野性派でいこう! さん プロフィール

  •  
野性派でいこう!さん: 野性派でいこう!
ハンドル名野性派でいこう! さん
ブログタイトル野性派でいこう!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shokorun4405
サイト紹介文毎日のクスッと面白おかしいことを探すのが大好き!お料理上手夫、それぞれマイペースな4人の子どもたちと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/04/04 20:55

野性派でいこう! さんのブログ記事

  • ココハダ
  • お知らせ。秦野唯一のフリーペーパーココハダに、わたし一ページいただいて、エッセイ的な文章を書いています。ここに至るまでの道のりがまた、ちょっと、面白いんですが。あのフリーペーパーになんか書かせてもらえないかな、って呟いたその相手が、あ、代表知り合いだよって、マッハで連絡をとってくれて、とんとんとん。と。いや。本当に、今まで何度、雑誌の編集部に投稿しては落ち、書かせてくれと言っては、プロがいますから [続きを読む]
  • 大先生とお会いして。
  • よし。この道を行くんだと、決意が神様に聞き入れられたのか、素敵で不思議な出来事がいくつかあった。その中でも、ひとつ。ある土曜日。我が仕事の上司であり、大学の講師でもある方と、とある大学の学食で縄文時代について語らっていた。すると、事務の男の人がかけてきて、我が上司に、先生が部屋に一人だから、お相手して!と、声をかけて、またパタパタと行ってしまった。行こう!!と7月に還暦を迎えた我が上司だが、颯爽と [続きを読む]
  • 道なんかない。意志しかない。
  • ブログの更新がいままで粗になっていましたが、実は、実生活での創作活動は充実しておりました。まず、十月の終わりに、編集講座なるものを受けに、大阪に行ってまいりました。どうしても行きたい講座だったので春から泊まりがけで行く計画を虎視眈眈と進めていたのに、まさかのサッカーお当番とトイレ当番までもがその週にブチ当たり、おまけに台風上陸!!肝を冷やしました。実は占星術で、わたしはやりたい事をやるのに障害があ [続きを読む]
  • 全てお見通しされている朝
  • 今朝、朝ヨガに行こうと車に乗って、正面を見たら、ギョッとした。月の周りに何かかかっている。光彩という月の輝きが反射して輪をつくる現象より、もっと確実で、ちょっと異様な感じ。携帯電話を取り出して、カメラで何回も撮ってみたけれど、たちまちレンズが曇ってしまってうまくいかない。これは、なにかマズイ現象なんじゃないか。あちらからこちらを覗かれているような、こちらがあちらを覗いているような。直前まで見ていた [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その15。こどもレストラン、完結!
  • こどもレストラン開店となると、子供たちは、入り口にならび、料理の後ろに並び、いらっしゃいませ!いらっしゃいませ!の大絶叫。お客さんは入り口で200円払って、あとはビュッフェ方式だから、子供たちも食べてまわればいいのに、まずは、お客さんたちにサーブ。偉い。わたしもところどころで声をかけられ、サービスしてもらい、ねぇ、ねぇ、固まらないゼリー、案外評判いいよ、しょうこちゃん、しょうこちゃん、サービスで大盛 [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その14。
  • みんな、四時までに料理は作り上げてください。四時からは、会場つくりに入ります!と、アナウンスしてあったのに、とてもとても、どの学年も手が離せそうにない。あてにしていた五年生六年生が、まだまだ山場。作ろうというメニューが手のかかるものばかりの彼ら。当たり前である。なので、四時半から、手の空いてきた四年生二年生年を煽りまくって、看板製作。そして、四年男子リーダーと2人で、ガンガン机椅子を並べまくるわた [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その13。
  • スーパーから帰ってくる。昼ご飯は、パンとスープ。あーやれやれ、と大人が座っている間に、もう子供たちが台所に入って、こどもレストランの準備をはじめた。ねー!チーズケーキってどうやるのぉ?一年生が大声をあげている。ええ??図書室で本を読んで、材料書き出して渡してきたじゃない!作り方わからないの!?と、聞くと、皆、まだ、あまり字がよくわからないらしく、五年生のおねえさんに材料だけ書いてもらったとのこと。 [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その12
  • スーパーに着くと、元気四年生たち5人は、カートを押して店内をぐるぐる。しっかりしてるなあ。と、思った。ら、しばらくして、カゴの中を見てみると、ゼリーをつくるのに、ゼラチン三箱と固める為のジュースが二本。明らかに分量がおかしい。なぜ、五人もいて、誰一人、ゼラチンの箱の説明をみて、計算しないのだ!で、今回子供レストランのルールで卵とピーナッツを使わない事になっているので(アレルギーのある子もみんなと同 [続きを読む]
  • OKだすのは、わたし!!!
