RIK さん プロフィール

  •  
RIKさん: RIKSGUNS
ハンドル名RIK さん
ブログタイトルRIKSGUNS
ブログURLhttp://www11.atpages.jp/riksguns/
サイト紹介文WA(ウエスタンアームズ)製ガスブローバックトイガン&カスタムの紹介サイトです。
自由文WA製M1911のレビュー、こちらのパーツを使ったほぼ無加工カスタムの制作、珍しいグリップ(国内外問わず)の紹介などがメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/04/07 20:27

RIK さんのブログ記事

  • GUN雑誌2017年11月号発売、ガンプロフェッショナルズ
  • ガンプロフェッショナルズ 2017年11月号 ●グロック Gen5 G17&G19コンバットと同じですが、もっと情報量が多かったです。米国では「ジェンファイブ(第五世代)」と言っているそうです。Gen4から7年…けっこう経っていたんですね。コンバットではよく分からなかったマガジンベースの改良。むしろグリップフレームの切り欠きで抜きやすくなっているのでは?と思いました。従来品でG26などに行われていたスライド先端の面取りがG17や [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年11月号発売、コンバットマガジン
  • コンバットマガジン 2017年11月号 ●グロックGen5シリーズ始動8月末に発表されたそうで、主な変更点は以下の通り。・nDLCフィニッシュ・フレームのマグウェル化・フィンガーチャンネル除去・アンビスライドストップ・マガジンベースの形状変更最後のマガジンベース云々が分かり難かったのですが、掴みやすくなっているそうで。●米LEコンシールド最新事情どっかで見た様な写真が結構ありましたね。P210やCZ75はCCW(コンシールド・ [続きを読む]
  • ラスベガスで乱射事件発生、トリガー・クランクとは何か。
  • 死者59人、負傷者527人、犯人は64歳(現時点での情報)。・容疑者宅から爆発物、大量弾薬=米乱射、動機解明急ぐ―ラスベガスビルの屋上からコンサートに来ていた観客に乱射するという迷惑極まりない事件です。犯人はスティーブン・パドックという64歳の人物で、乱射後に自殺。自分たちが何故殺傷されたかも分からず仕舞いというやり切れない顛末。・ラスベガスでテロ 銃乱射事件 2017/10/02ネバダ州だからフルオートの銃か?事 [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年11月号発売、アームズマガジン
  • アームズマガジン 2017年11月号 ●エランのモデルガン10万20万当たり前の超高級モデルガン。いいものを作ったらこの値段になったと豪語してますね。一番不思議なのがブローバックモデルの信頼性。外観重視のメーカーなのに調子良いとか摩訶不思議。●KWA/マグプルPTS FPG以前KSCも出していましたが、白とピンクがあるのにビックリ。ガワだけ売っているイメージだったのですが、完成品もあったんですね。FPG=フォールディングポケ [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年11月号発売
  • 奇数月なのでSATマガジンもあります。ガンプロフェッショナルズ 2017年11月号 アームズマガジン 2017年11月号 コンバットマガジン 2017年11月号 SATマガジン 2017年11月号 ●GLOCK Gen5ガンプロの表紙に書いてあってビックリ。Gen4から切り替えるの早くね?色々問題が多かったので、バージョン挙げて悪いイメージ払拭しようと思ったんでしょうか。その実Gen4最終改良版と同じだったりして。・グロック公式サイト>GLOCK 17 Gen5こ [続きを読む]
  • WP:iPhoneで簡単なWordPress編集をしたい→失敗!
