M.Y さん プロフィール

  •  
M.Yさん: Happy Life Mania
ハンドル名M.Y さん
ブログタイトルHappy Life Mania
ブログURLhttp://s-happylife.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文気になる世の中の話題や. 日常生活の新しい発見を通して暮らしに役立てる・情報提供ポータルメディア!
自由文暮らしに役立つ情報ネタとして活用してください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/04/11 00:56

M.Y さんのブログ記事

  • この suuu 吸水スポンジがハンパない吸いモノだった ! !
  • この愛嬌ある物体に注目が集まっています。これは、機能性精密多孔質体といって、60年以上もの間、この吸水性素材の開発を続けている、技術者たちによって生み出されたスポンジです。「アイオン株式会社」この吸水性はただモノではない!!!!なんともほっこりと癒されてしまいそうなスポンジですが、その吸水性は、動画でも確認できるほど、素晴らしいの一言。さらに、suuu コースターなるものも開発されています。現時点で確認でき [続きを読む]
  • どうする ? お墓 ! ! 改めて考えるお墓参りと日本人の心
  • 今年もお盆になり、帰省ラッシュも相まって、各地では人の流れが活発になりました。そんな中、世論調査「注 道内調査において」によると、一人暮らしの増加や核家族化によって、墓参りをする事情が、近年では変化してきているようです。お盆には、故郷に帰省する人も多いですが、「お盆にお墓参りに行くか?」の回答で66%の人が「行きます」と回答したそうです。(参照)どうしん電子版アンケートより..どうする お墓? お盆にお参 [続きを読む]
  • 道東秘境旅で巡る トドワラ・神の子池・北斗遺跡 ~
  • 北海道の雄大な自然環境は、道東の秘境に観られるように、日常生活から切り離された、ある意味スピリチュアルな景観を垣間見せる。言わずと知れた「釧路湿原」、国指定史跡となっている「北斗遺跡 」、まるで妖精が現れそうな「神の子池」、自然の尊厳を感じさせる「トドワラ」これらを目当てに、道東秘境旅をする人々も多い。野付半島のトドワラ野付半島の湿地野付半島のトドワラ江戸時代まではトドマツやエゾマツなどの原生林だ [続きを読む]
  • 民泊で とまりーな ! 田舎暮らしを体験して楽しもう ♪
  • とまりーなの民泊体験記が、人気があるようですね。野菜の収穫などの農業体験から、、漁師民宿に滞在して漁業体験をしたり、古民家の宿で貴重な思い出を作ったりと、都会では体感できない大自然に包まれて、心からの満喫な体験ができます。夏休みの計画を決めるなら早いほうがいい。都会の喧騒をひと時忘れたい方、心をオープンに大自然と共生したい方、各地の郷土料理に舌鼓したい方、心から満喫できる民泊で田舎体験してみましょ [続きを読む]
  • DVD再生機能が使えない~「Windows10」`D`無効の解決策
  • 「Windows10の仕様に変更してから、ディレクトリ無効というポップアップ表示がでて、DVD再生ができず、困っています...」このように、【DVDの再生ができない】といったWindows 10での問題は、当初より言われていました。Windows 10からはパソコンでのDVD再生は、追加機能として扱われるようになったという理由らしいのですが、今まで、Windows Media PlayerでのDVD再生機能が使えないとなると、これはちょっと不便ですよね。自分の [続きを読む]
  • 大政奉還150周年記念で歴史の転換期を体感 ! ! 2017
  • かつて日本の未来を変えることとなった、歴史の大きな分岐点である「大政奉還」も、今年2017年で150周年の節目を迎えています。そしてこの150周年を記念するプロジェクトも発足されています。それに伴い、いろいろなイベントも行われています。大政奉還150周年 幕末維新スタンプラリーや、プロの役者による幕末の寸劇、大政奉還の舞台となった二条城二の丸御殿大広間の特別公開、二条城は、当時将軍家の滞在場所であり、1867年に、 [続きを読む]
  • 地味にウケる ! 面白グッズ特集
  • 今回は記事というよりも、地味~~にうけそうな、でもこれあったらいいかも...なんて面白~~いグッズをまとめてみました(^_-)-☆色々なパーティや、一風変わったお部屋の雑貨アイテムとして。Sponsored Linksストレス解消 ぐちの壷おもしろ食器 土下座マグそこまで言うなら~~許そう~~まあ一杯モアイの鼻これだとなんのことやら.....物を横にしてみると...納得....! ! !MOAIティッシュケース モアイの鼻ホレヤスクナ〜ルグットクール」 [続きを読む]
