RKパパ さん プロフィール

  •  
RKパパさん: R&K Family Camping-Life 〜日々脱徒然
ハンドル名RKパパ さん
ブログタイトルR&K Family Camping-Life 〜日々脱徒然
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rk_family_pp
サイト紹介文休日はひるがの高原のセカンドハウスまたは自作バスコンキャンピングカーにバイクを積んで出かけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/04/04 17:14

RKパパ さんのブログ記事

  • 前日比12度の気温差! 〜週末は二週続けて3連休
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!寒暖の差が激し過ぎて、体調管理が大変ですな。わたくしのエリアでは昨日の夜勤帰り「−6℃」とお伝えしましたが、今朝は一転「プラス6℃」でした。流石にこれではか風邪をひいたりする人も出てくるでしょう〜そんな私は「ア〇」なんで、今回も引いておりませんが・・・w本日ようやくやり残した家のことで、最後にこちらを申請しておきました。これは [続きを読む]
  • 抵当権抹消手続き申請 〜法務局へ
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!寒い朝でしたね〜〜飛騨荘川のアメダス観測点では-10.3℃と今冬初めて氷点下10度以下となったようです。夜勤帰りの甲賀市は-3〜-6度の気温表示でした。甲賀市信楽町の某所ではこのとおり!自宅に帰るとバスも自宅の壁もキンキンに凍りついておりましたね〜雪は少ないけどこの低温は恐るべし甲賀地方ですwさて11月に住宅ローン返済を完了し、11月下旬 [続きを読む]
  • 忙しい日々!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!今日にかけても忙しかった!昨日は忘年会で京都へ。こちらは京都三条大橋ですが、良く見るといい橋ですな。嵐山の渡月橋もそうですが、木製の欄干でいい感じ。渡月橋の近くで育ったものですから、あの橋見ても山見ても、神社仏閣〜竹林見てもな〜〜んにも感動しませんでしたが、これもまた歳を取ったからなのか?というわけで昨夜は早めに22時頃帰宅と [続きを読む]
  • 乗用車2台スタッドレス交換!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!忙しい週でした。更新をサボっていたわけでもネタがなかったわけでもありません。出来る限り毎日更新しようと思ってるのですが、今週は無理でした。新しい仕事は覚えることばかりで、今日は先週日曜以来の休みなんですが、忘年会やらその前に社のイベントありと、実質仕事みたいなものですよ。明日からもまた金曜まで変則勤務で、次の土曜までまともな [続きを読む]
  • 映画「ボヘミアンラプソディ」鑑賞!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!どうもわたくしはゆっくりしていられない性格のようで・・・w一昨日、ひるがの基地へ向かったと思えば、今日は早々の10時過ぎ現地出発で、滋賀へ帰宅です。今朝は氷点下4度まで冷え込みました。バスはもちろん、住宅の外壁まで霜でビッシリ!寝坊しましたので、起きたらすぐに片付けを開始して・・・10時過ぎに出発です。途中道の駅ラステンほらどの [続きを読む]
  • 雨の荘川漫遊! 〜特に何もなかったけど・・・
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!昨夜は仕事から帰り、映画「ボヘミアンラプソディ」を見に行って、23時過ぎから移動する予定でした。行き先は京都丹波か旧根尾村。ところが夕方、急遽予定が変わり、ひるがのベースに行くことになりました。で、映画は延期です。20時20分頃滋賀を出発し、高速へ。東海北陸道の白鳥〜高鷲間はこの日4車線運用を始めたばかりで、初日に乗ることができま [続きを読む]
  • 日照岳林道支線? 〜ゾロ林道の謎解明!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!【11月24日の記録です】初めに断っておきますが、この日はパンクしたバイクで走行しています。それやのにまだ行くんかいwで、蛭ヶ野林道や日照岳林道を走行していると目に入る「Z」型の眺望良さそうな林道、通称「ゾロ林道」の調査を初めて行いました。このゾロ林道の名前の由来についてはこちらをご参照くださいw別山谷方面から帰ってきても、この [続きを読む]
  • 日照岳林道最深部へ! 〜別山第一ダム〜海上谷への道
