ノローナ さん プロフィール

  •  
ノローナさん: ティムホートンは甘すぎる
ハンドル名ノローナ さん
ブログタイトルティムホートンは甘すぎる
ブログURLhttps://torumekian.exblog.jp/
サイト紹介文胃腸の弱い「中の下」レベルのトレイルランナーがどうやったら快適に山を走れるのか、日々模索中です。
自由文没頭しているのはトレイルランニングですが、サッカーも好きで、スポーツ全般なんでも興味を示します。健康にも気をつかっているので、食事など日々思うことを書きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/04/05 08:58

ノローナ さんのブログ記事

  • やっとたどり着いた頂上
  • 人生で1、2を争うほど、長く感じた90分でした。鹿島アントラーズ、念願のACLチャンピオン。選手、控え選手、フロントスタッフ、サポーター。すべての鹿島ファミリーの想いがひとつになり、現実となりました。はー、疲れた笑。正直、怖さは感じませんでした。これは初戦が終わったときにも感じたことですが、ペルセポリスには、あまりにも攻撃の戦術がない。あるとしたら際どいコンタクトは転んでみて、あわよくば、、、、みたいな [続きを読む]
  • 埼スタのそれとは、ちょっと違う
  • 鹿島を絶望のふちへと追いやる3点目が決まったとき、不謹慎にも感動している自分がいた。銃声のような瞬発的で圧倒的な、耳を擘くほどの大歓声が一瞬にしてスタジアムを埋め尽くす。背中に電気が走った。うははは。こういうのが本当のサッカーなんだろうな。300人の鹿島サポーターを取り囲む、およそ10,000人の水原サポーターの歓声は明らかに熱を帯びている。これは国内リーグではない。そう、日韓戦だ。特別な感情が入り混じって [続きを読む]
  • Last 90 minutes. 〜鹿島は謙虚に前を見据える〜
  • 試合終了後、レフェリー、相手選手と握手もせずにピッチを後にする選手が6名。相手、レフェリー、サッカーに対する敬意と礼儀を欠くチームに、勝利の女神が微笑むとは思えない。果たして、試合は鹿島が勝利した。試合開始直後に感じた相手の脅威は時間の経過とともにどんどん薄れていき、終わってみればスコアは2-0。それほど苦労のない試合に見えた(少なくとも一つ前の水原戦よりは)。鉄壁の守備力を持つと聞いていた。確かに球 [続きを読む]
  • UTMF エントリー
  • エントリーしちゃいました^^来年のUTMF2019。今年はSTYがなくなって、UTMFの人数が増えたから倍率は低そうです。当選通知がきたら、11月1日発売のDVDを見たら、いよいよ気持ちが高ぶっていくんですかね。たぶん、初めて出場した今年よりも“雑念”が増えると思うので、難しくなると思います。過信、慢心に翻弄されず、今年の経験をきちんと次に活かせるように、レースを楽しめればと思います(もし当選したらの話)。結果を待ち [続きを読む]
  • 韓国へ
  • 準決勝二戦目と言えど、先はまだまだ長いです。国内最多のタイトルホルダーだからこそ、一つのタイトルをとることの難しさを他のどのチームよりもわかっている。鹿島を取り巻く環境にいる、すべての人に共通していることと言えることなんじゃないかと思います。とにかく、タイトル一つとるのは並大抵のことではありません。これまで幾度となく、辛酸を舐めさせられていますから。(昨年の12月なんて、まさに)次に進むためにサポー [続きを読む]
  • 自分たちで終わらせたコンペティション
  • おそらく今のJリーグでナンバーワンのフリーキッカー(と思っている)天野のいるチーム相手に、安易なハンド。割れる壁。こぼすキーパー。外すPK。ホームの第一戦で、これだけ低次元のミスが連発したら、もはやサッカーにはならないかな。自らつくりあげた困難なミッションをクリアすることができず、ひとつのコンペティションが終幕。現実的にリーグは難しいと考える。残された二つも簡単ではなく、昨年同様、ここ一番でのピーキ [続きを読む]
  • 次なる目標は
