生瀬 さん プロフィール

  •  
生瀬さん: 京阪神鉄道写真館
ハンドル名生瀬 さん
ブログタイトル京阪神鉄道写真館
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaji1310-s8/
サイト紹介文京阪神間で活躍するJRや大手私鉄、準大手私鉄、地下鉄の写真をお送りするアメーバブログです。
自由文現在公開中の鉄道会社:JR西日本、阪急、能勢電、阪神、山陽、京阪(一部除く)、近鉄(一部除く)、南海
今後公開予定の鉄道会社:泉北、大阪市交、北急、神戸市交、北神
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/04/13 18:34

生瀬 さんのブログ記事

  • 阪急5300系
  • 準急 梅田行き 阪急5317F 桂阪急で初めて電気指令式ブレーキを採用し、後に6000系・6300系以降に波及した。7両編成と8両編成ともに7本ずつ存在する。準急 梅田行き 阪急5302F 長岡天神5300Fと5302Fは車内を中心に更新工事を行ったが、この2編成のみで工事は打ち切られた。 [続きを読む]
  • 阪神1000系
  • 直通特急 阪神梅田行き 阪神1203F 山陽須磨阪神なんば線開業に向けて登場した。山陽姫路と近鉄奈良まで乗り入れを可能としている。また、2000系を置き換えた。直通特急 阪神梅田行き 阪神1207F 山陽塩屋〜須磨浦公園灘五郷酒造、神戸市、西宮市、阪神の4者による『「灘の酒蔵」活性化プロジェクト』でラッピングトレイン「Go!Go!灘五郷!」が運行開始した。 [続きを読む]
  • 京阪3000系
  •  臨時快速特急 出町柳行き 京阪3002-3052編成 寝屋川市中之島線開業にあわせて2代目3000系として登場した。『コンフォート・サルーン』の愛称を持つ。『洛楽』としても運行を開始した。特急 淀屋橋行き 京阪3002-3052編成 千林2017年9月より、先頭貫通扉に液晶ディスプレイが設置され、特急・洛楽運用時に鳩や洛楽のロゴが表示される。特急 出町柳行き 京阪3003-3053編成 寝屋川市琵琶湖疏水観光キャンペーンの一環とし [続きを読む]
  • 泉北3000系
  • 準急 和泉中央行き 泉北3519F 新今宮相互乗り入れ先の南海6200系をベースに1975年登場。4両編成での運用は無い為、他の編成と6両ないし8両を組成する。準急 和泉中央行き 泉北3553F 天下茶屋6両編成から中間車2両を抜き取って先頭車化改造を行った50番台。ライトは7000系に似ている。 [続きを読む]
  • 阪神5001形・5131形
  • 普通 梅田行き 阪神5009F 淀川普通専用車「ジェットカー」。ブレーキが抵抗制御方式の5000形。5700系による置き換えが進むものと思われる。普通 高速神戸行き 阪神5131F 淀川東芝製の電機子チョッパ制御装置を搭載し、5131形を名乗る。 [続きを読む]
  • 阪神8000系
  • 特急 梅田行き 阪神8219F 山陽須磨初期にリニューアルされたグループは、中間2両ないしは4両がセミクロスシート。直通特急 阪神梅田行き 阪神8235F 山陽塩屋〜須磨浦公園1000系増備完了後のリニューアル車はオールロングシート。外観も所々変更されている。 特急 須磨浦公園行き 阪神8523F 神戸三宮2000系みたいな8000系、震災の影響でこの編成の神戸側3両がトップナンバー。またこの編成は姫路に行けない。特急 梅田 [続きを読む]
  • 阪急3300系
  • 準急 梅田行き 阪急3309F 水無瀬堺筋線への乗り入れを目指して大量に登場したが、老朽化と1300系の増備もあって7両化、廃車も進んでいる。準急 梅田行き 阪急3305F 水無瀬8両編成だったうちの5編成は車内を中心に更新工事を行ったため、2017年現在も8両編成で活躍している。 [続きを読む]
  • 阪急7300系
  • 快速急行 梅田行き 阪急7324F 桂7000系の京都線用として登場。特急から普通まで幅広い運用をこなす。こちらの原型顔は現在では貴重な存在である。準急 梅田行き 阪急7320F 桂2008年に登場した「魔改造」。かなり9300系に似ているのが特徴。特急 梅田行き 阪急7305F 水無瀬2014年から再びリニューアル工事が施工され、制御装置も界磁チョッパからVVVFインバータへと換装された。 [続きを読む]
  • 阪急1300系
