まいこ さん プロフィール

  •  
まいこさん: 息子の嫁は小悪魔
ハンドル名まいこ さん
ブログタイトル息子の嫁は小悪魔
ブログURLhttp://maikofamily.blog.fc2.com/
サイト紹介文一人息子の夫婦と二世帯同居生活をはじめてから、私たち家族は狂わされていきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/04/10 14:02

まいこ さんのブログ記事

  • 嫁の不貞極まりない行為を目撃しました
  • ある日の夜の事でした。私は一人でお隣の家の二階の和室でボッーと寛いでいました。すると、我が家の方から嫁の大きな笑い声とM君のひきつった声が聞こえてきたのです。私は部屋の電気を消し、障子を開けて我が家の様子を窺うとそこには驚くべき光景が広がっていたのです。なんと嫁は、息子と暮らしていた部屋でM君と不貞極まりない行為をしていたのでした。その時、私は心から単身赴任中の息子があまりに不憫に思えて、嫁退治を [続きを読む]
  • 着の身着のまま締め出されても幸せでした
  • 私と旦那はお隣の家でだんだん心穏やかに暮らせるようになっていました。二人ともほとんど着の身着のままで締め出されたような形でしたが、それでも嫁とその浮気相手のM君と一緒に暮らしていた頃よりは落ち着いて生活をすることができ、二人とも満足していたのです。しかし、K子さんだけは違っているようでした。我が家で嫁と暮らす元カレのM君が忘れられないのか毎日、夕方になると窓から顔を出して、我が家に向かって「この泥 [続きを読む]
  • この生活の方が長生きできそうです
  • 我が家を嫁と佳代さんに乗っ取られ、私と旦那はお隣の家でK子さんと暮らし始めるという歪な関係の生活が始まりました。最初はK子さんに怯えていた旦那も少しづつ心を開き始め、まるで本当の親子かと思うほどに打ち解けていったのです。我が家で嫁に虐げられていた時よりも今の方が幸せなんじゃないか、このままの生活の方が長生きできるんじゃないか、そんな風に思い始めたのです。 [続きを読む]
  • 旦那を救出できました
  • 我が家を締め出されてしまった私と旦那はK子さんと一緒に隣の家に戻りました。こうして我が家とお隣の家の新たな関係が始まったのでした。私は我が家を嫁達に乗っ取られた事はとても辛かったのですが、旦那を救出できた事で少しだけホッとしました。「お世話になります」旦那はK子さんに丁重に挨拶をするとK子さんも「よろしく」と旦那を温かく迎え入れてくれたのです。 [続きを読む]
  • 嫁に我が家を締め出された私達夫婦
  • 我が家の中に駆けこんだ私は、旦那の部屋の方に向かいました。すると、そこには我が家の嫁に鬼のような形相で睨みつけられて、覚えている旦那の姿があったのです。「アンタ!」私が大きな声で叫ぶと旦那は泣きそうな顔で私の方にやって来て「一緒に逃げよう」と言ってきたのです。そして、我が家の嫁は私達夫婦を玄関先まで追い詰め、そのまま締めだしたのでした。 [続きを読む]
  • 旦那を恫喝する嫁の声が聞こえて
  • インターホンから聞こえてきた旦那の助けを求める声に、口論を続けていた佳代さんとK子さんも一瞬静かになりました。そしてインターホンからは我が家の嫁が私の旦那を恫喝する声が聞こえてきたのです。旦那を助けなきゃ・・・。私は居ても立ってもいられなくなり、佳代さんを押しのけて我が家の中へと駆け込んだのでした。 [続きを読む]
  • 「助けてくれぇ〜」と叫ぶウチの旦那
  • 我が家の玄関先では、佳代さんとK子さんのお隣の家の母娘の口喧嘩が数分に渡って続きました。その光景を一歩引いて見ていると我が家が完全にお隣の母娘に乗っ取られたような不思議な感じでした。そんな時、インターホンの向こうから「助けてくれぇ〜」というウチの旦那の声が聞こえてきたのです。 [続きを読む]
  • 凄惨な母娘の喧嘩が続きました
  • 私の親友でありお隣の家に住んでいた佳代さんは我が家で居候するようになってから一緒に暮らす我が家の嫁に洗脳されてしまったのか荒々しい口調でインターホンから怒鳴って来たのです。すると私と一緒に玄関先にいた佳代さんの娘のK子さんがそれに応戦し始めたのでした。「母さん、他人の家で何やってんの!早くM君を連れてうちに戻って来な!」それから我が家の玄関先ではインターホン越しに佳代さんとK子さんの凄惨な母娘の喧 [続きを読む]
  • 温厚だった親友が豹変していました
  • 我が家の玄関のインターホンから聞こえてきた嫁と佳代さんの怒鳴り声に私とK子さんはビックリして扉を叩くのを止めました。「いい加減にしてちょーだい!」佳代さんの怒鳴り声は続きました。あの温厚だった長年の親友の佳代さんがこんな激しい口調で物を言う事が私には信じられませんでした。そしてそれは娘のK子さんも同じようだったのです。どうやら我が家の嫁は佳代さんの人間性そのものを変えてしまったみたいでした。 [続きを読む]
  • 嫁に虐げられる私の旦那
  • 家の中から聞こえてくる嫁の怒鳴り声は私の旦那を責めている言葉のようでした。「ここでじっとしときな!」そんな声が聞こえてきたのです。この扉の向こう側で、旦那は間違いなく虐げられている。私はなんとかしなくちゃと思い、K子さんと一緒に何度も玄関の扉を叩いたのです。すると突然インターホンから「うるさいわね!」という嫁と佳代さんの声が響いたのでした。 [続きを読む]
  • 家の鍵を勝手に変えられていました
  • 我が家の玄関まで走って辿り着いた私は持っていた鍵で家の中に入ろうとしました。すると、鍵穴に鍵が入らなかったのです。なんで・・・。その時私は初めて知ったのです。私が隣の家で潜伏生活をしている間に我が家の嫁達によって家の鍵が変えられてしまっていたことに。仕方なく扉を何度も叩いて旦那を呼びました。「アンタ!大丈夫?」すると家の中から我が家の嫁の怒鳴り声が聞こえてきたのです。 [続きを読む]
  • 旦那を早く助けなければ・・・
  • 我が家の庭先で女二人がかりで家の中に連れ込まれようとしている旦那。このまま家の中に入った後、旦那はどうなるのか。きっとキツイお仕置きを受けて辛い目に遭うに違いない。私はそう思いました。旦那を早く助けなければ・・・。そして私は居ても立ってもいられなくなりK子さんと一緒に我が家に向かったのです。 [続きを読む]
  • 旦那の哀れな姿を見せつけられて
  • 我が家の嫁と佳代さんの女二人がかりで家の中に引っ張られる旦那は必死に抵抗していました。それはまるで悪い事をした小さな子供が親に対して抵抗している姿のようでした。「アンタ!早く逃げなぁ!」私は隣の家の窓からそう叫びましたが、男といえども老体の旦那は元気いっぱいの女たちの力には敵わず、強引に家の中へと連れ込まれようとしていたのです。 [続きを読む]
  • 二人がかりで家の中に引っ張られるウチの旦那
  • 我が家の嫁が庭先で旦那を叱りつけているとそこに佳代さんも現れました。佳代さんは娘であるK子さんと私に向かって不敵な笑みを浮かべると、我が家の嫁と一緒になって私の旦那を叱りつけたのです。「いったい何時だと思っているんですかぁ!近所迷惑だから早く中に入ってください!」そして、我が家の嫁と佳代さんは、逃げようとする旦那を二人がかりで家の中に引き戻そうとしたのでした。 [続きを読む]
  • 我が家の嫁に叱られるウチの旦那
  • 早朝の庭で大きな声を出していた旦那に気づいたのか突然、我が家の嫁が庭先に現れたのです。隣の家の中から顔を出している私とK子さんを嫁は睨みつけると、旦那に向かって「朝っぱらから大きな声出さないでよ!」と叱りつけたのでした。そして、「隣の家になんか行かせないわよ!」と言い放ったのでした。 [続きを読む]
  • 旦那を隣の家で引き取る事にしました
  • 旦那からの思いがけない救援要請に私は戸惑いましたが、すぐにK子さんを呼び旦那をこの家に引き取ってもいいか確認しました。するとK子さんは快諾してくれたので私は我が家の庭先にいる旦那に「今すぐ荷物をまとめて隣の家に来なさい」と告げたのです。するとその時でした。旦那の背後から我が家の嫁が突然現れたのです。 [続きを読む]
  • 旦那は私に縋るような顔で訴えてきました
  • 早朝の我が家の庭に現れた旦那は隣の家から覗いている私の顔を見ると嬉しそうにまるで子供のような笑顔で手を振って来ました。私が小さな声で「アンタぁ〜」と叫ぶと旦那は「助けてくれぇ」と返事をしたのです。そして、急に泣きそうな顔になり「俺もそっちへ行っていいかぁ」と問い掛けてきたのでした。 [続きを読む]
  • 旦那の生存確認ができました
  • 我が家で一人引きこもっている旦那と連絡が取れなくなってから、私は毎日のように潜伏しているお隣の家から我が家の様子を窺いました。しかし旦那が生きている形跡を掴む事はできなかったのです。旦那は倒れてしまっているのではないか?そんな心配さえし始めた頃、ある日の朝我が家の方を見ていると、旦那が庭の方に出てきて隣の家から顔を出している私に気づくと嬉しそうな顔で手を振って来たのです。 [続きを読む]
  • ウチの旦那はどうなってしまったのか?
