気軽に茶道をしてます。 さん プロフィール

  •  
気軽に茶道をしてます。さん: 気軽に茶道をしてます。
ハンドル名気軽に茶道をしてます。 さん
ブログタイトル気軽に茶道をしてます。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hougetukai
サイト紹介文日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお茶菓子で お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/04/07 08:41

気軽に茶道をしてます。 さんのブログ記事

  • 栴檀の実で
  • 今朝の奈良の最低気温は-1.1℃とシーズン最低に。14時事始めの日ですが、まだまだ正月の準備にまで手が廻りかねます。まだ初釜の内容が詰め切れておりません。ここは、真冬並みの寒波が居座っていますが、晴れの日に外回りから少しずつやってもらいましょうか相方に!『先づ指示を相方にせり事始』           愚句 お昼前、所用で駅までの遊歩道、誰も通りませんこの寒さでは仕方ありませんね。 桜の小さな蕾とこぶし [続きを読む]
  • 今日の花は「マンリョウ」から
  • 今朝目覚めたのは五時前、冷え込んだせいなのでしょうか久しぶりにラジオ深夜便の今日の花・花言葉を聞けました。「マンリョウ・万両」で「寿ぐ」と、縁起物で実が重いのか万両 「センリョウ・千両」と違い、葉の下に赤い実が。千両『万両の実の多かりしめでたさよ』           栗田 菊枝朝からの自宅稽古は3人様ですので、北側の6畳間からの小庭にある今日の花「マンリョウ」を眺め、そして床の軸「看々臘月尽」を観ら [続きを読む]
  • 玄関はX'masムードに
  • ゴミ出しに外に出ると一雨降ったよう、どおりで暖かな朝、でも風が吹き始めると寒気が降りてきた様で、今週は真冬午後4時並みの気温が続くとの予報が的中、昨日にはご近所の車もスタッドレスに履き替えられており冬の備えも万全、でも今乗っている自車には備えはありません。富山へ帰省することもなくなり、齢を重ね雪が積もれば乗らないのが一番。雪が似合うホワイトクリスマス、北国では期待できそう、でも奈良に降る日は少なく [続きを読む]
  • 「南山寿色多」を
  • 最低気温は2.5℃とやや寒い朝ですが、初嵐椿にメジロがやってきました。今日は奈良マラソンの日で気温はやや低くなりますが風もなく、マラソン日和かもしれません。*写真は奈良マラソンHPより12000名のスタートです。*写真はせんとくん、ミス奈良としかまろ君がお出迎え及びご当地キャラ、リニー君も 奈良マラソンHPよりでも今日はお稽古日で奈良市内までお伺いしましたが、メイン道路は8時半から交通規制が始まり、渋滞や遠回 [続きを読む]
  • 菓子は袴腰餅で御所籠を使い色紙点を
  • 今冬初めての氷点下の朝-0.3℃と冷え込みましたが、頼もしい太陽の光が居間にまで射し込んでくれます。精米後溜めていた米糠をミカンの木の脇の土にでもと庭に出ると、目の前を飛び去った鳥が・・・木守りと正月飾りで残しておいた3個のミカン、うち一個を一羽のカラスが嬉しそうに一つ加えておりました。アッ今年は二十数個と少なく、網を掛けてもらいましょう。今日は自宅稽古日なのですが、不思議と予定が入らず、溜まっていた [続きを読む]
  • 若草山から下山
  • 今朝から冷たい雨が、一旦小康状態から夜には再び雨そして・・・寒波が居座るらしく一月上旬の寒さにブルッ今日8日と2月8日を「事八日」といい、「事」とは祭りや祭事を意味し、古くは物忌して邪気を追い払う日で、「針供養」もその一つになります。京都法輪寺では皇室で使用された針の供養を今日されており、2月8日と二回ともありますが、多くの神社は2月8日に。私はたまに来た孫のホツレを縫うぐらいで、少なくなり、今のお母さ [続きを読む]
  • 春日山遊歩道から若草山山頂へ
  • 1998年登録の世界遺産「古都奈良の文化財」の資産群の一つに「春日山原始林」が入っているのをご存知ですか。標高は498m、約250haの広さがあり、古来より春日大社の神域とみなされ、841年からは狩猟と伐採が禁止され、自然に対する信仰と日本人の自然観が結びついた文化遺産として登録されました。学術的にも非常に価値が高いとされておりますが、でも実は、厳密には原始林ではなく、歴史的に豊臣秀吉がスギの木1万本の伐採をして [続きを読む]
