Ms.R さん プロフィール

  •  
Ms.Rさん: ドイツを100%楽しもう!
ハンドル名Ms.R さん
ブログタイトルドイツを100%楽しもう!
ブログURLhttp://deutschland100.blog.fc2.com/
サイト紹介文アウグスブルグを中心に観光、グルメ、イベントなど旅行に役立つ情報と犬の事を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/04/10 02:26

Ms.R さんのブログ記事

  • 森の幼稚園の感謝祭
  • Erntendakfest感謝祭感謝祭は秋の収穫に感謝する祭りでドイツでは10月の第一日曜日と決まっています。紀元前のイスラエルやギリシャですでにあったそうです。教会でミサが行われたり、幼稚園や学校でも秋の味覚を楽しんだりする楽しい行事でもあります。森の幼稚園でも感謝祭をしました!森の幼稚園には園舎がありません。近くの学童保育の施設を借りて、保護者や子供たちが一緒に美味しい食事やケーキの用意をしました!手作りの [続きを読む]
  • 紅葉が美しいノイシュバンシュタイン城
  • アルプスの秋8月の終わりごろから既に秋の気配が漂うドイツ。標高1000mのノイシュバンシュタイン城周辺はきれいに紅葉し始めました!10月15日現在、南ドイツでは秋晴れが続いていてお城の景色はまるでお土産屋さんで売られているポスターのようです!マリーエン橋からの一枚。白いお城と紅葉した木々とのコントラストが美しい!この辺りの広葉樹林はブナの木が多く気候のせいもあって紅葉と言うよりは黄葉です。お城の入り口付近で [続きを読む]
  • ケルン大聖堂 その3
  • 当方の三博士とマリア様教会は必ずどなたかを祀っています。イエスだったり、マリア様や聖人や天使だったり…その方に捧げる献堂式が行われて初めてただの建物から教会になるわけです。ケルン大聖堂では東方の三博士が祀られています。1164年にミラノから頭骸骨が送られて来て、それを祀るためにこの大聖堂が建てられました。とにかく天井が高くて荘厳な雰囲気は当時の人々が出来るだけ天井を高くし神に近づこうとしたゴシック様式 [続きを読む]
  • ケルン大聖堂 その2
  • 大聖堂の正面世界最大のゴシック建築で高さが157m。高層ビル並み!ケルン、トリア、マインツ大聖堂はドイツの3大大聖堂です。ミラノから東方の三博士の頭蓋骨が送られたのがきっかけで、聖遺物にふさわしい教会を建てることになったのでした。いろいろ工夫をしたけれど、どうしても全体が入らない!Hohenzollern橋に行けば全体が撮れるのですが旅の途中。雨もパラパラ、スーツケースも持ってたので今回は断念。大きいだけじゃなく [続きを読む]
  • ケルン大聖堂 その1
  • ケルン中央駅ICEでデュッセルドルフに行く途中急に思い立ってケルンで降りる事にしました。Flexpreisで乗車券を買っていたので、同日の同じ道程ならどの電車に乗ってもOK次の電車の事も調べずに降りちゃいました!とても雰囲気のある素敵な駅。写真の下手な私ですが、なかなかの出来!書かれているロゴがいい。「本物のケルンの水(コロン)」その爽やかな香りを気に入ってナポレオンがフランスに持ち帰ったそうです。出口の方に歩い [続きを読む]
  • Mr.Tのガールフレンド
  • 大好きな女の子Mr.Tには何匹かガールフレンドがいます。ドーベルマンやグレイハウンドの女の子もお気に入りですが、特に仲良しなのがマルチーズのネリーちゃん。忙しくてここ数週間ほど会えなかった二人…「ネリーとお散歩行くよ!」と声をかけただけでおめめがキラキラキラ☆わぁぁぁ!ほんと〜??(声が聞こえるなら)ドイツの素敵な場所にご案内いたします!↓    ↓    ↓    ↓アウグスブルグ ガイド&通訳サー [続きを読む]
  • 13世紀の水車を守る