  • ぶっちゃけコメント処理。記事を投稿するとかではなく、膨大な既存のスパムコメントを何とかしたい。出来れば家で処理するんじゃなくて、移動中などの暇な時にやれないか。そう思ったのが切っ掛けです。ブラウザだと面倒。PC用の画面だとボタンやチェックボックスやリストボックスが小さい。やれなくはないが、かなり面倒くさいわけです。アプリ「WordPress」があります。こちらiPhoneとAndroidどちらでもインストール可能みたいで [続きを読む]
  • WP:スパム対策〜英語のコメントをブロックする。
  • まるで人気ブログみたいだ!コメント承認済み50000件、承認待ち10000件。…ほぼ全部スパム、大半は英語。コメント管理が雑だった為、溜まりに溜まってしまいました。これじゃまるでゴミ屋敷。ここらでWordPressのスパム対策をキッチリやっておかねばと思った次第です。何より真面目なコメントをくれた人に申し訳ないので。参考サイト・バズ部>WordPressコメントの承認・拒否・削除・非表示の設定方法・ゼロからはじめる WordPress [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年10月号発売、ガンプロフェッショナルズ
  • ガンプロフェッショナルズ 2017年10月号 ●SVI INFINITY 9×19mmマイアミレースガンに似ていると思ったらやはりマイアミタイプだった。2枚の交差した羽根は何かと思ったらレポーターの家紋だそうです。不等幅のセレーションが特徴ですが、WA製品では未だ再現されていない。最初.45ACPで注文して、途中で9mmに変更したのは持っていないから&弾代が安いから。グリップフレームがステンレスのお陰で1400gもの重量があるそうです。●B [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年10月号発売、コンバットマガジン
  • コンバットマガジン 2017年10月号 ●米軍制式軍用拳銃今月のアームズ別冊とそっくりな企画ですね。P320に関して面白い話がありましたね。フルサイズ5インチはアメリカの伝統。確かにM1911→M9→M17はそんな流れ。●アメリカ陸軍制式拳銃発達史先月の小銃に続き、今回は拳銃。M1911以前のモデルは詳しくなったので有り難い。1.フリントロック2.リボルバー、こちら変遷があります。├2-1.パーカッション├2-2.メタリックカート└2-3. [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年10月号発売、アームズマガジン
  • アームズマガジン 2017年10月号 ●タニオコバ×Mule/GM7.5改M1911A1シリーズ70と80に続き、ミリタリーモデルM1911A1が登場。オールドファン歓喜、個人的には最初期型M1911が欲しいですね。●マルシン×フジカンパニー/M39/M439モデルガンキットこれまたコラボモデル、マルシン自体でメッキモデル作っていたのに何故だろう。ABS2層ブラックメッキとABSシルバーキットの二種類。何気にブラックメッキの方が高いんですね。あとシ [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年10月号発売
  • 偶数月なのでSATマガジンはありません。ガンプロフェッショナルズ 2017年10月号 アームズマガジン 2017年10月号 コンバットマガジン 2017年10月号 ●SVI INFINITY 9×19mmフルオーダーメイドなので同じモデルがほとんど存在しないインフィニティ・ファイアアームズの最新モデル。同じハイキャパメーカーでもSTIより洗練された印象を受けます。但し有名なモデルは?と言うと実はあまり出てこない。「俺だけの1丁」を極限まで突き詰 [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年9月号発売、アームズマガジン
  • アームズマガジン 2017年9月号 ●付録小冊子「HANDGUNS〜米軍拳銃の系譜〜」これの為に買っても損はありません。M1911、M9、M17のみならず近代の米軍制式採用拳銃をかなり網羅しています。リボルバーに始まりM45A1まで。また海軍のMk22〜Mk28とか前2つ(Mk22、Mk23)しか知りませんでした。●陸上自衛隊 銃器&装備最新事情今月末の「富士総合火力演習」の前フリでしょうか。普通科教導連隊と89FV(装甲戦闘車)がメインです。砲手 [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年9月号発売、ガンプロフェッショナルズ
  • ガンプロフェッショナルズ 2017年9月号 ●M9時代の終焉何とも刺激的なタイトルです。コンバットで絶賛だったP230、ガンプロでは半々という感じでしたね。良い所…反動がソフト、命中精度が高い。悪い所…グリップのテクスチャー(滑り止め)がフラット過ぎ、トリガーが重くてハッキリしない。グリップフレームのバリエーションの内、 ギャリーモデルのSサイズが品薄でプレミア付きで売られているとか。フルサイズよりもキャリーの [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年9月号発売、コンバットマガジン
  • コンバットマガジン 2017年9月号 ●アメリカ陸軍小銃発達史銃大国アメリカの知っているようで知らなかった銃の歴史。独立戦争や南北戦争時代とか全く分からなかったので為になりました。●SIG P230 トライアルに勝利した3つの理由。引き続きP230特集、基本的にポジティブ評価ですね。マイナスイメージ「格好良く無い、軸線が高い」は写真や映像見ただけの撃ってない人の印象だそうで。見れば格好良いか悪いかは分かりそうなもので [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年9月号発売
  • 奇数月なのでSATマガジンもあります。ガンプロフェッショナルズ 2017年9月号 アームズマガジン 2017年9月号 コンバットマガジン 2017年9月号 SATマガジン 2017年9月号 ●SIG P320まだまだ続くXM17=SIG P320フィーバー。ガンプロとコンバットでレビューがあるようです。軍用モデルそのものはまだ手に入らないらしく、どちらもコマーシャルモデルで代用。あとはアームズの小冊子「米軍拳銃の系譜」も気になりますね。 [続きを読む]
  • KSC展示販売会は凄かった。
  • 行ってきました浅草へ!目指すは都立産業貿易センター台東館。KSC/マルゼン合同の競技会&展示会が行われていました。まず4Fに行くとそこは競技会会場。APSカップというのを初めて見ましたが、的が小さいですね。精度の良いハンドガンでもあれに当てるのは大変そう。一周回って後にします、競技している方々には申し訳ありませんが目的はあくまで展示会。エレベーターが8Fまでなので、階段を登って9Fへ。正直ブラックホールやビク [続きを読む]
  • KSCより7/21にガスブローバックライフル「MEGA ARMS MATEN」が発売!