  • 久しぶりに山を走りました。南高尾だけど^^秋も深まって来てかと思ういや否や、山はもうそろそろ冬に向かって移ろい始めてますね。さてさて、今年も残り3ヶ月を切って次の目標を決めたいなというとことです。UTMFはまたチャレンジしたので、明日(明後日?)エントリーする予定です。あとは、来年もう一度海外のレースに出たいのでどこかの国のなんかのレースを探し中です^^スロバキアあたりいいかな、とか、北欧がいいんじゃ [続きを読む]
  • チョン スンヒョン
  • チョン スンヒョン。今年の7月に急遽ぼくのアイドルになったサッカー選手です。ふだんはめちゃくちゃもの静かだけど、試合に入ると闘志全面に押し出してバックラインからチームを鼓舞。それでいて、ダーティなプレーはしない(僕が出会ってからというカッコ書きつきですが^^)。この選手が鹿島に来てくれて良かったと思っています。本当に。先のACLも彼の奮闘もあって水原に勝つことができました。スンヒョンのプレーに心動かさ [続きを読む]
  • 信越五岳トレイルランニングレース 〜 熊坂 - 戸隠スキー場 〜
  • 今日は熊坂から戸隠スキー場まで。熊坂を出てからはだらだらとつづく、川沿いの林道?に近いのかな。砂利道です。できるだけ土の部分を走るように心がけつつ進みます。かつ、歩きすぎないように。こういうところをしっかり走りきれる人、本当に尊敬します。僕には無理です^^頑張ってここをクリアするとご褒美(と、自分は位置付けている)の黒姫までのトレイルが始まります。なんか好きなんです。このパート。抜けると黒姫エイド [続きを読む]
  • 安達太良山トレイル
  • ちょー、久しぶりに安達太良山に登ってきました!本当に、このお山、大好きです。頂上から鉄山まで向かう途中、沼平方面に広がる絶景はまるでアイスランド(勝手なイメージ)。ワイフが登山、僕はランのスタイルで頂上で合流。そこから下りは一緒に降りてきました。いつものパターンです。また行きたい!けど、駐車場の秩序をもう少しなんとかしてほしいです^^あわや、出られないところでした。  [続きを読む]
  • 信越五岳トレイルランニングレース
  • 信越五岳トレイルランニングレースに出場しました。昨年も110kmの部にエントリーしたのですが、台風の影響で距離が約半分の52kmに短縮。やっぱり全行程を踏んでみたかったので今年もエントリーしました。天候は、雨が降ったり曇ったり、ときに陽がさしたりところころ変わりましたが、大きな崩れはなかったです。気温は、高かったかな。スタート直後にアームゲイターを外して、それ以降一度もウィンドシェルなどの長袖を着用するこ [続きを読む]
  • 8月の遠征シリーズ 〜青森ねぶた祭編〜
  • 今年もやってきました、ねぶたの夏。ということで、青森に来ています。初めて参加したときから、こんなに楽しいお祭りはないとどはまりしてしまって、以来毎跳人となって練り歩いています笑。跳人とは、ねぶたの前に陣取り、ひたすら跳ねて約1時間半歩き続ける人たちのことです。(結構いいトレーニングになります笑)。ねぶた祭には「跳人賞」という賞もあるので、それはそれで跳人にとってはモチベーションとなり、より楽しむ要 [続きを読む]
  • 8月の遠征
  • 社会人になってからの8月は、いつもあっという間にお終わる笑。月初は仕事がいろいろバタついて、それが終わると夏休みが来て、そのまま月末に向かって一気に日付の進みが早まる。慌ただしい中楽しいこともたくさんあるので、より一層、進み具合が早く感じてしまうのかな。今年もねぶた祭りの期間に青森に行って、その次の週末にクロアチア(&ボスニア・ヘルツェゴビナ&トルコ)に飛びます。いつも以上に忙しい8月。体調だけ、崩 [続きを読む]
  • リスタート。ブログのね。
  • 心機一転、しっかりとブログを書きます(笑)。ときどきこのテーマでブログを書くことがあります^^ きちんと、毎日ブログを書きます!って。とくに最近はインスタグラムの台頭により、そっちばっかりやってしまっていて、ブログがそっちのけになってしまっています。まあ、言い訳ですが笑。SNSも情報発信&共有するのに良いツールだと思います。ただその性質はブログとは違って、端的に、頻度をあげてどんどん情報を発信してい [続きを読む]