  • 気の滞りを経路マッサージで改善 ! 解説書付き
  • 年を取ると、体全体の機能が低下するのには新陳代謝がかかわっています。経路リンパマッサージは、不調の原因となっている症状に、ダイレクトにアプローチする方法として期待されてきました。経絡リンパの滞りが原因で起こる症状には、むくみ・こり・冷え・肌荒れそして、運動不足や不規則な生活がこれらの身体の不具合を生じさせます。そして、老化は足からといわれるように、シニア世代、アンチエイジングの効果も期待できる、足 [続きを読む]
  • 春待つ氷雪が告げる春の訪れ、氷雪と名のつく事柄まとめ
  • 春待つ氷雪というと、新沼謙治さんの津軽恋女のフレーズが思い出します。北国をモチーフとした素敵な一曲ですが、この歌の中では氷雪(こおりゆき)と呼んで歌っていますね。(※氷雪「ヒョウセツ」と読みます。)2017年の立春は2月4日(土)ですが、「春待ちどおし」といったところでしょうか...春待つ氷雪とは、春の訪れがもうそろそろだね...氷雪があちらこちらで見て取れるからね...といったぐあいに春先の温かい陽光に照らさ [続きを読む]
  • 保津川船下り旅 ! 漱石も認めた保津渓谷の絶景
  • 保津川船下り旅が人気を博している ! 漱石の小説「虞美人草」にも描かれた「保津川」。京都の観光 保津川下りは、船上から見上げる亀岡から嵐山にいたる、保津峡谷の美しい景色が素晴らしく、魅了された一般人、有名人や芸能人、著名人なども多く、その一人でもあった夏 目 漱 石【1867〜1916】も、保津川での体験を、職業作家として初の小説で描いているほどです。「漱石 - 虞美人草」----『虞美人草』----船頭は至極冷淡である [続きを読む]
  • 【ミドル脂臭】30代~40代は要注意 ! 体臭で嫌われないケア
  • 年齢を重ねてくるとどうしても気になってくる...体臭の匂い「加齢臭」自分では気づかぬうちに....周りから嫌われている( ̄◇ ̄;)そう知ったとき...まさに穴があったら入りたい....でもそんな肩身の狭いおもいなんてごめんだ.....加齢集なんて年を取ると誰でもそうなるんだから...とは言いつつも.....どうしよう......( ̄◇ ̄;)この世代特有の体臭で、人間関係に支障をきたしてしまうなんてことにもなりかねないですから、自体は気 [続きを読む]
  • 恵方巻きの方角を教えてくれる0円コンパスアプリ !
  • 「今年の恵方巻の方角ってどっちだったっけ・・・?」「ん~~??本当にこっちだったかなぁ・・・」毎年の恵方ってわかんない・・・?でも、この恵方コンパスがあれば、方角がすぐにしかも正確に分かり、毎年迷うことがなくなって助かってしまいますね。≪恵方コンパスの特徴≫毎年の恵方が自動で表示されるという便利さあなたがどこにいたって、今年の恵方が簡単に見つかる快適さ見やすい上に、シンプルで愛らしいポップデザインがい [続きを読む]
  • これで私も京美人? 京都土産 よーじやのあぶらとり紙 ! ?
  • 京土産名物といえば「八つ橋」も有名だが、観光客で賑わう京都で目にするのが、白塗りで、おちょぼ口がなんとも個性的な京美人の絵が入った袋を持つ人々。これが、京都土産の定番ともいわれている、「よーじやのあぶらとり紙」のイラスト。1904年に創業した「よーじや」は、舞台化粧に使うおしろいなどの、化粧雑貨専門店として人気を誇り、京都を中心に15店舗を展開している。中でもあぶらとり紙は、看板商品として人気が定着して [続きを読む]
  • 【童謡】豆まきの歌詞って覚えてる !? 子供が歌う節分ソング ♪
  • 「童謡 まめまきの歌詞を覚えて(思い出して)子供と一緒に節分を楽しもう ♪」節分になると、鬼は外♪ 福は内♪~~と言って(歌って)豆まきする...そんな年中行事も小さいころには、親が鬼の役になってくれて..それはもうはしゃいだものだった....鬼は外♪ 福は内♪...でも...豆まきの歌詞ってこのあと続くんじゃなかった..???童謡 豆まきの歌詞って案外知らなかったなんて人も...聴いてみてください..①鬼は外 福は内 ぱらっ♪ [続きを読む]
  • お寺の壁にらくがきしても怒られない噂の単伝庵とは ! ?
  • 京都は八幡市に、壁にらくがきしても怒られない稀有な寺があるのはご存知 ?以前TVでも紹介されたことのある「単伝庵というらくがき寺」訪れた人々が、この御堂の白い内壁に、願い事を書きこむというのが、ちょっとばかしユニークな噂の実情であります。このお寺へは、JR京都駅から東福寺駅で乗り換えて、京阪電車で八幡市駅へ降りて徒歩で10分ちょっとくらいのところに位置しています。Sponsored Links八幡市 らくがき寺白壁に [続きを読む]
  • 【京都】駅の171大階段駆け上がり競争に熱狂の人だかり ! !