  • MATEN…魔天?最初ナンノコッチャと思いました。名前が厨ニっぽいな、多分M4のバリエーションだろうと。マガジンが短い…いやデカくないか。・公式サイト>MATEN何とビックリ、7.62mmのガスブローバックライフルでした!!公式サイトに「30口径」って書いてあるから最初.30カービン弾でも使うのかと思いました。・MEGA ARMS>SF-MATEN実銃のホームページには308とあるので.308WIN (7.62mm)で間違いないかと。要は最近流行りのM4 [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年8月号発売、ガンプロフェッショナルズ
  • ガンプロフェッショナルズ 2017年8月号 ●S&W/M&P2.0アップデートで変わった所がいろいろ分かってきましたね。レポートモデルが5インチというのが良いですね。M1911基準なのかもしれませんが、個人的にベストはこのサイズです。2.0になって出来たフレーム先端の穴ですが、シリアルと2次元バーコードが見えます。XM17の肝であるモジュラー化の名残でしょうか。バックストラップS/M/Lに加え、MLを追加しているそうです。このバック [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年8月号発売、コンバットマガジン
  • コンバットマガジン 2017年8月号 ●ジョン・ウィック:チャプター2チャプター2って1作目あったの?自分が知らないだけで2014年にやってたんですね。キアヌ・リーブスが元凄腕の殺し屋に扮するアクション映画です。使用するガンやアドバイスにあのタラン・バトラーが絡んでいるとか。ハリウッドのガン・アクションと言うと「ヒート」「マイアミ・バイス」のマイケル・マンが有名。実はタラン・バトラーがハリウッドに進出する切っ掛 [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年8月号発売、アームズマガジン
  • アームズマガジン 2017年8月号 ●スナイパー特集ここで「DSR-1格好良いなあ」と思っていたら後述のページで特集していてビックリ。将に「俺得」ですね。狙撃銃というと今でもボルトアクションが中心。大体が猟銃からくるイメージが強い&見た目が似たり寄ったり。これはこれで好きなんですが、他方でDSR-1のメカメカしい外見に凄く引かれます。特徴はブルパップ方式で、ストックから伸びたモノポッドが目を引きます。一見コンベン [続きを読む]
  • GUN雑誌2017年8月号発売
  • 偶数月なのでSATマガジンはありません。ガンプロフェッショナルズ 2017年8月号 アームズマガジン 2017年8月号 コンバットマガジン 2017年8月号 ●S&W M&P 2.0M&Pのアップデートバージョン。残念ながら次期米軍制式採用は逃しましたが、どう変わったかが気になりますね。フレーム先端のアナボコは何のためにあるんでしょう。●アームズの表紙モデル(SKE48の熊崎晴香)が持っている銃が気になりました。米国APO 社製ASW.338の海外製 [続きを読む]
  • KSC/Cz75ファーストバージョン(HW)が6/23発売!
  • 画像は「Cz75セカンドバージョン(HW)」のものです。KSC Cz75 2nd 07 HW ガスガン+BB弾+ガス3点セット ・KSC公式サイト>新着情報>待望のCz75-1stHWの発売日決定!!・KSC公式サイト>Cz75ファーストバージョン(HW)待ってたぜ…。Cz75(2nd)が07ハードキックにリニューアルされ、Cz75(1st)ABSの07ハードキックが発売しても手を出さなかったのはこのため。1年ほど前にイベント「KSC展示販売会」で先行販売されたと聞いて期 [続きを読む]