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!【11月24日の記録です】ついに因縁の大シウド谷橋までやってきました。こちらは渡って振り返ったところです。こちらを左折して日照岳林道の延長だと思いますが、別山第一ダム〜さらに奥の海上谷を目指します。すぐに左に道が分かれ・・・堰堤にたどり着きます。その後は山を登ったり下りたりで、ところどころ危ないところも・・・カーブミラーはあさっ [続きを読む]
  • KSRパンク修理〜リエッセ スタッドレス交換
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!本日は夜勤の昼間を利用して、まずはKSRのパンク修理です。先日これを買っておいたのですが、¥2,000以上もして驚きました。目印に釘を打つそうですわwそして説明書通りにこんなのを入れてゆくわけなんですが・・・これがなかなか奥まで入りませんでしたが、どうにか入れることができたのがこの画像です。そして余分なところをカットし完成です。この [続きを読む]
  • 蛭ヶ野林道〜大日谷林道へ!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!【11月24日の記録です】アマゴ谷から尾上平スキー場跡のセンターハウス横に戻ってきて、タイヤを点検してビックリ!パンクでした。ふつうならここでもうそれ以上行く気はは萎えるはずなんですが、空気を入れたらパンパンにタイヤが膨らんだっつ〜ことで、そのまま奥へ向かいました。画像はアマゴ谷橋ですが・・・この時期、スキー場跡の構造物もよく見 [続きを読む]
  • 蛭ヶ野林道〜アマゴ谷へ!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!【11月24日の記録です】この日は既報のとおり8時半に基地出発し、ひるがのの峠に向かいました。こちらより入りますが、ホンマ、いいお天気ですね〜葉が落ちた冬の景色もわたくし大好きです。この時期は遠くまで見渡せることが多く、違った開放感を味わえる、数少ない時期ですね。ではひるがのの峠に到着なんですが、なぜかこの日は後輪が良く滑ります [続きを読む]
  • 冬支度完了! 〜飛騨北東部では群発地震が・・・
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!11月23日から長野中部を震源とする、小規模な地震が続いております。わたくし高山市民でもないのに、高山市で起こった地震やイベント、熊の出没情報など、高山市役所よりメールをいただいております。23日の19時台からいただいた地震情報は実に約40回!マグニチュード2〜3程度の小さな地震ばかりで、奥飛騨温泉郷の栃尾で震度1か2の揺れを観測して [続きを読む]
  • 初冬の尾神郷へ! ダイジェスト版
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!飛騨荘川、今年の締めくくりになると思います。ひるがのの峠から尾上平〜尾神郷の最深部まで行こうと計画してましたが・・・昨日の朝に雪がうっすらと積もってしまい、果たしてどうなることかと心配しましたが、幸いにも昨日、走って情報をくださった方がいらっしゃって、安心して本日出動となりました。今回の目的は最深部の海上谷まで行けないか?  [続きを読む]
  • 今年は少し早めに冬囲いを!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!昨夜うっすら積もっていた雪は、今朝までにほとんど増えることはありませんでした。久しぶりにバスに入ろうとしたら、自動ドアが開きません。そう、エアー圧が足りませんでした。今日は遅めの9時50分頃、ベース出発です。その時にはもう雪は解けてすっかりなくなっておりました。高山市街へ向けて走行していたのですが、いつものR158の飛騨清見IC入口 [続きを読む]
  • 緊急告知! 〜ひるがの高原絶賛積雪中〜
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!神戸よりひるがの高原に移動しました。そんなに寒いとは思いませんが、まさかの(薄っすらと)積雪でございます。今週末、バイクでこちら方面にお出かけ予定の方がありましたら、この状況を見たうえでお越しくださいね〜現在は−1度ど大した冷え込みではありません。私も今、ベースに停めてるバスもソリオも夏タイヤでございます!大した積雪にはなら [続きを読む]
  • 今夜は神戸から高山へ?
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!最近、このパターンが多いですね〜今日は大阪のホテルをギリギリの11時チェックアウト。三ノ宮から新神戸駅まで迂回しながら80分ほどかけて散歩です(笑)神戸では西神というところで会議を持ち、後は三ノ宮でメインの宴会です。宴会後は新神戸から新幹線移動です。新神戸からのさくらは満席でデッキに立たされましたが、新大阪からのこだまはいつもなが [続きを読む]
  • 今夜は大阪泊!
