旅芸人・朽木鴻次郎 さん プロフィール

  •  
旅芸人・朽木鴻次郎さん: 〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜
ハンドル名旅芸人・朽木鴻次郎 さん
ブログタイトル〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜
ブログURLhttp://tavigayninh.hatenadiary.jp/
サイト紹介文・定年までは何マイル? ・ポストサラリーマンライフ ・資産や投資、お金について・京都のこと
自由文とげとげのハリセンボンも、そのおびれにだけはトゲがなく唯一の弱点になっています。ところが、弱点のはずのおびれを外敵に食いちぎられても、それでもハリセンボンはふわふわと海を漂っています。50代男性、精神と身体の健康をたもって、ハリセンボンのように生き延びたいな、おびれがなくたってさ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/04/13 19:54

旅芸人・朽木鴻次郎 さんのブログ記事

  • 風が通る
  • 市川のこのアパートは風がよく通る。そしてかすかに海の香りがする。祇園祭の七月、京都には風なんてふかなかった。何年か前の宵山で、「いいそよ風がふいてるな」って思ったら前に歩いてる女性がうちわであおいでる風だったこともある。風が通る。© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモンツイッター:https://twitter.com/tavigayninhインスタグラム: tavigayninh [続きを読む]
  • クックドゥ便利で助かるわ〜
  • 味の素の「クックドゥ」、最初に発売されたのがぼくが高校のころ。調べたら1978年だって。酢豚のもとが最初のラインナップで発売されて、テレビCMをみて逆上したぼくが、母親に酢豚作ってくれと頼んだら、角切りのお肉にカタクリもまぶさず揚げもしないで、単に焼いた(ソテーした)だけものをザクに切った玉ねぎと炒めて、クックドゥの酢豚ソースをかけちゃうという、手抜きの二乗のような酢豚?が出てきてびっくりしました。それ [続きを読む]
  • 三年で変ったこと・変えないこと
  • 失ってしまった人。なくした思い出。間違えていた記憶。あのものすごく暑かった夏の日。大きなバッタがね、それも去年から生きていたような大きな茶色いバッタがその朝ぼくの部屋にいたんです。帽子でつかまえて、ベランダから放つと飛んでった。大きな人でした。夏でもスリーピースのベストを着てはった。ネクタイは外してらしたのにな。暑いからネクタイをはずす。でもベストと上着は着る。そこがちょっとおかしかったよ。 [続きを読む]
  • メガダンス Megadanz 43 楽しいぜ!
  • みんな大好き、メガダンスの新曲、43番 (Megadanz 43) が発表になりました!パチパチパチパチ、パフパフパフ〜ヽ(´▽`)/ロジャーラビット*1よりも、ヒールタップからのグレープバインの方がタイミングが難しい気がする(T ^ T)メガダンス、だんだん好きになってきた!43番、新曲のナンバーもいいですよ。 taylar swift - look what you made me do machel montano - ministry of road chris brown - questions [続きを読む]
  • ティール組織・英治出版・鈴木立哉氏訳(2018.1.31)
  • 大学前期からの友人だから彼との交誼ももうすぐ40年になる。畏友・鈴木立哉君の翻訳になる「ティール組織」。いま、ベストセラーになっている。この本は解説や注釈を入れると600ページ近い大書であるにも関わらず、ビジネス啓発書としてよく読まれているそうです。「ティール組織」をテーマとした勉強会やセミナーも多く開催されている。ブームになっていると言ってもいいのかもしれない。この夏休みに読破しようと考えているビ [続きを読む]
  • わたしは試験と乱気流がキライだ
  • どんなにキライなものでも、7月の蒸し暑い月曜日の朝のように人生には避けて通れないものもある*1。飛行機に乗れば乱気流に巻き込まれることもあるのだ*2。"I hate turburance!"*3www.youtube.com希望を叶えるための試験なら、その対策準備をしなくてはならない。だけどさ、引っ掛け問題とか、「試験の技法」を知っていないと解きにくい問題とかさ、そんなのに備えて勉強?するのは本当いやだな。意味のない出張報告書を書く [続きを読む]
  • またまたお肉が焼けたよ〜 (*´?`*)
  • トップバリューの超大型スーパーで、100g=115円のアメリカ産豚ロース肉のかたまり約500g。これをグリルパンでまたまたじっくり焼きました。前回はちょっとブタ臭くなっちゃったんで、ニンニクに加えてショウガを適当に投入したお醤油につけること一晩。これでくさみが抜けるかな。この焼き上がり、もう、逆上する。一時間ほど冷ましてから冷蔵庫に入れる。そうしないと切ったとき肉汁が溢れすぎちゃうのね。厚めにスライス [続きを読む]
  • カタチだけでもいいじゃないか。
  • なんでそんなこと気にするんだろう。なんでそんなことで人を小馬鹿にするんだろう。ぼくはジムでダンスのクラスを楽しんでいます。「メガダンス」「ボディジャム 」というプログラムです。キレッキレの動きやセクシーな踊りを「見せる/魅せる」ためのダンスではなくて、健康のため、ストレス解消のために身体を動かすことが目的のプログラムです。魅せるためのダンスではないので着るものは「動きやすいウェア」であれば基本 [続きを読む]
  • 半熟宣言、だぜ!
