にんげん科学研究会 さん プロフィール

  •  
にんげん科学研究会さん: もっと暖気に生きてみませんか?
ハンドル名にんげん科学研究会 さん
ブログタイトルもっと暖気に生きてみませんか?
ブログURLhttp://ningenkagaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文「宇宙のルール」で自分自身や世の中をみてみましょう。きっと幸せに生きるための答えが見つかります。
自由文時代は「低次物質文明」から「高度精心文明」に移行し、宇宙の法則・ルール通りに生きていく時代に入りました。「絶対的自由」「共生」「進可」を基本とし、それぞれが「自立」して歩き「本当の幸せ」を掴む時代です。ここでは、小笠原慎吾氏の遺された理論をベースに、学校では教えてくれない本当は一番大切なことを書いてみようと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供380回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2015/04/15 00:11

にんげん科学研究会 さんのブログ記事

  • 自力で「悩み」を解決するためには PartⅡ
  • では早速前回の続きに入りましょう。ここでは『現実的な要素を含む問題の場合』を書いていきますがこれは「観念」だけの問題とは違い自分の意識を転換することのみでは問題を解決することは出来ません。現実的な要素を含む問題の場合は『構造的には「現実的な問題」+「観念の問題」という二重構造になっている。』ということに注目してみてください。そしてその二重構造とは『自分にとって何か都合の悪いことがいま起きている。』 [続きを読む]
  • 自力で「悩み」を解決するためには。
  • 突然ですが、今もしみなさんの中に「何らかのことで悩んでいる。」という方がおられましたら、先ずその問題が現実的な要素を含むものなのかそれとも観念だけの問題なのかを、区別してみることをおススメいたします。とはいいましても、問題を抱えているご本人はその渦中に巻き込まれた状態にあるため区別がつかないものですが上の二つによって対処法は違って来ますので是非取り組んでみて下さい。現実的な要素を含む問題とは人間関 [続きを読む]
  • 「物差し」と「レッテル貼り」
  • わたしたち人間は「レッテル貼り」が大好きです。このレッテル貼りとは、お分かりの通り他の人・もの・こと・場や自分自身に対して、一方的・断定的に評価をつける。主観に基づいて一方的に評価・格付けしたり、分類したりする。誰かや何かに対して、一定の決まったものの見方をする。ということですが今回は自分自身と他人に対するレッテル貼りにスポットを当ててみます。では、なぜわたしたちが、この「レッテル貼り」が好きかと [続きを読む]
  • 「気づく」ということ。
  • 何度も書きますが わたしたちが今なぜこの世に肉体(物体)を持って生きているのか? といいますと 『それは、この地球という物質世界で肉体を持ってしか為し得ない体験を積むことによって 過去世でやり残した課題を解決し、わたしたちの本体である「魂」を進化させて行くこと。』だといえると思います。ただし、「魂」の進化は一足飛びには行きませんが、人は輪廻転生をしますし他の生命とのつながりを理解することによって少し [続きを読む]
  • 自分を愛せない「自己肯定感」が低い人とは?
  • 突然ですが、皆さんは『今の自分を愛することが出来ておられますでしょうか?』実は日本人は、この「自分を愛することがとても苦手であり、自己肯定感が低い。」ということがいくつかのデータで立証されています。まずはこちらのデータをご覧になってください。これはちょっと前になりますが内閣府が平成25年度に発表した日本を含めた7カ国の13〜29歳の若者を対象とした「自分に満足しているか」という意識調査の結果です。ご覧の [続きを読む]
  • 「自由」とは、心の状態。
