古墳の里の甲斐 さん プロフィール

  •  
古墳の里の甲斐さん: 甲斐犬と古墳の里堺もずで暮らす
ハンドル名古墳の里の甲斐 さん
ブログタイトル甲斐犬と古墳の里堺もずで暮らす
ブログURLhttps://ameblo.jp/iyori-mozu-kai/
サイト紹介文甲斐犬の事、堺の行事、四季、古墳、花、野鳥、その他色々綴っていきます。
自由文堺もず古墳群の「ニサンザイ古墳」の近くに住んでいます。朝夕、古墳の周りを甲斐犬と散歩しています。下手な写真をたくさん入れた内容にしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/04/09 22:00

古墳の里の甲斐 さんのブログ記事

  • 今日は 12月2日 あと1ケ月 
  • 今年の 私の甲斐犬 事情 ?? 今年も あと 1ケ月私の 甲斐犬 事情は ???りん 9歳華  4歳元気に過ごしましたが ???昨年 車を処分した為 遠出 なし近所を のんびり ぶらり のみ 情けない  !!! 甲斐犬関係の 遠出は、2回のみ(それも 電車で) 始めは、 関西支部鑑賞会 3年ぶりに、参加(私のみ、犬なし)懐かしい先輩 優秀犬 に ・・・ ・・・色々 お世話になった。若い人が、増加して [続きを読む]
  • 遺伝病と犬 その現状 !!!
  • 遺伝病の現実 犬 ??? 私が毎日 犬の散歩に行く公園に車いす(???)に乗った犬が !!!後ろ足を、載せている。腰から後ろ足が、動かない。????或る程度 年齢が行ってから 発病か ??しかし それ以外は なんともなく元気 人懐っこい 良い犬 ???私から見ると可哀そう !!!犬は、どう思っているのか ??? その他 後ろ脚に問題の犬も多く見かける。先天的に 後肢が弱い そんな感じ ?? NHK の  [続きを読む]
  • 遺伝病と近親交配 犬 
  • 遺伝病と近親交配 犬 前回、近親婚について 主に“人”を中心に書いたが、競走馬、各種犬についても、ほぼ 同じである。しかし “いとこ婚”どころではない“近親交配”が、行われることが多々ある。その場合の、劣性遺伝子病の発生する確率は、かなり高くなる。そんな場合の対処は、??? 競走馬について数頭の種馬が元になっているらしい。!!!近親交配を、重ねて 現在の 優秀な馬が、造られた。おそらく 遺伝学を駆使 [続きを読む]
  • 近親交配(近親婚)と 遺伝病 2
  • 近親婚と遺伝病 の関係 近親婚(動物では 近親交配)と言う のがある。近親婚と言う言葉には、暗く、嫌われている ・・・という 何か “悪” と言う感じが ??? しかし 遠い昔には、現実として 世界のあちこちに存在していた。ヨーロッパの王家では、王様は高貴な血筋であって、他の血液を入れることは避けられ、長い間 一族での“結婚”が、常となっていた。財産、権利を守るためにも、・・・ ・・・ アフリカ等の 部族の間 [続きを読む]
  • 遺伝病と近親交配(近親婚)1
  • 遺伝病と遺伝子の変異 ?  親子で、顔、体の形、瞼の形、クセ等が似ている。似ていない親子でも、血液型、耳あかのドライ等内面的な所で似ている。このような生物の独自の形や性質を「形質」と言う。 形質には、残しておきたい優秀なもの と なるべくなくしていきたいもの の 両方がある。 「遺伝」とは、色々な“形質”が、親から子供に、伝わる事を言う。その中で、伝わってほしくないのが、病気である。 「遺伝病」と言う [続きを読む]
  • 11月3日 何の日 ????
  • 11月3日は、文化の日 文化の日誰もが知っている ???しかし 今年は、土曜日休日 の増加に 寄与していない ???なんとなく 影が薄い !!! しかし 関西には、「関西文化の日」と言うのが、ある ???17日と18日が中心  これは、大変 いいと言うのは、たくさんの施設が無料になるのだ !!! 行きたいけど、有料なら やめとこか が行ってみるか ・・・ ・・・ という 気に ・・・ 昨年は、少し遠 [続きを読む]
  • 季節の移り変わり 早い !!!
  • 今日は、11月01日 早いもので、今日は、もう 11月最高に暑かった今年の夏 !!! 9月には、強烈な台風 直撃公園の木々が、根元から 倒壊古墳の木々も、葉が飛んで、枝だけに !!!私の人生で 一番の強風  恐怖を感じた !!! 次は、近くの神社の 月見祭 (ふとん太鼓) 今年は、子供神輿を、撮影にこれだって 立派なものだ !!!子供では、担げない !!! 9月の終わり”モズ”が、山から下りてきて [続きを読む]
  • ”自己責任” ???