  • かたゆで玉子、ハードボイルドだろ?冷蔵庫から取り出して、小鍋で水から茹でること14分で中までカチカチの石頭ヤローが出来上がる。朝食の焼猪飯*1にのせて頂くとおいしいぜ (=´∀`)でもね......本当は「サニーサイドアップ」、君だけ、もとい、黄身だけ半熟の目玉焼きが好きなの。姉妹ブログでは「フィルムのカメラと写真」をテーマにしています。どんだけ目玉焼きが好きなんだ!ってこってす。kuchiki-kohjiro.hat [続きを読む]
  • 大人35年説
  • 京都から下総の市川に越してきてからも、ラジコ(radico)で京都のFMを毎朝聴いている。DJのサトウヒロキさんの「アルファ(α)モーニング」という番組が好きなのです。音楽とDJのおしゃべりのバランスがとってもいい。美味しい柿ピーの柿のタネとナンキン豆のように絶妙なバランス(a very delicate balance)が保たれている。「大人35年説」というものがあるんだそうです。ある朝、サトウさんが低音でそう言った。昔だっ [続きを読む]
  • 「SPI テスト」の存在を知ってオワリ!、の人
  • 京都での会社勤めを辞めてしもうて、関東に流れ戻ってきたわたくしでございます。・ちょろっと動くと、お金ががっぽり儲かって、女の子にチヤホヤされまくる!そんな仕事ないかな〜、ないかな〜って、ツユ空の大都会をあてもなくさまよっていると、国電高架下の変電器にポスターが貼ってありました。“本業より儲かる! 週に2-3時間、美女のお相手をしてがっつり儲かる。50-60代のシニア男性も大歓迎!”よし、これだ! [続きを読む]
  • お肉が焼けたよヽ(´▽`)/
  • アメリカ産豚のバラ肉の小さな塊魂をニンニク醤油に二晩つけて、グリルパンで焼いたもの。ちょっとウエルダン過ぎてしもうた。それとお醤油が焦げてるし。味も入りすぎたのね。65点ぼくだって学習します。アメリカ産豚ロースのカタマリをニンニク醤油につけるけど今度は一晩だけにした。しかも焼く前に、沸騰したたっぷりのおゆで二分茹でる。不要なお醤油の塩を抜くことと、お肉の周りに火を通すこと。それと、脂を少しだけ落と [続きを読む]
  • お金がないときは出かけない
  • クチキ〜、お金がないときはどうすればいいか、知ってるか?畏友エスくんが学生時代にぼくにそう言った。大学四年生で就職活動をしているころだったと思う。出かけないで、家にいるんだ。そうするとお金は使わない。確かにそれはそうなんだけどさ。© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモンツイッター:https://twitter.com/tavigayninhインスタグラム: tavigayni [続きを読む]
  • 楠木雪野 個展 「京都・鴨川」 OPA gallery 表参道
  • 京都で親しくしていただいたイラストレーターの楠木雪野(くすききよの)さんの個展が、東京の表参道で本日(2018年6月15日)から始まりました。早速拝見してまいりました。ゆったりとした鴨川の雰囲気がとてもやさしい絵。小雨だったけど、行ってよかった!wasureta-ehagaki.com実はぼくは鴨川とネコが大好きです。楠木さんも大のネコ好き。thank you / i love cat 二種類のイラスト・マスキングテープを買ってきました [続きを読む]
  • FM局が選べなくて... 結局ラジコでアルファ
  • 京都からここ下総市川に越してきて、ちょっと悩んでいたのがFMラジオ。どうも気に入いる局がなくて...... 以前のFMってもっと音楽をたくさん流していた気がする。逆にAMはおしゃべりが中心だった記憶があるんです。こちらではFMもおしゃべりが中心になってるような... 変わってきてるの?これはディスっているわけではなくて、好みや慣れの問題なんでしょうけど。NHKとFM Tokyo以外にもここ市川市で聴くことができるFM局は増えて [続きを読む]
  • 時代は進歩しておるのう