  • Schöntalの水車先日、縁があって古い水車のある村に行きました。1250年に作られたこの水車は1970年代まで動いていたそうです。どうしても水車の絵を描きたいという画家さんをご案内したのです。修復されることになっており、足場が組まれる前にぜひ描きたいと…水車の持ち主Rohrmüllerさんはとても気のいい農夫。修復工事を延期していただいての訪問でした。修復が終わるのは4年後。250万ユーロかかるそうです。もちろん国や州か [続きを読む]
  • その通りだと思う…
  • 素敵なことばティアハイムではTシャツやパーカーなどの収益を動物たちのエサ代や施設の費用に充てています。これは昨日届いたパーカーの背中に書かれているロゴEin Tier zu retten verändert nich die Welt.Aber die ganze Welt verändert sich für dieses eine Tier.一匹の動物を救って世界を変えることは出来ない。しかし助けられたその動物の世界は一変する。ドイツの素敵な場所にご案内いたします!↓    ↓    ↓ [続きを読む]
  • ティアハイムの犬の散歩の様子
  • 散歩のボランティアさんミュンヘンのティアハイムでは毎日朝9時と11時に犬を散歩に連れて行きます。散歩をするのはボランティアを中心に施設の職員さんたち。外部からのボランティアさんたち。ほとんど毎日同じ人が同じ犬を散歩に連れて行きます。犬たちはひと時の散歩を心待ちにしています。仲のいい子たちは一緒に出掛けて行きます。必要があれば口輪もします。散歩にはたくさんの決まりがあって犬を散歩させる人はごく簡単なレ [続きを読む]
  • オクトーバーフェスト おすすめテント その1
  • チキンのグリルが美味しいテントAmmerzeltオクトーバーフェスト会場内には16の大きなテントと21の小さなテントがあります。一番大きいのがHofbräuのテントで1万1000人収容。2番目がOidewiesn(ノスタルジックなテント)1万500人。それに比べるとAmmerzeltは外と中合わせてたった900席しかないとても小さなテントです。この一家はもともとビクトリアン市場で屋台を出していました。運よくフェスト会場に場所をもらい今に至っていま [続きを読む]
  • フェストビアが飲める!
  • Spöckmeier Rosenstraße 9 マリーエン広場のすぐそば日-水 9時-1時 / 木-土 9時-3時私、御用達のレストランSpöckmeierマリーエン広場に近いのが何と言っても魅力!仕事の後によくビールを飲んだりしてます。見かけたら声かけてくださいね〜レストランの外観です。広場からほんとにすぐ。そして左と真ん中のグラスがフェストビア。後ろにWiesnbier、アルコール度6%と書かれています。Wiesnは草原、オクトーバーフェスト会場 [続きを読む]
  • 民族衣装を手軽に揃えられる店
  • Orihinal Steindlお手軽民族衣装の店Neuhauser Str. 10, 80331 München10時〜20時までNeuhauserノイハウザー通りには1328年創業老舗のビアホールZum Augsutinerがありますがそのお向かいの民族衣装の店はお手頃な価格で民族衣装が買えるので旅行客にも人気 !もちろんTax Freeの手続き用紙もくれます。ちょうど日が暮れるころ。重厚なヨーロッパらしい建物がライトアップされています。昔はここでAugustinerのビールを醸造してい [続きを読む]
  • ヴィースの神様の足元へ
  • 秋晴れの朝に…8月の末からドイツでは秋の気配が漂い始めました。雨の降る日もありますが晴れた日の朝は空気も冷たくそれはそれは清々しい…こんな朝にヴィース教会を訪れました。早朝にミュンヘンを出発。私たちが一番乗りでした。雲一つない秋晴れの空の下朝露で濡れている草原の中の教会。中は東から射す朝日で神々しいばかり…この日は年に一回の祭壇を清掃する日。祭壇の下は布が掛けられ、見慣れない機械が置かれていました [続きを読む]
  • Dirndl 女性の民族衣装の着方!