  • 快速急行 梅田行き 阪急1301F 桂2代目1300系として2014年に登場。編成組成が6300系を彷彿とさせている。準急 天下茶屋行き 阪急1300F 長岡天神2015年、阪急とリラックマのコラボで『夏のリラックマ号』が夏休み中期間限定で、京都線、宝塚線、神戸線で運行されていた。準急 河原町行き 阪急1300F 桂1300Fが2015年夏に引き続き、2016年の春休み期間中に『さくらの阪急電車 リラックマ号』として運行された。特急 梅田 [続きを読む]
  • 大阪市交20系
  • 普通 コスモスクエア行き 大阪市交2607F 九条中央線で活躍する20系だが、デザインは御堂筋線の10系に近い。中央線生え抜きの0番台。普通 コスモスクエア行き 大阪市交2632F 弁天町近鉄けいはんな線延伸開業の際に谷町線から転用された30番台だが、0番台との差異はほとんどない。 [続きを読む]
  • 大阪市交30000系
  • 普通 文の里行き 大阪市交32606F 天満橋2009年に登場し、30系を置き換えた谷町線向けの30000系。13編成在籍している。普通 なかもず行き 大阪市交31601F 西中島南方2011年に登場した御堂筋線向けの車両は増備が2017年現在も進んでおり、内装をグレードアップした編成も登場した。 [続きを読む]
  • 大阪市交10系・10A系
  • 普通 天王寺行き 大阪市交1109F 西中島南方大阪市営地下鉄では最古参の10系。電機子チョッパ制御を搭載する唯一の形式で30000系による置き換えも進んでいる。普通 なかもず行き 大阪市交1124F 新大阪更新工事を受けた10系でも2006年以降に受けた車両は同時にVVVF化され、10A系としている。前面が10系とやや異なっている。 [続きを読む]
  • 京阪600形
  • 普通 坂本行き 京阪617-618編成 三井寺大津線車両のサービス改善を図るために、1984年から1988年にかけて導入された大津線初の冷房車。普通 坂本行き 京阪607-608編成 浜大津〜三井寺600形にも琵琶湖疏水観光キャンペーンの一環として、琵琶湖疏水の名所の風景イメージをデザインしたラッピングが施された。普通 石山寺行き 京阪619-620編成 三井寺〜浜大津宇治市を舞台にしたアニメ「響け!ユーフォニアム」ラッピングが [続きを読む]
  • 京阪700形
  • 普通 近江神宮前行き 京阪707-708編成 浜大津〜三井寺350形・500形の車体を流用して3代目700形として大津線に投入された。600形と比べて角ばっているのが特徴。普通 石山寺行き 京阪701-702編成 三井寺80型登場55周年を記念して80形塗装に復元されて現在運行中。なお80形は現在錦織車庫にて保存されている。 [続きを読む]
  • 京阪800系
  • 普通 太秦天神川行き 京阪815-816編成 大谷京津線から地下鉄東西線への直通運転を目指して導入された。日本で唯一路面電車としても地下鉄としても走れる車両である。普通 浜大津行き 京阪809-810編成 上栄町〜浜大津琵琶湖疏水観光キャンペーンの一環として、琵琶湖疏水の名所の風景イメージをデザインしたラッピングが施された。 [続きを読む]
  • 京阪2600系
  • 準急 淀屋橋行き 京阪2624-2803編成 西三荘2000系の車体や一部の機器を流用して製造された0番台。宇治線でも見られたが現在は本線用の3編成を残すのみ。普通 出町柳行き 京阪2631-2831編成 寝屋川市0番台とほぼ同一の設計ながら、完璧な新車として1980年に製造された30番台。前照灯や標識灯の形状が異なる。 [続きを読む]
  • 223系 宮原支所
  • G丹波路快速 篠山口行き MA02編成 塚本2000番台を「221系性能」に固定して登場した6000番台だが、JR東西線への入線を前提としたためパンタを2基搭載している。G快速 宝塚行き MA21編成 中山寺2012年ダイヤ改正で網干車両所から宮原支所へ転属してきた2編成(MA21,MA22)はパンタが1基搭載のままである。 [続きを読む]
  • 225系 日根野支所
  • S関空快速?/R紀州路快速 関西空港/和歌山行き HF409編成 南田辺113系や221系を置き換えた日根野支所の5000番台。大阪方面から関西空港や和歌山、さらにその南のエリアでも活躍する。R普通 熊取行き HF601編成 南田辺阪和線に残る103系を置き換えるために登場した2次車。顔つきが323系や227系に近い。 [続きを読む]