あつし さん プロフィール

  •  
あつしさん: いつも一緒に
ハンドル名あつし さん
ブログタイトルいつも一緒に
ブログURLhttp://chepumi.blog.fc2.com/
サイト紹介文いろいろな山野草、原種シクラメンや多肉植物など栽培しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/04/04 23:18

あつし さんのブログ記事

  • ありがとうございました。
  • この記事にて私のブログは、公開での更新を最後にしたいと思います。皆様、短い間でしたがありがとうございました。アップしたか忘れてしまったので、最後はペルシカム シルバーセンターで [続きを読む]
  • 販売について
  • Cyclamen coum 'Porcelain`販売の件ですが、メールアドレスorブログのどちらも分からない方がいます。早急にお知らせください。募集はすでに締め切らせていただいています。 [続きを読む]
  • アンモライト
  • アンモライト、カナダとアメリカの一部で産出されるアンモナイトの化石の一種です。130.7 X 69.9 X 37.7mm 673g116.5 X 83.5 X 45mm 540g 両面ダブルトリプレット、クォーツでキャップしたアンモライトでペンダントトップ等に使用します。アンモライトは全てMF様より購入。 [続きを読む]
  • 三葉虫 コネプルシア ブルトニ
  • Koneprusia brutoni モロッコ産の棘棘三葉虫コネプルシア ブルトニです。これも巣穴様より購入。頭部先端から尾部先まで貴重な完全体で、すべての棘きれいに掘り出されているとのこと。この仲間にはこの棘から更にもう一段棘が出る種類もいるんですよね。棘先まで54mmMiddle DevonianJbel IssoumourMorocco [続きを読む]
  • 三葉虫 アサフス コワレウスキイ
  • Asaphus kowalewskii  ロシア産の有名な三葉虫アサフス コワレウスキイです。胴体は海底の泥の中をはい回り、眼だけを泥の中から出していたと考えられているようです。こちらは巣穴様より購入。90mm超え最大級クラスのとても立派な個体です。世界各地の優良化石を販売されているのでファンも多く、私も数点購入させていただいています。 [続きを読む]
  • 原種シクラメン クラッシフォリウム
  • クラッシフォリウム採種親株の一部お問い合わせの多いクラッシフォリウムについて見た目が派手なので販売されているとつい手が出てしまうと思いますが、クラッシフォリウムについては安定供給できる体制が整っています。来シーズンからは3年生苗を中心に沢山流通させることができます。種子を蒔いていない後続の方などは高値で販売されていても手を出さず、もう少しお待ちください。シルバーリーフ系、葉脈シルバーセンター系とも [続きを読む]
  • 原種シクラメン
  • コウム レイクエフェクト 他の品種と比べて花が大きめですね。また花変異も多く、ピンクノーズなども出現します。協会関係の話をされる方が多いので。私事となりますが協会は辞めました(籍は8月まで残っているのかな?)今後イベントにも参加しませんし、内部のことも全く分かりません。ですので協会関係のことは他の方にお願いします。 [続きを読む]
  • 原種シクラメン販売について
  • 去年はヤフオクに多少出品したのですがどうしても価格が競りあがってしまうので、今シーズンはコウムが咲き始めたら販売用のブログを作ろうと思っています。ただ誰でも購入できる形にはしません、新規で始めた方や後続の方、種子の入手法が分からず蒔けなかった方などを少しお手伝いのつもりという意味合いが強いです。時期が来たらお知らせしますので興味がある方はご連絡ください。パスワードをかけるつもりなので、それ以外の方 [続きを読む]
  • 三葉虫 アカンソピゲ