  • 若草山頂へ、①春日大社から水谷川へ
  • 今朝も陽が射すと庭に小さなお客、メジロさんです。写真はサンルームの硝子越しでそっと撮った一枚、陽がどこかに反射してしまいました。このメジロを呼び込んだ侘助椿、盛りと咲いています。でももう少しゆっくり咲いてくれればよいのですが・・自宅から眺める若草山も色があせ、紅葉も終りなのに、  12/6午後先日の小春日和の朝、相方が、急に何を思ったのか”若草山へ登りに行こう”と、多分前の七面山登山が堪えたのでしょう [続きを読む]
  • 「開門落葉多」で「体露金風」を
  • 西日本には真冬並みの寒気で、北九州や山口では雪も、ここ奈良は曇りがちで、乾いた北西風が吹き寒い日に。この風を西日本では「あなじ」「あなぜ」といい、関東では「空っ風」と、この風で家の満天星躑躅が散らされ、落ち葉が道路脇に一列に溜まっております。掃除をしていると他からの落葉がやってきては、このイタチごっこに、朝から自宅稽古の予定でしたが、昨晩にキャンセルがあり適当なところで切り上げ、頂いた時間で、少し [続きを読む]
  • MOA美術館「茶の湯の美ーコレクション選」茶入・茶杓等
  • 昨晩の満月、今年一番大きなスーパームーン、冴えた月で、寒月や長夜月とも呼ばれ、気付いた時は真上近く、山端からだったら大きかったのでしょうね。でも来年の1月2日は昨日以上のスーパームーンだそうで、見逃された方は・・・『寒月やさて行く末の丁と半』          小沢昭一20時『何時の間に出でし寒月もう師走』             愚句初釜を考えなくては、それも一つ増え、新しくしたPCで古いPCから移動し [続きを読む]
  • 東大寺の鴟尾で
  • 一休寺と松尾寺の月釜がぶつかり、松尾寺に伺う予定が、月に一度の大先生のお稽古と重なり、台子とのこと。やはり自分の稽古が大事ですもの・・・。小春日和で紅葉も終盤を迎えた奈良市内、南都八景の一つ「雲井坂の雨」の晴れた雲井坂にさしかかります。  遠目に若草山そして東大寺大仏殿の鴟尾も、  この鴟尾、邪悪を避ける鰭が頂部をめぐる百済様式と頂部で途切れる初唐様式の二つに大分されます。昔の奈良では第一級の寺と [続きを読む]
  • 主菓子は「霜柱」
  • 今朝の奈良は2度台の最低気温で霜が下り、7時過ぎにようやく山端から朝日が輝きはじめ、どこからかヘリコプターの音が、その後も複数回聞こえ、何事かあったのかと思って見上げると二つのローターのCH-47Jが奈良基地方面にむけ着陸態勢に、調べると奈良基地空自ヘリ体験搭乗の日。臘月最初の自宅稽古で迷惑かなっと思っておりましたが、湯のたぎる音が・・・、皆様真剣そのもので一安心。お稽古は正月以来になる紹鷗棚の扱い、準備 [続きを読む]
  • MOA美術館「茶の湯の美ーコレクション選」書画編
  • 曇りがちな冬の一日に、今日も来てくれるでしょうか小さな賓客、昨日は満開の侘助椿に「メジロ」です。網戸越しで1枚、ドアを開ける音で飛び去りました。 画像処理あり11月10日に訪れたMOA美術館、今年二月にリニューアルされ「千宗屋キュレーション 茶の湯の美ーコレクション選」展が開催中、素晴らしい展示品の数々にうっとり。前回お茶碗を紹介済みですので、書画から説明文とともに。1.蓮に鶺鴒・葦に翡翠 伝牧谿、南宋12−13 [続きを読む]
  • MOA美術館の茶の庭で特製点心とお抹茶を
  • 霜月の晦日、二の酉の日や「老いらくの恋」の日とされ元となった歌人の川田順さん、辻井喬『虹の岬』でも読んでみましょうか。ここ奈良の朝、霧に霞んでおり最低気温は10.7℃で厚い雲に覆われた一日になりました。先日の旅で訪れたMOA美術館、「茶の庭」で頂いた点心とお抹茶を紹介します。10日にMOA美術館に到着したのが午後1時、チケット売り場では30食限定の千宗屋監修特製点心、抹茶券と入館料が含まれる特別セット券4200円がまだ [続きを読む]
  • 富士山を眺める旅、河口湖から山中湖を越えてミステイク
  • 奈良は暖かな朝に、暑い雲そして昼前から雨雲に明日も今日なような天気だとか、出かけるのに大変。今日も出かけて帰ったばかりですが・・・先日の富士山を眺める旅での富士山の積雪は少しなのに今日の富士山はもう半分近くまで降りてきたとのこと。忘れないうちに、晩秋の旅の記録を二日目の河口湖の夜明けを迎えました。湖面がざわつき逆さ富士は・・・×太陽があがるころ湖面は急に静かに、逆さ富士が〇と思う間もなく、水鳥が湖 [続きを読む]