  • 最近よく聞く ”自己責任” とは ??? テレビ等で、自己責任 と言う 言葉を よく聞きます。どういう事か ??? 日本は、世界でも 最も自由な国の一つであると思う。何を言っても、何をしても 許される。 ??? ただし法律等の規則を守る。他人に、迷惑をかけない。損害をかけない。社会に、迷惑をかけない。損害をかけない。等 いくつかの ””条件”の元に、自己の自由は、ある。 と私は、思う。 不可抗力等で、 [続きを読む]
  • 金髪は、生まれるか ???
  • 日本人の母親から、金髪は、??? 今 遺伝の勉強をしています。犬の繁殖を行う、第一条件 ???犬の毛色の、遺伝を、理解できるように !!!これが、目的です。以前 「よくわかる 犬の遺伝学」と言う本を、借りて、読んだが、全く 歯が立たない !!! このシリーズの 4〜5番目 ???基本から 学んでいます。今回は、メンデルの遺伝の法則 の 復習 ??? 典型的な日本人の母親 (黒髪の純系) と典型的な外 [続きを読む]
  • 遺伝のしくみを 利用 ???
  • 品種改良、品質向上 ・・・ このシリーズの、始めに、遺伝の知識は、犬の繁殖家には、必須であると大先輩が、書いておられるし、私も同感である と書きました。それでは、実際には、どのように ??? 哺乳類の遺伝は、非常に複雑 ????それでは、稲等の植物では、稲のゲノムの解明は、ほぼ100%完了している。???日本人の主食として大事な作物である。昔から研究が、盛んに行われ、収穫の増量、病気に強い、おいしい [続きを読む]
  • 懐かしい人を TV で !!!
  • 本当に ひさしぶり !!  テレビの番組10月11日 直撃 シンゾウ 坂上10月12日 坂上動物王国 で懐かしい ムツゴロウ こと 畑正憲 さんを見た。 「ムツゴロウの動物王国」で、超有名テレビ番組「ムツゴロウ と ゆかいな仲間たち」が、人気動物好きの私にとって、数カ月位に一度の特番は、待ち遠しい番組でもあった。 そんな ムツゴロウさんの生き方に、憧れたものである。私は、現在 甲斐犬を飼っているが、 [続きを読む]
  • 今日は何の日めぐり ?? 
  • 10月8日、10月10日 何の日 10月10日 は、???私の昔の記憶では、「体育の日」であるが、???体育の日は、現在では、10月の第2月曜日 !!!時代の流れか ??? 元を正せば1964年10月10日、東京オリンピックの開会式の日を記念して定められた。2000年度より 10月の第2月曜日になり、土曜が休みであれば3連休に !!! 2020年よりは、「スポーツの日」に、変更になる。 ???「スポ [続きを読む]
  • メンデルの遺伝の法則 まとめ
  • 遺伝の法則 まとめ ??? 生き物の特徴は、親から子へどうやって伝わるのか、親と子は、なぜ 似るのか ???“遺伝の謎”???昔の人が、どうしても解明できなかった ???複雑な現象・・・ ・・・ ??? という先入観があり長い間、解明されることがなかった。??? この謎を、メンデルは、単純明快な法則として、解明した。しかし当時の人に、全く 受け入れられず、と言うよりは、理解することが出来なかった。 この考 [続きを読む]
  • メンデルの実験 追加
  • 2遺伝子雑種 他 メンデルの実験 雑種第二世代黄色が、3 緑が、1 の比率で出現緑は、rr でしか 出現しない。黄色は、RR と Rr で出現黄色の内 どれが RR で どれが Rr なのか ?? 前回示した実験結果 雑種第二世代 の 分類 ??? 黄色の色を、表現する豆には、”RR”と”Rr”がある。それを、分類する手順は、黄色の豆に、 緑の豆を交配する。 全て黄色の豆が、できれば、元の第2世代の豆は、”RR [続きを読む]
  • メンデルの実験 補足説明 ???
  • 実験は、思いついた法則の 確認 ??? メンデルの実験 補足 ??? このシリーズ③目です。日本犬を飼っています。繁殖を、と・・・ ・・・その為には、“遺伝”の最低限の知識は、と勉強をしています。私が、理解できた部分をブログ上で、まとめています。興味のある人は、見てください。間違って、理解していることも、ある、???たくさんある。かも ???????? メンデルの実験を説明するうえで、知っておくと理解しや [続きを読む]
  • ”親に似る謎を解く メンデルの実験” 
  • 親に似る(遺伝)の謎 を 研究、実験 オーストラリアの修道士「メンデル」が、遺伝の基本法則を明らかにした。エンドウ豆を使用し、交配実験を繰り返し遺伝の基本的な仕組みを、見出した。有名な「メンデルの遺伝の法則」である。 ① 実験の準備 実験に最適な植物の選定自分の花の“雄しべ”と“雌しべ”で自家受粉ができる。また交配が、容易なもの。 一つの遺伝子で、一つの形質を決める。色とか形が単純で、表現型として [続きを読む]
  • 犬の遺伝学 初歩の初歩 1
  • 子は親に似る  ??? 昔の人は、「遺伝(?)」 についてどう思っていたのか ??? 子は、親に似ている。昔から、実感として人は、知っていたが、????しかし 親の親(祖父母)に似ることもある。曾祖父母に、似ることもある。???なぜ なぜ なぜ ???そもそも なぜ 似るのか ???? 昔の人は、全く解らなかった。???そうなるものとして、思うよりしかたがなかった。のかも ??? 両親の形質が、混ざ [続きを読む]
  • どうなっているんだ !!!
