旅芸人・朽木鴻次郎 さん プロフィール

  •  
旅芸人・朽木鴻次郎さん: 〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜
ハンドル名旅芸人・朽木鴻次郎 さん
ブログタイトル〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜
ブログURLhttp://tavigayninh.hatenadiary.jp/
サイト紹介文・定年までは何マイル? ・ポストサラリーマンライフ ・資産や投資、お金について・京都のこと
自由文とげとげのハリセンボンも、そのおびれにだけはトゲがなく唯一の弱点になっています。ところが、弱点のはずのおびれを外敵に食いちぎられても、それでもハリセンボンはふわふわと海を漂っています。50代男性、精神と身体の健康をたもって、ハリセンボンのように生き延びたいな、おびれがなくたってさ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2015/04/13 19:54

旅芸人・朽木鴻次郎 さんのブログ記事

  • ローストポーク・サカナ焼きグリル
  • ご近所のおしゃれだけどもお値段リーズナブルなスーパーマーケット「八百一(やおいち)」さんで豚ロースのブロックを買いましたヽ(´▽`)/魚グリルでとっても簡単、ローストポーク、行きまーす(゚m゚*)つけダレはどのご家庭にもある自家製の「にんにく醤油漬け」をベースに、お酒、みりん、コショウ、それと山椒をキモチ入れます。六角は...切らしていましたぁ!耐熱容器に直接お肉を入れてつけダレに漬け込みます。片面3時間 [続きを読む]
  • 選択とその結果
  • 今まで何回も生きていく上での「選択」をしてきたが、大きく間違えたことはない。だからと言って、次に行う選択が地獄へと続く一本道ではないとはわからない。...おっと、ここまで書いたんですが... あれ?ほんとはすごく間違えちゃってたんじゃないのかな、おれ?もしかしたら、大失敗な選択をしてたのだけど、自分で気がついてないだけなのかもしれない。今に到るまで。選択した結果に失敗がなかったのではなくて、失敗した [続きを読む]
  • ハリセンボンのおびれ
  • ハリセンボンには400本近いとても硬い棘があって、外敵から身を守っている。唯一、「おびれ(付け根を含む)」には棘がなく弱点になってしまっていて、そこだけが、外敵に齧りとられてしまっている個体も多いのだとか。テレビのどうぶつ番組で特集されていたのを観るともなしに観ました。別におびれがなくてもハリセンボンは悠々と泳いでいたよ。食べられたときにはもちろん痛いのだろうし、血?も出るんだろうけど、ハリセ [続きを読む]
  • 説教するやつはバカだ
  • 以前放送されていたサラリーマンもののコメディドラマでのエピソード。*1仕事を舐めている「ゆとり世代」の若手社員に主人公のちょっと先輩男性が説教したところ、逆ギレされ、そのゆとり社員はモンスター化して「パワハラ」の、訴訟の、とトラブルが大きくなっていく様がコミカルに描かれていて面白かった。そんなトラブルに巻き込まれた主人公の同期・恋人の女性がこう言うのだ。あいつが失敗したって、注意や説教なん [続きを読む]
  • O-さんのこと
  • 英文契約のイロハ、と言うよりも、事務屋の仕事のイロハを教えてくれたのは、上司の O-さんでした。当時O-さんは40歳になったばかり、ぼくは25-6歳でしたから、もう30年以上になる。ぼくとしては感謝したし、職務を離れて個人的ないい関係を築いた/築けたつもりではいました。その後、転職を何度か繰り返しましたが、O-さんが教えてくれたこと、そして、その教えを受けていたからこそ経験できたこと、それが全ての基礎になってい [続きを読む]
  • 京都人リトマス試験紙
  • 京都、てか、関西ではネギは青い。青くても苦くも臭くもないの。普通のラーメンでもネギは東京の感覚では、え?ってくらい大盛りのことがある。写真は来来亭の普通のラーメン。わざわざネギラーメン頼むとこれ以上に山のように守られてくるけど、そこまではいらないのね。魁力屋さんの各店舗とか、刻みネギ入れ放題のお店もあるよ。そんな入れ放題のお店では、食べ終わって、残ったスープに「追いネギ」をしていただくのが好きです [続きを読む]
  • ボーダーは着ないけど
  • おれ、マロンちゃんのモノマネうまいんだよ ♪(´ε` )あとね、「トリバゴ」の女の人の口調のマネも自分で笑えるくらいうまい。他人は笑わないけどね。タンドリチキンのような料理はきちんと手順を決めて進めるのがいいけど、普段の生活は「次、次っ」というように段取りを考えて、効率的に、効率的にと物事を進めていかなくていいんじゃないかな、もう、ぼくの場合です。具体的にいうと...・ジムに行く・フィルムを現像に出 [続きを読む]
  • 忘れられない授業
  • 1980年、大学に入ったばかりの頃。一年生のだれもが取る「商業通論第一」の授業を受けていました。先生は泰斗のT教授です。「入学まもない諸君達にこれだけは行っておく!」先生がバリトンの声を一段張り上げました。大教室に響き渡ります。諸君達は、卒業して財務や経理の仕事、お金を扱う仕事をするようになるだろう。そのとき一本の電話がかかってくる。『資産運用をしませんか?』という話だ。そんなときにかぎって、諸君の [続きを読む]
  • 夢の中でまで責められてもな......
