気軽に茶道をしてます。 さん プロフィール

  •  
気軽に茶道をしてます。さん: 気軽に茶道をしてます。
ハンドル名気軽に茶道をしてます。 さん
ブログタイトル気軽に茶道をしてます。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hougetukai
サイト紹介文日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお茶菓子で お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/04/07 08:41

気軽に茶道をしてます。 さんのブログ記事

  • 有楽椿に贈り物はススキの綿毛
  • 今朝も良いお天気ということは、日本海側は雪なのでしょう。奈良は少し冷え込み最低気温は-2.9℃、寒中ですから最高も5.9℃と身に染みる寒さ、若草山には雪雲が流れてきました。 今冬も雀さんのダンスをと、昨晩に糠を不出来な大根の畝に。毎日玄米を精米するのですが、副産物の糠、いつもは溜めてコーンポストへ土と一緒に入れ込んでいますが、真冬になれば、鳥さんへの贈り物として小畑に直接混ぜ込むのです。次の朝には、糠の [続きを読む]
  • JR東海、奈良編は東大寺、蓮弁は
  • 今朝は氷点下から解放され平年並みの気温で、陽が射しお昼頃には8度台、陽が当たる居間では久しぶりに暖房を切りました。自宅稽古を終えた午後3時ごろにはONに。予報ではまだまだ寒気が居座りそうで、立春寒波との予想も出され、日本海側の大雪が心配になります。この土曜日の若草山の山焼きの炎で、春を招いてくれれば良かったのですが、燃え残りもあったせいかも。やはり奈良の春は東大寺二月堂の「お水取り」が終わる3月15日を [続きを読む]
  • 昨晩の若草山山焼きを
  • 今朝も午前六時に起床、外は氷点下(-2.9℃)で薄暗く椿を訪れる鳥もまだで静かな朝を迎えましたが、出かける準備を。実は薬師寺さんで淡交会奈良支部の初釜に伺うのですが、お昼過ぎから天候が崩れ、夕方には雪も降るとの予報に、お友達と示し合わせて早い目に。8時過ぎでも、すでに二席目に・・・帰り着くと正午時報が。着替えて東の若草山を眺めると、薄靄の中に黒々とした草地にと思いきや一段目はまだ黒さが、二・三段目には殆 [続きを読む]
  • 花びら餅の向きはいかに
  • 昨晩はぐんぐんと寒暖計が下がり7時過ぎから氷点下を記録、夜空には月が冴え渡り、放射冷却で明日の朝も寒いことに。1/25本当に一段と冷え込んだ朝になり最低気温は-3.7℃、午前9時でも-1.1℃、今夕山焼きのある若草山も雪雲?の中ですが、ぼんやり見える一段目二段目の草地に雪は無いようで、十分に乾燥しておれば火が下から上へと駆け上っていくことでしょう。昨年に続き、今年もベランダから眺めることに。8:45今日はお昼から [続きを読む]
  • 冬日にツグミ(鳥馬)と雀を
  • 今日は朝から真っ青な晴天の冬日和でしたが・・・帰る昼頃からは京都側から雪雲が流れてきてちらちらと雪が、寒さが募るなか一羽の鳥がぴょんぴょんと芝生の上でお遊びに。『ツグミ』です。警戒心が強く、エサを探す時に周囲を警戒しながら進み、これをホッピングと。関東では馬のように飛び跳ねる姿から「鳥馬(ちょうま)」とも呼ばれています。カメラを向けるとオートフォーカスの赤外線に気付き、近くの擁壁へ飛び去り、こちらを [続きを読む]
  • 張り氷の上に粉雪が
  • 日本列島は冷凍庫の中、故郷富山も最低気温は−4.8℃で日中もほとんど氷点下の中、雪も降り止まず、雪かきで疲れたのにまだ週末まで続き・・・と友達から便りが。富山の病院で次男坊を出産した昭和56年の再来かもしれません。母が1歳の長男の手を引いて毎日深い雪道を歩いてきてくれたことが思い起こされます。今日は母の命日、誰もいない実家の仏壇、きっと妹が・・・連絡を取ってみなければなりませんね。ここ奈良でも最低気温は [続きを読む]
  • 大寒の週末の奈良の行事予定
  • 昨日の本白根山の噴火、御嶽山を思い出され、今回も犠牲者が、1500年ぶりでノーマークとのこと。自然災害は予測しがたいですが、それに挑むのも人類の証しでは・・・。合掌今朝の奈良も氷点下0.9℃、春日奥山から朝日が冷気を切り裂き輝き始めました。7時30分朝から気温はほとんど上がらず、最高気温は3.5℃を記録後、数年に一度といわれる寒気が入り始めたようで、気温も下がり始めました。夕方には雪雲も・・・。この寒気週末ま [続きを読む]
  • 大安寺・がん封じ笹酒祭りで
  • JR奈良駅の構内にこんな案内がでており、古都奈良の新春の風物詩となる行事です。今日23日、南都七大寺・大安寺でがん封じ祈願法要、笹酒祭りが午前八時から午後四時まで行われます。正式な名前は、光仁会(こうにんえ)といい、大安寺のHPによると”桓武天皇が文武百官を伴い、先帝光仁天皇の一周忌の齋会を 大安寺で営まれたという『続日本紀』の故事に由来します。 この法会は風雅な青竹づくしの祭儀で光仁天皇ゆかりの、 「 [続きを読む]
  • 寒中に閑なし、玄関には干支の香合
  • 奈良は午後1時過ぎ、4℃の気温で雨が降りだしましたが、気温が下がる夕方から雪になるのでしょうか?この夕方、やっと孫からお役御免の予定なんですが、関東方面に出かけたお嫁さん、TVで映る東京、積もり始めた雪が心配になります。夕方には到着の予定ですが・・・ところが任された孫たちですが、昨晩も次の日の用意もあるため自宅へと帰ってくれた長男と孫二人、今朝7時半には来るはずが、気を揉みラインや電話をするも繋がらず [続きを読む]
  • 今年も雪餅を
  • 今日は一休寺の月釜、初釜ですね、九時少し前に伺いますと二席目に間に合いました。いつもと様子が違う雰囲気・・・『煎茶道』こういう経験も楽しく体験させていただきました。お席には、見たことのある大黒さんが掛けられており、昨年大和文華館で開催された画僧・明誉古?(こかん)さんの作だろうとのお話をしてくださいました。帰るころにはたくさんの方々がお待ちに。駐車場の方から1月28日には善哉が振る舞われるとの話も・・ [続きを読む]
  • 大寒の軸は「冬嶺秀孤松」
  • 今日は大寒で、二十日正月にあたり、正月の祝い納めの日として、餅や正月料理を食べ尽くしたり飾り物を納める。骨正月。       (コトバンクより)炭飾りとも結び柳も残しておりましたが、仕舞わないと!でも今年に入り初めての自宅稽古の高校生、新春の雰囲気をと定番の花びら餅も用意しており、 結び柳だけはそのままに・・・。 床のしつらえになります。花入れに、白梅(枝垂れ梅なのですが)と山椿(寒椿のこと)実は今 [続きを読む]
  • PM2.5の日は「明惠忌」
  • 今日も寒暖計は4℃と暖かい朝、でも朝なのに暗めです。二日前ソウルでPM2.5の警報が出ていましたから、中国から偏西風に乗り、日本にまでやってきたのですね。若草山や御蓋山もぼっとシルエットで、マスクが必要?突然二階から物音が、チビギャングが3人お泊りでまだ金曜日インフルエンザBも流行っており、朝食を済ませて学校へ送り出さなければ・・・、マスクをさせた方が良いのでしょうか。9時 15時奈良市の測定で昨日の23時に [続きを読む]
