遥かなる 我がドブ川の流れに さん プロフィール

  •  
遥かなる 我がドブ川の流れにさん: 遥かなる 我がドブ川の流れに
ハンドル名遥かなる 我がドブ川の流れに さん
ブログタイトル遥かなる 我がドブ川の流れに
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takodo
サイト紹介文公開稽古
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/04/14 14:20

遥かなる 我がドブ川の流れに さんのブログ記事

  • なんだ、面にすればいいのかい
  • 顔がでかすぎました。マンガを再開したころ、雑誌がやたら黒っぽいので違和感があった。なんとなく、影で立体感をつけているのはわかったが、生理的に合わなかった。このほど、ようやくその快感がわかりました。線画はやはり難しいもので、トーンを貼ると画きたい物に近づくようだまだ、フラットな使い方しかできないし、あまり多様はしたくないが、なにか方向性が、彼方に見つけられるような気はしている。とにかく、今の同人誌文 [続きを読む]
  • 品皮区役人事情
  • 久々の役人らしい役人 品川区清掃局役人根性を持っていると、自分に当然なことが世間に通じないと、相手が間違ってると馬鹿にする。そして自分の方が不親切でおのが勤めを理解していなかったとは、つゆほど思わずそのまま・・・なんと素敵な人生であることかお役所じゃなくても生息しているよ。それでもこういう人は、かなり減ってきた今日は虚を突かれてしまった。マンガは、ファ**・ユー、を画こうとして分からなくなりま [続きを読む]
  • マンガは難しいぞ
  • 線画って、ごまかしが聞かないから大変だ。コミケのオマケで出してもらえるように、イラストを画いている。他の方への見栄もあるので、たいへん難しい。好きなものを画くためには、画けない物も画かなきゃならぬ。で、へたばって、キューケー。 [続きを読む]
  • うつうつ
  • いつものつもりで4角く画いたら、画面の収まりというより、なにか絵として違う気がしたのでのばしました。とはいえ、絵を広げるのにも無理があり・・・。画面の幅というのも難しいものです。 [続きを読む]
  • ぼわ
  • ぼわーっとしたものが画きたかったのだが、んで、画面にタイトルまで書いてあるのにだんだんハッキリしてしまう。唇がリアルになりすぎたので、少し後戻りしておしまい。最近こういうものを画くときは、他のものを画くのをサボっている時。 [続きを読む]
  • こわいこと ふえちゃった
  • 今日は恐怖マンガの講演に行ってまいりました。近藤よう子先生、やはり文学っぽい方でした。勉強させていただきました。ですが手を動かしていたら,諸星先生っぽくなってしまいました。イグノーベル賞物理学賞受賞「ネコは固体かつ液体であるか」から。フラスコには入りにくいだろうなぁー。検索でいらしてしまった方、こんなので申し訳ございません。 [続きを読む]
  • 勉強ありてこそ
  • 長いシリアスな、いわゆるストーリーマンガも画きたいのだが、ただでさえデッサンが未熟なところにきて、線画というものはたいへん難しい。影をつけたり薄墨をかけると味は出るが、マンガは印刷が前提なので、それをトーン化すると、なぜだか汚くなってしまう。これを何コマも画いてお話にする。まだまだ出来そうもない。単純なマンガは、同じgooの2d-toyboxでやっています。よろしくどうぞお出かけください。 [続きを読む]
  • そこ?
  • かつて、スイカボールならぬ、スイカ浮き輪を持っていたあれはあれで、なかなか愛着が持てたスイカのネタはよくあるだろうし、タネのネタも多いだろうと思う。ちょっと前まで、マンガのネタがバッティングすると、とても恥ずかしいので、ずっと2重3重にアイディアを入れていたら、わかりにくくなっていった。道路にボコボコ空いている穴を避けようとして、密林に入り抜けられなくなったようなものだ。最近は、あまり沢山入れこま [続きを読む]
  • お暑うございます
  • SNSで友達に見せたら、こういうふうにソフトライトをかけたらどうかと、写真を撮る友人がやってみせてくれた。なかなか面白かったので、禁断の機能に触れてみた。私はもともと、マウスで腱鞘炎をおこしてペンタブにして、その流れで絵を再開したという、はなはだ消極的な動機をもってデジタルで描いていたので、ややこしいことは覚えてこなかったのだ。なかなか面白い。春夏秋冬、ひとつの絵でOKか?これは一色をかけっぱなしだけ [続きを読む]
  • 下手でも続けている今、下手でも良かったんだ!の頃
  • 更新もしていないのに、いつも何人かの方がこのブログを見てくださっています。ありがとうございます。ずっとお休みをいただいておりますが、今日お片付けをしていたら、こんなものが出てきました。岡本太郎さんの本を読んでいて、芸術はへたくそでもいい、との言葉に爆発して、夢中で落書きを続けていたのです。だもんで、これは「アート」をしている気で画いていました。(ーー;)画材はポスカとリキテックスです。用紙は厚いア [続きを読む]
  • 修学旅行
  • ごぶさたです。昔は日の出号という中学校修学旅行専用列車があったのだが、やはり、専用列車に乗ってもっとはじけさせてやりたい。うるさいのも困るが、静かな学生の団体は気の毒だ。マンガ画いてますんで、お暇でしたら2d-toyboxにもいらっしゃって下さいね。 [続きを読む]
  • タッチ アンヨ ニャンニャ
  • 春霞におつむに入り込まれて、なにかとしくじってばかりいる。絵も液ペンをいじってるうちに、勘所がにぶくなった。で、画きたいものを書きました。みんなずいぶん前から頭の中にいる。左の子が一番派手で、幾度かいてもオタク臭が抜けなかったのだが、いいところに来た気がする。真ん中のは気に入ってるチビ助で、どんなタッチで画いても好きになれる。右のが一番難しい。主役級なので、却って個性のつけ方が中途半端。芯がしっ [続きを読む]