  • 男:「君は頭だけを使って文章を書いている、だから伝わらないんだ! 小手先なんだ... 心がこもっていないんだよ!」女:「そう、この人には心がないの。人を思いやる心がないの。自分のことしか考えてないの」.......そこまで言うか? と思ったら目が覚めた。夢の中でまで責めないでほしいなぁ     夢の中ではお腹は空かないというけれども、ぼくはお腹が空いて目が覚める朝が多いです。© 旅芸人・tavigayn [続きを読む]
  • 長いのか短いのか?
  • 一年は長いのだろうか、短いのだろうか?そんな質問に答えがあるはずがない。生まれたての子供が選挙権を持つためには一年間では短すぎるし、飯を食わないで水だけでなんとか堪えろと言われても、一年は長すぎる。写真を撮るのは一瞬間だけれども、長く残る。事故や意図して消去・破棄されなければ、人の寿命を超えてずっと。ただし、その価値があるかどうか? 〜 ねえ、何が言いたいの、さっきからさ?© 旅芸人・tavigay [続きを読む]
  • 長縄跳び・ダブルダッチ/かっとびと運命との関係
  • あらかじめ定められた運命や人智を超えた不思議な力みたいなものは、ぼくは信じない。だけれども、ある種の「間(ま)」とか「タイミング」、そういうものによって、自分の思う通りに行くこともあれば、行かないこともある。それは信じる。    〜 この世で一番大切なのは素敵なタイミング? ヽ(´▽`)/うまくやるためには、タイミングをつかむこと。間(ま)を外してしまったとき、あるいは、タイミングの波に乗れなかっ [続きを読む]
  • 日本橋・にほんむし・にほんはし
  • 京都・鴨川にかかる「荒神橋(こうじんばし)」かなでは、「くわう志んむし」って書いてあるように見える。読めねえった?!     東京都中央区の室町と通一丁目を隔てる「日本橋」このこま犬の下の親柱に「にほんむし」って書いてあるように読める。「日本ばし」がなぜに「にほんむし」?なぜ「橋(はし)」が「むし」みたいに書かれているのか? はい、日本橋出身者はみんな知っているのです。実は「む」とは書いてない [続きを読む]
  • 鶏同鴨講(かい・とん・がっ・こん)
  • 鶏同鴨講(かい・とん・がっ・こん)。広東語のことわざ。鶏(ニワトリ)と鴨(カモ)がいくら話し合っても、お互いが、分かり合うことはない、ぜんぜん通じない会話、そんな意味です。男は「言葉」というものは取り扱い説明書だいう「仮説」を「証明」しようとし、女は「言葉」というものは、本質的には「詩」であり「歌」であると感じ、悦ぶことができる本能を持っている。一つ一つの言葉を定義して、レンガのように積み重ね [続きを読む]
  • 人間は気体にはならない
  • 大人気だったンHKの朝の連続ドラマ「ひよっこ」(2017年前期)ですが、ネタバレにはならないと思うので言っちゃうけど、主人公は可憐な茨城娘、そのお父さん(推定40歳ちょい)が、東京に出稼ぎ労働に行った挙句....蒸発しちゃうの。ドラマのナレーションで解説されていたから、今じゃ通じないのかな「蒸発」ってことば。怪奇大作戦なお話じゃないよ。「蒸発」って、ふらっと出てったっきりいなくなっちゃうことです。地方から都会 [続きを読む]
  • ハンバーガーの食べ方・奢ってもらい方
  • ハンバーガーは、どうやって食べたらいいのでしょうか? 上の写真はモスバーガーのモスバーガーです。もちろん「かぶりつく」が正解。食べ終わると、ソースが包み紙の底(三角になった角のところ)に残りますので、それを「絞るようにすする」のが人として正しい。モスの期間限定ご統治バーガー「長崎トルコライスバーガー」ヽ(´▽`)/ カレー味はなかった模様。具沢山のこれ、どうやって食べるの? 正解は、またもや「か [続きを読む]
  • 年収・年俸への考え方
