吉宗ですが、紀州のお殿様になることさえかなわないと思われていた吉宗が巡り巡って徳川宗家の跡取りとなるというのは有名なところ [続きを読む]
  • 【歴史ミステリー】三種の神器「八咫の鏡」の裏側に書かれた文字
  • 天皇家に代々伝わる宝物に三種の神器があります。八尺瓊勾玉は草薙剣の形代とともに皇居・吹上御所の「剣璽の間」に安置され、草薙剣は熱田神宮に、八咫鏡は伊勢の神宮の皇大神宮に、八咫鏡の形代は宮中三殿の賢所にご神体としてまつられているそうです。三種の神器の八咫鏡についてとても不思議な伝説があるそうです。奥まったところに厳重に祀られている品々ですから誰の目に触れるというものではありませんが、鏡の裏には、ある [続きを読む]
  • 【歴史ミステリー】信長が本能寺に居た理由
  • 歴史上最大のミステリーとされている本能寺の変。本能寺の変とは織田信長が家臣である明智光秀に謀反の末に殺されるという話です。歴史の教科書なのでは、織田信長の明智光秀に対する日ごろの行いが悪く、ストレスや怒りがたまりに溜まって本能寺の変に繋がったとされています。また、本能寺の変は明智光秀による単独行動ともいわれています。しかし、近年の研究で様々な説が浮かび上がってきています。そもそも織田信長は少ない兵 [続きを読む]
  • 和歌山県 約束をやぶると死ぬ【牛玉宝印】
  • 和歌山県の新宮の方に「熊野三山」という由緒正しい神社があり、こちらはカラスを神様のお使いとして奉っています。黒い体に不気味な鳴き声、ゴミを漁る姿が嫌悪され忌み嫌れるカラスですが、古くは「日本書紀」から登場し、神武天皇を導いた神の使い、黄泉の使者と考えられてきました。神使のカラスは三本の足を持ち、「八咫烏(やたがらす)」と呼ばれています。古代、熊野の山々で修行する修験者達は「補陀落渡海(ふだらくとか [続きを読む]
  • 【怖い話】降りてはいけない あの駅
  • あれは確か、年末に近い12月下旬の事でした。職場の忘年会が終わりギリギリで終電に間に合った私は、静かに電車の揺れる中で家路へと向かっていました。マンションのある駅までは電車で30分ほど・・・そしてこの電車は最終で自分の駅が終点だったという事もあり降り過ごすという心配も無かったので、私は暖房の効いた車内で眠たくなってうつらうつらとし始めました。ややしばらくたって、頬をなでる風に目を覚ましました。ふと見る [続きを読む]
  • 【怖い話】私の命が絶えたときのお話
  • ある小さな寂れたスキー場にあるリフトはシングルリフトがほとんどです。このスキー場に唯一あるのはペアリフトです。カップルや友達同士が仲良くリフトに乗るなか、私は一人寂しくリフトの順番待ちの列に並んでいました。雪国育ちでスキーができる私ですが、今は北関東に転勤で引っ越して来ました。東京の本社には三年後に戻れるかどうか。妻と子どもはもちろん都内に残りました。せっかくお受験した小学校を転校させるわけにはい [続きを読む]
  • 【怖い話】大晦日に体験したちょっと不思議な体験談
  • 私は青森の小さな漁村で産まれました。小さな村なので村独特の儀式というものが多々あります。今回は大晦日に体験したちょっと不思議な体験談を書きます。私の田舎では、大晦日、年越しを迎える際に村にある小さなお宮に集まるという行事があります。初詣みたいなものですね。地区ごとで行われている事に若干の違いはあるんですが、私の地域では階段を200段近く登った先にあるお宮に集まるのが習わしなんです。青森は雪も多く、お [続きを読む]
  • 【怖い話】山小屋の戸を叩く者達