  • 茶道サークルの初釜は
  • 今日は「日本の植物学の父」の牧野富太郎先生が亡くなられた日無学歴なのに理学博士として研究に勤しまれ、命名は2500種以上にも達し、代表的なものでは、性格を言い表す「ワルナスビ」や犬の陰嚢から「イヌノフグリ」で和歌山の方言で松笠を指すと。朝は6℃で日中は13℃まで上がり、風もなく照ると一段と暖かく若草山の枯れ芝がくっきりと、27日には山焼きで真っ黒に。  先日の茶道サークルでの初釜、お稽古としては8回目、形だ [続きを読む]
  • 「六志会」が二月堂で桜のワイン茶会を
  • 昨夜からほとんど同じ気温、7℃前後で遅くには雨も降り出し、暖かな雨の朝を迎えましたが、激しかった雨はお昼には止み、気温も昨日と同じ3月下旬の気候、桜の咲く季節になりますね。そういえば桜を愛でながら『東大寺二月堂で桜のワイン茶会』の素敵な案内を頂いておりました。でも残念なことに「奉茶-終会に付き」との文字が・・・調べるとお誘いを受けたくなりますが?・・・紹介します。二月堂ワイン茶会は2010年4月奈良遷都13 [続きを読む]
  • 紅梅のシジュウカラ(四十雀)から
  • 今日は昨日よりも良いお天気、奈良の最高気温は16.2℃と3月下旬の気候になり、茶道クラブの初釜から帰り着き、東には若草山が夕日に映えており、よく見ると左奥の大和高原の雪は消えております。本当に温かかったのですね。でも疲れました。 昨日のひとコマから、朝の忙しい最中にさえずりが、「ツー、ピー、ツー、ピー」と白いほっぺに黒いネクタイをつけたような姿、シジュウカラ(四十雀)が2羽、椿にやって来ました。止まると相 [続きを読む]
  • 一つの種を蒔きましょう
  • 冬日が続いており、小正月の今朝はシーズン最低の-2.7℃、太陽が上がるとともに寒暖計も上昇し、久しぶりに12℃になりましたが、遠望する大和高原の雪は融けておりませんね。今週は寒波も一休みで暖かい日が続き、一年で一番天候の悪い日ともされる?センター試験日が、ずれておれば良かったのにと、つい思ってしまいます。小正月の今日は、旧暦で『上元』とされ、正月が終わります。唐の時代の中国では節日、7月15日(中元)、10月1 [続きを読む]
  • 主菓子は「ふくみ天平」で、お兄ちゃんに一服
  • 今朝はきれいな朝日が山の端から上がり、手を合わしましたが間もなく曇り空に隠れてしまい、気温は2度台と寒い日に。小正月を明日に控え、飾納で注連縄などの正月飾りを納め「とんど(焼き)・左義長」で焼いてもらうのですが・・・、床の炭飾りなどは、お稽古もありますので、そのままにして27日午後1時からの春日の大とんど、飛火野にでも持って行きましょうか?、そして午後6時半から若草山の山焼きに。寒く家に帰って山焼きをベ [続きを読む]
  • 「立春大吉」から柳の話に
  • 昨日富山の友達からラインで”雪が50?を越え、まだまだ降り続き、平成23年以来の豪雪になるらしい”と。大変ですがここ奈良は日の出前に氷点下2.3℃と冷え込み、最高気温も4℃までになるとの予報ですが、有難いことに居間の中に陽差しが入り込み、早春の息吹を感じとれます。あと3週ほどで立春になりますね。今朝のこと二階の居候さんの足音で目覚めると、まだ5時半ラジヲから上野誠・奈良大教授の甘ったるい声が・・・「上野誠の [続きを読む]
  • 来年のお題は「光」に