  • 毎日が、災害 !!! 、 今日の朝、北海道で 大地震 !!!その前は、台風21号で、大被害 !!! 私は、堺に住んでいる。大阪、堺に来て 40数年、初めて経験する大台風の脅威 !!!家の中にいても、 恐怖を感じた !!! 関西直撃実は、今年 2回目である。 ただ今回は、数倍の猛威が ・・・・大阪と言うと、台風が、通過しても大阪に、来る頃には、勢力が衰え、大きな被害は、発生していなかった。 今回は、もと [続きを読む]
  • ”遺伝” だけじゃない ???
  • 犬(狼?)と言う“種”の 生存のために !!! 我々が、飼っている犬(狼?)は、親から引きついた、生まれながらに持っている“遺伝”と生まれて育った“環境”の 二つの要素により作られていく。 このどちらかでもが、十分でなかったら、過去からの進化の結果が、十分に発揮できず、滅びと言う方向に進んでしまう。 親からもらう遺伝だけでは、生まれてからの環境だけでは、 ??? である。 犬の祖先  狼 ???狼は [続きを読む]
  • 鳩・馬・犬 参考になるか ???
  • レース鳩の近親交配 成功例 ・・・ 記事を書く前に 読んでみました。図書館にあった レース鳩 の本は これ1冊のみ !!!レースを行っている会員は、15000人くらい ???若い人が、少ない !!! 競走馬を生産している牧場の本この厩舎は、自分の所で生まれた馬で、レースに参加、獲得賞金のみで牧場を運営 素晴らしいこんな事が、成立するとは 驚き !!!ただ 交配・血統については、あまり記述がない。 [続きを読む]
  • ”鳩” 犬の参考になるか ??? 
  • レース鳩の世界での近親交配 ・・・ 犬の参考 になるか どうか ??? 競馬、鳩レース等、世の中には、“勝負”“勝ち負け”を競うものがある。私が飼っている犬の世界にも、順位を決める“展覧会”(品評会)がある。 有名な レース鳩レース鳩を飼う人なら ほとんどの人が 知っている ???この鳩の 子孫が 現在の鳩レース でも 大活躍 !!! “鳶が、鷹を産む”という「ことわざ」が、あるがこれらの“勝負の世界 [続きを読む]
  • 遺伝学 は 必須 か ???
  • 犬の繁殖に 遺伝学は 必要 !!! ただ 「遺伝学」難しい ??? 私は、現在 甲斐犬を2匹飼育している。「巨摩狼系 甲斐犬の保存」という本に著者は、「犬の繁殖を行う上でも、最低限の遺伝の基礎的な知識、メンデルの法則などの知識無くして、不確かな「勘」に頼っていたのでは、将来を見越した優れた素質の甲斐犬の保存は、成し得ないと思うのである」と しかし 遺伝学は、難しい !!!メンデルのエンドウ豆の実験位 [続きを読む]
  • 「立秋」 ??? 実感 なし
  • もう 立秋  実感 なし 8月7日は、” 立秋 ”暦の上では、季節は、もう秋に向かって、進んでいる。だだ この暑さでは、とても とても !!!今年は、京都・大阪・名古屋が、特に暑い !!!なぜ なぜ ??? 今までは、クーラーは、あまり使用していなかったが、今年は、そうはいかない。私が、年をとった、ことも あるが ???命が、大事である。 秋の兆し は、と大仙公園・日本庭園等に行ってみたが、今の所  [続きを読む]
  • オオカミ と ウサギ 関係は ???
  • オオカミは必要か ??? オオカミ と ウサギ ??? 「オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか」という題名の本が、目にはいた。“オオカミ”という 言葉が、好きである。ついつい、手に取って、図書館で借りることに、 直感では、全く ???? である。 昔の日本の“ことわざ”に“風が吹けば桶屋が儲かる”というのがある。今の若い人には、とても理解ができない内容である。今では、全く 繋がらない 昔のことで [続きを読む]
  • 身近な夏の自然 トンボ(2)
  • 身近にたくさん !!! 色んな種類のトンボが、身近にいますが ・・・ ・・・比較的よく知られている種類を撮影に300mm位の望遠レンズがあると便利 !!!できれば マクロ付が、のぞましい。 ”シオカラ トンボ” 一番よく見かける。オス・メス で 色が違う。別名 ムギワラトンボ とも  これは メス 交尾状態オス メス の 色の違いが、わかる。 よく知られている ”イト トンボ”これは、静かに、よく [続きを読む]