  • 今の世の中を観ていきますとわたしたち人間には、少なくとも二通りの生き方があるようでして『こうあらねばならない』とか『こういうのが幸せだ。』とか『こういうのが楽なんだ。』という条件を決めて、それを具現化するような生き方をする人と今ある現実の中で「わたしは、私」と割り切り自分が樂しいと感じるものを見つける人がおられるように感じます。わたしは「後者のほうがやっぱり楽じゃないのかなぁ〜」と思うのですがいか [続きを読む]
  • 1日10分でいいんです。
  • 「自分の人生を生きる。」ために大切なことは決して他人に相談することなく、自分で答えを出せるようになることですがそのために欠かせないのが「自分と向き合う。」ということです。わたしたちは、たったひとつの出来事からでもそれに向き合っていくことで、多くのことを学べます。しかし、逆から考えれば、もしも自分と向き合うことをしなければ何の学びも得ることができないまま終わってしまうことになるということ。そうすると [続きを読む]
  • 「想念」なしに実体化するものなど、何一つありません。
  • 「宇宙に、原因(想念)なしに実体化するものなど、何一つありません。」これは以前にも書いたことですがこのことは「宇宙の根本原理」として、ぜひ頭に入れておいて頂きたい事柄です。また、ここでいう「実体化」とは、それは必ずしも形あるものだけを意味しません。なぜなら、想念自体(思考や、感情や、感覚など)が、すでに「実体化」だからです。そしてお分かりの通り「想念」は目には見えませんが、振動するエネルギー体であ [続きを読む]
  • 今日の独り言
  • ご存知の通り、宇宙はおよそ138億年前に誕生し空間的には138億光年という果てしない広がりを持っている。といわれています。そして、それに対して一人の人間は、長くても100年ぐらいしか生きられませんし大きさもせいぜい2メートルぐらいです。つまり、宇宙の時間と空間の尺度からすれれば人間はきわめてちっぽけな存在でしかありません。ところが、そのちっぽけな人間が、138億光年の宇宙のことを考え思いを巡らすことができるの [続きを読む]
  • 「心」は感情を体験するためのシステムです。
  • 『心に湧き上がる「不安」をどうにかしたい。』と悩んでおられる方がいらっしゃいましたら今日はその解消法を書いておきますので参考にしてみて下さい。では、まず最初に「不安」というものを一括りにせず1段階目:通常不安 2段階目:病的不安というように2段階に整理して考えてみましょう。ここで2段階目で「病的」と書きましたのは、それが「病い」ではないからなのですが非常に大きな「不安」は自律神経のバランスを崩し、 [続きを読む]
  • 現実を理想で裁かないほうがいい。
  • 『理想と現実のギャップ。』このブログの読者さんの中にもこれを思い知らされる経験を味わったことがお有りの方もおられると思います。もちろん理想を持つのは誰もが自由ですが理想を高く持てば持つほど、現実とのギャップを強く味わわざるを得ないといえます。しかし、理想を持たなければ、現実を生きることは、空しい営みになってしまう。ともいえますので、結局このことで悩んでしまうのが人間なのですがいかがでしょうか?かく [続きを読む]
  • 人類を支配するために使われた最大級のエネルギー。
  • 突然ですが、質問です。今までの時代の中で『人類を支配するために使われた最大級のエネルギー』とは一体何でしょう?それは「お金および利息」です。そして「お金」が無いと生きていけないとみんなが思い込み、「お金」の魅力によって操られ「お金」を得るためにあくせくと働き、住まいを得るためには借金をし、利息を取られいよいよお金が無くなれば路上生活を強いられるという風で大多数の人間が、一生を「お金」の奴隷となって [続きを読む]
  • 「人は、見かけだけで判断すべし。」
  • 人はよく処世訓として「見かけだけで、人を判断するな」といいますが個人的には全くその逆で「人は、見かけだけで判断すべし。」だと思いますし「見かけ」に、その人のすべてが現れていると思います。では 「見かけだけで、人を判断するな」とは、どういうことでしょう? 例えば、わたしたちの目の前に、みすぼらしい姿の老人がいた。としましょう。そしてその時「汚らしい人だなぁ〜、ホームレスかなぁ。」と思って遠ざけていた [続きを読む]
  • 「幸福」に条件は必要なし!!