  • この大寒波による大雪、新潟では電車、北陸自動車道でも車で一晩過ごされ大変でしたでしょうが、私も奈良に来る40年前の敦賀越えでは三日三晩も閉じ込められたことを思い出しました。機械化が進んだ今でも、どか雪の克雪は困難なのでしょう。でも明日明後日はセンター試験、受験生に光あれ!。ここ奈良でも-2℃の朝、東の若草山に雲が掛かるも8時過ぎには、太陽の恵み「光」が降り注ぎ、早春の予感12時 16時今日12日は皇居で『歌 [続きを読む]
  • 嶋台茶碗は
  • 晴れ間からの日差しがあっても、寒ーい!昨日の若草山の頂上付近や高円山の大文字の雪もほとんど解けているようですが、右奥の大和高原では白いですね。 奈良を離れられた先生の後を受け、昨年の4月から任された茶道クラブ、初釜の予定が来週に迫っており、お点前をされる方の最後の練習と打ち合わせを兼ね、結び柳などを持って伺うと、床柱に柳釘が・・・ありません。日陰蔓の懸蓬莱でも持っていくしかありません。さらに初釜の [続きを読む]
  • 18’初釜・後座を
  • 今日1月10日は110番の日、最寄りの駅では地域の方を含め啓蒙活動をされており、10時過ぎからの雨で大変でしたね。12時前には東の若草山から雲が切れると若草山頂上付近から春日奥山頂上そして高円山の大文字の空き地が真っ白に・・週末までには大寒波がやってくるのでしょうか?  『18’初釜』後座を中立ちで、後座の準備が出来ましたと言う声で、床を見ますと水指や茶入れはOK花はなんと床柱の花釘に、そして掛け軸をはずした後 [続きを読む]
  • 18'初釜初座は
  • 西寄りの突風を伴う暖かな朝、奈良気象台の観測では午前4時で10.2℃にもなり、その後は9℃前後の気温です。関東地方では4月初旬の陽気になるらしく、爆弾低気圧まで発達したためで、ラニーニャ現象?に起因する異常気象の一つなのでしょう。でも急速に寒気が押し寄せるので、また寒くなりますね。昨日今日と「18’初釜」の後片付けで、お道具や器類は仕舞いましたが、まだまだ仕事は残っており、一旦パソコンを前にして収支等を記 [続きを読む]
  • 18’初釜の献立は
  • 朝から雨の音で目が覚めるも、ここ数日来の夜更かしが続いた「18’初釜」も終わり、ほっとしたのか、ゆっくりと。でも愉しみの後、片付けが・・・雨ですので、何から始めましょうか。といってパソコンの前に座ってしまいました。昨日の「初釜」の懐石、献立を紹介します。稽古茶事とはいえ、出汁は富山調達の羅臼昆布を一晩浸け、血合い抜き本枯れ節を用い、真剣に心を込めてとりました。向 付 鯛昆布締め    莫大 水前寺海 [続きを読む]
  • 18’初釜のしつらえは
  • 奈良の最低気温は−0.3℃と霜が降りていますが、朝日が射しこむ初釜の朝を迎えました。稽古茶事で11時席入りになり、庭の椿を採りに降りると、枝垂れ白梅の蕾が膨らんでいました。寄り付きのしつらえは、万年青、翁(九谷焼)、小槌(奈良一刀彫)、干支の戌と  色紙は、鶴が舞う「鶴図下絵和歌巻(部分)」俵屋宗達、本阿弥光悦筆(京都国立博物館蔵)、山部赤人が詠んだ歌を『あすからは若菜 つまむとし めし 野に         [続きを読む]
  • 初釜の準備に
  • 昨日5日、小寒に相応しい?寒ーい一日で最高気温は2.7℃と陽もささず、時折の雨もあり暖房を掛けたままの一日に、朝から初釜の献立であと一つ決まらず、台所に立つと足元から冷えてきます。この献立、いつもは「しんじょ」なのですが、使いたくなく「大根」でと思いつき、庭からダイコンを抜いてきました。天候不順で小さいので、大根ではなく、ダイコン。『あめつちの恵みに謝して大根引く』             川村欽子 [続きを読む]