  • 夏の学童の話が思いがけず長くなってしまっているので、小休止。しょこさん、近頃なにやってんだ、と。ええ。爆進してます。じつは。絵を描いて文章書いて、パソコンでレイアウトして、うまくできずに、あーっ!もう!!と、イヤんなって、でも、絶対に投げ出さないぞと、気合いいれて、また、進み直しとります。いや、本当に、ヘロンヘロンでも、大きな虹がドーンッと、でると、それだけで、よっしゃ!大丈夫!これで間違ってない [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その11。三年生のワイルド友情スムージー。
  • スーパーに向かう車中。わたしの車に乗った三年生三人。全然個性が違って、自由行動時に一緒にいる絵はあまり見かけなかった三人。寿司が巻き寿司になった三年生だ。海苔と米は食材から使えるので予算にかなり余裕がある。デザートも作る事にしたらしい。一年生がチーズケーキ、二年生と四年生がゼリー、五年生がクレープ、六年生がフルーツピザとなっているさて、どうするのかなあ、と思ったら、スムージー!!あれがいいよ!でも [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その10。子どもレストラン!
  • 朝ごはん片付けと、団体行動はなにやってんだかわからないけど時間がバンバン進む。本日、日中当番で入ってくれるCちゃんから、銀行に行ってからいきますと連絡が入る。銀行?会計は、大変だなあ、とその時は気づかないわたし。子供たちは、全員で、逃走中?みたいなゲームをはじめた。これは、我が息子がサッカーチームの合宿でみんなでやったのが面白かったので、この学童でもやりたいと散々言っていたゲーム。どんなゲームなの [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その9。朝だぞ!
  • あけて翌日。朝の散歩。保育園時代から体内リズムを整える為に、やらねばならない事の一つだったので、もちろん、やります!と、いうか、早寝習慣のついているこの子たちの朝は異様にはやい。下手したら、朝の5時から外で野球なんぞを始めるので、朝から発散させないといかん。で、昨日も肝試しをした道を下る。下のお豆腐屋さんまで行ってみる。まだ、朝の6時を回ったか回らないかくらいなのに、もうお店の人がいて、豆腐を売って [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その8。本当の肝試しやら、アナグマやら。
  • 夜のお散歩行きたい人〜〜!と、みんなの部屋を回って声をかけたけれど、5、6年の女子なんか、どうせ、あの怖くない肝試しなんでしょ?いかない。なんて、すっかり、男子たちの目論見はバレている。それでも、四年生以下の女の子たちは5、6人集合の玄関にきてくれた。もう、こっそり隠れる男子たちは、オレたち先歩いてるね〜〜、と口々に言いながら、駆け出している。四年生の女子たちもその男子たちの背中に迎って、どーせ、隠れ [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その7。秘密の計画。
  • イケメン三年生に呼ばれていってみると、そこにはウジャウジャ5、6人の二年生と三年生と四年生坊主。しょうこちゃん、ちょっと、ちょっと。が大きい声だったので、女子たちもワラワラ何事かとわたしについてくる。女子は来るな!!と、怒号が飛び交い始める中、男子たちの話を聞く。オレたちが隠れてるっていわないで、女子を連れ出してほしい。つまりは、肝試しの提案である。肝試しやりたいやりたい、と夕飯を食べながら言ってい [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その6。
  • キャンプ1日目。午前中は、施設から3キロほど山を上がったところにある沢。涼しい。沢の途中のちょっとした深みでも充分楽しそうな子供たち。反対に前日からの疲れで座りっぱなしのわたし。お昼を食べ終わったら全員で「ダルマさんが転んだ」に誘ってくれた当番お母さんがいて、大変助かる。わたしは、身体が疲れていても、頭の中では、こどもレストランの計画を目まぐるしく考えていた。四年生のハンバーグは、煮込みハンバーグを [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その5。キャンプ前日。