  • 『自分が「幸福」であるかどうか? そこに条件は何も要りません。 そのことを真に理解したとき、そしてその意識が、からだ全体に行き渡ったとき わたしたちは心の底から「幸福感」に満たされるのです。』これは前にも書いたことですが『「幸福」に条件は要らない。』というのは間違いないことです。なぜなら、それは『「心」の状態。』だからでありわたしたちの「心」が「今・ここ」で「幸福感」に満たされていればその人は、た [続きを読む]
  • 「幸せ」の心グセを付けましょう。
  • 皆さんもお分かりの通り「この世」といいますのは相対的世界であり、絶対的な「善」もなければ、絶対的な「悪」もありませんし善悪の間の中に、いろんなものや考え方ががひしめいているといえます。さらに今の世の中を見てみますとまだまだ、これまでの古い時代の「戦って、勝利しろ」という思想が政治経済の世界から学校から、日常生活に至るまで深く深く浸透しているため人間の本質的価値は、霊性にこそあると気づき始めた方真面 [続きを読む]
  • 「自己責任の考え方」
  • すでに皆さんもご存知でしょうがジャーナリストの安田純平氏が、3年4カ月ぶりに解放されたということで久しぶりに出てきた「自己責任」という言葉。これはSNSで「日本政府の制止を振り切ってシリア入りした安田氏に対して「拘束されたのは自己責任」というバッシングから再燃したようです。さらに、著名人といわれる方々も自身の意見を発言していることもご存知のこと思いますが、今回の「自己責任論」騒動。当のご本人安田さんは [続きを読む]
  • 「正直に生きる」ことの、もう一つの重要な意味合い。
  • さてさて今日から11月。今年も残すところ2ヶ月、平成の年号も昨日で6ヶ月を切りましたが身近な宇宙に目を向けてみますと、太陽活動はもちろん火星や木星にも、これまでにない変化が確認されているようですし少しずつではありますが太陽系の惑星たちも新しい時代へ向けて準備を整えていっているように感じます。そして今、地球・日本では季節は秋から冬へと向かい少しずつ気温が下がっておりますがこれは波動が下がるということでも [続きを読む]
  • 器の大きい人
  • 突然ですが、皆さんは「器の大きい人」と聞いてどんなことが思い浮かびますか?「器の大きい人」といいますと優しい人、信頼できる人などが挙げられるかと思いますがこの「器が大きい。」といいますのは「小さなことは気にせず、多少のことでは苛立ったり怒ったりしない人」と言い換えることができますし、そのような方々に共通していますのは■相手の考えを尊重できる■誰にでも平等にできる■自分の間違いを認められるということ [続きを読む]
  • 今日の独り言。
  • 2016年 ⇒ 34日 2017年 ⇒ 105日そして2018年10月29日現在 ⇒ 176日突然ですが、この数字はこの3年間の太陽黒点数「0」の日を合計したものです。この数字をみますと、明らかに「太陽活動の減衰」が見て取れますし「太陽活動が弱ければ弱いほど、地球に到達する宇宙線の量が増加する。」ということもありますので地球に到達する宇宙線量はさらに増加していく可能性が高いということになりそうです。そして、地球に到達する宇 [続きを読む]
  • 人の振り見て我が振り直せ
  • 今回はいつもより短い記事になりますが今のわたしたちにとってとても大切なことわざ「人の振り見て我が振り直せ」と言う言葉について取り上げてみたいと思います。人の振り見て我が振り直せ皆さんもご存知の『人の振り見て我が振り直せ。』ということわざ。これは、人のふりにイラッとしたときは「人のふり見て我がふり直せ」と思い自分にも同じような言動や態度がないか…と自省すればイライラを(ある程度)抑えることができ、自 [続きを読む]
  • 「自分と向き合ってみる。」ということ
  • 今回は「自分と向き合ってみる。」というテーマで書いてみます。自分と向き合ってみる。「自分の人生を生きる。」ために大切なことは決して他人に相談することなく、自分で答えを出せるようになることですがそのために欠かせないのが「自分と向き合う。」ということです。わたしたちは、たったひとつの出来事からでもそれに向き合っていくことで、多くのことを学べます。しかし、逆から考えれば、もしも自分と向き合うことをしなけ [続きを読む]
  • 何が起こっても『あ〜、なんて幸せなんだ!』と思いましょう。
  • 突然ですが、皆さんは『なぜ、自分がこんな目に遭わなければならないのか?』『なぜ、これほどの「試練」に自分が遭わなければなければならないのか?』と思われたことがおありでしょうか?おそらくほとんどの方々が一度や二度はこのように思われたことがあるのでは?と思いますが、もしそのように思える時があったとしましたらそんな時は、それを乗り越える機会が宇宙(自然)から与えられているわけですから『あ〜なんて幸せなん [続きを読む]
  • 理論番外編「やっぱり面白いマトリックス」
  • 皆さんもご存知の映画「マトリックス」この映画は1999年に公開されましたので、すでに20年近く前のものであり当時はスローモーションを駆使した格闘シーン、銃弾を避けるようなアクションなどと画期的な撮影技法によって、その後の映画作品などに多大な影響をもたらしたといえる名作だと思います。わたしは、この前の日曜日にも観たのですが、通算ではすでに20回以上観ていますがやはり、何回観ても面白いとしかいいようがありませ [続きを読む]
  • 善悪と霊的世界 PartⅢ
  • さて今回は善悪と霊的世界PartⅢ「魂と霊的世界」について 書いてみようと思いますが、一般に霊といいますとそれは「死後の世界の意識体」というイメージをお持ちの方々が多いと思います。では「生と死の関係」はどうなっているのでしょうか?また「霊的世界」と「死後の世界」とはどう違うのでしょうか?「魂」とは何なのでしょうか?本当に魂は存在するのでしょうか?さてさて皆さんはどのようにお考えですか?勿論日本人の中に [続きを読む]