  • 今日は大阪出張で、そのまま大阪泊となりました。なかなかえぇホテルですよ?部屋ではわたくしの大好物、こんなものをいただきましたので・・・まぁえぇでしょう(笑)明日は神戸出張ですね🎵11時チェックアウトで、ゆっくりさせていただきます?😌? [続きを読む]
  • 尾小屋鉄道跡を辿って②
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!【11月11日の記録です】廃隧道を堪能したあとは、廃駅〜廃橋梁までを巡りました。まずはこちら、沢駅跡です。ホームがしっかりと残っておりますね〜そしてこの道路(廃線跡)をそのまま進んで行きますと・・・やがて道は川の手前で左に曲がっており、その先に橋台跡が現れました。地図には橋の記号がありますが、実際はこのように橋台が残されているの [続きを読む]
  • 尾小屋鉄道跡を辿って①
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!【11月11日の記録です】この尾小屋ってところは本当に楽しいところです。見どころが多種多様で尽きませんね〜では尾小屋鉄道跡を探索してみましょう〜その前に・・・尾小屋鉄道とは?石川県小松市の新小松駅〜尾小屋駅までを結んでいた、鉱山鉄道として建設された軽便鉄道だそうです。1919年〜1920年に開通し、1971年の鉱山閉山後、1977年(昭和52年) [続きを読む]
  • 棺桶製造工場跡「O工業」へ!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!【11月11日の記録です】ずっと前から存在は知っていました。でも場所がなかなか特定できなかったのです。それは「O工業」と言われる廃工場です。場所は石川県小松市尾小屋町。では早速ご案内しましょう〜〜入口はこちらになり、工場は少し高くなったところにあります。木立に囲まれ、表通りからその姿を見ることはできませんね〜入口の右隣りにはこの [続きを読む]
  • 天守炎上! 〜郡上八幡城のライトアップ
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!「天守炎上」と称される、紅葉時期の郡上八幡城。城自体のライトアップは毎日行われているようですが、紅葉の時期はモミジも広くライトアップされるそうです。11月18日、本日が今年最後となりますが、その模様を16日、昼は能楽の里牧場〜広域基幹林道池田大野線の絶景を楽しんだ後、立ち寄ってきました。まぁ・・・元気なおっさんですわwリエッセバス [続きを読む]
  • 幻の大黒谷ダムへ再び!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!「幻」というのは大げさなんですが、そのように呼ばれていることもあるようです。本日はそのゲートを確かめに行きました。ゲートまでやってきましたら・・・おぉ〜〜開いてますやん!では、というわけでお邪魔いたします。途中、こやつがお出迎えしてくれました。が、そのすぐ先で・・・ここ、大黒谷ダムへ行くまでの、一番険しかったところです。何か [続きを読む]
  • 森林基幹道 大野池田線全通 〜眺望抜群のダート林道へ!
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!16日の記録の続きです。この記事はかなり長くなるのであらかじめご容赦ください・・・能楽の里牧場から見えていたこの道。次はこれを目指すことにしました。能楽の里牧場を後にし、「P5」ポイントまで戻ってきました。これより広域基幹林道大野池田線に入りますが・・・未開通! だそうです。まぁ行けるところまで行ってみましょう〜〜少し進むと真新 [続きを読む]
  • 能楽の里牧場へ! 〜福井県池田町
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!今朝は今庄365スキー場で迎えました。夜勤明けで継続の昼勤務をしたその夜は、本当によく寝てしまいますね〜今朝も気がついたら7時半になっていましたよ〜このように寝坊したので高速で移動いたします。今庄IC〜福井ICまで。そこからR158で大野市入り。大野市では先日もお世話になった奥越ふれあい公園の駐車場にバスを置いて、バイクで出発です。R47 [続きを読む]
  • 今庄365スキー場(P泊)
  •   ↑    ↑    ↑こちらのどれかを してくださいね〜〜 !(^^)!昨夜夜勤をして、そのまま仮眠後の昼勤務。帰宅後に車乗り換えバスで福井県まで!いつものパターンですな。元気なおっさん、20:40、自宅を出発し、湖国最南端から北上します。途中、山とか廃物とか林道とかの変態、いや失礼・・・ ご貴兄が多数いらっしゃる長浜市を通過しまして・・・木之本よりR365に入ります。入る手前からこんな看板が多数おかれ [続きを読む]