エスカルジュニア さん プロフィール

  •  
エスカルジュニアさん: 少欲知足〜セミリタイア夫婦のシンプルライフ
ハンドル名エスカルジュニア さん
ブログタイトル少欲知足〜セミリタイア夫婦のシンプルライフ
ブログURLhttp://simple-style.sblo.jp/
サイト紹介文40代のセミリタイア夫婦のシンプルな生活を綴ります。どのようにしてセミリタイアするようになったのか?
自由文セミリタイア夫婦の簡素な生活。会社やお金に縛られない生活をし、穏やかな、心豊かな日々を送るにはどうすればいいか。セミリタイア生活で自由になった時間を、好きなこと、やりたいことに充てる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/04/05 11:07

エスカルジュニア さんのブログ記事

  • 濫読と博読とが区別されるようになる1つの大切な基準
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。毎月読んだ本の中で面白かった本について記録しています。11月は5冊読みました。ジャンル毎分類(2018年累計)11月まで累計58冊●セミリタイア生活 56冊(96.6%)○真・善・美 39冊○衣・食・住 17冊●セミリタイア収入 2冊(3.4%)○不動産 0冊○紙の資産 0冊○ビジネス 2冊その内で面白かったのは、読書と人生 [ 三木清 ]「発見的に読むと [続きを読む]
  • セミリタイア夫婦の2018年11月の家計の結果。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。セミリタイア夫婦の我が家の2018年11月の家計の結果を発表します。その結果は、 ↓ ↓ ↓純資産先月比マイナス 42,052円『エスカルジュニア宅の家計管理手法は、月末に純資産(円、米ドル、豪ドルベース)のトータルを集計して、先月対比で比較。そして家計簿をつけて毎月の収支をみながら大きな変化に機動的に対応する』最後まで読んでいただきありがとうございま [続きを読む]
  • セミリタイア夫婦の2018年10月の家計の結果。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。セミリタイア夫婦の我が家の2018年10月の家計の結果を発表します。その結果は、 ↓ ↓ ↓純資産先月比マイナス 23,249円『エスカルジュニア宅の家計管理手法は、月末に純資産(円、米ドル、豪ドルベース)のトータルを集計して、先月対比で比較。そして家計簿をつけて毎月の収支をみながら大きな変化に機動的に対応する』最後まで読んでいただきありがとうございま [続きを読む]
  • 札幌移住してから、1年半が経ちます。
  • こんにちは、ゆなです(^^)今日は寒いですね〜。明日から11月、今年もあと2ヶ月ですね。札幌に移住してから、1年半が経とうとしています。と、言いつつそのうち2ヶ月は首都圏にいましたが(^^;この1年半で、首都圏から札幌へ引っ越し、そして札幌から札幌への引っ越しがありました。毎日、1日1日が早いですが、充実した日々を送っています(*^^*)1年半を振り返り、移住して良かったことは・食が新鮮で美味しいです。野菜や果物 [続きを読む]
  • セミリタイア夫婦の2018年9月の家計の結果。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。セミリタイア夫婦の我が家の2018年9月の家計の結果を発表します。その結果は、 ↓ ↓ ↓純資産先月比プラス 2,716円『エスカルジュニア宅の家計管理手法は、月末に純資産(円、米ドル、豪ドルベース)のトータルを集計して、先月対比で比較。そして家計簿をつけて毎月の収支をみながら大きな変化に機動的に対応する』最後まで読んでいただきありがとうござ [続きを読む]
  • セコマは北海道民にとってのセーフティーネットだ。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。地震直後から、北海道にあるセコマ約1100店の内1050店が営業をはじめていました。どうしてそんなことが可能だったのか?この記事を見て思ったのは、「セコマは北海道民にとってのセーフティーネットだ」(転載開始)製・配・販で地震対応、営業続けたセコマ社長に聞く、全道停電は想定外。2018/09/15 日本経済新聞 地方経済面北海道で震度7を観測した地震で、いち [続きを読む]
  • 24時間の停電生活で悩まされたのは冷蔵庫。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。北海道の停電が随分復旧してきています。エスカルジュニア宅も7日明け方に電気が復旧しました。6日未明3時に地震発生後停電したので、およそ24時間電気のない生活でした。東日本大震災の時は、首都圏にいたのですが、長時間の停電はありませんでした。いつ電気が復旧するか先の見えない状況におかれたのは、初めてでした。そんな停電生活で1日中悩まされたのは、冷蔵庫 [続きを読む]