  • Acanthopige sp. 2011年に発見されたBoulachghale産アカンソピゲ(アカントピゲ)で新タイプと呼ばれています。MDL様より購入。詳しくお聞きしますと欠損部分の修復や補修等は一切なくすべてオリジナルの本物、市場にここまでの化石ははほとんど出回ることはない、さらに同店から以前にワリセロプスを購入したことから大幅に値引きしていただき今回を逃したら手に入れることはもうできないだろうと思い購入しました。旧タイプのハ [続きを読む]
  • 原種シクラメン 春咲き種
  • 原シクの春咲き種は生長が遅く、開花まで時間がかかり〜〜と紹介されています。実際には他の原シクと同じく3年目から開花することも多いです。植物体も小さ目で葉数も少なく根も細いので、特に小さいうちは他種類と別管理が必要です。葉の展開も遅く小さいので水分の蒸散がかなり悪く、他種と同じペースで水をやると性質は丈夫なので枯れることは少ないですが根の発達は悪くなりますね。大株になるまでは特に注意してあげたほうが [続きを読む]
  • 化石
  • 化石にも興味があり三葉虫とアンモライトをいくつか持っています。三葉虫いろいろアンモライト(アンモナイトの化石)、生物起源の宝石です。同じものですが、角度や光の当たり具合によって色が変わります。 [続きを読む]
  • 原種シクラメンいろいろ
  • スーダべりカム ベストパターンからかなり白い葉模様選抜今シーズンは初採種予定アルピナム シルバーリーフから。日本での一般的な感覚のシルバーリーフは出ませんでした。エレガンスなんか普通のツリー模様をシルバーリーフなんて呼んでるし、本場ではシルバーの面積が広い個体をシルバーリーフとしているのかもしれませんね。まあ奇麗な個体になってくれればそれでよし。カンディカム、来シーズン開花して花粉を使いたい個体こ [続きを読む]
  • 原種シクラメン クラッシフォリウム
  • クラッシフォリウム いくつかアップ。実生するとたくさん出てくるタイプ、今後販売されると思いますが高値で飛び付かないほうが。。ヘデリノーマルのようにどんどん出てきます。販売する側も常識はずれな価格を付けるのは止めて欲しい。派手なセンター系、このタイプの良個体を輸入種子から選抜しようとすると数は少なく大変ですが、これを親にして実生すると派手センターが量産できます。ただ上記のセンター系も含めてシルバーの [続きを読む]
  • 原種シクラメン クレチカム
  • クレチカムもいろいろな葉模様が揃ってきましたね。春咲き種の中では秋咲き種とほぼ同時に展開するため、鑑賞できる期間が長いです。クレチカム スペックルドリーフ、個体差が激しくパッケージや年によってはノーマルに近いことも。良個体を選抜して、採種したいですね。これは実生ポットのまま植え替えしていないのですが、去年開花済みです。クレチカム シルバーホープ、実生すると継続します。クレチカム プレーンリーフ ロ [続きを読む]
  • 原種シクラメン
  • G.I.ナーセリー選抜のヘデリ ピータームーア、種子添付用に画像を撮ったのでアップ。こちらもG.I.ナーセリーのヘデリ選抜ノーネーム 大まかに分けると中心のシルバーによって2つに分けられます。こちらは中心のシルバーがはっきりしているタイプ苗の時から選抜しやすい感じこちらは中心がぼやけるタイプそれなりの葉模様を選んでプランターにでも寄せ植え栽培していればいつの間にか綺麗になってます。とても優秀ですね。どっち [続きを読む]
  • 原種シクラメン
  • クラッシフォリウムの採種親も葉が展開してきました。特別凄いってのは少ないですが、実生のハズレが少ないのがいいところ。今後はさらに選別が進むと思います。クラッシで私の好きなタイプはこれ、シルバーセンターはより白く、より派手にが目標。ところで昨日はクラッシとノーネームの実生ポットをプランターに寄せ植えしました。プランターや大型のプラ鉢などに寄せ植えするときにぜひやってもらいたいことがあるのですが、超簡 [続きを読む]
  • 原種シクラメン クラッシフォリウム
  • 昨日の夜、水やりしながら見ていたら自家採取したクラッシフォリウム プラチナ交配の2年苗ポットの一つからプレーンリーフ?のような苗が一つ発芽しているのに気が付き、急遽植え替えしてみました。ポットのちょうど真ん中あたりに生えていて、周りの葉陰になっていたので発芽したてのような小ささです。この苗以外は個体差がありますが全てシルバーリーフの範疇でしたのでこんなことがあるのか?と思いましたが画像を見るとポツ [続きを読む]
  • 原種シクラメン
  • お久しぶりです、他にアップしているのでこちらにはなかなか。。少し前の画像もありますが、少しまとめてみました。横山さんの赤アンに刺激を受けて家でも探してみました。植え替える前の画像なので用土が汚い。。そうそう最近は植え替え少しずつですが頑張っています。赤が濃くなる個体は2年目から濃いですからね、この辺なんかはどうでしょうか?それにしてもこの交配はアンの出現率が凄い。一番濃かったのはこの子かな、かなり [続きを読む]
  • 横山ナーセリーさんにお邪魔してきました。
  • 少し間が空いてしまいましたが、24日は横山ナーセリーさんに行ってきました。とにかく一番上のミラビレ アンにはびっくり仰天!!もう凄すぎる、これ見ちゃうと他の原シクが・・・これもアンあれもアンこれはプラチナリーフと横山さんは流通上呼んでいますが・・・この名だとどこのナーセリーでも出現しそうですが、しかしシルバーリーフとは全く関係ない別次元の貴重な選別品種だと思います。万に一つどころか数百万に一つの後世 [続きを読む]
  • 原種シクラメン ミラビレ タイルバーン アン
  • 数名の方からタイルバーン アンについてご質問がありましたので。鉢上げしていた苗の小さい時の画像があったので比べてみましょうね。今ではほとんど葉縁の緑は無く、全体的に色素が薄い感じです。赤系ではなく濃桃のモモアンになってくれるといいのですが。上記アンの2年前の画像で、葉縁にははっきりとした緑が。他のアンと色味が違っていたので写していました。こちらは若干縁が残っていますが、ただ来年には消えそうな感じ。( [続きを読む]
  • 原種シクラメン
  • 青いヘデリが咲きました。画像では分かりにくいのですが、右側の花が青いのです。濃色から咲いた初花なのですが、見て分かる通り同一株です。これで全面濃青の花が咲けば本当のダークパープルですね。右側の花が後から開いたのですが、最近気温が下がってきたからなのかな?下がったとはいっても都内なので夜間気温が15度くらいでしょうか。安定して青く咲かせる方法が分かればいいのですが。隣に置いてある鉢は普通の濃色で咲い [続きを読む]
  • 原種シクラメン
  • 前記事のお返事書く前にアップして申し訳ないです。。後でゆっくりコメント入れますので、お待ちください。シプリアムから変わった花が咲きました。若干ピンクが入った花はよく見かけますが、ここまで染まった花は初めて見ました。気になり英国シクラメン協会本部のHPで調べてみたのですが、シプリアムの花は白からペールピンクまでの花色変異があるようですね。これがペールピンクにあたるのかよくわかりませんが、ピンクというよ [続きを読む]
  • 原種シクラメン シリシアム
  • 原種シクラメン シリシアムが次々と咲き始めました。個人的に秋咲き種の中では一番好きな花、全体的に見てもコウムと双璧かなと思っています。ただ自宅では間延びしてしまい、うまく仕上げることができません。。定番ですがふくよかな淡いピンクの花弁に、濃い口紅の花。もう綺麗すぎるて、一番好きなタイプです。濃色実生から。少し濃い目の花が咲く確率は高いかも。これも濃色実生から、かなり濃い花ですが上手く写りません。ヘ [続きを読む]
  • 原種シクラメン
  • 原種シクラメンの花が次々と咲きだしましたね。スターゲイザーも濃色花の自家採種寄せ植え。濃色花の咲く確率は非常に高いです。ミラビレもインタミシプリアム2年目のコルチカムも開花、花が終わりかけの画像ですが。。葉も堅く独特ですが生長は早いです。こちらは7〜8年前に初めて蒔いたプルプラです。この時は5本発芽したのですが、いまだにすべて健在です。プルプラ枯れやすいという方がいますが、長く栽培していますが家ではプ [続きを読む]