  • 祖父から聞いた話である。当時冬山で狩猟をやっていた祖父は、山からの帰り道で凄い吹雪に襲われた。さっきまでは天候が良かったのに、本当に山の天気は変わりやすい・・・祖父もそれは熟知しており、すぐに近場の狩猟小屋(避難小屋)へと足を運んだ。それは山に入った者が自由に使える山小屋であり、吹雪や遭難した際に利用できる避難所として活用されていた。当時は山で狩猟をしたり山菜を取ったりと、山に入る人間は多く当時は [続きを読む]
  • 【怖い話】深夜の除雪作業
  • その日は季節外れの大雪が降り積もり、私は除雪車に乗ってシーズン初の除雪作業へと向かった。大抵作業を行うのは交通量も減る真夜中となるのだが、その日は季節外れの大雪で朝から除雪車がひっきりなしに出動している状態だった。除雪作業に関しては住宅地の担当になると、やれ雪かきのやり方が悪いとか、この雪も持って行ってくれと注文されたり苦情を言われたりする事も多くあまりやりたくない仕事だったのだが、その日はとある [続きを読む]
  • 【怖い事件】広島一家失踪事件
  • 広島一家失踪事件は2001年に起きたどこにでもいる普通の家族がなんの前触れもなく、愛犬と共に失踪したという事件である。1年後、ダムの底から発見されることとなったこの一家(山上家)の失踪については、無理心中として解決しているものの、不可解なことが多すぎる。まず、無理心中をはかる理由が家族には見当たらず、人間関係で悩んでいる様子も無かったことだ。金銭問題があったのではないかと思いきや、この一家に借金などは無 [続きを読む]
  • 高知県 相撲が異様に強い『しばてん』
  • 『しばてん』とは河童に似た生き物で、身長は子供位の1mで、全身に毛が生えていて、生息地は河川の縁のよしの生えている草むらとか林の中と言われています。『しばてん』に遭遇すると『相撲をとろう』といってきて、相撲をとると異様に強いと言われています。目撃談が多いのは戦時中や戦後で、護岸工事などが全くされていない時代です。その後河川の護岸工事が進み、川岸がら自然が減り目撃談は無くなりました。目撃者はほとんど [続きを読む]
  • 【怖い事件】少年誘拐ホルマリン漬け事件
  • 昭和32年4月9日に、信じられない事件が日本に起こります。7日前の4月2日の夜、あるプロレスラーの長男が家に帰らず行方不明になりました。その数日後、長男の家庭に現金を要求する脅迫状が届きます。母親は、すぐに警察に届けを出し犯人を特定しようと捜査が始まりました。しかし、犯人は、現金の受け渡し場所に来ることはなく、犯人捜しは未遂に終わります。そんな中、警察に精神病院から通報があり、囲碁棋士で有名な人物の家 [続きを読む]
  • 【怖い事件】大阪2児餓死事件
  • 子供の虐待事件や育児放棄に関する事件は色々ありますが、映画化される程話題になったのが、2010年に起きた大阪2児餓死事件です。事件が発覚したのは真夏の2010年7月30日のことでした。近隣住民から異臭がすると警察に通報があり、駆けつけてみると一部白骨化した2人の子供の遺体が発見されました。容疑者は風俗店に勤める23歳の下村早苗。亡くなった子供は1歳と3歳の子供でした。事件現場は風俗店が借りていた大阪西区にあるマン [続きを読む]
  • 【未解決事件】北関東連続女児誘拐殺人事件
  • 北関東連続女児誘拐殺人事件は群馬と栃木の県境を中心に、1979年以降に4人の女児が殺害、一人は行方不明となっている事件である。このうちの一つは「足利事件」と呼ばれており、のちに犯人逮捕となったものの17年という長いときを経て免罪であったことが判明し、事件は未解決のままとなっている。記者である清水潔が、この事件について調査をしており、それ等をまとめた著書「殺人犯はそこにいる」を発行しており、その中ではこれ [続きを読む]
  • 【怖い事件】朝倉病院事件
