クマ さん プロフィール

  •  
クマさん: 愛犬クマの鉄道模型製作備忘録
ハンドル名クマ さん
ブログタイトル愛犬クマの鉄道模型製作備忘録
ブログURLhttp://kumakuma555.blog.jp/
サイト紹介文日本型蒸気機関車の真鍮工作が中心です。のはずが... 最近はかなり脱線、迷走しています。f^_^;)
自由文1/87 12mmと1/80 13mmの蒸気模型の真鍮工作を中心に楽しんでいます。最近はNゲージにもハマってしまいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/04/11 10:06

クマ さんのブログ記事

  • 9600製作備忘録 その44
  • サンドドームの上部覆い蓋に0.3mm真鍮線を植え込みました。ハンダ付けしていると熱が回って、砂入れ蓋と砂撒き元栓が取れてしまいました。なので再度付け直しました… (ー ー;)そして煙突は上部を延長し、根元に真鍮線を植え込みました。煙突の延長は、厚0.3×幅1.4の真鍮帯板を巻いて煙突の径と同じ大きさの輪にして、ハンダ付けしています。うーん、まあまあかな… σ(^_^;) [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その43
  • Oゲージガラクタ再生も終わったので心置き無く(?) キューロクに取り組めます。(^ω^;)今回の空気作用管の取り回しパターンを思案していると、ふと火室部の洗口栓下にある丸い4つのエッチング表現に目が止まってしまいました。確かキューロクはポッコリと丸いお椀型になっているはず。前回はどうしたんだっけか?あれっ?こんなパーツが入っていたのかな?でもよく見ると形が不揃いなので自分で作った物のようでした。うーん、面倒 [続きを読む]
  • Oゲージ ガラクタ再生計画 完!
  • 何とか年内にOゲージガラクタ再生計画も無事に完了いたしました。(^o^)叔父の大事な鉄道模型を無残な事にしてしまったという償いの思いを込めて… クリスマスプレゼントで叔父にあげようかな。まあ、なんじゃこりゃっ!ええわ(要らん)って言うんかな。σ(^_^;)それでも60年の歳月を経て、朽ち果てた姿から見事に蘇った模型玩具。私が生きている間は大切にしてあげようと思います。(^ω^)これにて大型?大形?O形企画はおしまいです [続きを読む]
  • Oゲージ ガラクタ再生計画 30
  • 専用の収納箱です。本当は元々のオーナーさんのお手製箱に負けないぐらいの小洒落た菓子箱なんかに納めたいのですが、ちょうど良い大きさの箱がないので仕方なくダンボール箱に仕切りを入れて… 下段です。そして上段にはEB58機関車をプチプチに巻いて収納する事に。ナイロンの紐で閉じて… なんか冴えない玉手箱みたいになってしまいました。(ー ー;) [続きを読む]
  • Oゲージ ガラクタ再生計画 29
  • EB58も漸くレストア完了しました。\(^o^)/オリジナルに付け足したテールランプと、窓には透明シートを貼ってあります。よく見ると塗装面の一部に荒れが残っていますが、まあ来た時のサビサビ状態からしてみればよくここまで蘇ったものだと褒めてあげましょう。(^_^;)さっそく貨車を牽かせて走らせました。元気良く快走しました。(^ω^)12V電球には抵抗を入れていませんが、まあフルスロットルにしないので丁度良い光り加減で問題 [続きを読む]
  • Oゲージ ガラクタ再生計画 28
  • 目玉親父の続きです。交流でLED点灯にするにはどうすればいいの?と悩んでいましたが、なんて事はありませんでした。こんな良いものが有るではないか!ビンテージ16番のレストアで重宝したエンドウの米粒球です。すっかり忘れてました。これなら直流も交流も関係ないですからね… f^_^;)ただ電球の径が全く違うので、新たにヘッドライトレンズを作る必要があります。うーん、どうやって作ろう… そうだ!塩ビ透明シートを半球状の [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その42
  • お手本にする為、前回製作したキューロクを取り出してきました。今回は空気作用管の取り回しパターンをどうしようかなあ… などと思いを馳せながら、ひとまず空気作用管受けの土台を作りました。(^_^;) [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その41
  • ランボードにキット付属のパーツを数点取り付けました。エアータンクも取り付け。ボイラーには砂撒き管を取り付け。砂撒き管止め金具は真鍮帯板から自分で作りましたが、でも実はこんなんまでロストパーツがあるんですよねぇ… (ー ー;) [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その40
  • 管胴受けを薄く削り込んでいきました。漸くボイラーの前後高さもほぼ揃いました。 キット工作も既に何両となく経験していますが、いつもこんなに苦労してたっけ? (ー ー;)まあ何はともあれ、漸く次のステップに進めそうです… (^_^;) [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その39
  • ランボード高さの調整の次は、ボイラーを載せての高さ調整を行います。ボイラーの前後両端で車高差が0.4〜0.5mmほどありました。うーん、肉眼で見ても分かる?分からない?微妙なところ。でもやはり気持ち後ろに傾いているかなあ… (ー ー;)1/87のスケール的にはボイラー後方の高さがほぼほぼ縮尺通りの高さでした。と言うことは前方側を下げなくてはなりません。煙室受け部分を削り込まなくてはなりませんな… (-。-;) [続きを読む]
  • Oゲージ ガラクタ再生計画 26
  • この目玉親父のようなヘッドライトなのですが、電球のリード線がもげてしまい修復不可能… LED点灯にしようと思うのですが、交流20Vからどうやったら良いのか電気回路が全くわかりません… (>_どなたか分かる方、教えて頂けませんか〜! [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その38
  • 前後左右の水平垂直の修正作業を行いました。あちこちどっち?の様な感じで修正ポイントが多数あって苦労しました。まあ、ハンダ付けはやり直しが効くからいいっすけど… f^_^;)ランボード高さまでは、歪み傾き捻れともほぼ誤差範囲内に収まったかなあと。(^_^;)もっともトースカンをこちら単身宅に持って来ておらず。サシガネ測定での目視判定なので許容誤差範囲やや大き目で合格にしています… σ(^_^;) [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その37
  • 各部位の組み合せ具合を見ながら歪み傾き捻れの修正をしていきます。ランボードは左右微妙に長さが違うので修正… (ー ー;)シリンダーブロックもよく見ると微妙に平行四辺形でした。恥ずかしや〜恥ずかしや〜 (//∇//)煙室受けも一旦外してズレを修正… でもこんなん、最初からちゃんと作れよ!って感じで反省… (-。-;)動輪を装着してみました。イコライザーを微調整してひとまず左右の微妙な傾きは無くなり、ほぼ水平になりました。 [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その36
  • そう言えばキャブなんですが、前作2台のキューロクはキャブを取り外し式にしていたのを思い出しました。此奴はどうしようかなあ、もう妻板もハンダ付けしちゃったしなあ… (´Д`;)>うーん、思い出さなかった事にしようかとも思いましたが、やはりこの後の工作や塗装の事を考えて… もう一回外しました。(-_-;)キャブ側面に0.5mm角の真鍮線を付け、底板を取り付け1.4mmのネジ穴を開けます。こんな感じです。まずまずいい感じ。(^ω [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その35