  • キャンプの前日。都合が悪くなったお当番さんの代わりに、急遽一日、わたしが保育に入る事になった。前の日、仕事先の黒板に、休みます、と、4日分、ダーッと線を引く。えいやっ!むしろ爽快じゃ!さて。前日のお当番さんから、子供たちが元気すぎるので、プールに行くべき、と引き継ぎがある。本来は、一日、公民館の和室とホールですごす予定を、車を出してくれるお母さんを募り、市営プールへ。元気いっぱいのお子たちを、室内 [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その3。
  • お世話になったサーフ屋さんは、サーフボードをくくりつけた自転車を自分で漕いで海までいくお店だった。やるゾーッと、楽しみが先にあるから、ブリブリ言う暇なくみんな自転車を漕いだ。で、わたしたちは波に乗った。もう六年生は瞬く間に乗った。わたしともう1人、40代ママは、波に揉まれつつ、楽しんだ。この完全に、大人がついていけない感じが最高だ!と思った。夏の学童も、大人なんかをアテにしてもらっちゃ困る。と、いう [続きを読む]
  • 日曜日の上野にて。
  • 今日の話は学童ではありません。日曜日に大学生の娘が学園祭で踊るってんで、上野まで行ってきた。その日の朝、わたしが四時に起きると、いよいよ娘はリビングの床に寝ていた。毎日終電近くに帰ってきて今日も始発にのるつもりらしい。仕方ない。祭りなのだ。フワフワのところで寝ると寝坊するから。と、その勢いで踊るらしい。さて、日が昇ると真夏のように暑くなった。わたしがお昼過ぎに大学に着くと、ステージは大学敷地内には [続きを読む]
  • 夏の学童の話。その2。まだ、番外編。
  • 我が末っ子が六年生で、この夏の学童のリーダーになる。これは、わたしにとっては、大変にやりやすい事だった。やっぱり学童を組み立てていく子供たちと意思疎通ができる。これは、大切。今年の六年生は、自分ちの子と、その仲間たちはお腹にいる時から知っているような子たち。この状況は、最高だ。さて、その六年生たち。通っていた保育園は一緒であっても、現在通っている小学校はバラバラである。夏に入る前に一回、みんなの気 [続きを読む]
  • 夏の学童の話 その1
  • 8月の話に戻る。お母さん学童の最後の3日。キャンプ。5月からの話し合いで、前半の1週間キャンプは、いつもの湖。後半のキャンプはいつも八ヶ岳に行っていたのだが、保育園側からなぜか八ヶ岳はあんまり、、、などと言われた事もあり、違う場所でもいいんじゃないか、と保護者からの意見も出る。キャンプの様子を見た事のない保育園側から、なぜ、そのような意見が出るのかは、謎。わたしの意見としては、三年連続八ヶ岳引率して、 [続きを読む]
  • 大切なパン屋端会議
  • パン屋さんに行った。我が家の近くにこんなパン屋さんがあって、わたしゃ幸せだよ、な、パン屋さんなのだが、奥様とは、同じ産婆さんにお世話になったりしたご縁で、寄れば近況報告。まだ、朝ヨガ行ってるのー?行ってるよー。でも、8月の終わりはキャンプに行っちゃって、朝ヨガいけなかった。キャンプ?家族で?いやいや、よその子も20何人連れてだよ〜〜。えーっ!!??ショコさん、何やってるのお!!??あ、お母さん学童の [続きを読む]
  • 抜けろ!ダメループ!
  • 疲れた〜〜。今週は、ずっと仕事。パソコン仕事で脳天キリキリになっております。おまけに、もうすぐ事務所の引越しなので、ワッサワッサしとります。それで気づいた。やたらに疲れて、わたしはガム噛んだり、おせんべいかじったり、コーヒー飲んだり、しちゃう。無駄なおしゃべりも多くなんだわね。8月末の学童で過ごした1週間は、意識せずとも白砂糖抜きの生活が送れた(自然派学童なので、おやつや食事も白砂糖使いません。)あ [続きを読む]
  • ペース落とそう9月。
  • こんにちは〜〜ブログなんですが、わたしも、楽しみに読ませていただいてる方のブログがあって、まあ、ヨガ関係なんですけど、毎日でもなんか更新してあると嬉しいものですね。と、自分の放置ブログを省みました。さて、ほいさ。秋ですよ。9月も5日。朝四時に起きてリビングに行くと、ソファで娘が寝ておりました。学園祭の神輿製作が大変で、始発ででるから、ソファで寝たとの事。だいたい彼女の愚痴は、いつも神輿製作だ、ダンス [続きを読む]
  • やってやりましたよ。
  • 車のタイヤがパンクした。朝ヨガの帰りだったので、早朝!ヨガの仲間がまだそのへんにいるかな?助けを呼ぼうかな、と思ったけど、自分で応急タイヤに替えてみようと思った。以前に友達の車のタイヤを交換した事がある。免許とったとき、教習所でも習ったし、一人でもできるだろう。と、思った。しかし、作業している間も心は、折れる折れる折れる。車の説明書見ながら、こんなとこにあったんだ!の応急タイヤを取り出して(これに [続きを読む]