  • 京都の玄関口としてにぎわうJR京都駅は一日63万人が訪れる。この駅では20年もの間、過酷で熾烈なデットヒートが繰り広げられている。JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会全長70メートル、全171段、高低差は11階建てのビルにも相当する、R京都駅ビルの大階段で毎年、2月の第2土曜日に行われている大会では、参加要件として、4人1組てあることや、組んだチーム内に45歳以上の人と女性を1人入れることが絶対条件となっていて、他の府県 [続きを読む]
  • 冬限定 氷上体験がすごっ !! 然別湖コタンの自然を満喫 ♪
  • 夏に限らず雄大な自然の宝庫である北海道には、寒い冬でしか体験することができない一風変わった期間限定イベントがあります。1月~3月なんていうと、北海道弁でいうところの「しばれるべ~~~! !」な時期なのに多くの観光客が、この冬限定のレア体験で、ホットに盛り上げているという、これはぜひ体験しなきゃ~~~な~~~...せっかく道産子でもあるのだし.....ただでさえ冬場は外出億劫症候群にかかりやすい私...でも未体験なんてもった [続きを読む]
  • うまさの極み !! 道南冷蔵のいくら醤油漬け
  • 北海道の郷土料理には自慢できるものがたくさんありますが、これからの時期、年末年始、正月のおせちとともに食べたり、贈答品としても多用されているとてもおいしい毛ガニといくらがあります。いくらの醤油漬けと、沙留産冷凍毛がにはまさに旬の味を凝縮したおいしさとしてかなりの高評価をいただいている食材です。Sponsored Links北海道産いくら醤油漬け いくらを食べるには鮭を捕る必要がありますが、今年の鮭が例年より少なく [続きを読む]
  • あっ!! と驚くおしゃれなグラムプリント年賀状にうっとり
  • 年賀状、どうしようかな~・??素敵なデザイン年賀状をお探しの方、お贈り物の価値としても喜ばれそうな、写真年賀状を送られてみてはいかがでしょうかしかも基本料金や宛名印刷からポスト投函代行が、なんとすべて無料なんです!かかる料金は「プリント料金」と「年賀はがき代」と送料のみです。さらに、1回のご注文5000円以上で送料も無料になってしまうこの年賀状..!年賀状印刷テンプレート無料で使い放と簡単さがいいですね... [続きを読む]
  • 願い成就と噂の初詣祈願おすすめスポットはここだ !
  • 正月といえば初詣ですが縁結びや金運祈願などのおすすめ初詣スポットとなるとさらに人で賑わいます。ところで、年末年始の予定 決めていますか? 気が早いとは必ずしも言えないのが年末年始ですよね..目当ての場所って対外みんな考えている所でダブッちゃうんですよね..なので必然的に混んでしまいますね...今からでも計画的に予定を立ててみてはいかがでしょうか?金運祈願におすすめな初詣スポットSponsored Links新屋山神社言わず [続きを読む]
  • 肌トラブルよさらば「塩洗顔」のツルツル肌サポート
  • 肌荒れや大人ニキビが治らなくて悩んでいる人に朗報です。毛穴のトラブルやこうしたニキビの悩みを解消した体験談を元に塩洗顔のやり方や、美肌を目指す人にとって、塩を使った洗顔が良いその理由を解説していきます。塩洗顔 やり方今まで使っていた化粧水を変えて、ニキビが出てきたりなんてことありませんか?一度できてしまったニキビは治りにくいですよね...! ?塩洗顔は脂をしっかり取れるので、毛穴トラブルやニキビなどに効果 [続きを読む]
  • 知恩院の大鐘楼試しづき「12月27日」実は大変?
  • 大みそかに行われる除夜の鐘も「12月27日」になると、本番の大みそか備えて行う事前練習ともいえる除夜の鐘の試し撞きが行われます。実はこの試し撞き...結構大変な作業なんですね..!?大みそか本番前の除夜の鐘の試し撞き大みそかといえば除夜の鐘に酔いしれながら来たる新年に思いをはせる...その中でも特に有名なのが京都は東山にある≪知恩院≫です。この知恩院には国宝の三門があることでも有名ですね。中央の大きな門と左右の [続きを読む]
  • 貧乏ゆすりの意外な効果 ! 関節痛改善のジグリング !?
  • 貧乏ゆすりしていると、行儀がわるいからなどと、注意されたことありませんでしたか・??たしかに悪い癖という印象のこのネーミングからしてなんか....ってな感じの貧乏ゆすりですが..この無意識にしてしまう貧乏ゆすり..実は最近になって、貧乏揺すりは関節痛に良いと注目されているのです。貧乏ゆすりの真意とその効果Sponsored Links今とこれからの冬の時期になると、体が冷えて腰やひざが痛むという方が結構いるのではないでし [続きを読む]