kokosuke さん プロフィール

  •  
kokosukeさん: alpedia
ハンドル名kokosuke さん
ブログタイトルalpedia
ブログURLhttp://alpedia.seesaa.net/
サイト紹介文アルビレックス新潟のサポーターの方は 自由に書き込んでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/04/10 20:59

kokosuke さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ジャン・パトリック
  • レオ・シルバが抜けた後、アルビの中盤にと加入しかなりの期待を集めましたが、リーグ戦の出場はなし。カップ戦のみの出場となりました。結局、リーグ戦には出場しないまま6月に契約解除となってしまいました。本人都合以外で6月に契約解除というのはアルビにとっては異例。完全にダメ外国人のレッテルを張られてしまいました。即戦力と期待された助っ人外国人としては、完全な期待外れに終わりました。ただ、カップ戦では存在感 [続きを読む]
  • レオ・シルバ
  • ハッピーターンを愛する万能MF。相手からボールを奪う技術はピカ一。独特の奪い方で中盤を制しました。攻撃面でもここぞというときの攻め上がり。大事な場面で何度もアルビを救ってくれました。アルビ時代後期はフリーキックも任されみごとなキックを披露。ベスト11にも選ばれるなど、アルビの優良外国人として知名度も全国区に。常に笑顔を絶やさず、日本語も積極的に勉強。新潟を愛してくれた姿勢は、サポからも絶大な人気をは [続きを読む]
  • リンクして頂いた方へ
  • 当サイト[alpedia]はリンクフリーとなっております。当サイトをリンクして頂いた方はご希望があれば、こちらからもリンクしますので、コメント欄にお気軽に記入お願いします。注)サッカーアルビレックス新潟関連のサイトのみとさせていただきます。不適切と思われたサイトにつきましては削除することもありますのでご了承ください。個々の記事につきましても引き続き追記、感想等がありましたらコメント欄に自由に書き込んでくだ [続きを読む]
  • カリウ
  • ブラジルから来た若きストライカーラファエル、レオ、コルテース、3人のレギュラークラスの外国人が在籍していた影響もあり出場機会はほぼありませんでしたが、リーグ戦最終盤、吉田監督解任後片淵監督に代わってからリーグ戦に出場することができました。一生懸命努力する選手で、練習では素晴らしいシュートを連発するという評判でしたが、実践ではなかなか結果を残せませんでした。ただ、少ない試合出場の中でも期待を持たせる [続きを読む]
  • コルテース
  • 元セレソン(ブラジル代表)の称号を引っ提げてのアルビ入団。アルビ入団時はまだ20代の選手だっただけに、サポーターの期待は大きかったのですが、スピードがなく、Jリーグでは苦戦しました。ブラジルで名をはせた選手でもJリーグでは対応できない選手も多いと聞きますが、コルテースもそのひとりとなってしまいました。さすが、元セレソンと言える非凡なプレーも時折みせてくれましたが、期待が大きすぎたこともあり助っ人外国 [続きを読む]
  • ラファエル・シルバ
  • スピード抜群のストライカー。足が速いというだけでなく、抜群の瞬発力であっという間に相手DFを抜き去ることができる、才能あふれる選手でした。アルビに入団したときはまだ若く、日本では全く無名な選手だっただけにアルビのスカウトは本当に良く見つけてきたなぁと感じさせてくれました。ただ、残念ながらケガを多くアルビで才能を開花させたかどうかは微妙でした。スピードで勝負するタイプだけに筋肉系のケガが多かったのはプ [続きを読む]
  • 吉田達磨
  • 若手の育成や独自のサッカー理論で高い評価を受ける監督ではありましたが、新潟では、苦しいシーズンとなってしまいました。結局最後は残り4試合を残しての解任。成績は残せませんでした。ただ、ある選手が話していたようにアルビのサッカーはがらりと変わりました。アルビの監督をしていた時はまだ若かったので理想とするサッカーとプロサッカーチームとして結果を残すということの違い等学んだことは大きかったのではないでしょ [続きを読む]
  • イム・ユファン
  • 元韓国代表のDF。韓国代表と日本代表のレベルが同程度だとすれば、経歴だけをみれば歴代アルビではトップレベル。ただ、やっぱりピークは過ぎた選手だったのでしょうか・。出場しては、ケガ。を繰り返し結局アルビでの出場は限られたものになりました。ただ、歴代監督はキム・ユファンのケガが癒えるたびに試合に出していたところをみるとサッカー選手としての実力は高かったのでしょう。残念ながらアルビでは花を咲かすことはでき [続きを読む]
  • 柳下正明
  • 2012年、不振にあえぐ黒崎アルビの後を継ぎシーズン途中から就任した実績十分の新監督。シーズン途中から指揮を任せ、チームの立ち直りを図るには最適な監督ではなかったのではないでしょうか。なんとアルビは、J1で指揮をした経験をもった監督はこの柳下監督が始めてでした。(J1へ昇格してから)それまで、堅守即効が特徴だったアルビにボールを保持しながら攻撃をするスタイルを植え付けました。極端に守備的にならない [続きを読む]
  • ラファエル・ハットン
  • 途中加入の若きストライカー。エースと目されたラファエル・シルバの不調の中、夏の補強ということでかなり期待が高かったのですが、公式戦ではほぼ出番なし。わずか半年での退団となってしまいました。19歳での加入ということで将来性を買っての加入かとも思いきや、育てるというわけではなかったようです。真相は分りませんが。ただ、面構えなんかをみるとやりそうな感じは受けていたので残念な退団となってしまいました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …