団子三兄弟 さん プロフィール

  •  
団子三兄弟さん: 成長・夢の部屋
ハンドル名団子三兄弟 さん
ブログタイトル成長・夢の部屋
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yonekids
サイト紹介文夢・ロマン・成長を語る部屋。子供達の成長記録。ガンバ大阪、ツエーゲン金沢の熱狂応援。ランニング大好き
自由文夢・ロマンを語り、日々成長を目指している。いつの日か宇宙へ行くことが夢。
2005年からの子供達の成長を記録。ガンバ大阪、ツエーゲン金沢をこよなく愛し熱狂応援中。ランニングのサブ4を目指しトレーニング中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/04/11 20:40

団子三兄弟 さんのブログ記事

  • 変わると見える世界、変わらないと見えない世界
  • (1)丸坊主にして3週間が経過。とにかく坊主にして良かった。正に生産性が向上した。毎朝の整髪は不要、毎晩のお風呂のシャンプーの手間やお風呂上りの髪を乾かす手間がなくなった。自分自身でのバリカンでのサッと作業での散髪時間の短縮。自分でのバリカン作業の楽しさも想定外のプラス面だった。(2)後は、他人の坊主頭の人を見るとえらく親近感を覚えるようになった。同じように生産性を上げている仲間だと。これも坊主頭 [続きを読む]
  • お祭り強化月間がやって来た
  • (1)我輩にとっては、毎週末がランニングとJリーグの試合でお祭りモードだが、5月はリアルなお祭り強化月間である。今週末は小松のお旅祭り。来週末は地元美川のおかえり祭り。そして、5月最終週が黒部名水マラソン、6月第1週が金沢百万石祭りの踊り流しと連続してお祭り男がはしゃぐことができる。(2)おかえり祭りは親戚に不幸があったので台車を引っ張ることができないが、先祖の方が代々引き継いでもらった伝統をしっかり [続きを読む]
  • 自己責任
  • (1)GWはレジャーへ行かずに読書三昧。おかげでもっと早くに読んでおくべきだったと思ういくつかの本と本屋さんで出会うことができた。歴史も面白くてしょうがなくなってきたが、自己責任を意識してお金の勉強をもっとしなければいけないと痛感した。これまでどれだけのお金を無駄にしてきたか。(2)日本人は小さい頃からお金の勉強をして資金保全し、将来を見据えてお金を稼ぐようにならないと外国との競争力がなくなってしま [続きを読む]
  • 悔しさのプラスマイナス
  • (1)昨日、思い立ったように散髪へ行き、丸坊主にしてきた。中学2年生以来の丸刈り。その当時は仲良し5人組の連帯責任での丸坊主だったが、40年弱経った今回はしかるべき我輩の判断。ハゲ家系でなんとか半世紀粘ってきたが、バーコード状の横分けで薄さを誤魔化そうとすることが嫌でスカッと。(2)丸坊主にすることにより多くのメリットがあるが、デメリットもある。早速デメリットで困ったことは、ランニングしていて頭の汗が [続きを読む]
  • 経緯→歴史→ルーツをたどる
  • (1)いろいろと振り返ると我輩は点を線で繋ぐことが好きだ。13年前からのブログ、13年前からの夢手帳、25年前からの家計簿、5年前からのランニングと記録することをこよなく愛している。ブログは648回、夢手帳は4859日の線表的な記録により、この日は何をやっていたかを振り返ることができる。(2)家計簿は会社に入社した以降の収入と使ったお金を1円単位まで記録してきた。ランニングは昨日までで274回走り、3126Km、16947分 [続きを読む]
  • 睡眠中に見る夢は何次元?
  • (1)人間は、たまに睡眠中に夢を見る。夜中にふと目覚めて、今夢を見ていたと感じる場面もある。不思議な世界だ。リアリティのある夢を見ることもあるし、日常では想像もできないような夢を見ることもある。デジャブも同様。なんか以前もこういう場面があったなと、不思議な世界に入る場合がある。(2)人間というか、人間の脳みその無限大の可能性というか神秘の世界を感じる。特に日常で想像もできないような夢を見るのは不思 [続きを読む]
  • 悔しいけどVSOP
  • (1)ちきりんさんは我輩とは異なる思考なので、ちきりんさんのブログエントリやTwitter投稿は非常に参考になる。そのちきりんさんのブログエントリの中で影響を強く受けたエントリの1つとしてVSOPがある。なるほどという面と我輩がそうなっていないことに非常に悔しくなってしまう。http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/touch/20120414⇒ちきりんさんブログ(VSOP)(2)更に悔しくなるのは、我輩が尊敬しているサイバーエージェン [続きを読む]
  • 点と点を線で結ぶ楽しさ、面白さ
  • (1)点と点が線でつながる面白い。線と線が面でつながるともっと面白い。面と面が3次元でつながるともっともっと面白い。3次元が次元と時空を超えるともっとの3乗面白い。新しい感覚や新しいコトを得られるから。新しい閃きがあるから。なるほどと納得することができるから。楽しみがいっぱいある。(2)つながることがあると何でも楽しくなる。そういう意味では、最近は歴史が面白い。昔の時間と現在や別の時間とつながる。新 [続きを読む]
  • 単なる年寄にはならないぞ!
  • (1)歳を取ると段々共通の話題になってくる。小さい文字が見えない、耳が聞こえにくい、血液検査の結果がひっかかる、足腰が弱ってくる、等々。共通の話題で盛り上がり、その時はいいけれど、何かさみしいというか元気が出ない。歳には勝てないが、抵抗はしたいものだ。若者には負けたくない。(2)先日のフルマラソン参加の際のアナウンスでは、最高年齢は83才。我輩も同様な最高年齢でフルマラソン参加するとしたら、あと30年 [続きを読む]
  • マラソンは人生を物語る
  • (1)先週末は和倉にて5回目のフルマラソンに挑戦。残念ながら連続の自己ベスト更新はならなかった。しかし、いろんな天気に恵まれた。スタート時は晴天。途中で風が強くなって雨が降り出し、強烈な風と共にアラレが降り出す。手がかじかんで袋を開けることができずにエイドのおばさんにお願い。(2)和倉は坂が有名だが、後半の坂は昨年同様に歩いてしまった。歩かないことを目標にしていたが、自分の弱さをさらけ出してしまっ [続きを読む]
  • たまに宇宙へ行きたくなる病
  • (1)季節の移り変わりの時期には、なぜか人恋しくなるのと同様に夢である宇宙へ行きたくなる。突然、宇宙へ行ったら、どんな感じになるのだろうか。真っ暗闇の未体験ゾーンで不安になるのか。星や地球の幻想的な姿にうっとりさせられて、帰りたくなくなるのだろうか。最初は新鮮でも飽きるのだろうか(2)3月は卒業式や仲間の転勤の時期であったり、忘れもしない東日本大震災であったりとちょっとセンチになる節目だ。節目にな [続きを読む]
  • 志あることに投資する
  • (1)先週末の目標設定に伴い、今シーズン初のスキーへ行きスクールに入校。やっぱりプロに見てもらうべきと痛感した。これまで良かれと思って滑っていたことが覆された。時代の変化を感じつつも、第3者にお金を支払いアドバイスをもらう方が成長できる。自分では最適と思っていても最適ではないのだ。(2)自分の滑りをビデオ撮影してもらって見ても、多少は第3者的に見ることができるのかもしれないが、どうしても自分を正当化 [続きを読む]
  • 目標が湧き出てくる
  • (1)今年から毎朝5分の朝活を継続し、文字化を意識しだした。そうすると不思議なことに、新たな目標ややりたいことが湧き出てくるようになった。しかも、朝活にて今年のテーマである”感謝”と”価値”を考えると更に相乗効果が出る。朝活56日目の冬季五輪期間の年の途中で湧き出た新たな目標は、(2)スキーでの目標である。近頃のスキーは年に2,3回行って、ダラダラと4時間券で滑り、温泉に入って心地よい筋肉痛に気持ちよく [続きを読む]
  • 冬季五輪で性格が悪いか試されている?
  • (1)冬季五輪が真っ盛りで、普段見ることがない競技をテレビ観戦すると新鮮だ。しかし、一瞬を競う競技が多かったり、日本以外の選手のミスを期待してしまう場面があったりするのでLiveで見ることを躊躇ってしまう。我輩が見る見ないに関わらずに選手の努力や実力によるに勝負なのに。不思議だね。(2)若いころと比較すると多少は成長したつもりになっていると日本以外の選手に対しても実力を発揮し、みんな頑張れと心の中では [続きを読む]
  • 周期と年輪
  • (1)大雪影響で帰省する電車が遅れている中、なぜか久しぶりに尾崎豊の曲が聞きたくなり、ほろ酔い気分で尾崎豊の曲に浸った。何故か昔よく聞いていた尾崎豊や浜省の歌が周期的に聞きたくなる。特に、気分が爽快ではない時に聞きたくなる。話は変わるが、今日は約1ヶ月ぶりに週末ランニング。(2)気持ち良かった〜。1ヶ月前の駅伝大会で肉離れになって、1ヶ月休養していた。これほどまでランニングが気持ちよく、もっと走り [続きを読む]
  • 潜在意識に近づく
  • (1)人間の行動を変えることは容易いことではない。なぜならば潜在意識を変えないと、行動が変わらないからである。潜在意識を変えること自体がかなりハードルが高い。なぜならば長年積み重ねてきたことが潜在意識となっているからだ。長年の積み重ねを一時の宣言で動かすことはできない。(2)けれど、潜在意識を変えて行動を変えている人達はいっぱいいる。その人達に共通していることは、毎日の努力の積み重ねて変えている。 [続きを読む]
  • 大雪の白銀の世界からの連想
  • (1)ここ連日の大雪による白銀の世界から連想されることは、白銀→大海原→宇宙→時空を超えた次元だ。白銀の世界は自分だけの足跡を残すことができ、真っ白が故に神秘の世界の綺麗さだ。際限ない雪は地平線までの日本海の大海原を駆り立てられる。大海原と言えば終わりがない宇宙へ最終的に行きつく。(2)目に見える際限なき最大は宇宙だが、目に見えないものの方が際限がない。その目に見えないものとして”時空”という言葉 [続きを読む]
  • 人のモチベーション
  • (1)人間のモチベーションは、”楽しい”と”学べる”だ。面白くしたり、新たなことを吸収するには、継続的発展が必要だ。その秘訣は、仕組み作り、言葉、文字、記録であり、仲間と一緒にだと思う。2018年に入り、新たに毎日5件のことを継続するようにしているが、継続できるには理由がある。(2)仕組みとしては、文字にしてEvernoteへの毎日の記録だ。これまで酔っぱらったりしたら、毎日継続できていなかったことも、記録す [続きを読む]
  • 刺さるには、
  • (1)お客様のため、仲間のため、相手のためとよく言われるし、我輩もよく使う。どこまで真剣か?そのつもりになっている、ということが結構ある。年末に自分の自己紹介を投稿した。ふと振り返るとなんか刺さらない。なぜ刺さらないか?それは目線が自分目線になっているから。それじゃあアカン。(2)みんなのための貢献といいつつも、みんなをプラスにできる期待値があるか?今以上にプラスにするための貢献であり、マイナスを [続きを読む]
  • 価値の最大化
  • (1)今年の漢字は”価感”としたが、価値の最大化と言葉で言うのは簡単だが、実践するのは難しい。難しいので価値は何かを毎朝起きた時に考えてEvernoteに毎日記録することを今年の新たなチャレンジとした。日々の思いつく言葉、価値とは何か、今年から新たに毎日実施したことを文字として記録する。(2)価値はと守備範囲が広い。我輩が得られる価値、誰かに提供する価値、チームにとっての価値と様々あるので、主語とターゲッ [続きを読む]
  • 2018年の抱負 ”価感”
  • 新年あけましておめでとうございます。昨年はみなさんに大変お世話になり、ありがとうございました。それぞれの役割を一人ひとりが担って協力し、”感謝”の言葉しかありません。今年もよろしくお願いします。2018年はスピード、レスポンスを早く、を意識して少しでも早くスタートです。◆2017年の振り返り1年前の抱負に対して、<頑張ったこと>・仕事では組織見直しがあり、大きな変化があったが、みんなの力でスムーズに対応  [続きを読む]
  • リフトオフとAI
  • (1)金井宇宙飛行士が12/17にソユーズでISSに向けてリフトオフし、12/23にはH2Aロケットで2衛星を乗せてリフトオフするなど、宇宙に向けて飛び立つ映像を見ることができる機会に最近は恵まれている。宇宙への思いをたまに思い出させてもらえるからありがたく、リフトオフは何度見ても感動する。(2)宇宙はまだまだ夢物語だが、テクノロジの進歩で5年、10年後には身近な存在になるだろうから、その時には先陣を切れるように準備 [続きを読む]
  • 自己紹介に目から鱗
  • 自己紹介って、日本人は好んで言うわけではなく、我輩も自己紹介を考えようとする機会は全くなく、思考することを避けていた。しかし、これほどまで考えるツールとして自己紹介が有効だとは思わなかった。3週連続投稿だが、それだけ横川先生に影響を受けた。いろんな観点があるが、自分自身のことを考えるネタであり、他人が答えを持っているわけではなく、自分自身しか知らないことを考える唯一のネタである。自分自身を見直すこ [続きを読む]
  • 日本一になる
  • (1)備忘録”自分が日本一になり、仲間を日本一にする”、”出せる力を出し切っての失敗は、何が足りなかったのか、課題が見えるので、すっと次に進むことができる”。一人ひとりへの言葉は、本当にありがたい。我輩と仲間の日本一は、絶対に実現するぞ。潜在意識が変わるように行動を変えて行く。(2)12年間629回のブログ投稿で文字化して明確になってきた我輩のやりたいこと目指すことは”つなぐこと、結ぶこと”。繋ぐには [続きを読む]
  • ユーモアの文字化
  • (1)最近、Facebookで毎日見ている横川裕之さんに影響を受ける。文字化することの重要性を改めて感じる。文字化しないと考えていることにならないと。確かに文字化する効果を自分自身で感じることはあるし、自分自身ではなかなか気づきにくい我輩の文章の癖がある。我輩の文章の癖は言い切らないことだ。(2)加えて、質問形式にして濁したり、自分を卑下して格好良く見せようとしてしまうことだろう。この癖は他人に指摘しても [続きを読む]