レアル さん プロフィール

  •  
レアルさん: モラハラ覚え書
ハンドル名レアル さん
ブログタイトルモラハラ覚え書
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/live201510/
サイト紹介文移動しました 離婚か共存か答えを探しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/04/15 19:28

レアル さんのブログ記事

  • 決めた。
  • 新しい仕事のこと。とある福祉施設の受付兼事務に面接のち採用の知らせを頂き、詳しい話を伺いに赴くと、制服がなく、ジャケット着用のキッチリした服装&メイクが必須なこと、通勤30分以上かかるのに契約でも社員は始業より30分早く出社しないいけないことがわかった... [続きを読む]
  • 洗い桶
  • 気まぐれでしてくれる朝のゴミ出し。いつも最後に生ゴミを入れているのに、早い時間に勝手にやってしまう。朝、鞄に入れるよう出して置いていた体操服。通りすがりに洗濯機にほりこむ。(登校前にと子どもと探しまくった)シャンプーがきれた、マヨネーズがない、となっ... [続きを読む]
  • 2017年10月
  • 週の半分帰ってくるようになって落ち着かない。テーブルに広げた履歴書や通帳類などを見られた?と一瞬焦って、すぐに「どーでもええわ」とか。いつものように、夫は独りでいるかの如く素のままに生活音をたてながら食べたい時に食べたいものを食べ、寝たい時に寝たい所... [続きを読む]
  • 退職願。
  • シフトの都合や手続き等を見込んで今のパート先に早めに申し出ておいた。腹の立つことはそれなりにあったけど、表立って嫌がらせをされたことなく面と向かえば挨拶も世間話もできる、パートタイマー中心の職場ならこんなもんだろう、決して悪くない人間関係だと思って... [続きを読む]
  • 投げやりに生きている
  • 毎日淡々と生活はしているが、気力がプチンと切れて以来、もともと適当な家事がさらにいい加減になってきた。大事に使っていたテーブルや食器、もう傷がつこうがどうでもよくなった。掃除も手抜き。ゴミ屋敷じゃなけりゃいいやん。光熱費の節約もしなくなった。あんな... [続きを読む]
  • 面接
  • 備忘録です。①社目。営業時間外だったので閑散としていた。爽やかな若い男性社員が担当でやけにフレンドリー。ゆえ緊張感を保ちにくかった。志望動機とか自己アピールとか考えていった事ほとんど聞かれず。しかし長所短所を三つずつお願いします!などリアクションテ... [続きを読む]
  • トイレに入ってたら、
  • モラ夫が勢い良くドアを開けて、あッ!とか言って閉めた。(カギかけろや!)と吐き捨てながら。普通さ、ごめん!済まん!失礼!とかない??そりゃ鍵を閉めてなかった方も悪い(いつもは閉めてます)、見たくないもん見ちゃったじゃない〜もわかる。もお〜!って気持... [続きを読む]
  • さあ、シュウカツ!
  • 仕事の関係で10数年ぶりに立寄ったその街は、独身の頃、2年くらい住んでいた。区画は小ぎれいに、大型商業施設も出来ていて、一瞬土地勘が狂ったものの、露地を歩けば当時の下町感は変わりなく、行き交う人のくだけた感じや、ゴチャゴチャと軒を連ねる商店にほっとする... [続きを読む]
  • 目を合わさない
  • 台風も連休もいつの間にか過ぎ去って、もう9月後半。相変わらず子どもには無邪気にぺらぺらと話しかけ、私には卑屈なほど引いている夫だ。食事を並べれば急いでかき込み、洗濯物を取り込めばもくもくと畳み、こちらからの事務的な問いかけに平静で答えはするものの、雑... [続きを読む]
  • パートのこと。 
  • 今、私はふたつの仕事をしている。1つは結婚前からしていた専門職で、出産後にフリーランスで再開したものの、時間のやりくりがうまくいかず先細りになってしまった。2つめはその穴埋めにとはじめた就労時間キッチリのパート。特に吟味せず近さと楽さで選んで現在に至... [続きを読む]
  • 結婚記念日
  • 今年も何事もなく過ぎていった。二人にとって覚えやすい語呂合わせで選んだ日だった。数年後、世界的にも有名な日になってしまった。呪われた結婚だったのかもなあ。それでも何度かは記念日として存在していて、その後はハウスメーカーから来る花束で思い出し、苦笑い... [続きを読む]