  • The4100 マウンテントレイル in 野沢温泉
  • 酷暑、酷暑、酷暑、、、会場を盛り上げるパーソナリティーのような方のコメントによると、スタート地点の会場の一部では40℃を超えることもあったとか。The4100マウンテントレイルin野沢温泉。参加してきました。65kmのソロの部。なんというか、途中からは“走る”と言うより“生きる”だったような気がします。もちろんそれは暑さに耐性のない自分だったからだと思うのですが、完膚なきまでにからだの水分を奪い取ろうとする太陽 [続きを読む]
  • D4100 
  • 再来週、野沢温泉のトレイルランニングレースに出場します。UTMF後、最初のレース。これから秋にかけて、青森遠征、クロアチア遠征、信越五岳、北海道遠征と怒涛のスケジュールラッシュ。そんなもんだから、野沢温泉に向けては、とにかくふわっとしていて気持ちの準備がかなり怪しい状況(笑)。この一週間が勝負かな。しっかりと気持ちをつくって、暑さ対策をして楽しみたいと思います☆直樹 [続きを読む]
  • リアリスト
  • いろんな意見があるんですね。僕は結果がすべての本番なので、採用した戦術は全然問題ないと思っています。海外のメディアも取り上げて賑わっているようですが、ちょっとフックの効いたネタになりそうだったから、この珍しいシチュエーションをいじりたかったんだと思います。ワールドカップロシア大会 日本はベスト16進出。この先勝てばベスト8、ベスト4進出と歴史に記録が残りますが、グループリーグ最終戦でこんなことがありま [続きを読む]
  • 南高尾
  • 朝4時に起床。外を見ると雨は降っていなかったようなので、よし、と、準備をすませて家を出ました。久さしぶりの南高尾。先々週の末に痛めた右肩に痛みがあったけど、いつまでも動かないわけにも行かないので、行っちゃいました。案の定、右肩は走るのに腕を降る旅に痛みが走る感じ。そうするとおのずとバランスがとれなくて、何回もつまずいて転びそうになりました。その度に右方に痛みが走って、なんだかやっぱり大変なトレラン [続きを読む]
  • クロアチアの準備を進めねば
  • 夏休みに海外一人旅にいきます。ほんと、久しぶり。5年前の韓国弾丸ツアー以来かな^^今回はクロアチアと、いければボスニア・ヘルツェゴビナ。欲張ってモンテネグロも行こうと思えばいけるけど、それだとただの疲れる旅行になりそうなので今回は見送り。それでも帰りのトランジットが14時間あるのでトルコのイスタンブールは回れそう。でもやっぱり、忙しい旅にはしたくないので、ほとほどにする予定。やりたいことは、朝起きて [続きを読む]
  • ダイバーは好きになれない
  • サッカーのワールドカップが始まって、自律神経の乱れる日々が始まりました(笑)。睡眠が、うまくコントロールできません。当然だけど^^開幕してすぐに好きなチームがワールドカップという舞台に登場して、ワクワクしていたのですがいきなり残念なプレーが出てしまって、この選手は相変わらずだなとため息が出たところです。人として、振る舞いが好きになれない選手ですね。相変わらず。精神年齢が子供のまま王様になった彼は、 [続きを読む]
  • 肩の痛み、再発。
  • 助っ人として7試合、2ゴール。数字としては悪くなく、勝ち点に繋がるゴールもあった。でも、被ファイルにて、肩を怪我(交通事故でやったところ再発)。うーん。次のテーマレースは9月。早めに治さねば^^直樹 [続きを読む]
  • トレイルランニングとフットサル
  • どちらとも好きなスポーツなのですが、どちらか選べと言われたら今はトレイルランニングを選びます。直接たたかう相手がいないスポーツの方が、自分には向いている気がしています^^マイペースだからなのか、自分と向き合って自分とたたかうのが好きなようです。相手を負かす、というのが好きじゃないみたい(笑)。逆に負けるのが好きじゃないって理由もありそうだけど。とはいえ、フットサルもたまにはやりたい。ということで、 [続きを読む]