  • 「金銭で幸福が買えるとは限らない。しかし不幸はかなり防げる。当たり前だな。公理とはそう言うもんだろう」星新一 気まぐれ遊歩道 106頁 新潮社 1990年。言われてみれば当たり前、でもその言葉を聞く前だったら、形のある言葉にすることができたかどうか?できるわけがない。最初に言ったものの名前が残るんだ。世の中の真理を語るということはそういうものだろう。新卒で就職活動をしていたとき:あなたにとって「仕事 [続きを読む]
  • 目は怖いですよ... (;;;´Д`)ゝ
  • 年がトシなもんで、はい、57歳です。アラウンド還暦でがんす。毎年の健康診断/生活習慣病検査はきちんと欠かせないんです。涙流して、胃カメラも飲んでるんです。もちろん、飲んだ後は引きずり出してもらいますよ。胃カメラは食いもんじゃないしね。ところで、生活習慣病、以前は、成人病って言ってましたよね。いつ頃変わったんでしょう。成人病が生活習慣病なら、成人映画は生活習慣映画かっての!ま、いいやそんなこたどうでも [続きを読む]
  • 集中力と注意力、カレーとハンバーグ
  • 「うちの子は集中力がなくて.....」先日、ラジオを聴いていたら、アナウンサーの方がホスト役の教育評論家の人にそう言っていました。集中力はあったほうがいいのかね?「うちの子は、注意力がなくて...」そう嘆くお母さんはいるんだろうか? あんまり聞かないような気もするけど、そこそこ言われているような気もする。ああ、そうだ。「うちの子は、落ち着きがなくて...」そうおっしゃるお母さんはいらっしゃるね。同じことだ。 [続きを読む]
  • いやしのワンタン・ストレス解消?
  • ダンス踊って写真撮っておさけ飲んでカメラ買ってもストレスはたまる。ストレスが私をダメにする...人生の岐路をむかえてヘクト出かけたメートルなんですよ!そだ、いやしのワンタンをつくろう、スエスエ〜!...ヽ(´▽`)/ クルッタノカ!まずは材料ですどら焼きはおやつヽ(´▽`)/  ワンタンに使うわけないでしょ。フライパンでこねる。(ワンタン作り終わったあと、フライパンそのままで薄焼き卵を作るとキレイになるの)豚肉( [続きを読む]
  • ジョブディスクリプション
  • 30数年まえ、新卒で会社に入ってすぐ、英文の「ジョブディスクリプション(Job Discription)」の読み合わせを命じられた。先輩の女性社員と2人1組になって、一人が原稿を読み上げ、もう一人(僕)がタイプの上がった清書を一語一語チェックしながらスペルミスや脱字がないかどうかチェックする作業です。その頃は英文のワードプロセッサもスペルチェッカーもなかったのよ。そのときにジョブディスクリプションというものを初め [続きを読む]
  • セイコー5(ファイブ)・70年代風デザイン
  • セイコー5、言わずと知れた、B級機械式時計( ̄ー ̄)ニヤリ B級とはいえ、そこはセイコー。実に正確、そして壊れない。なおかつ長持ち......オーバーホールって何ですか?キョトン。この時計、ぼくが勝手に「70年代風」と名付けているもの。バーインデックスの文字盤ってあんまり......なのですが、12時と6時だけがいわゆる70年代の「デジタル」文字っぽいアラビア数字。残りはバーインデックス。黒文字盤とシルバーベゼルが何とも [続きを読む]
  • あんたは決定権を持ってるからいいけどさ
  • 交渉ごとで本当に難しいのは、相手方の譲歩を引き出して自分の有利にすることではない。...ぼくは『交渉の秘訣とはどちらも納得するウィン・ウィン関係を創造するのです』なんてゴタクを並べようとしているわけでももちろんない。一番難しいのは、上司や同僚・こちら側の関係者を納得させることなのです。先日、「交渉ごとのノウハウをまとめました!」な文章を読んでいて、もう嫌んなっちゃって途中でやめちゃった。あるコン [続きを読む]