  • バイエルンの民族衣装はどうやって着るの?オクトーバーフェストはもちろんのこと、普段からミュンヘンの人達は女性はDirndlというドレスを男性はLederhose皮ズボンを好んで身に付けます。胸のところが大きめに開いていてとってもセクシー。女性はもともと胸にボリュームのある方が多いのですが、それをワンピースでさらに押し上げています。これが大事なんですね!Dirndl用のプッシュアップブラが売ってるくらいです!Dirndlを買 [続きを読む]
  • オクトーバーフェスト 中央駅
  • 駅でDirndlが買えます!オクトーバーフェストにはみんな民族衣装を着ていきます!女の子はハイジのようなワンピース男の子は皮のズボンとチェックのシャツ。せっかくフェストに行くなら、やっぱり着た方が楽しい!でもどこで買うの?街に行けばお店は色々ありますが、中央駅の構内にも売ってます。日曜日や20時以降でも買い物が出来るのでとっても便利なうえにお安い!まずこちら。駅のインフォの真横!値段はDirndlのセットが39? [続きを読む]
  • 自然保護地区でお散歩4 Mr.Tの幸せ
  • 走る田舎育ちでダニを何匹もつけてくる…いつも泥だらけで汚いワンコです。ご飯は食べない日もあり、食には執着なし!彼の楽しみは狩りと走る事。鹿の匂いを嗅ぎとったところ。この草むらの先に何頭か息を潜めているのでしょう。こっちの草原にはウサギの匂いがプンプン。森の中を小走りに先を急ぐ。森を抜けた先にある麦畑(刈り入れ前の写真です)でウサギを追いかけているところ。ちなみに彼の狩りは足が遅すぎて成功しません! [続きを読む]
  • 自然保護地区でお散歩3 羊は自然の芝刈り機
  • 羊飼いのおじさんドイツには今でも牛飼いや羊飼いという職業が立派に存在します。牛飼いは5月になると牛を連れてアルムに登っていくし、羊飼いは羊を放牧して草のある所を移動します。なんと今年3回目。いつもMr.TとおさんぽしているWeitmannseeバイトマン湖道が閉鎖されています。看板には「注意!羊が芝刈り中」と書いてあるんですよ!何故、羊なの??①羊は根を抜き取らず、ちょうどいい長さに草を噛みちぎる②糞は肥料になる [続きを読む]
  • 自然保護地区でお散歩2 野生の馬
  • 森に住む馬7月に書き始めた自然保護地区の飲料水の続きです!アウグスブルグの南に広がる21?の広大な森。ドイツでも最も多様な動植物が生息している地域です。人口28万人の町の端っこでビアガーデンも近くにあるし、市民の憩いの場でもあります。自然保護地区の一番南には野生の馬もいます。群れで生活していて、ここだけ囲いがされています。この柵の先に馬たちが群れで暮らしています。物音がするとサッといなくなるのでMr.Tも [続きを読む]
  • Dr.Hauschka オーガニック化粧品
  • ギャラリア・リズル Galeria Lislノイシュバンシュタイン城のふもとの免税店今日もマリーエン橋からの眺めが美しいですね〜早かったので少し霞んでますが、さわやかな朝です。ノイシュバンシュタイン城と言えば日本人の免税店、Galeria LislFeilerのタオルやREMOWAもお買い得だしトイレがタダなのが嬉しい!ドイツではトイレでお金がいることが多いんです。今日はお店の商品の中から化粧品をご紹介します。町の薬局にももちろん売 [続きを読む]
  • 雨の日も颯爽と歩こう!
  • 新しいレインコート南ドイツはここ数日雨がつづき、すっかり秋の気配。雨が降ると急に気温が下がります。暑い日は泳いだりもするMr.Tですが、雨は嫌い!どうも毛の薄い彼は体が冷えてしまうようです。玄関では「嫌だ!」してましたが、私の先を颯爽と歩いてるし、まんざらでもないみたい。綿入りの温かいレインコートです!顔は濡れてぐしゃぐしゃですが、体は乾いたまま。家に帰ってからのシャワーもいらないし、一石二鳥じゃない [続きを読む]
  • ドイツ最高峰ツークシュピッツェに行こう!夏 その2
  • 一気に頂上まで!ドイツ最高峰のツークシュピッツェ2962mと富士山と比べても随分と低い山ですが頂上の360度のパノラマは圧巻です! 頂上へはPlatt駅からケーブルカーで行きます。この丸太小屋の左側に乗り場があり、ザイルにぶらんとぶら下がったこのケーブルカーで一気に上がります。乗っている時間は5〜6分。途中に支柱が全くないザイルだけのケーブルカー!ケーブルカーの後ろに頂上を目指し歩いて上がる人たちの姿。もう少し [続きを読む]
  • ドイツ最高峰ツークシュピッツェに行こう!夏 その1
  • 乗りもの天気のいい日のアルプスは本当に気持ちがいい。ミュンヘンから車で1時間半も行けば連なる山々。これはもう南ドイツの特権ですね!アルプスのふもとの町Garmisch Partenkirchenガルミッシュ・パルテンキルヒェンから登山電車とケーブルカーを乗り継いで頂上まで行きます。Garmisch Partenkirchenの小さな駅からこんなかわいいツークシュピッツ鉄道に乗ってドイツ最高峰ツークシュピッツェへ出発です。ふもとに広がる草原を [続きを読む]