  • 時々介護施設での高齢者虐待に関するニュースが報道されますが、以前にもそれと似たような大きな事件がありました。それは朝倉病院事件です。埼玉県玉県庄和町にあった精神科を専門とする朝倉病院で、2000年11月に高齢の患者が40人が不審死を遂げていることが発覚しました。発覚したきっかけは元職員による告発があったからだそうです。この病院は主に認知症の症状がある東京のホームレスの高齢者を中心に受け入れていたとのことで [続きを読む]
  • 【怖い事件】佐世保女子高生殺害事件
  • 2014年7月26日に長崎県佐世保市の進学校に通う1年生の少女が殺害されました。殺害したのは同じ高校に通う同級生の16歳の少女A子。「人を殺してみたかった」「解体して体の中を見たかった」とサイコパスな発言をしており、記憶に残っている人も多いことでしょう。事件現場となったのは加害者の少女が一人暮らしをしていたというマンションの一室。その殺害方法は悲惨なもので、まず紐で首を絞めて殺害し、ハンマーで殴られた上に首 [続きを読む]
  • 【未解決】青酸コーラー無差別殺人事件
  • 今、自動販売機の取り出し口に、中身の入ったジュース缶があれば持ち帰る人はいないはずです。過去に未開封で置かれていたコーラを飲んだ人が苦しみ死亡する事件、青酸コーラー無差別殺人事件があったからです。昭和52年1月3日、東京都で16歳の男子高校生が品川区の公衆電話に置かれていた未開封のコカコーラに気づき持ち帰る事になります。高校生は、そのコーラーを家で飲みますが、味が変な事に気づき水で口をゆすぎます。しか [続きを読む]
  • 【歴史ミステリー】上杉謙信 女性説
  • 戦国武将の中でもかなり有名で勇猛果敢な武将として知られている上杉謙信ですが、実はなんと女性だという説があるのです。私もこの話を聞いたときはびっくりしました。信長の野望でも武力が99か100の武将ですからね。上杉謙信の女性説には4つの理由があるのです。まず一つ目は生涯独身を貫いたことです。ご存知のとおり上杉謙信には実の子供がおらず、養子をむかえていました。この時代の有名武将は皆本妻の他に側室を迎え入れい [続きを読む]
  • 【怖い話】旅館に居たもの
  • その日は家族旅行に出かけ、予約してあった漁港が見える山の斜面に併設された旅館に泊まる予定でした。旅館に到着し、フロントで受付を済ませた後、仲居さんに連れられ部屋へと案内されます。斜面に併設されているので、フロントが一階で一番上の階、客室は半地下のB1、B2までありました。半地下ということもあり、旅館内の暗く狭い廊下をついて行き、一番奥の部屋が私達家族の部屋でした。内装は和風の露天風呂付き離れというイメ [続きを読む]
  • 【怖い話】迫り来る足音
  • 私がまだ大学生だった頃のお話です。当時付き合っていた彼氏がいました。ある時彼が私の実家に遊びに来ることになり、我が家の四畳半を彼のために貸すことにしました。私の実家というのは、すでに築50年を超える二階建て住居で、家のあちこちが痛んでおり、二階に住んでいた家族が出て行ってからは、二階は廃墟と化しています。彼が泊まる四畳半も湿気がたまりやすい部屋で、窓を開けるとすぐドブ川という、あまり環境のいいところ [続きを読む]
  • 【怖い話】野外活動で起きた怪奇現象
  • 私が中学生時代に体験した出来事です。私の通っていた学校には野外活動というのが2年生の頃に行われるのですが、山奥の合宿所に1泊2日し、現地の人に踊りや伝統芸を学ぶというもので歴代続くイベントだったようなのです。当時私の周りには所謂、霊感の強いと言われる友達が何人か居ました。私は霊などを見たことも感じたこともないのでその時は半信半疑だったのですが、その野外活動1日目、嫌でも体験することになるとは思いもしま [続きを読む]