  • 週2回
  • 週末だけの帰宅が、週2、3回になってきている。家族平和のために、「今後、あんたとは接触を避ける」「家には帰んから!」「おらん方がそっちもええやろ?!」一方的な俺的努力を子どもにまで宣言してから1ヶ月半、早くもなかったことに持ち込むつもりだろうか。... [続きを読む]
  • めんどくさい男の出来るまで
  • おっとりと穏やかで、口数の少ない末妹は初対面から好印象で、出身大学が一緒と知って以来、夫側の親や兄弟の中で唯一心を許せる存在だった。顔を逢わせるのは年1,2回だが、お正月に皆が集まったお酒の席の片隅でつい夫の暴言やエスカレートする無断外泊を愚痴ってしま... [続きを読む]
  • 9月
  • 週末に帰って来た夫から今月の生活費を受け取った。この土日は私は仕事でそれでも時間を潰して遅く帰ると、洗濯掃除が済ませてあった。特に洗濯物はシャツはブティックたたみ、タオルの角もぴっちり揃え重ねて。…先ねるわオヤスミ、と消え入るような声で上がった夫と入... [続きを読む]
  • 男尊女卑
  • テレビを見ながら「これだから女は〜」モタモタする走行する車に出逢ったら「やっぱり女の運転は〜」モラハラ男の根っこには大方この思考があるそうな。夫も、男気とか亭主関白をはき違えていて、外面的にフェミニストを気取ってるけど心の底では無意識に女を、とりわけ... [続きを読む]
  • 家族崩壊中
  • 週末の21時頃、またアポ無し帰宅された。「ご飯用意してないよ」「いいよ別に」22時前、友達から花火中〜とLINEが来て、ホイホイ出かけようとする息子と一悶着やってる横を黙って通過。息子が押し切って出て行った後に「夏休みやん。キモチよく出してやれんか?」だ... [続きを読む]
  • お盆おわり
  • お盆前の週末に帰るメールを寄越し、そのまま休暇に入った夫だが、翌朝から私と息子は予定通り出かけた。一瞬、え?と驚いた風だったけど強引に「駅まで送ってあげる!」と車を出し、独りの時間は庭の芝刈りやテレビ三昧で過ごしたようだった。部活はお盆とお正月で年2,... [続きを読む]
  • 子どもとお金。
  • 夫婦喧嘩をする度に、不信感が募っていった。喧嘩の原因よりも理不尽なその後が苦しかった。一歩譲れば、躊躇無くその分を詰めてくる夫。成人の人間関係では感じた事のない違和感。え?なんで?どうして?おかしくない?だけど、決定打のないまま20年経った。異常と正... [続きを読む]
  • 着地点
  • 7月の終わりに、図らずとも風化しかけた件で言い合いになり家族のために夫は無視してくれると思え!に限界。私から別れを切り出した。時期早計ではあったけれど、それは脅しや反撃ではなく本心だ。それに対し、夫は、別居なら子どもはここで自分が養育する、関係修復を... [続きを読む]
  • 録音したものの…
  • 今回、やりとりの途中でスマホの録音アプリを起動し密室の会話をはじめて残せた。いつもの物を投げつけたり、ゴルァ!な巻き舌のチンピラ口調はなかったが立ち上がって冷凍庫から乱暴に氷を出す音や、私が言い終わらないうちにかぶせて発言する癖は再生でもドキドキ苦し... [続きを読む]
  • 夫に初めて別れたいと言ったらーー
  • 続きですこの人はやっぱりモラハラだと確信した記録。→夫の返答の赤字はいかにもモラ的思考だと驚いた台詞。ーーーーーーーーーーーー○家に帰らないことについて。→喧嘩になるから避けている。ぶつからんように努力しているんや。母子生活は、単身赴任とか長期出張な... [続きを読む]
  • 夏の出来事2
  • 大事な記録となりそうなので夫の発言とやりとりを忘れないうちに残しておく。※前記事の事件前のことです。○7月某日。住んでいる地区で将来の居住性に関わる大規模工事の説明会があった。週末の2日間、各日3回、公民館で説明と質問の時間が設けられており、全世... [続きを読む]
  • 夏の出来事
  • 臭いものに蓋をして生きている上っ面の平穏など長く続くわけがなかった。記録します。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー週2〜3日のランダム帰宅が日常化していた夫との会話はほぼ皆無。そんな7月のある日。ネット上の暴言が問題となり、息子が停学処分を受... [続きを読む]