  • セミリタイア夫婦の2018年8月の家計の結果。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。セミリタイア夫婦の我が家の2018年8月の家計の結果を発表します。その結果は、 ↓ ↓ ↓純資産先月比マイナス 5,935円『エスカルジュニア宅の家計管理手法は、月末に純資産(円、米ドル、豪ドルベース)のトータルを集計して、先月対比で比較。そして家計簿をつけて毎月の収支をみながら大きな変化に機動的に対応する』最後まで読んでいただきありがとうございま [続きを読む]
  • もりもと「ゆきむしスフレ」を食べました。
  • こんにちは、ゆなです(^^)今日も涼しい1日でした。札幌はもう秋に向かっているのでしょうか。先日、もりもとさんのお菓子「ゆきむしスフレ」を食べました。フワフワな見た目ですが、食べてみるともっちりしている感じでした。控え目な甘さで美味しかったです♪あと北ふく郎サブレも(^^)パッケージが以前と変わりました。ちなみに、お値段も少しだけ値上がりしていました(^^;味は変わらず、サクサクで美味しくいただきました?最後 [続きを読む]
  • 小さな政府を目指すという点で、利害が一致している。BI市場68話
  • 『初めての方はこちらをご覧ください。〜1億総セミリタイア社会計画について〜』第68話こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。ベーシック・インカムは「小さな政府」を目指す。そして、「AI、ロボットの奴隷化+ベーシック・インカム+ベーシック・インカム市場」は「さらに小さな政府」を目指す。さらに「民主主義的(無労働)社会主義」は「最小限の政府」を目指す。この「小さな政府」指向は、新自由主義的資本 [続きを読む]
  • 資本主義の謎。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。毎月読んだ本の中で面白かった本について記録しています。7月は6冊読みました。ジャンル毎分類(2018年累計)7月まで累計36冊●セミリタイア生活 34冊(94.4%)○真・善・美 27冊○衣・食・住 7冊●セミリタイア収入 2冊(5.6%)○不動産 0冊○紙の資産 0冊○ビジネス 2冊その内で面白かったのは、入門 資本主義経済 伊藤 誠「古典派経済学 [続きを読む]
  • セミリタイア夫婦の2018年7月の家計の結果。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。セミリタイア夫婦の我が家の2018年7月の家計の結果を発表します。その結果は、 ↓ ↓ ↓純資産先月比マイナス 10,374円『エスカルジュニア宅の家計管理手法は、月末に純資産(円、米ドル、豪ドルベース)のトータルを集計して、先月対比で比較。そして家計簿をつけて毎月の収支をみながら大きな変化に機動的に対応する』最後まで読んでいただきありがとうございまし [続きを読む]
  • ベーシック・インカム市場が最低限の国防対策となる。BI市場65話
  • 『初めての方はこちらをご覧ください。〜1億総セミリタイア社会計画について〜』第65話こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。ベーシック・インカム市場が、日本の安全保障の3回目。ベーシック・インカム市場により、基礎的エネルギー自給率が100%になる。ベーシック・インカム市場により、基礎的食糧自給率が100%になる。そのため、このベーシック・インカム市場が完成すれば、日本人にとって、セーフテ [続きを読む]
  • ブラック企業を100%減らす方法。BI市場62話
  • 『初めての方はこちらをご覧ください。〜1億総セミリタイア社会計画について〜』第62話こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。資本主義の仕組みの中にも、非効率な部分がある。それは、「独占」「失業」「廃棄」「環境」等。前回記事では、ベーシック・インカム市場により、資本主義の無駄である「廃棄」をなくす方法について衣食住の「食」から考えてみた。今回は衣食住の「衣」を通じて「失業」について考えてみ [続きを読む]
  • フードロスを100%減らす方法。BI市場61話
  • 『初めての方はこちらをご覧ください。〜1億総セミリタイア社会計画について〜』第61話こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。ベーシック・インカム市場は、資本主義に見られる無駄を省く機能もある。日本の食品ロスの総量。年650万トン。今の日本は、世界全体の食糧援助量以上を廃棄している。ベーシック・インカム市場の導入により、この食品ロスを100%なくすことができるようになる。今、食べたいものを、 [続きを読む]
  • 請願。
  • こんにちは、セミリタイア研究家エスカルジュニアです。ここ数年の個人的な課題2つ。1つは、幸福とは?もう1つは、自立のための仕組みづくり。その2つについて、自身のアーリーリタイアが視野に入ってきたことにより、その考察の範囲をこれまでの自分の家計「斉家」から、社会「治国」へと拡大。そこで、毎年の目標から、さらにもう一歩踏み込み、自己に課す、そして社会に願う請願を立てたいと思います。この請願はすでに去年 [続きを読む]