  • フロントデッキをランボードに取り付けます。これでキューロク本体の基幹部位が揃いました。そして台枠にランボードをネジ止め。あれっ?ランボード側の方が少々長いようで… (´Д`;)ボイラーとキャブを台枠に乗せてみました。まあ致命的な欠点は無さそうかな。ここから各部位を組み合わせての歪み傾き捻れ等々の修正を行い、まずはこの段階でカッチリ組み合うようにしていこうと思います。というのも、いつもは各部位ごとの歪み [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その34
  • 屋根上の暖房安全弁もキット付属のパーツですが、挽物品なので形態的に垂直に立ちません。確かロストパーツをストックしていたはずですが、まあどうせならと挽物パーツの土台部分を残して穴を開けて…真鍮パイプを垂直に通して出来上がり。窓上には幅1mmの真鍮帯で庇を付けました。屋根に端板を取り付け。追加の細かなパーツは後で取り付けるとして、キット素組みとしてはキャブ組み立て完了。 [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その33
  • ガラクタOゲージの塗装とキューロクキットの工作と、なんだか晴耕雨読の様な模型ライフを楽しんでいます。(^_^;)各部位のイガミヒズミの矯正の前に、先にキャブを組み立てる事にしました。キッチリカッチリじゃあない珊瑚キット、キャブ本体に妻板を貼り合わせるだけですが難儀しました。妻板が屋根のRと合わないのよん!まあ古いキットだし、この程度のラフさは覚悟の上でしたが、それにしても前作の時はもう少しマシだったような [続きを読む]
  • Oゲージ ガラクタ再生計画 25
  • 緊張のマスキング剥がしの結果は…塗り分けラインは合格でした。毎回失敗している吹き込みもなく綺麗なラインになっています。(^ω^;)しかーし!写真では分かりませんが、淡緑側がマスキングテープの糊側の面の凹凸が転写されて塗装面が荒れてしまいました。カラー鋼板業界で言うプレッシャーマーク?(´Д`;)>この季節、一晩ではまだ塗料が完全に固まっていなかったみたいです。_どーするべ!とにかく塗料が完全に乾くまでこのま [続きを読む]
  • Oゲージ ガラクタ再生計画 23
  • みっともない失敗をしてしまったので、さっそくリベンジ塗装しました。今回は酔っ払う前までに塗装しました。(^_^;)今回は缶スプレープライマーではなく、マッハミッチャクプライマーをエアブラシで塗装。淡緑6号を塗装、第1回目。乾燥後(まだ半乾き?)にサンドペーパーでコンタミなどを落としながら面を均し、第2回目の塗装。そして3回目の仕上げは塗料をシャビシャビに薄め、塗料が垂れる寸前までたっぷり吹きかけて艶出しを行い [続きを読む]
  • 9600製作備忘録 その32
  • 珊瑚ショックから立ち直れないままですが、キューロクキットに取り組みます。フロントデッキをランボードに取り付けました。そして下回りをネジ留めしてみました。ボイラーも上に載せてあるだけです。うーん、各部位のイガミヒズミを微修正していく必要がありそうです。珊瑚キットがラフなのか、私の工作がラフなのか… まあ後者ですな。(ー ー;) [続きを読む]
  • 珊瑚模型店のこと
  • TMS12月号の珊瑚模型店の広告の片隅に「都合により近々店仕舞します。」と書いてありましたね。少し前ぐらいからネットでも囁かれていましたが、伝聞や噂の情報ではなく、事実として広告に告知されてしまった事に本当にショックでたまりません。篠原模型の時もそうでしたが、キットやパーツの供給が途絶えてしまうという自分にとっての直接的なダメージ以上に、何というか、これらメーカー店に後を継ぐ後継者がいなかったという実 [続きを読む]
  • Oゲージ ガラクタ再生計画 22
  • みっともなくて公開するのが恥ずかしい限りなのですが… 悪い予感通り、脳裏に浮かんだ想像通りの結果となってしまいました。(´Д`;)缶スプレーで塗装した金属プライマーの膜厚が厚い所だと0.2mmぐらいあったかもしれません。やっぱ酔っ払ってやるとロクな事がないですな… (-_-;)すぐにリムーバーで落としました。情けなや〜トイモデルだからとナメてかかってバチが当たったような思いです… (´・ω・`)パンタグラフも缶スプレー [続きを読む]