  • 蚊取りマットの本体を買いに行ったら、もう売ってなかった。マット式でなくて、液体式の電気蚊取機は売ってたんです。ところが勧められたのは、スプレー式。写真の真ん中のものです。一部屋に一押しシューっとしておけば、12時間ぐらい効果があるんだって。とりあえず30回分のお試し用のものを買いました。金鳥蚊取線香の香りは、昔懐かしい夏休みのにおいがする。でも普段使いをすると、部屋がくさくなっちゃうし、衣類にもに [続きを読む]
  • 雨の降る日はボディジャム body jam 42 リカバリー "umbrella" 2007
  • ボディジャム というダンス系有酸素運動を始めてから、洋楽の幅も広がった。リアーナ姐さん、いいよね。雨の降る日には傘がいる。なんである? アンブレラ。ボディジャム を始めた頃の曲ですね。ボディジャム の42番。これをやるインストラクターさん、少なくなりました。てか、関東に戻ってきて、近所のジムではボディジャム60分のマスターコースをやってないのよ。悲しい。Rihanna - Unbrella, Body Jam #42 2007。www.yo [続きを読む]
  • 揺籃期の追憶
  • 日常の何気ないきっかけで、昔のことをふと思い出すことがある。それは時計のネジをまくとき指に感じる歯車とゼンマイの感触によってだったりする。そんなふうに、偶発的に過去のできごとがよみがえることもあれば、「何かを思い出すかもしれない」と意図的にそんなきっかけを求めることだって、もう60歳に近いんだ、たまにはしたって構わないよな。++++++++++10代の終わりから20代の初めにかけてを過ごした大学時代を「揺籃期 [続きを読む]
  • 携帯型ウォシュレットを使ってみて3週間
  • 長年住んでいた京都のアパートには元から設置されていた取り付けタイプのシャワー式お尻洗浄トイレ、いわゆる「ウォシュレット」が引越し先の関東のアパートにはついていない。設置しようかどうしようか、悩んでいたんです。・賃貸アパートである・トイレの型番がよくわからない(京都→関東という遠隔地なのでちょいちょいと調べられなかった)・お値段も、大体、2.5〜3.5万円プラス1万円程度の工事費*1そんなこんなで、結局「 [続きを読む]
  • 「まないた」ならぬ行徳の「常夜灯」・日本橋とのご縁
  • アタマはたらないくせに妙に世間ズレしている、「バカでスレてる」野郎のことを「行徳のまないた」、そう言うのでございます。++++++++++今の行徳は東京へのベッドタウン。営団地下鉄・東西線が開通してからのことだから、1970年代の初め頃からか。行徳は古くからの在所で、特に塩田は古く徳川以前にも遡る。以来、江戸と総州を結ぶ交通の拠点の一つでもあったそうな。*1行徳の「常夜灯」が文化財だっちゅうことで行ってみ [続きを読む]
  • 蘇民将来子孫者也
  • 長年住み暮らしてきた京都から、下総は市川に越してきました。半月ほど前、本平成30年5月半ばの頃です。昨平成29年の祇園祭でいただいた「ちまき」*1。引越しの前に八坂さんに納めてきてもよかったんだが、市川のアパートに持ってきて、ゲタ箱の上にちょこんと載せた。例年の月鉾のものと、去年ご縁のあった油天神山のちまき。ほんとは一年で返納して新しいのを頂くのですが、今年の京都祇園祭には多分いけない or 行かない [続きを読む]
  • まずは成田にお参り
  • 14年住み暮して、サラリーマン生活にいったんピザ、じゃないや、ピリオドを打って、ここ下総は市川に引っ越してきて半月。ようやく落ち着いてきました。そこでまずはと成田山にお参りしてまいりました〜ヽ(´▽`)/とはいうものの、おめあてはウナウナなのよヽ(´▽`)/昨年はたまたま「成田祇園祭」の当日にお参りに行っちゃって、川豊さんもすごい混んでた。今回は平日のお昼にうかがいました。人気店なのでそれなり [続きを読む]
  • そりゃー怖かったんだろうな
  • コージロー、怖かったわ、本当にあのときは怖かったの。1980年代の半ばにぼくは北カリフォルニアにいた。当初のホームステイ先のおばあさまが当時70代半ば。日米の戦争が始まった頃、彼女はまだ20代だったと推定される。もちろん女性に年齢を聞くことなどはしないよ。メアリー・エミントンさんという可愛らしい素敵な女性でした。彼女が何かのおりにぼくを太平洋沿岸へドライブに連れて行ってくれて、大戦中の海軍艦艇がモス [続きを読む]