  • 突然、携帯番号が変えられて、連絡が取れなくなった旦那の事が私は気になりました。機械音痴の旦那が勝手に携帯番号を変える手続きなど一人でするはずがないのです。もしかして・・・・私は佳代さんと我が家の嫁が旦那になにかしたのだと思いました。ウチの旦那はどうなってしまったのか?私はK子さんと共に旦那の救出作戦を考え始めたのです。 [続きを読む]
  • 血のつながりよりも濃い関係
  • 親友の佳代さんと我が家の嫁が結託して我が家を乗っ取ったのを確信した日から私は佳代さんの娘であるK子さんとの絆を深めました。こうして、私達はかつての敵が仲間となり血のつながりを越えて向き合う事になったのです。そんな中、我が家で一人引きこもり生活をしている旦那に電話をするとなぜか番号が変更されて繋がらなくなったのでした。 [続きを読む]
  • もう我が家はあの二人に乗っ取られた
  • 私の方を指差して笑う佳代さんと我が家の嫁は相変わらずとても仲良さそうで遠くから見ると本当の嫁姑のようにさえ映りました。そしてあまりに恐ろしい二人に見えたのです。かつて長年の親友であったはずの佳代さんはすっかり人が変わったように不気味な笑みを浮かべあの凶暴な我が家の嫁を手なずけてさえいるようでした。もう我が家はあの二人に乗っ取られた、私はそう確信したのです。 [続きを読む]
  • 嫁と佳代さんに指差して笑われた屈辱
  • ある日の午後の事でした。私が潜伏するお隣の家の二階の窓から我が家の様子を窺っていると、一階のリビングにいた佳代さん(お隣の家の奥さん)と目が合ってしまったのでした。彼女は一瞬驚いた表情を浮かべた後すぐに意味深な笑顔を浮かべると誰かを手招きしました。すると我が家の嫁が現れ、二人して私の方を指差しながら笑ったのです。それはあまりに不気味な光景でした。 [続きを読む]
  • 私の潜伏生活に気づいた嫁達
  • 我が家とお隣さんのクロスする生活が始まってから二週間が過ぎようとした頃でした。私はお隣の家でK子さんと仲良く暮らし我が家ではお隣の家の奥さんが我が家の嫁とその浮気相手のM君と仲良く暮らしているようでした。そして、我が家で一人部屋に引きこもる旦那の話によれば我が家の嫁達はようやく私がお隣の家に潜伏していることに気づいたようなのです。ここに私達の歪な関係が本格的に始まったのでした。 [続きを読む]
  • 優しく凶暴なお隣の家のK子さん
  • お隣の家でK子さんと暮らし始めてから私はそれまで凶暴だとばかり思い込んでいたK子さんの知らなかった一面を日に日に知るようになりました。彼女は思いやりもあって優しく、ついこないまで敵だったはずの私にとても親切にしてくれました。それでも相変わらず夕方近くになると窓から顔を出して我が家に向かって「この泥棒ネコ!」と叫んでいたのでした。笑でもそんな彼女のギャップが私には可愛らしくさえ見えてきたのです。 [続きを読む]
  • 私はすでに忘れられた存在
  • 私はお隣の家でK子さんと二人で暮らし始めました。すでにお隣のお嫁さんは実家に帰っていなかったので彼女の使っていた部屋を借りる事にしました。一日に何度か旦那には電話して我が家の様子を確認していましたが、我が家の嫁達は相変わらず楽しそうにしているらしく、まだ私がいなくなった事に気づいていないそうでした。 [続きを読む]