遥かなる 我がドブ川の流れに さん プロフィール

  •  
遥かなる 我がドブ川の流れにさん: 遥かなる 我がドブ川の流れに
ハンドル名遥かなる 我がドブ川の流れに さん
ブログタイトル遥かなる 我がドブ川の流れに
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/takodo
サイト紹介文公開稽古
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/04/14 14:20

遥かなる 我がドブ川の流れに さんのブログ記事

  • 追憶はとけてとろけて
  • 私は子供のころから辛党で、飲んべになるぞと言われて育ったが、飲んべにはならなかった。それでも辛党で、お茶を飲みながらつまみを食べる。子供の頃はどうしてアイスクリームがあんなに美味しかったんだろう。私の好きだったのは、パイナップルアイスと小豆の乗った方の棒アイス、当たりのあるホームランアイス。3色アイス・・・なんと豊富なバリエーションであったことか。今のアイスはあまりキャラが立っていない気がする。 [続きを読む]
  • こってりあっさり
  • ペインター2018 買っちまいました。昔よりはわかりやすいのですが、あれやこれや使いにくい。勉強で補える部分はもちろんあるのでしょうね。ぼーっとした絵のほうが向いてるのかなと思って、チョークという筆?で描きましたが、色遣いが悪いのか、よりどころのない絵になりました。次はアウトラインのあるものを、こってり。 [続きを読む]
  • 絵をつくる
  • お久しぶりです相も変わらず、適当なままのアップです。Painterがややこしいので、機能の少ないエッセンシャルを買って、それもほとんど使っていませんでしたが、だいぶ分かりやすくはなっているようなので、いいやつが欲しくなり、検討中です。効果までソフトによるのはしゃくに障りますが、画材は全てそういう面があるので、使い方次第というところでしょうか。前回の漫画「どうじょのおじさん」を画いて、画くことに夢中なあ [続きを読む]
  • コラージュ漫画をどーじょ
  • もうひとつのブログ、2d-toyboxと間違えて、こっちへ出してしまいました。タイトルは、マンガ道場の作品集なので洒落であります。すみません、今仕事が多いので、このまま、どーじょ [続きを読む]
  • 宙で
  • 画かないとうまくならない。当たり前だけど、つい自分にへたくそというレッテルを貼りたくなる。下手になりたいわけじゃない。レッテルを貼ってもいいから、それはそのままで歩いていけばいつかは上手くなるん、じゃね?毎度のことながら、足がおかしかったんで手直しいたしました。すみません [続きを読む]
  • なんだ、面にすればいいのかい
  • 顔がでかすぎました。マンガを再開したころ、雑誌がやたら黒っぽいので違和感があった。なんとなく、影で立体感をつけているのはわかったが、生理的に合わなかった。このほど、ようやくその快感がわかりました。線画はやはり難しいもので、トーンを貼ると画きたい物に近づくようだまだ、フラットな使い方しかできないし、あまり多様はしたくないが、なにか方向性が、彼方に見つけられるような気はしている。とにかく、今の同人誌文 [続きを読む]
  • 品皮区役人事情
  • 久々の役人らしい役人 品川区清掃局役人根性を持っていると、自分に当然なことが世間に通じないと、相手が間違ってると馬鹿にする。そして自分の方が不親切でおのが勤めを理解していなかったとは、つゆほど思わずそのまま・・・なんと素敵な人生であることかお役所じゃなくても生息しているよ。それでもこういう人は、かなり減ってきた今日は虚を突かれてしまった。マンガは、ファ**・ユー、を画こうとして分からなくなりま [続きを読む]
  • マンガは難しいぞ
  • 線画って、ごまかしが聞かないから大変だ。コミケのオマケで出してもらえるように、イラストを画いている。他の方への見栄もあるので、たいへん難しい。好きなものを画くためには、画けない物も画かなきゃならぬ。で、へたばって、キューケー。 [続きを読む]
  • うつうつ
  • いつものつもりで4角く画いたら、画面の収まりというより、なにか絵として違う気がしたのでのばしました。とはいえ、絵を広げるのにも無理があり・・・。画面の幅というのも難しいものです。 [続きを読む]
  • ぼわ
  • ぼわーっとしたものが画きたかったのだが、んで、画面にタイトルまで書いてあるのにだんだんハッキリしてしまう。唇がリアルになりすぎたので、少し後戻りしておしまい。最近こういうものを画くときは、他のものを画くのをサボっている時。 [続きを読む]
  • こわいこと ふえちゃった
  • 今日は恐怖マンガの講演に行ってまいりました。近藤よう子先生、やはり文学っぽい方でした。勉強させていただきました。ですが手を動かしていたら,諸星先生っぽくなってしまいました。イグノーベル賞物理学賞受賞「ネコは固体かつ液体であるか」から。フラスコには入りにくいだろうなぁー。検索でいらしてしまった方、こんなので申し訳ございません。 [続きを読む]
  • 勉強ありてこそ
  • 長いシリアスな、いわゆるストーリーマンガも画きたいのだが、ただでさえデッサンが未熟なところにきて、線画というものはたいへん難しい。影をつけたり薄墨をかけると味は出るが、マンガは印刷が前提なので、それをトーン化すると、なぜだか汚くなってしまう。これを何コマも画いてお話にする。まだまだ出来そうもない。単純なマンガは、同じgooの2d-toyboxでやっています。よろしくどうぞお出かけください。 [続きを読む]
  • そこ?
  • かつて、スイカボールならぬ、スイカ浮き輪を持っていたあれはあれで、なかなか愛着が持てたスイカのネタはよくあるだろうし、タネのネタも多いだろうと思う。ちょっと前まで、マンガのネタがバッティングすると、とても恥ずかしいので、ずっと2重3重にアイディアを入れていたら、わかりにくくなっていった。道路にボコボコ空いている穴を避けようとして、密林に入り抜けられなくなったようなものだ。最近は、あまり沢山入れこま [続きを読む]