  • 茶壺を飾りお稽古、小春日和を外国では・・・
  • 奈良は朝から小春日和で気温が上り、最高気温は18.5℃外国では小春日和を夏と。(独)では老婦人の夏、(米)のインディアンサマー、(英)のセント・マーチンの夏や、(仏)サンマルタンの夏、春は寒いからでしょうか。サンルームの間のサッシを開けると24℃にも達しており14時過ぎにはもう斜めの日差し、白西王母椿が光ります。白西王母椿東側に昨日皮を?き吊るした干し柿、この気温では・・・お稽古に使いたいのですが、週末の寒波に期 [続きを読む]
  • 古都奈良の純日本的旅館で古佐小基史さんのソロ・ハープを
  • 昨晩の雨も上がり靄がかかる小春日和の奈良市内までお稽古に伺うと若草山や東大寺大仏殿の鴟尾は靄の中紅葉はもうお終いなんでしょう。 『三笠山茶色に霞む小春かな』           愚句 近くの大学の銀杏もかなり葉が落ち、青い空に最後の輝きを放っており、週末までの名残に。話は先日孫娘を連れ、奈良の純日本的な松前旅館で「古佐小 基史(こさこ もとし)」さんのソロハープ・コンサートを聴いてまいりました。ハープ [続きを読む]
  • 今年も亥の子餅を
  • お日様が顔を出しましたが、曇りがちな朝を迎え、今日26日で拙いブログを書きだして1000日、同じことを書いていることも・・・でも続けられることは有難いこと、お稽古もそうですね。昨日今日の自宅稽古の話に・・・昨日は朝から自宅稽古、一昨日庭木の刈込の後、掃除をしてもらったはずが、風で玄関先によそからの落葉と共に、樹の上に残っていた刈られた葉っぱが落ちており、掃除に大忙し。お稽古は、茶箱の雪点前をとのことで、 [続きを読む]
  • 奈良・田原でリンゴ狩りを
  • 今朝も東の山端から太陽が顔を見せてくれ、朝の霜も溶けだし、やっと植木屋さんが庭の手入れにみえました。この植木屋さんなんと先日伺った田原地区の方だったことに気が付き、「田原やま里散策ウォーク」の話になりました。田原公民館の朝は−2℃まで下がり氷が、でも到着した10時前には葉の霜の溶けておりました。家々や田畑の間に今年は豊作で鈴なりの「鶴の子柿」が殆どの家々の軒には吊るし柿が見られますが、高齢化で手入れ [続きを読む]
  • 太安万侶の墓を訪れて
  • 昨夕から雨が朝までに止み、朝日が昇る日に。この雨の降りだしが遅れたため、昨日参加予定していた「田原やま里散策ウォーク」も晴れ間も覗く中、名残の紅葉を眺めながら、映画「殯の森」のロケ地等の茶畑、太安万侶の墓そしてリンゴ狩りと盛り沢山の内容でした。お世話頂いた田原公民館の館長はじめ皆様に感謝します。 奈良市田原地区は市街からバスで東南東へ30分の静かな山里、標高400〜500mで茶畑や水田が広がっており、奈良 [続きを読む]
  • 「気付き」を
  • 今朝の奈良の最低気温は1.0℃と冷え込み12月下旬並みに朝日に照らされて霜も輝き、車も真っ白に。『一面の屋根かがやけり今朝の霜』           熊谷みどり  良い夫婦の日ですが、相方も外出の予定・・・早く帰ってこなければ、夕方から雨ですもの。昨日は5日連続の自宅稽古の最終日に、一つの「気付き」を得ることが出来ました。  ”急なことですが、初炭をしてみませんか”と学生時代に厳しくお稽古されていた方にお [続きを読む]
  • 花入れに洋種山牛蒡と紅白の西王母椿を
  • 今朝も2.6℃と冷え込みましたが、風もなく良いお天気で故郷の北陸から北の雪模様が嘘のような小春日和の奈良、遠目に見える若草山の紅葉もくすみ、市内が見頃に。昨日は立礼、曇り空で寒ーい一日、気温は上がらず北側の広間ですから、エアコンを少し入れての稽古に炉ですと、炭を入れれば直ぐ暖かくなるのですが・・・電熱の炉ですから、早い目にエアコンをONに。床は、軸に「妙」と香合は「手鏡」を、 花入れにはヨウシュヤマゴ [続きを読む]
  • 風帯ってどうしてあるの
  • 今日二十日は、亥の月、一の亥の日にあたり、銀杏で玄関に講習会での『玄猪包』を飾りました。 庭では昨日も寒い中、満天星躑躅が赤く色づき侘助椿も咲きだしてくれ、冬にむけ重宝します。    自宅稽古なのですがこのところの所要で、そのしわ寄せが、先週末から5日続きのお稽古の予定、昨日も小習事「軸荘」、はじめての方ばかり、⇒ ”普段飾ることも少なく適当に扱っていたのですが、 この機会に教えて頂けて有難い”と [続きを読む]